CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
Fedora30の不具合 [2019年07月08日(Mon)]

Fedora30の不具合



 「dnf update」を実行すると、次のエラー表示が出るようになりました。

Fedora Modular 30 - x86_64                                                               14 kB/s | 6.9 kB     00:00

Fedora Modular 30 - x86_64 - Updates                                                    5.4 kB/s | 3.4 kB     00:00

repo 'updates-modular' のキャッシュの同期に失敗しました

エラー: repo 'updates-modular' のキャッシュの同期に失敗しました


 しばらく放置していても、不具合のままです。


 「updates-modular' のキャッシュの同期に失敗しました」を入力してネット検索すると。


那覇レポート

https://nahareport.blogspot.com/2018/02/dnfyum.html

*****引用開始*****

 Fedoraで、初めてdnf(Fedora22以降でyumの代わりに使われている)とかyumを初めて実行するとき、以下エラーに遭遇するかもしれません。

 その対処方法です。


Failed to synchronize cache for repo 'update'

または

Failed to synchronize cache for repo 'fedora'

とかのエラーです。


/etc/yum.repo.d/にある、以下.repoファイルの中身の"https"部分を全て"http"に置き換えれば直ります。

/etc/yum.repo.d/fedora.repo

/etc/yum.repo.d/fedora-update.repo

*****引用終わり*****


 「ls -l  /etc/yum.repos.d/」を入力して実行しました。


-rw-r--r-- 1 root root  681  4 19 04:17 fedora-cisco-openh264.repo

-rw-r--r-- 1 root root 1323  4 19 04:17 fedora-modular.repo

-rw-r--r-- 1 root root 1441  4 19 04:17 fedora-updates-modular.repo

-rw-r--r-- 1 root root 1411  4 19 04:17 fedora-updates-testing-modular.repo

-rw-r--r-- 1 root root 1364  4 19 04:17 fedora-updates-testing.repo

-rw-r--r-- 1 root root 1306  4 19 04:17 fedora-updates.repo

-rw-r--r-- 1 root root 1259  4 19 04:17 fedora.repo

-rw-r--r-- 1 root root  164  9 24  2017 webmin.repo


 次に、「nano /etc/yum.repos.d/fedora-update.repo」を入力して実行しました。


  GNU nano 4.2                              /etc/yum.repos.d/fedora-updates.repo

[updates]

name=Fedora $releasever - $basearch - Updates

#baseurl=http://download.fedoraproject.org/pub/fedora/linux/updates/$releasever/Everything/$basearch/

metalink=https://mirrors.fedoraproject.org/metalink?repo=updates-released-f$releasever&arch=$basearch

enabled=1

repo_gpgcheck=0

type=rpm

gpgcheck=1

metadata_expire=6h

gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-fedora-$releasever-$basearch

skip_if_unavailable=False


 表示した[updates]の3行目の「https://」から「s」を削除して、「http://」に変更しました。

metalink=http://mirrors.fedoraproject.org/metalink?repo=updates-released-f$releasever&arch=$basearch


 修正後に「dnf update」を実行すると、次のように正常に完了しました。

Fedora Modular 30 - x86_64 - Updates                                                     13 kB/s | 6.6 kB     00:00

Fedora 30 - x86_64 - Updates                                                             39 kB/s |  32 kB     00:00

Fedora 30 - x86_64                                                                       10 kB/s | 7.0 kB     00:00

Webmin Distribution Neutral                                                             4.4 kB/s | 2.9 kB     00:00

依存関係が解決しました。

行うべきことはありません。

完了しました!



 「https://」から「http://」になり、今後「https://」に戻るかも知れません。


Posted by 山田 雄一郎 at 10:30
Fedora29 を Fedora30 にアップグレードしました [2019年05月04日(Sat)]
Fedora29 を Fedora30 にアップグレードしました


 「Releases/30/Schedule」を確認すると
2019-04-30Fedora 30 Final Release (GA) (Preferred Target)
2019-05-07Fedora 30 Final Release (GA) (Target #1)

なので、5月7日にアップグレードするつもりでした。

 昨日(5/3)、ネットを見ているとアップグレードできることが分かりましたので、早速実行しました。

 以下の資料を参考にしました。

 最初に、データのバックアップをしなさいと書いてあったので、毎回アップグレードで問題が起きる「PostgreSQL」の個人データをバックアップしました。

su postgres
HIZUKE=`date '+\%d'` ; pg_dump php > /data/backup_pgsql/php_"$HIZUKE".sql
ls -l /data/backup_pgsql/php_03.sql
 ↓
-rw-r--r-- 1 postgres postgres 42993795  5月  3 18:39 /data/backup_pgsql/php_03.sql

 次の順番にコマンドを実行しました。
dnf upgrade --refresh
dnf install dnf-plugin-system-upgrade
dnf system-upgrade download --releasever=30
sudo dnf system-upgrade reboot

 気長に待つと、Fedora 30 のログイン画面になります。

 ログインして、アプリが正常に動いているか確認すると、「PostgreSQL」だけが「データの型が古い」とエラー表示が出て、データのアップグレードが失敗して起動しませんでした。

 いろいろ試して、次のようにして「PostgreSQL」が正常に使えるようになりました。

rpm -qa | grep postgres
 ↓
postgresql-11.2-3.fc30.x86_64
postgresql-server-11.2-3.fc30.x86_64
postgresql-upgrade-11.2-3.fc30.x86_64

dnf remove postgresql postgresql-server postgresql-upgrade

rm -rf /var/lib/pgsql
※データをフォルダーごと削除しました。

dnf install postgresql postgresql-server postgresql-upgrade

 次に「PostgreSQL」を「initdb」コマンドで初期化しました。
※私は「webmin」を起動してから「PostgreSQL」設定画面上から初期化しているので、コマンド履歴に残っていませんでした。

systemctl status postgresql.service
※「PostgreSQL」の正常作動を確認しました。

su postgres
createdb php
psql php < /data/backup_pgsql/php_03.sql
※「postgres」以外のユーザーが必要な場合は、「****」というユーザーがいませんとエラー表示が出ます。
※「****」というユーザーを追加してから、再度「psql php < /data/backup_pgsql/php_03.sql」を実行しました。


 この状態で、特に問題なく Fedora30 が動いています。


参考資料
Upgrading Fedora 29 to Fedora 30
Posted by Ryan Lerch on April 30, 2019

Posted by 山田 雄一郎 at 10:56
家庭内LANのホームページに表示している項目 [2017年12月05日(Tue)]
家庭内LANのホームページに表示している項目


 「家庭内LANのホームページ」は、(恐らく)インターネット側から見ることができないので、個人情報が入った項目を表示しています。

 この「ホームページ」は、「HTML」で作成し、「PHP」は埋め込んでいません。

 代わりに「JavaScript」を使用して、本日の「年月日」などを表示しています。

 この「ホームページ」で最初に表示する「JavaScript」の部分だけを書き出すと、次のようになります。

*****記述開始*****
<SCRIPT LANGUAGE="JavaScript">
<!--

mydate=new Date();
// 結婚してからの年数
kekkonn=mydate.getFullYear()-1997;
// 「2011年」は、現総理大臣の親任式の前年
souri=mydate.getFullYear()-2011;
// 和暦年号
wareki=mydate.getFullYear()-1988;
// 皇紀年号
kouki=mydate.getFullYear()+660;
// 西暦年号
seireki=mydate.getFullYear();
// 平成年号
heisei=mydate.getFullYear()-1988;
// 昭和年号
shouwa=mydate.getFullYear()-1925;
// 大正年号
taishou=mydate.getFullYear()-1911;
// 明治年号
meiji=mydate.getFullYear()-1867;
if (wareki > 1) {
wareki=wareki+"年(";
} else {
wareki="元年(";
}
if (souri > 1) {
souri=souri+"年";
} else {
soiri="元年";
}
// 月は表記上は 1 月から 12 月ですが、データ上は 0 〜 11 が設定される為、値に +1 する必要があります。
tuki=mydate.getMonth()+1;
// 日
nichi=mydate.getDate();
// 曜日
nichi_2=mydate.getDay();
youbi=new Array(7);
youbi[0]="日";youbi[1]="月";youbi[2]="火";
youbi[3]="水";youbi[4]="木";youbi[5]="金";
youbi[6]="土";
document.write("<FONT style='font-size : 24px; color : red'>");
document.write("本日は 平成"+wareki+seireki+"年、第 96 代 安倍晋三 "+souri+")"+tuki+"月"+nichi+"日("+youbi[nichi_2]+")です");
document.write("</FONT><BR>");

document.write("結婚してから"+kekkonn+"年目<BR>");
document.write("平成"+heisei+"年(皇紀"+kouki+"年)<BR>");
document.write("昭和"+shouwa+"年<BR>");
document.write("大正"+taishou+"年<BR>");
document.write("明治"+meiji+"年<BR>");

//-->
</SCRIPT>
*****記述終わり*****

 この「JavaScript」を記述している「HTML」を実行すると、次のようになります。

*****表示開始*****
本日は 平成29年(2017年、第 96 代 安倍晋三 6年)12月5日(火)です
結婚してから20年目
平成29年(皇紀2677年)
昭和92年
大正106年
明治150年
*****表示終わり*****

参考資料
【JavaScript】現在の日時と曜日を取得する


 「明治150年」とか「大正106年」を気にする機会は、ほとんどありません。

 しかし、「YouTube」などで「昭和40年代の歌謡曲」という記事を見たときに、今年が「昭和92年」と知っていれば、約50年前に流行した歌謡曲ということに気付かされます。

 また、個人の性格にもよることですが、「結婚してから20年目」も重要な情報になります。

 些細なことですが、「JavaScript」には、「元年」と表示できるように工夫をしています。

 問題は、この「JavaScript」では、エラーが発生すると、「エラーを解決することの手がかり」を表示することがありません。


 この短い「JavaScript」の「エラー」を処理して感じたのは、長年「PHP」を使用して、「エラーの手がかり」を教えて貰って、「エラー対処」で楽をし過ぎたと、思い知らされました。


追記
 それから、たいしたことではないのですが、「日本語のローマ字表記」の便利さに改めて感謝しています。

 それは、変数を決めるときです。

 「変数名の制約」には「予約語は使えない」というものがありますが、「予約語」は「英語」であるため、「日本語のローマ字表記」の変数は「変数名の制約」は適応されないということです。例えば、「tuki」とか「nichi」などです。

 「日本語のローマ字表記」にすると、変数が長くなるという問題が出てきますので、「変数のわかりやすさ」と「変数の長さ」の兼ね合いが重要になってくると思います。

参考資料
変数名の制約
予約語は使えない

Posted by 山田 雄一郎 at 10:14
Fedora26 Serverを Fedora27化 [2017年11月17日(Fri)]

Fedora26 Server Fedora27



 「Releases/27/Schedule」を見ると次のようになっていました。

https://fedoraproject.org/wiki/Releases/27/Schedule

2017-11-14   Fedora 27 Final Release (GA)

2018-01-09   Fedora Modular Server 27 Final Release (GA)


 「Choose Freedom. Choose Fedora.」からダウンロードすることにしました。

https://getfedora.org/

Fedora 27 Workstation のダウンロード」

Fedora 26 Server のダウンロード」


 つまり、「Fedora 27 Server のダウンロード」はできませんでした。


 今日(1117日)になっても、「Fedora 27 Server のダウンロード」はできません。


 恐らく、来年の19日の「Fedora Modular Server 27 Final Release」から、「Fedora 27 Server のダウンロード」ができるのでしょう。


 そこで、Fedora26 Server Fedora27化することにしました。


 簡単に説明すると、「fc26.x86_64」というファイルを「fc27.x86_64」というファイルにすることです。

 「Fedora 27 Workstation のダウンロード」が可能なので、「fc27.x86_64」というファイルがあるはずです。


 次のページを参考にしました。

Fedora26からFedora27にアップグレードする」

2017/11/15

http://atomiyama.com/linux/page/ferora-upgrade-26to27/


実行手順

# dnf upgrade

# dnf install dnf-plugin-system-upgrade

# dnf system-upgrade download --refresh --releasever=27

※まず「dnf --refresh upgrade」を実行せよとメッセージが出たので、念のため実行をキャンセルしました。

# dnf --refresh upgrade

# dnf system-upgrade download --refresh --releasever=27

※まず「dnf --refresh upgrade」を実行せよとメッセージが出たが、無視して実行しました。

※次のメッセージが出て処理が停止しました。

ダウンロードされたパッケージは、次の成功するトランザクションまで、キャッシュに保存されます。

'dnf clean packages' を実行することでキャッシュを削除できます。エラー: Error downloading packages:

  Cannot download Packages/l/libdrm-2.4.85-1.fc27.x86_64.rpm: All mirrors were tried

※「libdrm」を確認しました。

# rpm -qa libdrm

libdrm-2.4.88-1.fc26.x86_64

※つまり、fc27libdrm-2.4.85-1なのに、fc26libdrm-2.4.88-1なので、fc26libdrm-2.4.85-1以下にする必要があると判断しました。

# dnf --showduplicates list libdrm

インストール済みパッケージ

libdrm.x86_64                       2.4.88-1.fc26                       @updates

利用可能なパッケージ

libdrm.i686                         2.4.81-1.fc26                       fedora

libdrm.x86_64                    2.4.81-1.fc26                       fedora

libdrm.i686                         2.4.88-1.fc26                       updates

libdrm.x86_64                     2.4.88-1.fc26                       @updates

libdrm.x86_64                     2.4.88-1.fc26                       updates

※「libdrm-2.4.81-1.fc26.x86_64」にダウングレードすることにしました。

# dnf downgrade libdrm-2.4.81-1.fc26.x86_64

※「libdrm」を確認しました。

# rpm -qa libdrm

libdrm-2.4.81-1.fc26.x86_64

※不具合が解決したので再度実行しました。

# dnf system-upgrade download --refresh --releasever=27

ダウングレード済み:

  mod_http2.x86_64 1.10.10-2.fc27      sssd-nfs-idmap.x86_64 1.15.3-5.fc27

完了しました!

Download complete! Use 'dnf system-upgrade reboot' to start the upgrade.

ダウンロードされたパッケージは、次の成功するトランザクションまで、キャッシュに保存されます。

'dnf clean packages' を実行することでキャッシュを削除できます。

※リブートを実行しました。

# dnf system-upgrade reboot


 再起動後のログイン画面を確認すると次のようになっていました。

Fedora 27 (Server Edition)

kerner 4.13.12-300.fc27.x86_64 on an x86_64 (tty1)


Fedora26 Server Fedora27化については、成功しました。


 ちなみに「libdrm」は次のようになっていました。

# rpm -qa libdrm

libdrm-2.4.88-1.fc27.x86_64


 「dnf system-upgrade」の処理が停止した原因として、考えられるのは、次の2項目です。

@私が不具合を発見したときは「libdrm-2.4.85-1.fc27」だったが、現在はアップデートして「libdrm-2.4.88-1.fc27」となった。

A「system-upgrade」が読み込むデーターベースのバージョンに不具合がある。


 検証するためには、「Fedora26 Server」を準備すれば良いのですが、手持ちの「Fedora Server」は「Fedora27」化した1台しありませんので、検証を諦めました。


2018-01-09 Fedora Modular Server 27 Final Release (GA)」以降、この「Fedora Server」にUSBメモリーから「Fedora27」をインストールするつもりですから、しばらくはこのまま使うことにします。


Posted by 山田 雄一郎 at 14:57
Fedora26の「FirewallD」設定 [2017年09月25日(Mon)]
Fedora26の「FirewallD」設定


 ブログには、下のような初期設定が書いてあります。

Fedora26の「初期設定」→「ファイアウォール」
# 自動起動設定を無効にする
[root@localhost ~]# systemctl disable firewalld

 しかし、Fedora26を再起動すると、「FirewallD」が有効になりました。

 「FirewallD」を無効にできないので、壁に穴を開けることにしました。

 下の資料を参考にして、次のようにしました。

#http
firewall-cmd --add-service=http --permanent
#samba
firewall-cmd --add-service=samba --permanent
#Postfix
firewall-cmd --add-service={smtp,smtps} --permanent
#Dovecot
firewall-cmd --add-service={pop3,imap,pop3s,imaps} --permanent
#webmin
firewall-cmd --add-port=10000/tcp --permanent

firewall-cmd --reload

firewall-cmd --list-services
→ssh dhcpv6-client cockpit http samba smtp smtps pop3 imap pop3s imaps

firewall-cmd --list-ports
→10000/tcp


参考資料1
Server World
Fedora 26 インストール・設定


参考資料2
SSLメールサーバ構築メモ Let's Encrypt+Postfix+Dovecot
メールサーバが使用するポートのオープン

メールの送受信に使う以下のポートを開けておきます。

・SMPT(25)
・SMTPS(465)
・IMAPS(993)
・POP3S(995)

firewall-cmd --add-port=25/tcp --permanent
firewall-cmd --add-port=465/tcp --permanent
firewall-cmd --add-port=993/tcp --permanent
firewall-cmd --add-port=995/tcp --permanent
firewall-cmd --reload


参考資料3
fierwalld初期定義サービス
「firewalld」には最初から、ある程度サービスが定義されていて、サービスの定義ファイルは「/usr/lib/firewalld/services」フォルダに格納されています。

Posted by 山田 雄一郎 at 22:51
【恐怖】毎日、「Fedora」サーバーでウイルスチェックをしていたつもりが、実際には・・・ [2017年08月10日(Thu)]

【恐怖】毎日、「Fedora」サーバーでウイルスチェックをしていたつもりが、実際には・・・



1 これまでの話

 アンチウイルス用に「ClamAV」を使って、「Fedora」サーバーと「CentOS」サーバーを毎日定期的にウイルススキャンを実行しています。


 「Fedora26」サーバーと「CentOS」サーバーは、「NVR500(ブロードバンドVoIPルーター)」の内側にありますが、ウイルス定義ファイル等をインターネットに接続して更新していますので、毎日定期的にウイルススキャンを実行しています。


 より詳しく書くと、参考ブログの「virusscan」ファイルを「clamav.sh」という名前に変えて、crond で定期実行しています。


 ただし、玄箱HGで「ClamAV」を使用することは、「ClamAV」のバージョンが上がってから、玄箱HG()に負荷がかかりすぎると考えて止めた経験があります。


参考ブログ

Clam AntiVirusインストール

Fedora標準のClam AntiVirusはバージョンが古いので、本家版をソースからインストールする。

http://fedorasrv.com/clamav.shtml

Clam AntiVirus定期自動実行設定

(1)Clam AntiVirus実行スクリプト作成

[root@fedora ~]# vi virusscan ← Clam AntiVirus実行スクリプト作成

#!/bin/bash


PATH=/bin:/usr/local/bin


# excludelist

excludelist=/root/clamscan.exclude


# make excludelist

if [ -s $excludelist ]; then

    for i in `cat $excludelist`

    do

        if [ $(echo "$i"|grep \/$) ]; then

            i=`echo $i|sed -e 's/^\([^ ]*\)\/$/\1/p' -e d`

            excludeopt="${excludeopt} --exclude-dir=^$i"

        else

            excludeopt="${excludeopt} --exclude=^$i"

        fi

    done

fi


# scan virus

CLAMSCANTMP=`mktemp`

clamscan --recursive --remove ${excludeopt} / > $CLAMSCANTMP 2>&1


# virus detect message send

[ ! -z "$(grep FOUND$ $CLAMSCANTMP)" ] && \

grep FOUND$ $CLAMSCANTMP | mail -s "Virus Found in `hostname`" root

rm -f $CLAMSCANTMP


[root@fedora ~]# chmod 700 virusscan ← Clam AntiVirus実行スクリプトに実行権限付加

参考ブログ 終わり


 参考ブログに「Fedora標準のClam AntiVirusはバージョンが古いので、本家版をソースからインストールする。」と書いてあるように、以前は「ClamAV」を「tar インストール」をしていましたが、「Fedora」や「CentOS」をDVDからインストールたびに「ClamAV」を「tar インストール」するのは面倒なので、「ClamAV」のバージョンは古くてもいいと割り切って「ClamAV」を「rpm インストール」をすることにしました。



2 今日の話

 今までの経緯から飛んで、今日の話になります。


 玄箱HG()の様子を、「mrtg」で「HDDの温度変化」として確認すると、温度変化があまりない平坦な水平線のようです。


 そこで、「ClamAV」を夜中に動かして、「HDDの温度」を上昇させてみようと思い立ちました。


 玄箱HG()で「ClamAV」を使用とすると、「rpm インストール」では、次のようになります。

WARNING: Your ClamAV installation is OUTDATED!

WARNING: Local version: 0.95.1 Recommended version: 0.99.2

DON'T PANIC! Read http://www.clamav.net/support/faq


 玄箱HG()で「ClamAV」を使用とすると、「tar インストール」では、「./configure」を実行すると「OpenSSL」が無いとのエラー表示が出て処理が中断します。「yum info OpenSSL」で確認すると、「openssl」は「installed」と表示されます。

checking for OpenSSL installation... /usr

configure: error: OpenSSL not found.


yum info OpenSSL

Installed Packages

Name       : openssl

Arch       : ppc

Version    : 0.9.8k

Release    : 5.fc11

Repo       : installed



3 不具合が出た

 今回は、「HDD」に負荷を与えて「HDDの温度」を上昇させることが目的なので、「rpm インストール」を採用しました。


 玄箱HG()で「freshclam」でウイルス定義ファイルを更新した後で、「clamav.sh」を実行しました。


 すると、1秒もかからないのに、「clamav.sh」が終わりました。エラー表示はありませんでした。


 「clamscan」を実行すると、正常に終了して、処理結果を表示しました。


 涼宮ハルヒの友人のキョン「何かおかしい。そう気付き始めたのは、お盆を過ぎた夏の盛りの日のことだ。」(エンドレスエイト)


 という冗談はさておいて、「clamav.sh」の内容を確認しました。


 するとどうやら「PATH=/bin:/usr/local/bin」が、原因のようです。


 「clamscan」ファイルを探すため、「PATH=/bin:/usr/local/bin」を見に行きますが、発見できないとエラーとなります。


 しかし、「2>&1」と書くことで、標準エラー出力が画面に表示されなくなるようです。つまり、エラーが表示されないことになります。


 「clamscan」を保存している場所を探すと

find / -name clamscan

/usr/bin/clamscan


 「PATH=/bin:/usr/local/bin」を「PATH=/bin:/usr/bin」と変更しました。


 玄箱HG()で「clamav.sh」を実行してしばらく待ちましたが、「clamav.sh」は終了しませんでしたので、「clamscan」は正常に動いていると判断しました。



4 他のパソコンは正しいの?

 次に気になるのは、2台のデスクトップパソコンです。


@「Fedora」サーバー

 先月、デスクトップ「Fedora」サーバーのマザーボードを交換して、「Fedora26」をインストールしました。

 「PATH=/bin:/usr/local/bin」(「clamav.sh」の保存201410月)でした。


A「CentOS」サーバー

PATH=/bin:/usr/bin」(「clamav.sh」の保存20159月)でした。



5 「PATH」の違い

 「rpm インストール」と「tar インストール」の違いのような気がします。

@「rpm インストール」→「PATH=/bin:/usr/bin

A「tar インストール」→「PATH=/bin:/usr/local/bin



6 「Fedora」サーバーの処置

 「PATH=/bin:/usr/local/bin」を「PATH=/bin:/usr/bin」と変更しました。


 「clamav.sh」を実行し、ウイルスを発見できないことを確認しました。



7 今回の反省

 「Fedora」サーバーでは、ウイルスを発見するふりをしていたようです。


 そこで、「clamscan」や「freshclam」のような単体でのテストだけでなく、「clamav.sh」のようなシステム全体の試験も確実に実行しないと、今回のような不具合が起きる可能性が大きいと反省しました。



8 おまけとして「clamscan.exclude」内容

*****ファイル内容開始*****

/proc/

/sys/

*****ファイル内容終わり*****



9 雑感

 私は、「Linux」を勉強し始めた頃に、この「PATH」で挫折しかけたことがあります。


 「Windows」関係の本では、書いてあるとおりに英数字を入力すれば、書いてあるとおりの結果を表示します。


 しかし、「Linux」関係の本では、書いてあるとおりに英数字を入力しても、書いてあるとおりの結果が出ないことがあります。


 しばらく試行錯誤をしてから、「Linux」関係の本に書いてあるパソコンの「PATH」と私が使っているパソコンの「PATH」が異なっていることに気が付きました。


 当時は、「Linux」関係の記事を書くために用意したパソコンには、「Windows」関係の記事のように金が掛けられないため、誰が使ったかわからないような中古のパソコンを使っていると、勝手に納得しました。


 この「PATH」のトラウマからか、「rpm インストール」(yum dnf)を重点的に行い、「tar インストール」はやむを得ないときにしか実行しなくなりました。


 私は、「Red Hat Linux」から始めたので、「Red Hat系」を使用していますが、これから「Linux」を始めようとする人には、インストールが容易な「Debian系」の「Ubuntu」がお勧めだと思います。


Posted by 山田 雄一郎 at 21:18
「Fedora26-Server」の謎仕様? [2017年07月14日(Fri)]

Fedora26-Server」の謎仕様?



###(その1)###

DVDからインストール」が王道



DVDからインストールした「Fedora25-Server」を、「Fedora26-Server」にアップグレードしました。


 アプリの「古いバージョン削除」をするために、該当するアプリを確認することにしました


dnf repoquery --duplicated


参考

DNF system upgrade

https://fedoraproject.org/wiki/DNF_system_upgrade


You can see duplicated packages (packages with multiple versions installed) like this:

$ sudo dnf repoquery --duplicated

For ordinary packages, just the latest version should be installed. But there can be exceptions to the rule, only remove what you are sure you no longer need.


 すると、多くの「*.fc25.x86_64」や「*.fc24.x86_64」を見つけました。


 間違って「*.fc26.x86_64」を選択しないようにして、「*.fc25.x86_64」や「*.fc24.x86_64」を、「dnf remove 」で削除しました。


 「dnf」のように、システムが「dnf remove 」での削除を拒否するアプリもありました。


 「dnf remove 」での削除をしているうちに、突然、「日本語環境」ではなくなっていることに気が付きました。


例 「日本語環境」

dnf update

メタデータの期限切れの確認は、0:01:59 時間前の 20170714 103637 に実 施しました。

依存性が解決されました。

行うべき処理がありません。

完了しました!


 ここで、「日本語環境」は、「*.fc26.x86_64」ではなく、「*.fc25.x86_64」か「*.fc24.x86_64」を使っていることに気が付きました。


 このままでも個人サーバーとして使えそうですが、「PostgreSQLデータベースサーバ」が「日本語環境」ではないため起動しませんでした。


 最後に、「Fedora26-Server」を「DVDからインストール」しました。


 「*.fc26.x86_64」と一緒に、「*.fc25.x86_64」や「*.fc24.x86_64」が起動しているのは気持ちが悪いという人は、「Fedora26-Server」を「DVDからインストール」することをお勧めします。




###(その2)###

「ファイアウォールサービス」の設定



 「ファイアウォールサービス」は、自動起動設定となっています。


 色々と不便なので、次のようにしました。


# 自動起動設定を無効にする

systemctl disable firewalld


 しかし、ここで大きな問題が発生しました。


 システムを「reboot」や起動をすると、なぜか、「ファイアウォールサービス」が自動起動してしまいます。


 システムを起動してから、毎回「systemctl stop firewalld」と「Tera Term」からリモートで入力するのは面倒です。


 そこで、発想を変えて、「firewalld」が起動していてもサービスが使えるように設定することにしました。


参考

Firewalld : 基本操作

https://www.server-world.info/query?os=CentOS_7&p=firewalld


 まず最初に、「firewalld」が起動していることを確認します。

systemctl status firewalld

firewalld.service - firewalld - dynamic firewall daemon

   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/firewalld.service; disabled; vendor preset: enabled)

   Active: active (running) since Fri 2017-07-14 07:24:23 JST; 37min ago


 「Tera Term」が使う「ssh」は、「firewalld」が起動していてもつながります。


1 # 許可されているサービスを表示

firewall-cmd --list-service

ssh dhcpv6-client cockpit


2 # 例として http を追加する (設定は即時有効になる)

firewall-cmd --add-service=http

success

firewall-cmd --list-service

ssh dhcpv6-client cockpit http


3 # 例として http を恒久的に追加する (設定を反映させるためにリロードが必要)

firewall-cmd --add-service=http --permanent

success

firewall-cmd --reload

success

firewall-cmd --list-service

ssh dhcpv6-client cockpit http


4 # 定義されているサービスの定義ファイルは以下の場所に保管されている

# 独自に定義を追加する場合はここに XMLファイルを追加する

ls /usr/lib/firewalld/services


5 上のようにして追加したアプリ

firewall-cmd --list-service

ssh dhcpv6-client cockpit http samba pop3 pop3s


Posted by 山田 雄一郎 at 10:55
「fedora 25 server」を「fedora 26 server」に [2017年07月12日(Wed)]
「fedora 25 server」を「fedora 26 server」に


 「fedora server」をアップグレードしました。

 今日は、毎月のwindows更新の日ですが、「fedora 25」もアップグレードしました。

 方法は、資料のとおりに「Tera Term」を使って遠隔操作で行いました。

dnf upgrade --refresh
dnf install dnf-plugin-system-upgrade
dnf system-upgrade download --refresh --releasever=26 --allowerasing
dnf system-upgrade reboot

資料
How to Upgrade Fedora 25 to Fedora 26 Using DNF


 再起動後
ls -l /boot
で確認すると、「4.11.9-300.fc26.x86_64」という「fedora 26」に関係するファイルがありません。

cat /etc/fedora-release
で確認すると、
Fedora release 26 (Twenty Six)

rpm -qa kernel*
で確認すると、
kernel-core-4.11.9-300.fc26.x86_64
kernel-4.11.9-300.fc26.x86_64
kernel-headers-4.11.8-200.fc25.x86_64
kernel-4.11.8-200.fc25.x86_64
kernel-core-4.11.8-200.fc25.x86_64
kernel-modules-4.11.9-300.fc26.x86_64
kernel-modules-4.11.8-200.fc25.x86_64

「kernel-headers」が「fedora 25」のままでした。

uname -r
で確認すると、
4.11.8-200.fc25.x86_64

 どうも、カーネルが「fedora 25」のままのようです。

「fedora 26」のカーネルにするため
dnf reinstall kernel-core-4.11.9 kernel-headers-4.11.9 kernel-4.11.9 kernel-modules-4.11.9
を実行すると、エラーが発生しました。


 そこで、
「fedora 26」のアンインストール
dnf remove kernel-core-4.11.9 kernel-headers-4.11.9 kernel-4.11.9 kernel-modules-4.11.9
再度「fedora 26」のインストール
dnf install kernel-core-4.11.9 kernel-headers-4.11.9 kernel-4.11.9 kernel-modules-4.11.9

ls -l /boot
で確認すると、「4.11.9-300.fc26.x86_64」という「fedora 26」に関係するファイルがありました。

再起動後
uname -r
で確認すると、
4.11.9-300.fc26.x86_64

 カーネルも「fedora 26」となったことが確認できました。

Posted by 山田 雄一郎 at 15:44
今日は何の日? [2016年11月22日(Tue)]

今日は何の日?



 平成281122()は、「Fedora 25 Final Release (GA)」の日です。


 誰もいない部屋の「リアルタイム室温計」の代わりに置いている、「Fedora24 SERVER」を「2425」に「upgrade」しました。


 次のブログを参考にしました。


fedora 25 まだリリースしてなかった

http://var.blog.jp/archives/67128052.html

*****引用開始*****

$ sudo dnf upgrade --refresh

$ sudo dnf install dnf-plugin-system-upgrade

$ sudo dnf system-upgrade download --refresh --releasever=25

$ sudo dnf system-upgrade reboot

*****引用終わり*****


 「Windows10」上で「Tera Term」を使って、LAN接続の「Fedora24 SERVER」を「upgrade」するため、次のように、1行ずつ実行しました。


dnf upgrade --refresh

dnf install dnf-plugin-system-upgrade

dnf system-upgrade download --refresh --releasever=25

dnf system-upgrade reboot


 すると、次の行で、依存関係のエラーが出ました。

dnf system-upgrade download --refresh --releasever=25


 「dnf update」を実行しましたが、「Fedora24」は最新でした。


 そこで、エラー表示の文中に、「--allowerasing」を付けて実行ということが書いてあったのを思い出して、下のようにしました。


dnf upgrade --refresh

dnf install dnf-plugin-system-upgrade

dnf system-upgrade download --refresh --releasever=25 --allowerasing

dnf system-upgrade reboot


 「dnf system-upgrade reboot」を実行したあとで、「Windows10」上で「Tera Term」を使って応答があるまで、時間がかかりました。


 「Tera Term」を使えるようになってから、バージョンの確認は、次のブログを参考にしました。


fedora のエディションを調べる

http://var.blog.jp/archives/67129463.html

*****引用開始*****

cat /etc/os-release

*****引用終わり*****


実行すると、次のように表示しました。


# cat /etc/os-release

NAME=Fedora

VERSION="25 (Server Edition)"

ID=fedora

VERSION_ID=25

PRETTY_NAME="Fedora 25 (Server Edition)"

ANSI_COLOR="0;34"

CPE_NAME="cpe:/o:fedoraproject:fedora:25"

HOME_URL="https://fedoraproject.org/"

BUG_REPORT_URL="https://bugzilla.redhat.com/"

REDHAT_BUGZILLA_PRODUCT="Fedora"

REDHAT_BUGZILLA_PRODUCT_VERSION=25

REDHAT_SUPPORT_PRODUCT="Fedora"

REDHAT_SUPPORT_PRODUCT_VERSION=25

PRIVACY_POLICY_URL=https://fedoraproject.org/wiki/Legal:PrivacyPolicy

VARIANT="Server Edition"

VARIANT_ID=server


Posted by 山田 雄一郎 at 13:27
「年度収計」と「年収計」の違い [2016年11月15日(Tue)]

「年度収計」と「年収計」の違い



 わが家の光熱費は、オール電化にしていますのでガス代は必要ありませんが、停電に備えて「電池で点火する石油ストーブ」を使っていますので、灯油代もかかります。


 早朝、部屋(台所)を素早く暖めるためにも「電池で点火する石油ストーブ」を重宝しています。


 今までは、「エクセル」で光熱費の増減を管理していたのですが、月ごとに過去の年度との増減を計算すると、たくさんの「スプレッドシート」が必要になり、記憶容量も増えます。


 そこで思いついたのは、Linuxを使って、「PHP」でスクリプトを書いて、Apacheで表示することでした。

Apache/2.4.23 (Fedora) OpenSSL/1.0.2j-fips PHP/5.6.27 mod_perl/2.0.9 Perl/v5.22.2


 「エクセル」では、表計算だけでなく、簡単なデータベースとして使用することができます。


 同じように、「PHP」でも配列を使って簡単なデータベースとして使えます。


 ここで、「年度収計」にするか「年収計」にするか、悩みました。


 多くの統計では、1月からはじまり12月で終わっています。「1月〜3月」を前の年だからと気にかける必要もありません。


 しかし、「年収計」では夏場の変動はわかりますが、冬場の変動は年が異なるので、(私には)理解が困難になります。


 そこで、4月始まりの「年度収計」にすることにしました。これで、夏場でも冬場でも、(私には)変動が容易に理解できるようになりました。


 配列を使って簡単なデータベースとして、例えば、

<?php

$hairetu = array(

              array("","電気代()","KW","灯油代()","","平均気温()","光熱費","電気代()","KW","灯油代()","","平均気温()","光熱費"),

              array("4 ",0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0),

              array("5 ",0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0),

              array("6 ",0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0),

              array("7 ",0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0),

              array("8 ",0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0),

              array("9 ",0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0),

              array("10 ",0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0),

              array("11 ",0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0),

              array("12 ",0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0),

              array("1 ",0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0),

              array("2 ",0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0),

              array("3 ",0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0),

              array("合計",0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0),

              array("2016-04-01 電力自由化",0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0),

              array("",0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0),

);

?>

1」からはじまるのではなく、「0」が最初になることを知っていれば、

<?php

echo $hairetu[14][0];

?>

2016-04-01 電力自由化」を画面に表示します。


 「エクセル」風にいうと、一番左の「電気代()」列から「光熱費」列までが「実測値を表示した年度」、その右の「電気代()」列から「光熱費」列までが「比較した年度との差」になります。


 例えば、「比較した年度」より「今年 4 月の電気代()」が安ければ、「マイナスの数値」となります。


2011年度のデータベースとして、例えば、

<?php

$hairetu_2011 = array(

              array(2011,"電気代","KW","灯油代","","平均気温"),

              array("4 ",*****,***,*****,***,**.*),

              array("5 ",*****,***,*****,***,**.*),

              array("6 ",*****,***,*****,***,**.*),

              array("7 ",*****,***,*****,***,**.*),

              array("8 ",*****,***,*****,***,**.*),

              array("9 ",*****,***,*****,***,**.*),

              array("10 ",*****,***,*****,***,**.*),

              array("11 ",*****,***,*****,***,**.*),

              array("12 ",*****,***,*****,***,**.*),

              array("1 ",*****,***,*****,***,**.*),

              array("2 ",*****,***,*****,***,**.*),

              array("3 ",*****,***,*****,***,**.*),

              array("合計",0,0,0,0,0),

              array("",0,0,0,0,0),

              array("",0,0,0,0,0),

);

?>


 「平均気温」は、過去の光熱費と比べるときに、月間平均気温が関係しているのかも知れないと思い、比較項目に入れました。


 「東京 2016年(月ごとの値) 主な要素」は、次の「気象庁のページ」に集計しています。

http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/monthly_s1.php?prec_no=44&block_no=47662&year=2016&month=&day=&view=

「気温()」→「平均」→「日平均」

例えば、10月は、「18.7」となります。


 東京の、4月から10月までの間の平均気温は、昨年度とほぼ同じです。


 ちなみに、わが家周辺の、4月から10月までの間の平均気温は、昨年度より1度ほど高くなっています。




Posted by 山田 雄一郎 at 15:58
| 次へ
プロフィール

山田 雄一郎さんの画像
山田 雄一郎
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/hofu_nanboku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/hofu_nanboku/index2_0.xml