CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
「YouTube」で、気に入った画像が「再生リスト」に追加できない [2014年10月07日(Tue)]
「YouTube」で、気に入った画像が「再生リスト」に追加できない


 なぜか、「YouTube」で気に入った画像が「再生リスト」に追加できなくなりました。

 「IE11」でも「Google Chrome」でも起こりました。

 いろいろやって、ページを再読み込みする「ボタン」をクリックすると、「再生リスト」に追加できることがわかりました。

 「IE11」でも「Google Chrome」でも、この方法で「再生リスト」に追加できました。

 これは、「YouTube」がバージョンアップしたときの不具合ではないかという気がしますので、そのうちこの暫定対策は必要なくなると思われます。

Posted by 山田 雄一郎 at 12:25
「まっくろくろすけ」を見ました [2012年04月02日(Mon)]
「まっくろくろすけ」を見ました


 目の片隅を動く黒い球を、勝手に、「まっくろくろすけ」と呼んでいます。

 1回目に見たのは、平成19年(2007年)1月でした。当時、人間ドックで病院に入院したいました。

 夜、病院のベッドの上で本を読んでいると、右目の右隅で、遠ざかる「まっくろくろすけ」を見ました。

 慌てて、「まっくろくろすけ」の方向に目を向けましたが、何も見えませんでした。

 ゴキブリの見間違いではないと思います。

 2回目に見たのは、平成24年(2012年)3月でした。午前中に手の怪我をして血が出たのですが、傷口を水で流した後に消毒液をかけて、傷口を絆創膏で巻いていると、夕方には血が止まっていました。

 傷口周辺は、内出血で腫れていましたが、痛みはありませんでした。

 翌日、傷口の様子が悪化していれば、外科病院に行くつもりでした。

 夜、パソコンで「インターネットのページ」を閲覧していると、左目の左隅で、近づいてくる「まっくろくろすけ」を見ました。

 今度も、「まっくろくろすけ」の方向に目を向けましたが、何も見えませんでした。

 何かの予兆かも知れないので、翌日、病院へ行き「クラビット錠500mg」(1日1回1錠服用)を処方して貰いました。

 細菌感染による「傷口の腫れ、痛み」もなく、順調に回復しています。

「クラビット錠500mg」
 合成抗菌剤で、細菌による感染症の治療薬です。
Posted by 山田 雄一郎 at 09:52
「マッチ」と「ライター」の違いに、やっと気が付きました [2011年11月22日(Tue)]
「マッチ」と「ライター」の違いに、やっと気が付きました


 「マッチ」はこんなものです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%81
 木や紙などでできた細く短い軸の先端に、発火性のある混合物(頭薬)をつけた形状をしている。リンの燃えやすい性質を利用している。
(引用ここまで)

 ここで「ライター」は、「たばこ」に火をつけるため100円均一で買った「ライター」と思って下さい。

 今まで、神棚や仏壇の「ろうそく立て」に「ろうそく」を立てて、指に火傷をしないようにして、「ライター」を水平の状態にして、「ろうそく」に火をつけていました。

 今日、「ライター」を垂直の状態にして、「ろうそく」に火をつけて、「ろうそく」を「ろうそく立て」に立ててみました。素早く、火傷を気にしないで、「ろうそく」に火がつきました。

 神棚や仏壇の「ろうそく」に火をつける方法が決められているか分かりません。なにかの機会に、お年寄りに聞いてみたいと思います。

 なぜ「ろうそく」の点火方法を替えなかったのでしょうか。

 今までの、神棚や仏壇の「ろうそく」に火をつける方法を考えてみると、着火装置が、「マッチ」から「ライター」へと変化したにもかかわらず、特に大きな不具合がなかった。そのためか、「ろうそく」に火をつける方法を替えなかったことが原因だと思います。

 「マッチ」で「ろうそく」に火をつけるときは、「マッチ」を水平の状態にしていました。

 「ライター」で火をつけるとき困れば、「チャッカマン」のように水平の状態で火をつけても火傷を気にしない「ライター」に替えるだけでした。

 見方によっては、方法を替えなったために、「ライター」ではなく、より高価な「チャッカマン」を買ってしまったといえるかも知れません。

 便利な道具に換えるときには、やり方も変えなければ損をするかも知れません。

 それから、

 「ライター」は、2011年(平成23年)9月27日より、幼児の誤使用を防ぐチャイルド・レジスタンス機構(CR)がないと販売できなくなりました。

 当然、「ライター」が使用者の顔から幼児かどうかを判断するのではなく、火をつけるときに強い力が加わらなければならないようにしています。

 つまり、幼児だけでなく、握力が弱くなった人(老人など)も火をつけることができなくなりました。

 その弱い力の人でも、火をつけるとき「チャッカマン」を使うと、楽にできます。
Posted by 山田 雄一郎 at 16:36
ひげ剃りに、メンターム薬用シェービングフォームを使っています [2011年11月07日(Mon)]
ひげ剃りに、メンターム薬用シェービングフォームを使っています


 シェービングフォーム缶容器の説明を見ると

<ご使用法>
●ご使用前に必ず缶をよくふり、立てた状態でお使いください。
●ひげをお湯又は水でしめらせ、泡を手の平にうけてからひげ全体につけてください。
●ひげそり後は水で洗い流してください。
<有効成分>
イソプロピルメチルフェノール

と書いてあります。

 最初は<ご使用法>のようにひげ剃りをしていたのですが、顔を傷つけ出血することが多くなり、また、水分を含んだシェービングフォームが「シェーバー(ひげ剃り)」からたれて服に付くようになりました。

 そこで、試行錯誤をしたあとで、次のようにひげ剃りをするようになりました。

@使用前に必ず缶をよくふり、立てる。
Aひげをお湯又は水でしめらせ、泡を手の平にうけてからひげ全体につける。
Bひげそり後は水で洗い流してください。タオルで泡を拭き取る。

 他のメーカーのシェービングフォームも同じように使えると思います。

 ちなみに、「シェーバー(ひげ剃り)」には、Gillette Fusion 5+1 POWER を使っています。

 「シェーバー(ひげ剃り)」のインジケータで示した交換時期を過ぎて使っていると、顔を傷つけ出血することが多くなるようです。

参考
イソプロピルメチルフェノール
http://popstyle.dtiblog.com/blog-entry-21.html
 イソプロピルメチルフェノールは、殺菌作用や抗真菌作用があり、ニキビや肌荒れ皮膚炎に用いられる成分です。
 低濃度では作用が穏やかであるため、その安全性から市販の化粧品にも配合されていることがよくあります。(特にニキビ肌用化粧品)
 イソプロピルメチルフェノールは広く用いられる成分ですが、長期的な使用によって副作用があることも考慮されます。

 皮膚には数百の微生物(細菌)が存在しており、イソプロピルメチルフェノールのような殺菌剤で多くの菌が死滅してしまいます。
 それが慢性的になると、菌が耐性をもつようになる「耐性菌」という殺菌成分が聞かない菌を生み出す原因になります。
 抗生物質でも効きにくい耐性菌も出現しており、これらの抗菌薬は安易に使用すべきではないといわれています。
 抗生物質などを使用したほうが適切な場合もありますが、耐性菌を考慮するならば、長期的な抗菌薬は控えるべきです。

 イソプロピルメチルフェノールだけではなく、トリクロサン、サリチル酸などの殺菌成分にも注意が必要です。
Posted by 山田 雄一郎 at 11:07
ノックのマナー知っていた? [2011年09月11日(Sun)]
ノックのマナー知っていた?


 講習会に行ってきました。講師が、「ノックは3回」と強調していました。

 私は、無意識に「ノックは2回」だと思って、実行していました。

 気になって、webで調べました。

ノックのマナー知ってた? ノック2回=トイレノック、ノック4回=部屋に入る時
http://netafull.net/life/035342.html

「部屋に入るとき、ノックを2回しかしない人が多いのですが、実は2回だと“トイレノック”なんです。プロトコールマナー(国際標準マナー)で定められているノック回数は4回。ビジネスの場では3回に省略するのはOKですが、2回はNGです。トイレじゃありませんからね。」

 まとめとして
 2回:トイレノック
 3回:プライベートノック
 4回:正式ノック
と書いてありました。

 私が、なぜ、「ノックは2回」だと思っていたのかはよく分かりませんでしたが、思い当たることが一つありました。

 それは、神社への参拝です。

 「二礼二拍手一礼」ですね。

 どうも、「二拍手」が「ノックは2回」に通じると無意識に実行した可能性があります。

 今後、ノックをするときには、「この部屋の中には神様はいらっしゃらない。」と思って、ノックを4回したいと思います。(ただし、トイレだけは2回ですね。)

 「ノックを4回」するということは、ノックの時間が長いですね。部屋の中にいる人が、最初のノックで驚いた気持ちを落ち着かせて返事をしやすくするためのものであり、部屋の中にいる人への心配りだと感じました。
Posted by 山田 雄一郎 at 09:47
プロフィール

山田 雄一郎さんの画像
山田 雄一郎
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/hofu_nanboku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/hofu_nanboku/index2_0.xml