CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
レーダーセンサー付きのLED電球を使用 [2019年05月29日(Wed)]
レーダーセンサー付きのLED電球を使用


 レーダーセンサー付きのLED電球を初めて購入しましたので、使用後の感想を書きます。

 「Amazon's Choice」だったので「レーダーセンサー電球 LED電球 2個セット 感センサー付き 7W 60W相当 3000K E26/E27口金 超輝度 省エネ KingSo スマートライト 搭載レーダー探知機付 自動点灯&消灯 (2个)」(¥1,599 通常配送無料)を買いました。

 その感想は下のようになります。

1 「すぐ感づかれる」
 カーテンが揺れても点灯します。風の強い日は、窓を閉めましょう。

2 「暗くなるまで待って」
 点灯確認は日没頃にして下さい。今まで自動点灯機能付のLED電球を使っていると、かなり暗くなるまで点灯しないことに気が付くと思います。amazonから届いて点灯確認をしましたが、2球とも点灯しないので焦りました。


 このレーダーセンサー付きのLED電球は感度が高い(高すぎる?)ので、人によっては好みが分かれる気がします。

Posted by 山田 雄一郎 at 17:58
電池保管基準 [2016年04月04日(Mon)]
電池保管基準


 前提として、「電化製品に内蔵している電池」をEXCELの表(「現況」シート、「在庫」シート)で管理していました。

 電圧をテスターで測定したり、「使用推奨期限」の表示を確認していくときに、電池を区分して保管する必要を感じました。

 血圧計のように電池交換の表示が出ても、電圧が1.4V以上もある電池もあります。

 2011年(平成23年)3月11日の「東日本大震災」のあとで購入した「防災用背負い袋」の電池を点検すると、驚くべきことがわかりました。

 電池本体に、「OHM ELECTRIC INC.(TEL 048-992-2735)」と表示している「使用推奨期限」が「07-2011」の単1電池4本は包装の上から見た限りでは、錆や変色はありませんでした。

 しかし、「Made in China」と表示している「使用推奨期限」が「03-2016」の単3アルカリ電池は、8本中2本の「−」極部分に変色があり捨てました。残り6本の単3アルカリ電池は、「アルコールタオル」で電池外面を全てふいた後で電圧を測定して使用しました。

 ということで、「乾電池エボルタの技術を採用することで、10年保存が可能に」と宣伝しているPanasonic製のアルカリ乾電池(単1、単3)をamazonで購入して、「防災用背負い袋」の電池と入れ替えました。

 新品の時より電圧が下がった乾電池は、時計やフラッシュライトなどのような、いつでも電圧降下が確認できる物に使っています。ただし、1.4V未満の乾電池は捨てることにしました。

 「1.30V〜1.39V」の乾電池でも使えることはわかっていますが、「溜まる一方で、なかなか使用済みにならない」という問題があり、思い切って捨てることにしました。

 ただし、電圧の違う乾電池を混用して使うことを避けるために、再使用する電池は「1.40V〜1.49V」と「1.50V〜」に分けました。

 ボタン電池は、トヨタディーラーから言われた「リモコンキー最低電圧の3.0V」以上ならば再使用することにしました。

 充電式電池は、充電後の測定で、1.3V以上としました。

電池保管基準
番号 種類 保管基準 備考
1 乾電池 未開封 使用推奨期限以内
2 乾電池 1.5V以上 未開封 〃 超過
3 乾電池 1.4V以上
4 ボタン電池 未開封 使用推奨期限以内
5 ボタン電池 3.0V以上 未開封 〃 超過
6 充電式電池 1.3V以上 充電後測定


補足

 今回の出来事で、購入する電池についても、私なりに基準を決めました。

1 乾電池(単1、単2、単3、単4)
 Panasonic製のアルカリ乾電池をamazonで購入する。

2 ボタン電池
 百均ショップで1袋に1個入りの「日立マクセル、三菱電機」の電池を購入する。
注 今まで1袋に2個入りを買っていたが、車のリモコンキーで使用すると電圧降下が早いので、同じ規格(CR2032など)で1個入りがあれば、1個入りを購入する。
  車のリモコンキーには、車ディーラーが使っているボタン電池が最適であることはわかっているが、「価格と効果」を考えてとりあえず、1袋に1個入りにする。

3 充電式電池
 今までどおり、百均ショップで1袋に1個入りを購入する。
注 2011年に買った物がまだ残っている。電圧が低いので、庭の「ソーラーライト」(夜間のみ点灯、1週間で交換)用ぐらいしか使い道がない。
Posted by 山田 雄一郎 at 10:50
ボタン電池の取り扱い方法で肝心なことを知りませんでした [2016年01月08日(Fri)]
ボタン電池の取り扱い方法で肝心なことを知りませんでした


 OMRON 血圧計の電池交換マークが出たので、新品の単3電池と交換しました。

 取り出した単3電池を簡易テスターで計ると、新品の単3電池とあまり変わりませんでした。

 そこで、OMRON 血圧計の「電池交換マーク」がどのくらいの電圧で表示するのかをネットで調べてみました。

 最初にネットで見つけてのは、

**********引用開始**********
ワゴンRスティングレーのキーレス電池交換について。自分で電池買って電池交換を2ヶ月前にしたのに、また最近エンジンをかけると電池交換マークが表示されます。キーレス本体に問題あるのでしょうか?
2013/10/5 16:51:05
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14114502029

ベストアンサーに選ばれた回答
2013/10/6 16:30:02
ボタン電池ですよね。ボタン電池はプラス、マイナス端子を同時に触ると一気に放電する時があります。
交換する時、手袋等するか、気おつけて交換してください。
**********引用終わり**********


 今まで、ボタン電池を素手で触っていて何も問題がなかったので、慌てて他のブログも確認しました。

 結局、電圧はわからなかったのですが、ボタン電池の取り扱い方法で今まで気にしていなかったが守らなければならない次の注意事項がわかりました。

 「電池の上下面は極力触れずに電池の側面をもって電池の交換を行ってください。」
・電池のプラスとマイナス面(上下の面)を直接指先で触れると、手油やほこりなどが付着し接触不安定となる場合があります。
・簡易的なバッテリーチェッカーの場合は、大きな電流を流しながら測定する方式のため、電池の特性に合っておらず正しく測定できません。ボタン形電池の測定が可能として販売している機器の中でも、同じ原理で測定している機器では、正しく測定できない場合があります。
・電池はショートすると、一時的に電圧が下がります。ショートの時間が短い場合は、一度電池を取り出して3時間ほど放置していただくと電圧が回復しますので、電池をショートさせないように再度装てんすればお使いいただけます。




キーレス 電池交換
http://minkara.carview.co.jp/userid/379675/car/287150/507255/note.aspx

http://cdn.snsimg.carview.co.jp/carlife/images/UserCarNote/507255/p6.jpg?ct=2d67d51959a5
※軍手をしているのは、手の油分が電池に付着するのを防ぐためです。



新品のボタン・コイン電池に交換したが機器が正常に動作しない場合の要因は?
Panasonic
http://jpn.faq.panasonic.com/app/answers/detail/a_id/18214/~/%E6%96%B0%E5%93%81%E3%81%AE%E3%83%9C%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%B3%E9%9B%BB%E6%B1%A0%E3%81%AB%E4%BA%A4%E6%8F%9B%E3%81%97%E3%81%9F%E3%81%8C%E6%A9%9F%E5%99%A8%E3%81%8C%E6%AD%A3%E5%B8%B8%E3%81%AB%E5%8B%95%E4%BD%9C%E3%81%97%E3%81%AA%E3%81%84%E5%A0%B4%E5%90%88%E3%81%AE%E8%A6%81%E5%9B%A0%E3%81%AF%EF%BC%9F-pz18214

4.接点の汚れ
・新品電池を装着される際、電池のプラスとマイナス面(上下の面)を直接指先で触れると、手油やほこりなどが付着し接触不安定となる場合があります。また機器側の接点も長期間変化が無かったため目に見えない酸化が発生している場合があり、新しい電池との接触部分との位置(接点)が変わることで接触不安定になる場合があります。(金メッキが施されている場合はほとんど問題ありません。)
電池の上下面は極力触れずに電池の側面をもって電池の交換を行ってください。
また機器の接点が金メッキ以外の場合は、無理をせず拭ける場合はティッシュペーパーなどで少し拭いてみるのも効果があります。



「アルカリボタン電池」よくあるご質問
日立マクセル株式会社 - Hitachi Maxell
http://www.maxell.co.jp/consumer/button/bt_alkali/bt_voltage_faq.html

Q 新品のボタン形電池をバッテリーチェッカーで確認すると、残量が少なく出ましたが、正常でしょうか?
A ご使用のバッテリーチェッカーによりますが、簡易的なバッテリーチェッカーの場合は、大きな電流を流しながら測定する方式のため、電池の特性に合っておらず正しく測定できません。ボタン形電池の測定が可能として販売している機器の中でも、同じ原理で測定している機器では、正しく測定できない場合があります。
  一般的にデジタルマルチメーター(テスター)、デジタルボルトメーターという名称の計測器で、入力抵抗が1メガオーム以上のもので測定してください。


Q 電池が切れたので新品の電池に交換しましたが、機器が動作しません。どのようなことが考えられますか?
A ボタン形電池は、電池封口部のプラス極とマイナス極の間隔が非常に狭い構造となっています。従いまして、電池を機器に装てんされる際に機器の端子など金属部と電池のプラス極およびマイナス極が接触し、ショートした可能性があります。電池はショートすると、一時的に電圧が下がります。ショートの時間が短かい場合は、一度電池を取り出して3時間ほど放置していただくと電圧が回復しますので、電池をショートさせないように再度装てんすればお使いいただけます。それでもお使いいただけない場合は、弊社お客様ご相談センターまでお問い合わせください。
 
Posted by 山田 雄一郎 at 07:35
コーヒーメーカーの不具合(回転不良) [2015年10月03日(Sat)]
コーヒーメーカーの不具合(回転不良)


 コーヒーメーカーは、2010年10月に買った「ネスカフェ バリスタ」を使っています。(使用開始から約5年)

 基本的に、毎日1杯のコーヒーしか入れていません。毎朝、午前8時までに1杯のコーヒーを入れています。

 その理由は、@1日1回の作動点検とAオール電化にしたため、午後11時〜午前8時の安い電気を使用しているためです。

 さらに、「ネスカフェ バリスタ」で入れたコーヒーは、私には少し濃い過ぎるため、いつもは適量の「粉」を湯で溶かしています。

 使い方としては、本体の「コーヒータンク」が空になると、「コーヒータンク」を取り外してひっくり返し、「ネスカフェ ゴールドブレンド 135g」一瓶を補充しています。

 「コーヒータンク」を取り外してひっくり返す時に「粉」が通過する穴を見て、「粉」が付いているようでしたら本体全体の「洗浄とお手入れ」を行っています。

 先日、次のような不具合(回転不良)が起きました。

発生日
 午前7時頃使うと、粉を計測するために回転する音が小さく、1回転しないうちに止まりエラー表示となりました。
 電源スイッチを「断→接」として、「スタートボタン」を押すと回転する音がしてコーヒーが正常にカップに落ちました。

発生日+1日
 午前7時頃使うと、粉を計測するために回転する音が小さく、1回転しないうちに止まりエラー表示となりました。
 電源スイッチを「断→接」として、「スタートボタン」を押すと回転する音がしてコーヒーが正常にカップに落ちました。

 コーヒーカップを取り替えて、電源スイッチを「断」にして電源コードを「抜く→接続」したあとで、コーヒーを入れた。昔と同じ回転する音がしてコーヒーが正常にカップに落ちました。

発生日+2日
 午前5時半頃使うと、昔と同じ回転する音がしてコーヒーが正常にカップに落ちた。

発生日+3日
 午前7時頃使うと、昔と同じ回転する音がしてコーヒーが正常にカップに落ちた。

発生日+4日
 午前7時半頃使うと、昔と同じ回転する音がしてコーヒーが正常にカップに落ちた。


 結論としては、不具合(回転不良)が起きたら、電源コードを「抜く→接続」を行うことです。

Posted by 山田 雄一郎 at 09:02
ジレットの電池振動式髭剃りを換えました [2015年09月26日(Sat)]
ジレットの電池振動式髭剃りを換えました


 2011年頃に「ジレット フュージョン パワー」を買いました。

 今年(2015年)になって、単四電池を入れる蓋のゴムが剥がれましたが、性能に影響がないのでそのまま使っていました。さらに、電源スイッチのオレンジ色のカバーが外れたので、カバーを接着剤で取り付けました。

 今週、刃を替えて2回目ぐらいの髭剃りで、あごを切って血が出ました。

 「替え刃」が不良だったのか「髭剃り本体」が劣化したのかわかりませんでしたので、とりあえず「髭剃り本体」を換えることにしました。

 「ジレット」の製品をネットで調べると、

1 「ジレット フュージョン パワー」は、2006年8月発売でした。
2 「ジレット フュージョン プログライド フレックスボール パワー」は、2011年2月発売でした。

ジレット
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88#.E6.9B.BF.E5.88.83.E5.BC.8F.E3.82.AB.E3.83.9F.E3.82.BD.E3.83.AA

プログライドと旧型フュージョンとの比較レビュー
http://shavertest.net/kamisori/proglide.html


 両者を比較すると価格はそんなに差がないので、「ジレット フュージョン プログライド フレックスボール パワー」を注文しました。

 届いた「髭剃り本体」に今まで使っていた「替え刃」を取り付けて髭を剃ってみました。

 あごのラインに沿って髭が剃れていて、切って血が出ることはありませんでした。

 気になることと言えば、電源スイッチを入れるとオレンジ色灯が点灯することでしょうか。箱に入っていた説明書には、「振動が弱くなったら乾いた場所で電池を入れ替えてください。」と書いてありました。

 旧「髭剃り本体」には、「バッテリーが切れた場合は、点滅して乾電池(単4形)の交換時期をお知らせします。」との機能があったので、新「髭剃り本体」では、電池の交換時期で悩むかも知れませんが、今までと同じように充電式電池を使うので気にならないと思います。

Posted by 山田 雄一郎 at 12:44
扇風機のリモコンが壊れました [2015年07月21日(Tue)]
 扇風機のリモコンが壊れました。

 扇風機は、2006年8月に買った「YAMAZEN LRIH-DM302」です。

 扇風機の風を止めようとしてリモコンの「入切」ボタンを押しましたが、扇風機は動き続けました。

 リモコンの電池が少なくなったと判断して、リモコンの単四電池2本を新品の電池に交換しました。

 電池を交換するときに外した電池(Super NOVA 01-2009)を簡易テスターで電圧を測ると、2本とも「黄帯と緑帯の境界」の場所を針が示していました。

 新品の電池(07-2018)に交換しましたが、リモコンで扇風機を操作できませんでした。

 新品の電池を簡易テスターで電圧を測ると、2本とも「緑帯」の場所を針が示していました。

 何気なくリモコンの乾電池用電極を見ると、両方の「プラス側電極」が銀色ではなく茶色になっていました。

 ドライバー(マイナス 1.6mm)の先端で「プラス側電極」の茶色をこすると、茶色が取れて銀色が出てきました。

 防錆潤滑液を吹きかけると良いのですが、余分な液を完全にぬぐい取れないので諦めました。

 外した電池の一方は「プラス側電極」が汚れていましたが、もう一方は綺麗なままでした。

 外した電池から液漏れした可能性がありますので新品の電池をリモコンに入れて操作をすると、扇風機が動きました。

 液漏れした可能性がある電池が1本しかないのに両方の「プラス側電極」が銀色ではなく茶色になっていることの可能性は、「リモコンで操作できなくなった → 電池の場所を変えて操作ができた このままで使おう」ということが思い浮かびます。

 この時に、原因を追及し「液漏れの電池」を含めて両方の電池を交換していれば、「一方」だけではなく「両方」の「プラス側電極」が銀色ではなく茶色にはならなかったと反省しています。
Posted by 山田 雄一郎 at 11:02
暑いですね [2015年06月30日(Tue)]
暑いですね


 蚊が飛び回る季節になりました。

 蚊取り用に「アース ノーマット」を使っていますが、困っていることがあります。

 それは、液体ボトルに「60DAYS(1日12時間使用)」と書いてありますが、取替時期が一定では無いことです。

 蚊を見つけると、「アース ノーマット」の電源を入れますが、電源を切るのを忘れたりしていますので、「1日12時間使用」ということを守っていないからだと思います。

 なんとかしなければと思っていたのですが、6月から4ヶ月間は「アース ノーマット」を使うとして「60DAYS(1日12時間使用)」を2個用意しておき、液体ボトルの薬剤が無くなれば、「30DAYS(1日12時間使用)」を使っていました。

 昔は、「FM音楽放送」の「エアチェック」に「電気式のタイマー」を使って、「チューナー」と「カセットデッキ」の電源を同時に入れたり切ったりしたことを、最近、思い出しました。

 早速、ネットで探して次の「タイマー」を見つけて、買いました。

「24時間プログラムタイマーII PT25(リーベックス)」

 50/60Hzの周波数切換は、手動です。
 「15分」ごとに「駒」があり、「駒」を上げたり下げたりすることで電源を入れたり切ったりします。
 「このタイマーは、モーターとギアを組み合わせたメカ式タイマー」、「時間誤差最大10分」と取説に書いてあります。
 amazonの紹介ページには、「時間誤差:24時間で最大±10分、タイマー誤差:15分間で±5分」となっています。

 「タイマー」を設定して、夕方5時から12時間は「アース ノーマット」の電源を入れるようにして使っています。
Posted by 山田 雄一郎 at 13:53
24時間365日働いている「液晶画面」くんの健康管理(その2) [2014年10月09日(Thu)]
24時間365日働いている「液晶画面」くんの健康管理(その2)

 本日の朝は、「掛け時計」の「左から2番目の温度の一の位の数字」が見えなくなりました。

 屋外に出て、しばらく直射日光に当てると正常に表示するようになりました。

 部屋が暗いのが「掛け時計の表示不良」の原因とわかっているので、この「掛け時計」を「食卓を置いている部屋の掛け時計」と交換しました。

 「食卓を置いている部屋」は、照明器具は天井から吊すタイプですので、夜間も明るい照明光が「掛け時計」に当たると思います。

 しばらく様子を見ます。

 さらに「掛け時計の表示不良」が出るようならば、さらに昼間も明るい場所に移そうと考えています。
Posted by 山田 雄一郎 at 09:10
24時間365日働いている「液晶画面」くんの健康管理 [2014年10月08日(Wed)]
24時間365日働いている「液晶画面」くんの健康管理


 「液晶画面」の一部の表示が消える不具合が起きましたが、何とか不具合を解消できました。

 「掛け時計」に使われている「液晶画面」の話しです。

 部屋の「掛け時計」を、窓と天井の隙間に掛けていました。

 最初は、「アナログ式3針掛け時計(電波時計)」でした。

 温度や湿度も同時に見ることができれば良いと考えて、「デジタル式掛け時計(電波時計)」に付け替えました。

 この「デジタル式掛け時計」は、卓上または床上で使用していた時計で、上下3段で情報を表示していました。上段が時刻、中段が月日、下段が温度・湿度でした。

 しばらく「デジタル式掛け時計」を使っていると、一部の表示が消える不具合が起きました。上段の時刻表示で、「7」の「−」が見えなくなるようなものです。

 「デジタル式掛け時計」は2002年8月に購入したものであり、手に入れてから12年近くなろうとしているので、「液晶画面」の寿命が来たと判断して、新品の「掛け時計(電波時計)」をamazonで購入しました。

 amazonで今年の7月に購入したのは「CITIZEN (シチズン) カレンダー表示付き電波掛時計 ネムリーナカレンダーM01 茶色メタリック色 4FYA01-006」(MADE IN CHINA)です。

 「アナログ式3針掛け時計(電波時計)」で、上下2段でデジタル情報を表示していました。上段が温度・湿度、下段が月日でした。

 この「掛け時計」に最初に電池を入れたときに、「標準電波」の受信に失敗しました。再受信するため「掛け時計」裏側の「リセット」ボタンを押したときに、上段の温度・湿度を表示する5桁の数字(温度3桁、湿度2桁)が少しおかしくなっていました。

 上段の温度・湿度を表示する5桁の数字(温度3桁、湿度2桁)が「8」に点灯するのですが、左から2番目の温度の一の位の数字が「濃い卜」と「薄い8」を合成したようになっていました。

 通常は、「掛け時計」を下から見上げるようにしていますので、「掛け時計」を壁に掛けた状態では、左から2番目の温度の一の位の数字も他の数字と同じ濃さになっていました。

 8月になって、朝方、「掛け時計」を見るときに、左から2番目の温度の一の位の数字が「濃い卜」に該当する部分しか表示しない状態になり温度がわからなくなりましたが、しばらくそのままにしておくと正常な表示に戻りました。

 8月の下旬になって、amazonに申し出て交換して貰おうとしてネットでホームページを検索しましたら、購入したから30日が過ぎていましたので、交換ができませんでした。

 温度は別の温度計でもわかるので、「掛け時計」はこのまま使うことにしました。

 ところが、本日の朝は、「左から2番目の温度の一の位の数字」と「一番右の湿度の一の位の数字」が見えなくなっていました。

 その時に、この「掛け時計」の前に使っていた「デジタル式掛け時計」の表示を思い出しました。前の「掛け時計」は、部屋から外した後、専用スタンドを取り付けて床上に置いていましたが、いつの間にか表示が正常に戻っていました。

 そこで、「太陽電池時計」が太陽光を当てないと動かなくなるように、「液晶画面」も太陽光を当てないと表示をしなくなるのではないかと考えました。

 24時間365日働いている「液晶画面」くんに日光浴をさせて、元気になって貰うことにしました。

 「掛け時計」を日光が当たる部屋に持って行き床上に置くと、すぐ「一番右の湿度の一の位の数字」が見えるようになりました。しばらくすると、「左から2番目の温度の一の位の数字」も見えるようになりました。

 念のため、3時間ほど日光が当たる部屋に置いたあとで、元の場所に「掛け時計」を掛けました。

 「掛け時計」を掛けた部屋は北向きなので、太陽の光があまり当たらなかったと考えることにしました。昼間の暗いときは、キーボードに卓上蛍光灯の光を当てるだけでしたが、天井の蛍光灯を点けたほうが「掛け時計」にとって役に立つことがわかりました。

 「液晶画面」くんに日光浴をさせて、健康管理することにします。

続きを読む...
Posted by 山田 雄一郎 at 23:27
暑くなったので扇風機を使い始めました [2014年06月05日(Thu)]
暑くなったので扇風機を使い始めました


 扇風機(山善 30cmリビング扇 YLR-D30 2010年製 MADE IN CHINA)を掃除して動かしてみました。

 この扇風機は、2010年の暑くなる前に購入し、知り合いに貸していました。その後、昨年の秋頃、知り合いから返して貰っていました。

 本体のスイッチ操作は正常にできましたが、リモコン(YAMAZEN YLR-D30)ではファンが動きませんでした。

 乾電池の電圧を簡易テスターで測ると、単4形2本にうち1本は「緑色帯(GOOD)と黄色帯(WEAK)が接する場所」、もう1本は「赤色帯(REPLACE)のゼロ側」(まったく針が動かない)でした。

 さらに、乾電池を手に持ったときに「ねばねば感」がありました。

 1本の乾電池の電圧が無かったことから、乾電池からの液漏れと判断し、ねばねば感がある場所を拭き取り、乾電池を2本とも交換しました。

 乾電池を交換したリモコンではファンが動きました。

 捨てた乾電池は、2本とも次のような表示がありました。

・「Super NOVA」、「03-2012」、「MADE IN PRC」

 ネットで調べると、「PRC」は「People's Republic of China」の略だそうです。

 液漏れが無ければ、今でもこの乾電池が使用できたと思います。

 「MADE IN CHINA」とか「MADE IN PRC」に限定して「液漏れの有無の確認をすべきだ」と主張すると、色々と差し障りがあります。

 そこで、1年以上使用している乾電池は、「液漏れの有無」を確認したほうが良いと思います。


 同じような「乾電池の液漏れ」の例ですが、1988年6月に購入した、単3形乾電池を3本使うラジオ「SONY ICF-M300V」を収納庫の片隅で見つけたので、20数年ぶりに電源を入れました。

 ラジオから音が出なかったので電池を確認しましたら、乾電池が「液漏れ」を起こして「電池受けのバネ」も錆びていました。

 錆を落として、漏れた液を拭き取り、乾電池を交換して電源を入れると、ラジオから音が流れました。

 このラジオは、持ち運ぶには大きすぎますので、台風などの災害時に情報を集めるために使用するつもりです。

 「MADE IN JAPAN」の乾電池でも、定期的に点検をしないと「液漏れ」が起こるという例でした。


 消費電力が少ない電化製品は喜ばれますが、乾電池を電源とする電化製品については、「乾電池からの液漏れ」が発生する前に「乾電池の電力が低下」して、乾電池を交換するほうが喜ばれると思います。

Posted by 山田 雄一郎 at 09:38
| 次へ
プロフィール

山田 雄一郎さんの画像
山田 雄一郎
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/hofu_nanboku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/hofu_nanboku/index2_0.xml