CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
新しいテレビには、高品質の「HDMIケーブル」を使おう [2017年08月16日(Wed)]

新しいテレビには、高品質の「HDMIケーブル」を使おう



20132月に「パナソニック ブルーレイレコーダー DMR-BZT730」を購入しました。


 この「パナソニック ブルーレイレコーダー DMR-BZT730」を「三洋 37型液晶テレビ」に接続するため、「HDMIケーブル」の「【Amazon.co.jp限定】PLANEX ハイスピードHDMI Ver1.4ケーブル 2m (PS3/Xbox360) PL-HDMI02-EZ (FFP)」を買いました。


「HDMIケーブル」を使って問題なくテレビを見ていたのですが、20177月に「三洋 37型液晶テレビ」の表示色がおかしくなり、「パナソニック 32V 液晶テレビ TH-32E300」に買い換えました。


 「HDMIケーブル」に不具合はなかったので、「PLANEX HDMIケーブル」はそのまま使用することにしました。


 ところが、「ブルーレイレコーダー」からの出力で長時間使用していると、画面にノイズが出るようになりました。


 ネットでこの「PLANEX HDMIケーブル」の「トップカスタマーレビュー」を確認すると、次のような意見が出ていました。


 最初のうちは問題なく使用できていましたが、他のレビューにもあるように接触不良が頻出するようになりました。ノイズが出たり、点滅したり、全く映らなくなったりと使い物にならない状態です。他のHDMIケーブルと比べるとコネクタ部分のグラつきが大きいです。

 買うならAmazonベーシック ハイスピードHDMIケーブルがおすすすめ。映画鑑賞中に映像が切れるときといったら腹がたってしようがない


 この「PLANEX HDMIケーブル」は、20132月当時、「Amazon 売れ筋ランキング」の「HDMIケーブル」部門で「1位」だった記憶があります。しかも、「¥ 590」で買うことができました。


 現在、「Amazon 売れ筋ランキング」の「HDMIケーブル」部門で「1位」の「Amazonベーシック ハイスピードHDMIケーブル - 1.8m (タイプAオス - タイプAオス/イーサネット/3D/4K/オーディオリターン/PS3/PS4/Xbox360対応)」(¥ 598 対象商品\ 2,000以上の注文で通常配送無料)を買うことを検討しました。


 しかし、「液晶テレビ」も「ブルーレイレコーダー」も「パナソニック」の製品ですので、「パナソニック」製の「HDMIケーブル」の相性が一番良いと考えました。


 ということで、「HDMIケーブル」の「パナソニック ハイスピードHDMIケーブル 1.5m ブラック RP-CHE15-K」を購入して交換しました。


 とりあえず、様子を見ることにします。

 

Posted by 山田 雄一郎 at 10:14
ディスクレコーダーで、DVD-R(CPRM)が読み出せなくなりました [2014年08月15日(Fri)]
ディスクレコーダーで、DVD-R(CPRM)が読み出せなくなりました


 次のPanasonic製のディスクレコーダーで、DVD-R(CPRM)が読み出せなくなりました。

HDD搭載ハイビジョンブルーレイディスクレコーダー
DMR-BW890-K
購入:2010年9月

 DVD-R(CPRM)の記録面を見ましたが目立った傷跡はありませんでした。眼鏡拭きでDVD-R(CPRM)の記録面を拭きましたが、DVD-R(CPRM)が読み出せません。

 レコーダーを買ってから4年近くなるのと取扱説明書の「故障かな!?」に書いてないので、故障するのはしかたがないと思いましたが、レコーダーを設置してから電源プラグを抜き差しした記憶が無いので、例の方法を試しました。

 例の方法とは、電源プラグを抜き、約10秒待って、電源プラグを差すという方法です。

 例の方法を実行すると、DVD-R(CPRM)が読み出せるようになりました。

 DVD-R(CPRM)に記録したビデオも普段と同じように読み出せます。

 ということは、修理するために電気屋へ持ち込んだとしても、DVD-R(CPRM)が読み出せないという不具合は再現しなかった可能性が大きいと思います。

 電気屋との信頼関係が崩れる恐れがあったということになります。

 まあ、一時的に直った可能性もありますので、しばらく様子を見ることにします。
Posted by 山田 雄一郎 at 20:00
Panasonic DMR-BZT730 を買いました [2013年02月22日(Fri)]
Panasonic DMR-BZT730 を買いました


 Panasonic DMR-BZT730 を買ってテレビに接続しました。

 次の組み合わせです。
1 Panasonic ブルーレイディスク レコーダー DMR-BZT730
2 SANYO 液晶テレビ LCD-37SX100


1 テレビとレコーダーの接続

 今まで、Panasonic液晶テレビに、Panasonic「ブルーレイディスク レコーダー」を、Panasonic「HDMIケーブル」で接続していましたが、テレビが「SANYO」なので、「BZT730」に付属の「映像・音声コード」でつなぎました。

 すると、「BZT730」からの画像を見ると、画像の上部が画面からはみ出してしまい見ることができません。

 SANYOテレビの画面調整で「画面縦サイズ」を調整したら少しは改善しましたが、「BZT730」のリモコンの「スタート」を押して表示する「スタート画面」の上部を表示できないので、上段のボタンの説明を見ることが困難でした。

 そこで、付属の「映像・音声コード」はあきらめて、「HDMIケーブル」で接続することにしました。

 比較的安い「PLANEX ハイスピードHDMI Ver1.4ケーブル 2m (PS3/Xbox360) PL-HDMI02-EZ」を買いました。

 「HDMIケーブル」で接続すると、「スタート画面」も上部まで表示できました。

 残念(?)なことに、SANYOテレビの画面調整が「灰色で表示され」、調整できなくなりました。SANYOテレビの取扱説明書によると、「できない調整はメニューが灰色で表示されます。」とのことでした。

 「HDMIケーブル」で接続すると、SANYOテレビの画面調整は必要が無いと言うことだと思います。


2 家庭内LANとレコーダーの接続

 レコーダーの無線LANを、「AOSS」を使って家庭内LANに接続しました。「AOSS」で接続設定するときに、Buffaloの「WHR-G301N」と「BZT730」は、約2m離れていましたが、うまく接続できました。

 ネットで「BZT730」の情報を見ていると、有線LANは「1000BASE-T」が使えると書いてありましたので、ブロードバンドVoIPルーター「NVR500」に「BZT730」を、直接、有線で接続することにしました。

 比較的安い「ELECOM イーサネットLANケーブル(黒)5m LD-CT/BK5」を買いました。


3 電子書籍タブレットとレコーダーの接続

 電子書籍タブレット「UT-PB1」と「BZT730」の接続も、期待した機能でした。

 「UT-PB1」から、「BZT730」の「HDD」、「USB-HDD」、「チューナー」の画像を見ることができました。

 縦長画面で見ると画面が小さいのですが、横長画面にすると画面一杯に画像が広がります。

 問題は、連続して視聴すると「UT-PB1」のバッテリーが、1時間から1時間半しか使えないことです。充電装置を、側に置いておかなければなりません。

 それから、「UT-PB1」の音量を最大にしても、音が小さいので、ファンヒーターの音が気になる人にはイヤホンを勧めます。

Posted by 山田 雄一郎 at 13:46
「DiMORA(ディモーラ)」が正常になっています [2011年04月27日(Wed)]
「DiMORA(ディモーラ)」が正常になっています


 「DiMORA(ディモーラ)」が正常になっていることを確認しました。

 私は、私の経験から、新しいことをするときに、不具合が発生するのは避けられないと思っています。

 その不具合を、重要性に応じて、短時間で正常に戻せるかで、システムを担当している会社の、ユーザーに対する態度が評価されるのでしょう。

 「DiMORA(ディモーラ)」は信用できる会社だと思いました。
Posted by 山田 雄一郎 at 15:10
「DiMORA(ディモーラ)」の「録画モード」変更方法 [2011年04月27日(Wed)]
「DiMORA(ディモーラ)」の「録画モード」変更方法


 私は、特に製造会社が限られている製品以外は、パナソニックの製品を選んでいます。ちなみに、車はトヨタです。両方の会社の製品はユーザーが使いやすいからだと、私は勝手に思っています。(どこでも売っているから、故障しても、どこでも直してくれる のかも知れません。)

 ブラウン管時代のテレビはソニーばかり買っていました。テレビをソニーからパナソニックに換えるきっかけは、私の家族も含めて、私以外にとっては、些細なことだと思います。

 初めての、地デジ対応の液晶テレビは、ソニーです。2006年7月に新品を買いました。このテレビの一番気にくわなかったのは、「番組表」です。新聞の「番組表」を見慣れていたため、使いにくいものでした。

 当時、ブラウン管テレビに付ける地デジチューナーはパナソニックで、新聞の「番組表」と同じような「番組表」でした。

 それで、ブラウン管テレビが壊れて地デジ対応の液晶テレビに換えるときは、パナソニックになりました。ただし、ソニーの地デジ対応の液晶テレビは、今でも使っています。買ってから5年近くたち、古くなったためか、たまに、衛星放送の電波が弱くなったといって画像を表示しません。さらに、テレビのリモコンの電池を交換しても、ソニーのリモコンに反応しない時があります。その時は、ソニーのテレビに接続したパナソニックのDVDレコーダーのリモコンを使います。

 話がそれてしまいましたので、本題に戻します。

 2010年4月、パナソニックのBDレコーダーを買いました。パナソニックは、「DIGAシリーズと連動して予約録画やキーワードなどによる自動録画が可能な「DiMORA(ディモーラ)」サービスを提供している。」とのことで、これが気に入ったのかも知れません。

 「DiMORA(ディモーラ)」の「ホーム」画面の左上の「Myディーガ インフォメーション」欄の「録画モード」の初期値の変更の方法を書きます。

 「録画モード」が「DR」なのですが、DVDへ録画しますので、「HL」での残録画時間が気になっていました。なんとか、変更ができたので、ここに書きます。

 「録画モード」は「DR」となっていると思いますが、例えば「DR」から「HL」に変える方法です。

 「DiMORA(ディモーラ)」の「ホーム」画面の右上の「DIGA MANAGER」を押します。

 上の左の「レコーダー操作」を押します。

 上の「録画モード」が「DR」となっているのを確認し、中央の「録画モード」で「HL」を押します。

 「電源をオンしてから操作してください。」と表示したら、「戻る」を押して元の画面に戻ります。赤色の「電源」を押し、上の「レコーダー状態」が「電源入」に変わるのを確認します。

 再度、中央の「録画モード」で「HL」を押して、上の「録画モード」が「HL」となっているのを確認します。

 これで、ユーザーの操作は終わりです。ただし、録画モードの変更は、翌日になります


追伸
 「DiMORA(ディモーラ)」のシステムメンテナンスを、2011年4月18日(月) 0:00 〜 12:00 にしましたが、このメンテナンスの後のことで、気になることがあります。

 しばらくたって、「DiMORA(ディモーラ)」のシステムに変更がないようならば、開示します。
Posted by 山田 雄一郎 at 10:14
プロフィール

山田 雄一郎さんの画像
山田 雄一郎
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/hofu_nanboku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/hofu_nanboku/index2_0.xml