CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
耳の痛い話をします [2018年12月15日(Sat)]
耳の痛い話をします


 12月に入り、寒くなってきました。

 「耳の痛い話」というのは、「聞くのが辛い」という話ではなく、「物理的刺激により痛みが出る」ことです。

 お風呂に入って顔を洗っているときに、何気なく、左耳の「耳輪」を指で押さえると、痛みがありました。「しもやけ」の症状のようです。

 しかし、反対側にある右耳の「耳輪」を指で摘まんでも痛くはありませんでした。

 耳が寒いとは感じませんでしたが、「【第3類医薬品】日本薬局方 白色ワセリン 500g(健栄製薬)」を両耳に塗って、念のため、ニット帽子を被り両耳を隠しました。

 食事や接客などの時に、ニット帽子を被ることはできないので、休憩時間、移動時間や寝るときなどに帽子で耳を保護するようにしました。

 すると、数日で、左耳の「耳輪」を指で押さえても痛くなくなりました。

 そこで、左右の耳で「しもやけ」の症状が違う原因を考えて、私なりに思いつきました。

 つまり、私が寝るときに「こたつ」の側に布団を敷いていたため、足を「こたつ」に入れて、右耳を下にして横向きに寝ていました。だから、左耳が室温の影響を受けやすかったと思います。

 結論として、耳の「しもやけ」を防止するために、私はニット帽子を被り両耳を隠したのですが、エアコンなどで室温を一定に保つ方法もあります。

 年齢を重ねると、心臓から遠い末端には血液が届きにくくなるようです。

 例えば、手や足の指先は風呂に入るときに触って洗うので異状に気が付きやすいのですが、同じような末端部位の「耳」にも注意を向けなければならないことが、良くわかりました。

Posted by 山田 雄一郎 at 21:26
この記事のURL
http://blog.canpan.info/hofu_nanboku/archive/414
プロフィール

山田 雄一郎さんの画像
山田 雄一郎
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/hofu_nanboku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/hofu_nanboku/index2_0.xml