CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
「Google Chrome」で「shift_jis」を表示する? [2017年01月30日(Mon)]
「Google Chrome」で「shift_jis」を表示する?


 「Google Chrome」で「shift_jis」が表示できないことがわかりました。

 実は、「首相官邸新着情報メール」を受け取っています。

 メールの必要な範囲をコピーして「秀丸エディタ」に貼り付けて「text」文として保存します。

 「text」文を「Word 2010」で開き、「文章校正」をした後で「html」文として保存します。

 このように、メールを「Word 2010」で「html」文に変換して、ローカル(家庭内)サーバーに保存して、ローカル(家庭内)パソコン(Windows10)から見ることができるようにしています。


 「Word 2010」で変換した「html」文は、「Internet Explorer」で閲覧が可能か確認していました。

 本日届いた「首相官邸新着情報メール」を「html」に変換した後で、たまたま、「Google Chrome」で「html」文を見ると「文字化け」が発生していました。

 「秀丸エディタ」で「html」文の最初の部分を確認すると、「charset=shift_jis」となっていました。

 今までも、「Google Chrome」で「html」文を見たときに、正常に表示していたので面食らいました。

 そこで、最初に、「Google Chrome」で「shift_jisでのhtml表示」を使用としましたが、「エンコード」の設定が見つかりません。

 ネットで探すと、次のブログが見つかりました。


Chorome 文字化けを防ぐ
*********引用開始*********
•エンコードメニューが見つからない…。バージョン 55.0.2883.87 m -- 2017-01-07 (土) 12:13:29
•↑解決しました。エンコード変更ができたのは旧バージョンまでで、最近のは変更できない仕様になったようです。 -- 解決? 2017-01-07 (土) 12:22:03
*********引用おわり*********


 次に、「Google Chrome」での表示を諦めて、「Word 2010」で「ファイルを保存」するときに、「Webファイル」の「charset」を変更することにしました。

旧設定
<meta http-equiv=Content-Type content="text/html; charset=shift_jis">
<meta name=Generator content="Microsoft Word 14 (filtered)">
 ↓
新設定
<meta http-equiv=Content-Type content="text/html; charset=utf-8">
<meta name=Generator content="Microsoft Word 14 (filtered)">

 次の方法で、「Word 2010」で「ファイルを保存」しました。

 「ファイル」→「名前を付けて保存」

 「ファイルの種類:Webページ(フィルター後)」→右下の「ツール」をクリック

 「Webオプション」→「エンコード」

 「このドキュメントを保存する形式:Unicode(UTF-8)」→「OK」をクリック

 「保存」をクリック

 以上の方法で、「Google Chrome」での表示が、「文字化け」なくできるようになりました。

 先週以前の「内閣メール」(平成13年小泉内閣〜)は、いずれ「charset=shift_jis」を「charset=utf-8」にしようと思いますが、外部に開放していないため読者から急がされることがないので、気長に行います。

Posted by 山田 雄一郎 at 20:27
この記事のURL
http://blog.canpan.info/hofu_nanboku/archive/352
プロフィール

山田 雄一郎さんの画像
山田 雄一郎
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/hofu_nanboku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/hofu_nanboku/index2_0.xml