CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
phpでつくったプログラムの日付が遅れていた [2014年09月28日(Sun)]
phpでつくったプログラムの日付が遅れていた


 午前7時頃、fedora20サーバーのphpでつくったプログラムを表示したら、日付が昨日になっていました。

 CentOS6.5サーバーのphpでつくったプログラムを表示したら、日付は今日でした。

 このphpでつくったプログラムは、CentOS6.5サーバーからfedora20サーバーにコピーしたものです。CentOS6.5サーバー上で不具合はないことを確認しています。

 サーバーの時間関係の設定を探すと、「時間(TimeZone)の設定」は下で書いたようになっていました。

 ネットで検索すると、下で書いた「[PHP] date関数の時間(TimeZone)がずれる」が見つかりました。

 fedora20サーバーの「/etc/php.ini」に「date.timezone = Asia/Tokyo」を追加しました。

 そして、「systemctl restart httpd」を実行することで、「/etc/php.ini」の設定の変更を反映します。

 fedora20サーバーのphpでつくったプログラムの日付は、正常になりました。

 試しに、「date -s "09/28 08:11 2014"」と時刻を変更しても、日付は本日となります。

 このまま日付を元に戻さないで、「/etc/php.ini」の「date.timezone = Asia/Tokyo」を「;date.timezone = Asia/Tokyo」とコメントアウトして、「systemctl restart httpd」を実行すると日付は昨日になりました。

 fedora20サーバー上のphpでつくったプログラムの作動確認を午前9時以降に行っていましたので、「日付が昨日になって」いた不具合には気が付きませんでした。


参考資料
時間(TimeZone)の設定
fedora20
@「timedatectl status」を実行
Timezone: Asia/Tokyo (JST, +0900)

A/etc/php.ini
[Date]
; Defines the default timezone used by the date functions
; http://php.net/date.timezone
;date.timezone =
Bバージョン
httpd-2.4.10-1.fc20.i686
php-5.5.16-1.fc20.i686

CentOS6.5
@/etc/sysconfig/clock
ZONE="Asia/Tokyo"

A/etc/php.ini
[Date]
; Defines the default timezone used by the date functions
; http://php.net/date.timezone
;date.timezone =

Bバージョン
httpd-2.2.15-31.el6.centos.i686
php-5.3.3-27.el6_5.1.i686


参考資料
[PHP] date関数の時間(TimeZone)がずれる
Posted on 2011年11月07日
http://amidagamine.com/notes/2011/11/07/php-date%E9%96%A2%E6%95%B0%E3%81%AE%E6%99%82%E9%96%93timezone%E3%81%8C%E3%81%9A%E3%82%8C%E3%82%8B/
date関数が返す時間のTimeZoneを設定するには、”php.ini”の「date.timezone」の値を設定する。
日本時間にするには…

date.timezone = Asia/Tokyo

と、変更する。(ない場合は、追加する)

Posted by 山田 雄一郎 at 10:11
この記事のURL
http://blog.canpan.info/hofu_nanboku/archive/221
プロフィール

山田 雄一郎さんの画像
山田 雄一郎
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/hofu_nanboku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/hofu_nanboku/index2_0.xml