CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
FeliCa2Money の CSV変換定義を変更してください [2019年05月22日(Wed)]
FeliCa2Money の CSV変換定義を変更してください


 本日(2019/5/22)、JAバンク普通預金のデータをダウンロードして、FeliCa2Money で Money に入力しようとしたらエラー表示が出ました。

 ダウンロードしたJAバンク普通預金のデータを確認すると、残高も表示できるようになっていました。

 仕方がないので、CSV変換定義のJAバンク普通預金の項目を下のように変更してエラー表示が出なくなりました。
※残高は、Dummy として Money に入力しませんでした。

  <Rule>
   <Ident>JA_bank</Ident>
   <Name>JAバンク普通預金</Name>
   <BankId>7751</BankId>
   <FirstLine>"番号","明細区分","取扱日付","起算日","お支払金額","お預り金額","取引区分","残高","摘要"</FirstLine>
   <Format>Dummy,Dummy,Date,Dummy,Outgo,Income,Dummy,Dummy,Desc</Format>
   <Order>Ascent</Order>
  </Rule>

Posted by 山田 雄一郎 at 06:28
Windows 10 Version 1809用の累積アップデート [2019年05月04日(Sat)]

Windows 10 Version 1809用の累積アップデート



 本日、「KB4495667」をアップデートしました。


 Microsoft Office 365 Excel で表示する日付は、次のようになりました。


2019/5/4

 ↓

令和154

R1.5.4

※「列の幅」の設定が初期値に戻ってしまうようですので、「セルの書式設定」で再設定する必要がありました。



参考資料

Windows 10 Version 1809用の累積アップデートKB4495667が公開 - 「令和」対応を含む累積アップデート

2019.05.04

https://www.softantenna.com/wp/windows/windows-10-version-1809-cumulative-update-kb4495667/

 Microsoftは本日、Windows 10 Version 1809(October 2018 Update)用の累積アップデートKB4495667を公開しました(MSPoweruser)

 定例外のオプション扱いのアップデートで、日本の新元号である「令和」関連の変更を含め、多数の不具合の修正が行われています。

Posted by 山田 雄一郎 at 23:29
Fedora29 を Fedora30 にアップグレードしました [2019年05月04日(Sat)]
Fedora29 を Fedora30 にアップグレードしました


 「Releases/30/Schedule」を確認すると
2019-04-30Fedora 30 Final Release (GA) (Preferred Target)
2019-05-07Fedora 30 Final Release (GA) (Target #1)

なので、5月7日にアップグレードするつもりでした。

 昨日(5/3)、ネットを見ているとアップグレードできることが分かりましたので、早速実行しました。

 以下の資料を参考にしました。

 最初に、データのバックアップをしなさいと書いてあったので、毎回アップグレードで問題が起きる「PostgreSQL」の個人データをバックアップしました。

su postgres
HIZUKE=`date '+\%d'` ; pg_dump php > /data/backup_pgsql/php_"$HIZUKE".sql
ls -l /data/backup_pgsql/php_03.sql
 ↓
-rw-r--r-- 1 postgres postgres 42993795  5月  3 18:39 /data/backup_pgsql/php_03.sql

 次の順番にコマンドを実行しました。
dnf upgrade --refresh
dnf install dnf-plugin-system-upgrade
dnf system-upgrade download --releasever=30
sudo dnf system-upgrade reboot

 気長に待つと、Fedora 30 のログイン画面になります。

 ログインして、アプリが正常に動いているか確認すると、「PostgreSQL」だけが「データの型が古い」とエラー表示が出て、データのアップグレードが失敗して起動しませんでした。

 いろいろ試して、次のようにして「PostgreSQL」が正常に使えるようになりました。

rpm -qa | grep postgres
 ↓
postgresql-11.2-3.fc30.x86_64
postgresql-server-11.2-3.fc30.x86_64
postgresql-upgrade-11.2-3.fc30.x86_64

dnf remove postgresql postgresql-server postgresql-upgrade

rm -rf /var/lib/pgsql
※データをフォルダーごと削除しました。

dnf install postgresql postgresql-server postgresql-upgrade

 次に「PostgreSQL」を「initdb」コマンドで初期化しました。
※私は「webmin」を起動してから「PostgreSQL」設定画面上から初期化しているので、コマンド履歴に残っていませんでした。

systemctl status postgresql.service
※「PostgreSQL」の正常作動を確認しました。

su postgres
createdb php
psql php < /data/backup_pgsql/php_03.sql
※「postgres」以外のユーザーが必要な場合は、「****」というユーザーがいませんとエラー表示が出ます。
※「****」というユーザーを追加してから、再度「psql php < /data/backup_pgsql/php_03.sql」を実行しました。


 この状態で、特に問題なく Fedora30 が動いています。


参考資料
Upgrading Fedora 29 to Fedora 30
Posted by Ryan Lerch on April 30, 2019

Posted by 山田 雄一郎 at 10:56
ノートパソコン(Windows 10 Pro 1809)で、ネット速度が極端に遅くなりました。 [2019年04月23日(Tue)]

ノートパソコン(Windows 10 Pro 1809)で、ネット速度が極端に遅くなりました。



ノートパソコンは、Windows7から「Windows 10 無償アップグレード」です。


「ノートン ユーティリティーズ」で「ディスクの断片化解消」などをしていると元の速度に戻りましたが、どこがおかしいのか分かりません。


しかたなく「このPCを初期状態に戻す」を実行しました。


「開始する」→「個人用ファイルを保持する」をクリックすると


エラー表示

「回復環境が見つかりません」

Windows インストール メディアまたはリカバリ メディアを挿入し、そのメディアからPCを再起動してください。」



そこで、「システム修復ディスクの作成」を実行すると


エラー表示

Windows インストール ディスクを挿入してください」

「システム修復ディスクの作成に必要なファイルがこのコンピューター上で見つかりませんでした。Windows インストール ディスクがあれば、システム修復ディスクを作成できます。」


「システム修復ディスクの作成」を作成できませんでした。



ネットで見つけたページ(下の参考資料)を参考にして「Windows10Upgrade9252.exe」を実行しました。


すると、下の表示が出ました。

Windows 10 の最新バージョンに更新していただきありがとうございます」


Windows 10 1809」から「Windows 10 1809」に更新しようとしていたのだから、当然といえば当然のことでした。




結論としては、「Windows 10 1903」の公開を待つことにしました。




参考資料

**********************

Windows 10の回復で回復環境が見つかりませんと言われたときにどうしたか

http://tetsunarijp.hatenablog.com/entry/2017/10/20/002009

そこで思いついたのがもう一度アップグレードしてみたらどうなるか。

 ↓

Windows 10 のダウンロード

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10#d2784474-fdb0-4e9d-9e47-5e88c0e053ec

 ↓

*****別ページ

Windows 10 October 2018 Update が利用可能になりました

Update Assistant が最新バージョンの Windows 10 へのアップデートをお手伝いします。開始するには、[今すぐアップデート] をクリックします。

 ↓

Windows10Upgrade9252.exe」をダウンロードした。

*****別ページ


復元をします。


完全にクリーンインストールにはなっていなかったのではやりUSBを利用して初期化しないときれいにはならないんだなと思いつつ、試しに回復から初期化をしてみたら。。。


今度はちゃんと端末の初期化が動き出しました。


どうやら1703でいろいろと検証しているうちに回復環境を壊してしまっていたのかも。


1709にアップグレードすることで回復環境が正常に戻り1709ではありますが無事きれいな状態に戻すことができました。

**********************



Posted by 山田 雄一郎 at 08:08
Windows10(バージョン1809)で「このPCを初期状態に戻す」を実行しました(その3) [2019年04月17日(Wed)]

Windows10(バージョン1809)で「このPCを初期状態に戻す」を実行しました(その3) 



一太郎2019ATOKを、「Microsoft Money Plus Edition」で使うとエラーとなるの続きです。


 「windows設定 ATOK」でネット検索していて、次のページを見つけました。


***********

■更新日:2019.01.24 - 情報番号:056684

Q Windows 10ATOKを使用する場合の制限について

http://support.justsystems.com/faq/1032/app/servlet/qadoc?QID=056684


A Windows 10 Version 1809October 2018 Update

 ATOKの設定を[テキストサービスを使用しない]設定にすると、これまでのアップデートでは発生しなかった制限が発生することを確認しています。

Windows 10 Version 1809環境でATOKを使用する場合の制限事項

 これらの現象は、ATOKの設定を[テキストサービスを使用する]にすることで回避できます。

→テキストサービスを使用する設定にする

ATOK 2017については、ATOKのアップデートモジュールを適用することで、[テキストサービスを使用しない]設定でも、上記の制限を回避することができます。最新版へのアップデートにはJUSTオンラインアップデートをご利用ください。

***********



 手持ちのパソコンで調べてみると、

@「Windows 10 Pro 64bit」の ATOK(一太郎2019)[テキストサービスを使用する]と設定

A「Windows 10 Pro 64bit」の ATOK(一太郎2018)[テキストサービスを使用する]と設定  「Microsoft Money Plus Edition」でも正常作動。



 そこで、「不具合が発生しているATOK(一太郎2019)」の[テキストサービスを使用する]設定を、[テキストサービスを使用しない]設定に替えました。


 すると、「タスクバー」の「ATOK for 一太郎2019」の表示が「日本」となりました。


 「Microsoft Money Plus Edition」で正常に日本語入力が可能となりました。



 ところが、次の(重要な)問題が発生しました。


***********

■更新日:2017.01.31 - 情報番号:056413

Q ATOKパレットを表示する

http://support.justsystems.com/faq/1032/app/servlet/qadoc?QID=056413


A Windows 108.1では、初期設定でATOKをテキストサービスを使用する設定になっています。この設定ではATOKパレットは表示することはできません。

ATOKパレットを表示して使いたいときは、次の設定を変更します。


▼注意

Windows 108.1ATOKパレットを表示する設定にすると、Windows ユニバーサルアプリやWindows ストアアプリ上でATOKを利用できません。

Windows 10の場合は、ATOKパレットを表示すると、タスクバーでの検索やMicrosoft EdgeATOKを利用できなくなります。

また、タッチキーボード用の候補ウィンドウが表示されず、通常の候補ウィンドウが表示されるようになります。

***********



 上に書いてあることは、[テキストサービスを使用しない]設定に替えると

 → タスクバーでの検索やMicrosoft EdgeATOKを利用できなくなります。


 実際に、「タスクバーでの検索やMicrosoft EdgeATOKを利用できなくなり」ました。


 ということなので、[テキストサービスを使用する]に戻しました。


 結局、一太郎2019ATOKを、「Microsoft Money Plus Edition」で使うとエラーとなるに戻りました。


Posted by 山田 雄一郎 at 20:32
Windows10(バージョン1809)で「このPCを初期状態に戻す」を実行しました(その2) [2019年04月15日(Mon)]

Windows10(バージョン1809)で「このPCを初期状態に戻す」を実行しました(その2)



 昨日、次のように書きました。

**********

おまけ

2/14に「一太郎2019」をインストール後、「Microsoft Money Plus Edition」を使用して入力するためにATOKを起動するとエラーとなっていたのですが、「一太郎2019」をインストールする前と変わらないで使用できるようになりました。

**********


 しかし、今日、「Microsoft Money Plus Edition」を使用して入力するためにATOKを起動するとエラーとなりました。


 一太郎2019をインストールして、ATOKが「Microsoft Money Plus Edition」で使用できることを確認して以降に、パソコンに入れたプログラムは

@Canon MG6230 プリンター用アプリ

ABUFFALO エアステーション設定ツール Ver.2.0.19

BLhaplus 1.74

CPersonal Dictionary 5.10.64

DJPKI利用者ソフト 3.02.001



 原因がよく分からないので、とりあえず「Microsoft Money Plus Edition」は、「Microsoft IME」を使用しています。



※「Canon MG6230 プリンター用アプリ」の細部

インクジェット複合機【PIXUSMultiPASS】:PIXUS MG6230Windows 10 (64bit):ソフトウエアを選ぶ

https://cweb.canon.jp/cgi-bin/download/select-software.cgi

1 ドライバー

PIXUS MG6230 MP Driver Ver. 1.02


2 アプリケーション

MP Navigator EX Ver. 5.0.2

My Image Garden Ver.3.6.1

Easy-PhotoPrint EX Ver.4.7.0

Easy-WebPrint EX Ver.1.7.0


3 ユーティリティ

マイプリンタ Ver.3.3.0

Quick Menu Ver.2.8.5


Posted by 山田 雄一郎 at 11:30
Windows10(バージョン1809)で「このPCを初期状態に戻す」を実行しました [2019年04月14日(Sun)]

Windows10(バージョン1809)で「このPCを初期状態に戻す」を実行しました



 結論からいうと、次期バージョン(1903?)のリリースの話題がある今の時期に、「このPCを初期状態に戻す」を実行すると、次のような状態になりますので、大きな不具合がない場合は、もう少し待った方が良いと思います。


「このPCを初期状態に戻す」後の状態

1 「Windows Update」を実行すると  「一部の更新ファイルが見つからないか、更新ファイルに問題があります。後で更新プログラムのダウンロードが再試行されます。エラー コード: (0x80073712)


 「更新の履歴を表示する」をクリックすると

2019-04 x64 ベースシステム用 Windows10 Version 1809 セキュリティ更新プログラム(Adobe Flash Player 対応)(KB4493478)

2019/04/14 で実行した前回のインストールが失敗しました - 0x80073712


2 今まで使っていた「家庭内LAN内のファイルサーバー」に繋ぐことができなくなりました。

 「ネットワークドライブの割り当て」を実行すると、「Fedora29」は成功するが、「CentOS6 32bit」や「玄箱HG Fedora11」には繋ぐことができなくなりました。

 → 「SMB1」を「SMB2」にして下さいというようなエラーメッセージを表示します。


 対応ですが

1 過去の「KB****」を探し出してインストールする必要があると思いますが、次期バージョン(1903?)のリリースが間近なので、このまま使用しています。必要の無い限りWindowsを起動せず、作業が終わればシャットダウンしています。


2 Windowsで「SMB1」を使用できるように設定しました。

https://www.iodata.jp/pdf/win10_smb1.pdf



では、なぜこの時期に、「このPCを初期状態に戻す」を実行したかというと


初期化状態にする理由その@

メールが届いたのでポケットカード株式会社のページを開き、請求額を確認しようとしました。

 ↓

ページが開くのに時間がかかり、タイムオーバーとなりログアウトしました。


初期化状態にする理由そのA

dism /online /cleanup-image /restorehealth

 ↓

85%経過で、エラー: 0x800F0900 となりました。


初期化状態にする理由そのB

office2010update83個残っていたが、全く削除できませんでした。

office3653台にインストールしたが、他の、デスクトップとノートには、office2010updateは残っていませんでした。



「このPCを初期状態に戻す」後の状態

その@

請求額を確認する時間は、先月と余り変わらないぐらいに速くなりました。


そのA

dism /online /cleanup-image /restorehealth

 ↓

操作は正常に完了しました。


その3

ソースネクスト株式会社の「筆王ZERO」で「Access database engine 2010」を使っていましたが、「筆王ZERO」インストール後の Windows update では6個しかupdateがありませんでした。


おまけ

2/14に「一太郎2019」をインストール後、「Microsoft Money Plus Edition」を使用して入力するためにATOKを起動するとエラーとなっていたのですが、「一太郎2019」をインストールする前と変わらないで使用できるようになりました。


Posted by 山田 雄一郎 at 22:33
今日は、月例マイクロソフト・アップデートの日 [2019年04月10日(Wed)]

今日は、月例マイクロソフト・アップデートの日



デスクトップ2台の内、1台でアップデートに失敗しました。


Windows Update」画面では

KB4493509 エラー 0x800f0900


「更新の履歴を表示する」画面では

2019-04 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1809 の累積更新プログラム(KB4493509)

2019/04/10 で実行した前回のインストールが失敗しました - 0x80240034


ネットを検索して、最初に次のページを見つけました。


Windows Error Repair Tool

エラー: 0x800F0900

https://errorkit.com/errors-directory/id/28808?language=ja&cid=Errors.JP.new-errorid_28808-errorname_0x800F0900&gclid=CjwKCAjwhbHlBRAMEiwAoDA348W0qekegSe5G4MSwXmW0Zr7-T28TH-fenKMg8NILhwJqxbvXCK1MxoCoQYQAvD_BwE


何も考えないで、「今すぐダウンロードする」をクリックしました。

ダウンロードしたファイルを実行すると、ツール画面に「ActiveX」関係のファイルが不具合と表示していますが、修正できそうです。

さらにツール画面を詳しく見ると、「登録」ボタンがありました。

有料ツールと分かりましたので、このツールをアンインストールしました。


次のコマンドを実行し正常に終了したあとで、アップデートのインストールに失敗しました。

dism /online /cleanup-image /restorehealth

sfc /scannow


最後に「MicrosoftレジスタードマークUpdate カタログ」から、アップデートファイルをダウンロードして、手動でアップデートしました。

http://www.catalog.update.microsoft.com/Home.aspx

検索欄に「KB4493509」を入力して、「検索」をクリックする。

次のファイルを表示します。

@2019-04 x64 ベース システム用 Windows Server 2019 の累積更新プログラム (KB4493509)       Windows Server 2019  セキュリティ問題の修正プログラム   2019/04/05    N/A       163.7 MB     

A2019-04 x86 ベース システム用 Windows 10 Version 1809 の累積更新プログラム (KB4493509)       Windows 10    セキュリティ問題の修正プログラム   2019/04/05    N/A    52.2 MB      

B2019-04 ARM64 ベース システム用 Windows 10 Version 1809 の累積更新プログラム (KB4493509)   Windows 10    セキュリティ問題の修正プログラム   2019/04/05    N/A       192.4 MB     

C2019-04 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1809 の累積更新プログラム (KB4493509)       Windows 10    セキュリティ問題の修正プログラム   2019/04/05    N/A    163.7 MB      


そこで、C「2019-04 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1809 の累積更新プログラム (KB4493509)の右側「ダウンロード」をクリックして、アップデートファイルをダウンロードしました。

その後、手動でアップデートしました。


アップデート後に再起動しました。


「更新の履歴を表示する」画面を確認すると

Windows 用セキュリティ更新プログラム(KB4493509)

2019/04/10 に正しくインストールされました



ActiveX」関係のファイルが不具合と表示していることには、心当たりがあります。


Auslogics BoostSpeed 10」を使って、「ActiveX」関係で不要なレジストリの削除をしました。

Auslogics BoostSpeed 10」を「Norton Utilities」に変更したときに、「Auslogics BoostSpeed 10」で削除したレジストリを元に戻しました。


デスクトップ2台の内、1台は「『ActiveX』関係で不要なレジストリの削除」を実行していないのでアップデートは問題なく終わりました。


デフォルト(初期値)設定を、故意に変更するときには避けられないリスクですね。



Posted by 山田 雄一郎 at 09:58
声優全曲リスト「例の企画」はどこに行ったの? [2019年04月03日(Wed)]

声優全曲リスト「例の企画」はどこに行ったの?



声優全曲リスト「例の企画」を確認しようとしました。

http://www.geocities.jp/nanashi417/Data/VIP131.html


すると、次の表示が出ました。


Yahoo!ジオシティーズは終了しました

2019331日をもちましてYahoo!ジオシティーズのサービス提供を終了いたしました。長らくご愛顧いただき誠にありがとうございました。


ネットで探すと、別のページに移っていました。

http://www.geocities.jp/nanashi417/Data/VIP131.html

 ↓

http://www.kumagaya.or.jp/~kameda/nanashi/TeamVIP/Data/VIP131_01.html


つまり

http://www.kumagaya.or.jp/~kameda/nanashi/TeamVIP/Data/」に同じ「VIP」番号を加えるというルールですね。


Posted by 山田 雄一郎 at 22:33
ネットバンクの送金画面でパスワードの入力エラーが出る [2019年03月04日(Mon)]

ネットバンクの送金画面でパスワードの入力エラーが出る



 送金画面で「数字入力エラー」を数回繰り返したら、ロックがかかり「ログイン」できなくなりました。


 ロック解除用の書類を送付して貰う方法では日数を要するので、最寄りの支店に出向きロック解除の手続きをしました。


 ロックを解除しても「数字入力エラー」は変わりませんので、再度最寄りの支店に出向き、操作のヘルプディスクを紹介して貰いました。


 私はパソコンを使って送金していますので自宅のパソコンを立ち上げてから、ヘルプディスクに電話をしました。


 ヘルプディスクの女性から、「『ソフトウェアキーボード』にチェックを入れてから、送金画面でパスワードの入力をして下さい。」と言われました。


 指示どおり、「ソフトウェアキーボード」にチェックを入れて数字を入力すると、エラーを表示せず送金ができました。


 ヘルプディスクの女性は、「周りの人からキーを見られにくい」と「ソフトウェアキーボード」の優位性を話していました。


 あくまでも私の憶測ですが、送金業務などは「ソフトウェアキーボード」重視の方向になる気がします。


 ということは、今までどおり入力してもエラーを表示する場合は、「ソフトウェアキーボード」で入力してみることをお勧めします。


Posted by 山田 雄一郎 at 15:55
| 次へ
プロフィール

山田 雄一郎さんの画像
山田 雄一郎
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/hofu_nanboku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/hofu_nanboku/index2_0.xml