CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2017年07月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
「Fedora26-Server」の謎仕様? [2017年07月14日(Fri)]

Fedora26-Server」の謎仕様?



###(その1)###

DVDからインストール」が王道



DVDからインストールした「Fedora25-Server」を、「Fedora26-Server」にアップグレードしました。


 アプリの「古いバージョン削除」をするために、該当するアプリを確認することにしました


dnf repoquery --duplicated


参考

DNF system upgrade

https://fedoraproject.org/wiki/DNF_system_upgrade


You can see duplicated packages (packages with multiple versions installed) like this:

$ sudo dnf repoquery --duplicated

For ordinary packages, just the latest version should be installed. But there can be exceptions to the rule, only remove what you are sure you no longer need.


 すると、多くの「*.fc25.x86_64」や「*.fc24.x86_64」を見つけました。


 間違って「*.fc26.x86_64」を選択しないようにして、「*.fc25.x86_64」や「*.fc24.x86_64」を、「dnf remove 」で削除しました。


 「dnf」のように、システムが「dnf remove 」での削除を拒否するアプリもありました。


 「dnf remove 」での削除をしているうちに、突然、「日本語環境」ではなくなっていることに気が付きました。


例 「日本語環境」

dnf update

メタデータの期限切れの確認は、0:01:59 時間前の 20170714 103637 に実 施しました。

依存性が解決されました。

行うべき処理がありません。

完了しました!


 ここで、「日本語環境」は、「*.fc26.x86_64」ではなく、「*.fc25.x86_64」か「*.fc24.x86_64」を使っていることに気が付きました。


 このままでも個人サーバーとして使えそうですが、「PostgreSQLデータベースサーバ」が「日本語環境」ではないため起動しませんでした。


 最後に、「Fedora26-Server」を「DVDからインストール」しました。


 「*.fc26.x86_64」と一緒に、「*.fc25.x86_64」や「*.fc24.x86_64」が起動しているのは気持ちが悪いという人は、「Fedora26-Server」を「DVDからインストール」することをお勧めします。




###(その2)###

「ファイアウォールサービス」の設定



 「ファイアウォールサービス」は、自動起動設定となっています。


 色々と不便なので、次のようにしました。


# 自動起動設定を無効にする

systemctl disable firewalld


 しかし、ここで大きな問題が発生しました。


 システムを「reboot」や起動をすると、なぜか、「ファイアウォールサービス」が自動起動してしまいます。


 システムを起動してから、毎回「systemctl stop firewalld」と「Tera Term」からリモートで入力するのは面倒です。


 そこで、発想を変えて、「firewalld」が起動していてもサービスが使えるように設定することにしました。


参考

Firewalld : 基本操作

https://www.server-world.info/query?os=CentOS_7&p=firewalld


 まず最初に、「firewalld」が起動していることを確認します。

systemctl status firewalld

firewalld.service - firewalld - dynamic firewall daemon

   Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/firewalld.service; disabled; vendor preset: enabled)

   Active: active (running) since Fri 2017-07-14 07:24:23 JST; 37min ago


 「Tera Term」が使う「ssh」は、「firewalld」が起動していてもつながります。


1 # 許可されているサービスを表示

firewall-cmd --list-service

ssh dhcpv6-client cockpit


2 # 例として http を追加する (設定は即時有効になる)

firewall-cmd --add-service=http

success

firewall-cmd --list-service

ssh dhcpv6-client cockpit http


3 # 例として http を恒久的に追加する (設定を反映させるためにリロードが必要)

firewall-cmd --add-service=http --permanent

success

firewall-cmd --reload

success

firewall-cmd --list-service

ssh dhcpv6-client cockpit http


4 # 定義されているサービスの定義ファイルは以下の場所に保管されている

# 独自に定義を追加する場合はここに XMLファイルを追加する

ls /usr/lib/firewalld/services


5 上のようにして追加したアプリ

firewall-cmd --list-service

ssh dhcpv6-client cockpit http samba pop3 pop3s


Posted by 山田 雄一郎 at 10:55
「fedora 25 server」を「fedora 26 server」に [2017年07月12日(Wed)]
「fedora 25 server」を「fedora 26 server」に


 「fedora server」をアップグレードしました。

 今日は、毎月のwindows更新の日ですが、「fedora 25」もアップグレードしました。

 方法は、資料のとおりに「Tera Term」を使って遠隔操作で行いました。

dnf upgrade --refresh
dnf install dnf-plugin-system-upgrade
dnf system-upgrade download --refresh --releasever=26 --allowerasing
dnf system-upgrade reboot

資料
How to Upgrade Fedora 25 to Fedora 26 Using DNF


 再起動後
ls -l /boot
で確認すると、「4.11.9-300.fc26.x86_64」という「fedora 26」に関係するファイルがありません。

cat /etc/fedora-release
で確認すると、
Fedora release 26 (Twenty Six)

rpm -qa kernel*
で確認すると、
kernel-core-4.11.9-300.fc26.x86_64
kernel-4.11.9-300.fc26.x86_64
kernel-headers-4.11.8-200.fc25.x86_64
kernel-4.11.8-200.fc25.x86_64
kernel-core-4.11.8-200.fc25.x86_64
kernel-modules-4.11.9-300.fc26.x86_64
kernel-modules-4.11.8-200.fc25.x86_64

「kernel-headers」が「fedora 25」のままでした。

uname -r
で確認すると、
4.11.8-200.fc25.x86_64

 どうも、カーネルが「fedora 25」のままのようです。

「fedora 26」のカーネルにするため
dnf reinstall kernel-core-4.11.9 kernel-headers-4.11.9 kernel-4.11.9 kernel-modules-4.11.9
を実行すると、エラーが発生しました。


 そこで、
「fedora 26」のアンインストール
dnf remove kernel-core-4.11.9 kernel-headers-4.11.9 kernel-4.11.9 kernel-modules-4.11.9
再度「fedora 26」のインストール
dnf install kernel-core-4.11.9 kernel-headers-4.11.9 kernel-4.11.9 kernel-modules-4.11.9

ls -l /boot
で確認すると、「4.11.9-300.fc26.x86_64」という「fedora 26」に関係するファイルがありました。

再起動後
uname -r
で確認すると、
4.11.9-300.fc26.x86_64

 カーネルも「fedora 26」となったことが確認できました。

Posted by 山田 雄一郎 at 15:44
ノートパソコンのSSD [2017年05月21日(Sun)]

ノートパソコンのSSD



 あるとき、「CrystalDiskInfo」を立ち上げて、ノートパソコン(Acer Aspire 5750)SSDの情報を確認していると、SSDの情報に気になる項目を見つけました。


 「INTEL SSDSC2BW120H6 120.0 GB」の健康状態が「健康」なのですが「100%」未満になっていました。


 先日、ノートパソコンにSSDを取り付けて1年が経ったので、「CrystalDiskInfo」を立ち上げてSSDの情報を確認すると、「INTEL SSDSC2BW120H6 120.0 GB」の健康状態が「健康」なのですが「95%」になっていました。


 「CrystalDiskInfo」のメニューで「編集」→「コピー」とクリックして、秀丸エディタにデータを貼り付けて内容を確認すると、


-- S.M.A.R.T. --------------------------------------------------------------

ID Cur Wor Thr RawValues(6) Attribute Name

E8 _95 100 _10 000000000000 利用可能な予備領域 [寿命]


 「CrystalDiskInfo」で確認すると、「使用時間」と「電源投入回数」は次のようになっていました。

  Power On Hours : 777 時間

  Power On Count : 1605


 さらに、「Intel SSD Toolbox(ver 3.4.5)を立ち上げて、「SMART の詳細」をクリックして確認すると、


Intel SSD 535 Series 120GB

C:\ 110.92 GB

ID E8

説明 Available Reserved Space

正規化 95

しきい値 10



 まとめると、ノートパソコンのSSD(INTEL SSDSC2BW120H6 120.0 GB)は、1年使用で「100%」→「95%」となっていました。


 つまり、「10%」が限界なので、単純計算すると、17年後の「2034年」に使えなくなることになります。


 今後はどうなるかわかりませんが、私の使用状態では、「SSDの寿命」を、あまり気にしなくても良いことがわかりました。



 ちなみに、デスクトップパソコンで使っているSSDINTEL SSDSC2BP240G4 240.0 GB)は、1年以上使っていますが、健康状態が「健康」で「100%」になっていました。


 「CrystalDiskInfo」で確認すると、「使用時間」と「電源投入回数」は次のようになっていました。

  Power On Hours : 6714 時間

  Power On Count : 2864



 デスクトップパソコンで使っているSSDが、「いつまでも使える」と喜ぶべきか、「CrystalDiskInfo」や「Intel SSD Toolbox」で発見できない「不具合が内在しているかもしれない」と「未知の不具合」を心配するべきか、悩んでいます。


Posted by 山田 雄一郎 at 22:09
GPSレーダー探知機AR-151GAで、GPS衛星が見えない(続きの続きの続き) [2017年05月12日(Fri)]
GPSレーダー探知機AR-151GAで、GPS衛星が見えない(続きの続きの続き)


 前回(2017年2月3日)の続きです。

 本日、本体ソフトウェアの更新を見つけて、アップデートしました。

 手持ちの「AR-151GA」2台ともに、アップデート中は画面表示が上下逆さまになりますが、再起動を要求してきても何もしなくても構いません。勝手に再起動して正常な画面表示になりました。



AR-151GAをお使いの方へ
2017.04.26
【更新】本体ソフトウェアver.3.01を公開しました。

 モデル:AR-151GA
・バージョン:3.01

 内容は、「GCPGM11G.bin」(作成日時:2017‎年‎4‎月‎14‎日、15:16:38)をダウンロードして、microSDカード経由でアップデートします。

Posted by 山田 雄一郎 at 09:24
【要閲覧】「amazon」で詐欺に関係するかもしれない [2017年04月29日(Sat)]

【要閲覧】「amazon」で詐欺に関係するかもしれない



 今日、何気なく「amazon」のサイトを見ていると、「Amazonベーシック(AmazonBasics)」なのに、「mokamoka本舗 がフラストレーション・フリー・パッケージで販売、発送します。」という品物を見つけました。


 恐らく「amazon」であろうサイトも見つかりましたので、以下に載せます。


1 私が本物と思うサイト

Amazonベーシック ハイスピードHDMIケーブル - 1.8m (タイプAオス - タイプAオス/イーサネット/3D/4K/オーディオリターン/PS3/PS4/Xbox360対応)

Amazonベーシック(AmazonBasics)

5つ星のうち 4.5    858件のカスタマーレビュー  | 34人が質問に回答しました

ベストセラー1- カテゴリ HDMIケーブル

価格:  598 対象商品\ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細

在庫あり。 在庫状況について

4/30 日曜日 にお届けするには、今から1 時間 41 分以内にお急ぎ便を選択して注文を確定してください(有料オプション。Amazonプライム会員は無料)

Amazon.co.jp がフラストレーション・フリー・パッケージで販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。


https://www.amazon.co.jp/Amazon%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF-%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%89HDMI%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AB-%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%97A%E3%82%AA%E3%82%B9-%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%B3-Xbox360%E5%AF%BE%E5%BF%9C/dp/B014I8SSD0/ref=zg_bs_369447011_1?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=X0A8NCCTVCDHC6J8NVW9



2 私がニセモノと断定するサイト

Amazonベーシック ハイスピードHDMIケーブル - 1.8m (タイプAオス - タイプAオス/イーサネット/3D/4K/オーディオリターン/PS3/PS4/Xbox360対応)

Amazonベーシック(AmazonBasics)

5つ星のうち 4.5    858件のカスタマーレビュー  | 34人が質問に回答しました

ベストセラー1- カテゴリ HDMIケーブル

価格:  740

残り16 ご注文はお早めに 在庫状況について

通常配送を利用した場合、最短で5/2~9のお届け予定です。

mokamoka本舗 がフラストレーション・フリー・パッケージで販売、発送します。


https://www.amazon.co.jp/dp/B014I8SSD0?m=AL3Z8Y1F3VK9O&ref_=v_sp_detail_page



 困ったことに、ニセモノはURLが「https://www.amazon.co.jp/dp/・・・」となっており、「https://www.amazon.co.jp/」が書き換えられた可能性があります。


URLが「https://www.amazon.co.jp/」であっても、信用しないでください。



 販売、発送する「mokamoka本舗」をネットで調べると、次のブログが見つかりました。


参考資料

Amazonの詐欺の販売者、この名前に注意

投稿日 : 2017425 | カテゴリー : アマキラー

http://acceltools.com/amakiller/amazon-sagi/

1.店の住所。中国などの海外だと怪しいです。

2.商品数。その店の取り扱い商品がすごく多い。

3.価格。それらの商品のどれもが安い価格。

4.販売店の一覧。商品名に店舗名が入っているが、その店舗が出品していない。


以上4つ。これら4点を満たしていたら、購入しないほうが無難です。


Posted by 山田 雄一郎 at 12:33
「HTML」ファイルの「文字化け」対策 [2017年04月15日(Sat)]
「HTML」ファイルの「文字化け」対策


 今年になって、「家庭内LAN」用サーバーの「HTML」ファイルが「文字化け」していることに気が付きました。

 「ウェブブラウザ」の「Internet Explorer」ならば、メニューで「表示」→「エンコード」→「日本語(自動選択)」で対応できますが、「Google Chrome」では、「エンコード」の設定が見つかりませんでした。

 ネットで調べると、「Google Chrome」にも、「エンコード」の設定がありましたが、最新版では無いようです。

 どうも、「HTML」ファイルの「文字コード」が、「Shift_JIS(シフトジス)」から「UTF-8(ユーティーエフはち、ユーティーエフエイト)」に移行したようです。

 ただし、何回も「Shift_JIS(シフトジス)」を表示しようとすると、「ウェブブラウザ」が根負けして「Shift_JIS(シフトジス)」でも表示できるようです。

 でも、「Shift_JIS(シフトジス)」でも表示できるように、クリックし続けることは精神的に良くありません。

 ということで、「HTML」ファイルは、「UTF-8」で保存することにしました。

 しかし、過去の(膨大な?)遺産をどうするか悩んで、解決法を見つけました。

 私の、「HTML」ファイル作成は、次の方法で行っています。

 「首相官邸新着情報メール」を例にとって説明します。

1 「首相官邸新着情報メール」の「必要な範囲をマウスで選択」して、「秀丸エディタ」で新規に作成したファイルに貼り付けます。

2 「秀丸エディタ」で、行頭に◎印を付けたり、段落に合わせて改行数を統一したりして、文の加工をした後で「2017_04_10.txt」として保存します。
3 「Microsoft Word (2010)」で、「2017_04_10.txt」を開き、「文書校正」した後で、ファイルの種類を「Webページ(フィルター後)」で「2017_04_10.htm」として保存します。
※保存するときのオプションとして、「ツール」→「Webオプション」→「エンコード」→「Unicode(UTF-8)」としています。

 「文字コード」と「改行コード」は次のようになります。

「2017_04_10.txt」
文字コード 「Shift-JIS」
改行コード 「CR+LF」

「2017_04_10.htm」(旧設定)
文字コード 「Shift-JIS」
改行コード 「CR+LF」
<head>
<meta http-equiv=Content-Type content="text/html; charset=shift_jis">

 ただし、最近では、「Microsoft Word (2010)」で保存するときに、「エンコード」で「Unicode(UTF-8)」を指定していますので次のようになります。

「2017_04_10.htm」(新設定)
文字コード 「UTF-8」
改行コード 「CR+LF」
<head>
<meta http-equiv=Content-Type content="text/html; charset=utf-8">

 今後、「改行コード」は、「文字化け」に関係ないようなので省略します。

 確認してみると、「Microsoft Word (2010)」で保存した「HTML」ファイルは、次の2か所を修正すれば良いことがわかりました。

1 「HTML」ファイルの「文字コード」を、「Shift-JIS」から「UTF-8」に変更する。

2 HTML」ファイルの「charset=shift_jis」を「charset=utf-8」に変更する。

 しかも、「秀丸エディタ」で「HTML」ファイルを開き、「charset=shift_jis」を「charset=utf-8」に変更した後で、「Unicode(UTF-8)」で保存すれば良いことがわかりました。

 そこで、「秀丸エディタ」で「HTML」ファイルを開き、「秀丸エディタのマクロ」を使うことにしました。

*****秀丸エディタのマクロ開始*****
setcompatiblemode 0x0F;
gofiletop;

replaceall "charset=shift_jis" , "charset=utf-8" , regular, nohilight; // 文字の置換

setencode 6, 1; // 「文字コード」をutf-8へ変換

saveexit; // ファイルを保存して終了

*****秀丸エディタのマクロおわり*****

 ところが問題が起きました。

1 ファイルを一つづつ開いてマクロを実行しなければならない。
2 複数のファイルを同時に開こうとすると、100ファイルまでという制限があった。

 次に考えることは、自動的にファイルを読み込んで、処理することです。

 幸いなことに、「秀丸エディタのマクロライブラリ」で「ファイルエンコードバッチ変換」を見つけました。

*****引用開始*****
ファイルエンコードバッチ変換 ゆ〜り 2003/07/07
Download >> encode_change.lzh
このマクロは、特定のフォルダに保存されたテキストファイルのエンコード形式を、一括して変更するものです。
==============================================================================

【登 録 名】encode_change.lzh
【ソフト名】秀丸エディタ専用マクロ「ファイルエンコードバッチ変換」Ver. 1.0
【著作権者】坂東 勇利 (Yu-ri Bando - i_yuruib@ybb.ne.jp)
【対応機種】秀丸エディタ
【動作確認】TOSHIBA DynaBook SS 3440 (Windows 2000 Professional)
【開発言語】秀丸マクロ
【公 開 日】2003/07/07
【使用方法】解凍後、秀丸でマクロ登録してご使用下さい。
【種  別】フリーウェア

==============================================================================
*****引用おわり*****

 「encode_change.lzh」を解凍すると次のファイルが出てきます。

「readme.txt」
「encode_change.mac」

 「readme.txt」には、使い方などが書いてあります。

 「encode_change.mac」を秀丸の「マクロファイル用のフォルダー」にコピーして実行します。


 「encode_change.mac」を使ってみて、問題点が出てきました。

1 「charset」を変更しないため、「文字コード」を「UTF-8」に変えたが「charset=shift_jis」のままなので、「HTML」ファイルに文字化けが発生しました。

2 フォルダー内のファイル処理でエラーが出た場合、「HTML」ファイルで、「文字コード」が「charset=shift_jis」と「charset=utf-8」が混在することになり、次回マクロを実行したときに、「文字コード」が「charset=utf-8」の「HTML」ファイルを、「charset=shift_jis」と見なして開くことになる。


 この問題点を解消するために、以下のように「encode_change.mac」を修正しました。

1 修正する概要は、多くの「ウェブブラウザ」で閲覧できるように「HTML」ファイルの「文字コード」を「UTF-8」に変えます。

2 修正するファイルを開くときに、「文字コード」を限定しません。

3 修正するファイルを開き、「charset=shift_jis」を「charset=utf-8」に変更します。

4 修正するファイルを閉じるときに、「文字コード」は「charset=utf-8」に限定します。

5 「charset=」に記述が基準から外れる場合や、「charset=」が存在しない場合は、ファイルを閉じる前にマクロを途中で止めます。ただし、ファイルを開いたときに「charset=utf-8」ならば、「charset=utf-8」を「charset=utf-8」に変更することにより、マクロが途中で止まるのを未然に防止します。

6 ファイルの拡張子指定は残しています。拡張子が「htm」と「html」の場合があるためです。


 それでは、「HTML」ファイルの「文字コード」を「UTF-8」に変えるために修正した「秀丸エディタのマクロ」の「encode_change.mac」は次のようになります。

 私の手持ちの「HTML」ファイルでしか、「秀丸エディタのマクロ」の確認をしていませんので、変則的な「charset=」が出てくることがありますので、自己責任でマクロを実行してください。また、「HTML」ファイルに変な記述があるとマクロを途中で止めるようにしていますが、過信しないでください。ある「HTML」ファイルでは「charset=x-sjis」と書いてあったため、それに対する処理もマクロに書きました。

 このマクロの著作権者「坂東 勇利 (Yu-ri Bando - i_yuruib@ybb.ne.jp)」さんが種別「フリーウェア」と書いてあるため、使わせていただきました。この場を借りてお礼を申し上げます。

 しかし、このマクロの修正については、「坂東 勇利 (Yu-ri Bando - i_yuruib@ybb.ne.jp)」さんの許可を取っていません。

 このマクロの修正で不具合が出ないかを、ネットで見ている皆さんに検証して貰うために、公開しています。

 ですから、「encode_change.mac」の次期バージョンについての、私から「坂東 勇利 (Yu-ri Bando - i_yuruib@ybb.ne.jp)」さんへの要望です。

 つまり、私はマクロの修正の著作権も「坂東 勇利 (Yu-ri Bando - i_yuruib@ybb.ne.jp)」さんにあると判断しています。

 最後に、老婆心ながら、(失敗が多い私から助言すると、)「文字コード」を「UTF-8」に変える「HTML」ファイルを別のフォルダーにコピーしてバックアップとした後で、「HTML」ファイルに対しマクロを実行すると、マクロの実行で失敗しても元の「HTML」ファイルが残るので安心してマクロを実行できます。(ここは試験に出ません。)


*****修正した「encode_change.mac」開始*****
//****** encode_changer.mac for Hidemaru by Yu-ri Bando. ******
//****** (C) 2003.  Yu-ri Bando.  All rights reserved. ******





//*** 変数の宣言と初期化 ***

#subdir = 0;





//*** 検索パスの指定 ***

Path:


// 前回使用したパスをレジストリから取得

createreg "CURRENTUSER","Software\\Hidemac";


// レジストリから取得した値を変数に格納

$regPath = getregstr("PrevEncPath");


// 検索パスの入力

$path = input("ファイルのパスを指定してください。" , $regPath);


// エラー処理

if (! result)
{
endmacro;
}


// パスが指定されない場合の処理

if ($path == "")
{
message "パスを指定してください。";
goto Path;
}


// 入力したパスをレジストリに保存

writeregstr "PrevEncPath", $path;





//*** 検索する拡張子の指定 ***

Extension:


// 前回使用した拡張子をレジストリから取得

createreg "CURRENTUSER","Software\\Hidemac";


// レジストリから取得した値を変数に格納

$regExt = getregstr("PrevEncExt");


// 拡張子の入力

$extent = input("処理するファイルの拡張子を指定してください。. を入力する必要はありません。" , $regExt);


// エラー処理

if (! result)
{
endmacro;
}


// 拡張子が指定されない場合の処理

if ($extent == "")
{
message "拡張子を指定してください。";
goto Extension;
}


// 入力した拡張子をレジストリに保存

writeregstr "PrevEncExt", $extent;





//*** サブディレクトリ検索の判断 ***

question "サブディレクトリ内も検索しますか?";

if (result == yes)
{
#subdir = 1;
}

else
{
#subdir = 0;
}



//*** 書き込みファイルのエンコード形式の指定 ***

SaveEncode:


// 前回使用したエンコード情報をレジストリから取得

createreg "CURRENTUSER","Software\\Hidemac";


// レジストリから取得した値を変数に格納

$regSaveEncode = getregstr("PrevSaveEncode");


// エンコード形式の入力

$saveEncode = "utf8";

// 入力したエンコード形式をレジストリに保存

writeregstr "PrevSaveEncode", $saveEncode;





//*** ファイルリスト生成処理 ***

Encode:


// ファイル名のワイルドカードを生成

$repFileWild = "*." + $extent;


// ファイル名の拡張子を生成

$repFileExt = "." + $extent;


// ファイルを GREP してファイルリストを生成

if (#subdir == 1 )
{
grep ".", $repFileWild, $path , subdir , filelist, regular;
}

else
{
grep ".", $repFileWild, $path , filelist, regular;
}


// 配列に絶対パスでファイル名流し込み

gofiletop;
#grepfile = hidemaruhandle(0);
#i = 0;
while (true)
{
searchdown $repFileExt;

if (! result ) break;
{
searchdown "(";
beginsel;
golinetop;
copy;
beginclipboardread;
$filename = getclipboard;
$files[#i] = $path + "\\" + $filename;
#i = #i + 1;
down;
golinetop;
}
}


// ファイルが見つからない場合の処理

if ( #i == 0 )
{
question "指定したパスに指定された拡張子を持つファイルが存在しません。もう一度パスを指定しますか?";

if (result == yes)
{
goto Path;
}

else
{
endmacro;
}
}


// 処理中メッセージ表示

title "エンコード変換処理中です。処理中は、他の作業を行ったり、他のウィンドウに切り替えないでください。";


//*** 置換・保存処理 ***

openfile "/h " + "";
//newfile;
insertreturn;
#tempfile = hidemaruhandle(0);

#flg = 0;
#l = #i;
#i = #i - 1;
while(#i > -1)
{
//openfile "/h " + $files[#i];

openfile $files[#i];

#openfile = hidemaruhandle(0);
disabledraw;

// 置換(20170414 追加処理)

replaceall "charset=shift_jis" , "charset=utf-8" , regular, nohilight;
if (! result)
{
replaceall "charset=utf-8" , "charset=utf-8" , regular, nohilight;
if (! result)
{
replaceall "charset=x-sjis" , "charset=utf-8" , regular, nohilight;
if (! result)
{
replaceall "charset=UTF-8" , "charset=utf-8" , regular, nohilight;
if (! result)
{
endmacro;
}
}
}
}

// 追加処理おわり


// 保存

enabledraw;

saveas $files[#i], utf8;

// 開いたファイルを閉じる(20170414 追加処理)

closenew;

// 追加処理おわり

#i = #i - 1;
#flg = 1;
}


//*** 終了処理 ***

setactivehidemaru #grepfile;
title 0;

if(#flg==1)
{
closehidemaruforced #openfile;
}

closehidemaruforced #tempfile;


//*** 正常終了メッセージの表示 ***

question "エンコード形式の変換を完了しました。今回使用したパスと拡張子の情報をレジストリに保存しますか?";

if (result == no)
{
deletereg "CURRENTUSER","Software\\Hidemac";
}

message "処理が正常に終了しました。";
endmacro;
*****修正した「encode_change.mac」おわり*****

Posted by 山田 雄一郎 at 10:47
困ったら取扱説明書を読み直しましょう [2017年04月09日(Sun)]

困ったら取扱説明書を読み直しましょう



 また、取扱説明書を読まなかったばかりにGPSレーダー探知機の設定に時間がかかりました。


 パソコン部屋の整理をしていて無線LAN親機「WHR-AM54G54」を見つけたことから、話が始まります。


 現在、駐車している自動車に積んだ、GPSレーダー探知機「AR-151GA」は、無線LAN親機「WHR-1166DHP2」と無線LAN親機「WHR-G301N」から「更新データのダウンロード」するように設定しています。


 しかし、無線LAN親機からGPSレーダー探知機までの間が離れていて、「更新データのダウンロード」に時間がかかり、データをダウンロードできないとエラー表示が出ることもありました。


 そこで、GPSレーダー探知機「AR-151GA」に、なるべく近いところに、無線LAN親機「WHR-AM54G54」を置くことにしました。


 リモコンを使って、「無線LAN通信設定」からネットワーク一覧を表示して、無線LAN親機「WHR-AM54G54」を選択して「ENT」ボタンを押しました。


 ボタンを押した音は出ますが、無線LAN親機「WHR-AM54G54」の「パスワード入力」画面が出ません。


 「802.11g」の暗号化方式を「暗号化なし」と変えましたが、無線LAN親機「WHR-AM54G54」の「パスワード入力」画面が出ません。


 「802.11g」の無線チャンネルの設定を、「11チャンネル」→「6チャンネル」→「1チャンネル」と変えましたが、無線LAN親機「WHR-AM54G54」の「パスワード入力」画面が出ません。


 ただし、ASUSEee Pad TF101」では、無線LAN親機「WHR-AM54G54」に接続して「YouTube」を視聴できます。


 だから、無線LAN親機「WHR-AM54G54」の不具合の可能性は低いと感じていました。


 本日、たまたま、無線LAN親機「WHR-AM54G54」の取扱説明書を見ていたら、「アクセスポイントは3箇所まで登録することができます。」と書いてありました。


 ということは、「アクセスポイントは4箇所以上登録することができない。」ことになります。


GPSレーダー探知機「AR-151GA」を確認すると、無線LAN親機「WHR-1166DHP2」×1箇所、無線LAN親機「WHR-G301N」×2箇所と合計3箇所登録済みでした。


 無線LAN親機「WHR-G301N」×2箇所は、「認証方式 AOSS WPA/WPA2 mixedmode - PSK」と「認証方式 AOSS WPA-PSK」なので、電波の弱い方を削除しました。


 削除の方法は、「無線LAN通信設定」からネットワーク一覧を表示して、電波が弱い方の無線LAN親機「WHR-G301N」を選択して「ENT」ボタンを押しました。


 最後に、無線LAN親機「WHR-AM54G54」を選択し、「パスワード入力」をして登録しました。



 確かに、はじめからGPSレーダー探知機「AR-151GA」を「初期化」して、3個の無線LAN親機を登録すれば設定に時間がかからなかったと言えます。


 無線LAN親機を登録するときに、「初期化」すると「パスワード入力」で時間がかかるのを嫌がった私にも責任があると思います


 欲を言えば、新たに無線LAN親機「WHR-AM54G54」を登録するときに、「登録は3箇所まで」と画面にエラー表示が出れば、私が助かりました。


Posted by 山田 雄一郎 at 12:13
歯ブラシのランプが点灯しない [2017年03月24日(Fri)]

歯ブラシのランプが点灯しない



 「キスユー イオン歯ブラシ」を使っています。


 「商品の説明」によると、


キスユーは内蔵電池によるマイナスイオンの力で虫歯、歯周病、口臭の原因である歯垢を効率良く落とすと同時にイオンの働きで歯ぐきをイキイキとさせる健康歯ブラシです。内蔵電池の寿命は通常使用で1年以上。ブラシのみ交換できて経済的です。毛先が開いたら交換時期ですので、お好みの替えブラシと交換してお使いください。電池残量の確認は歯ブラシ本体の電池チェッカーボタンを押してランプが光れば電池の残量は十分です。


 「電池チェッカーボタン」を押してランプが光るのを確認しながら、同じ歯ブラシを1年以上使っていました。


 「キスユー フッ素イオン歯ブラシ」という上位の歯ブラシがあったので、今年(2017年)1月1日から使い始めました。


 店で「キスユー フッ素イオン歯ブラシ」を買う前に「電池チェッカーボタン」を押してランプが光るのを確認して以来、「電池の残量」を点検した記憶がありません。


 本朝、何故か「電池チェッカーボタン」を押してみたくなり、歯磨きが終わった後で押しました。


 しかし、ランプが点灯しませんでした。


 「電池チェッカーボタン」を強く押してもダメでした。


 「キスユー イオン歯ブラシ」では、3か月で使用できなくなる経験はありませんでした。少なくとも、ランプの光具合で交換した覚えはありません。


 「キスユー フッ素イオン歯ブラシ」は不具合の発生割合が多いのかも知れないと思い始めました。


 いつものように昼食後、口をすすいだ時に「電池チェッカーボタン」を押しましたが、ランプが点灯しませんでした。


 「歯ブラシ内蔵電池の接触不良ならば、叩いて振動を与えれば直ることがある」とひらめきましたので、実行することにしました。


 歯ブラシを洗面台に叩きつけると洗面台が壊れそうなので、家具の金属部分に叩きつけました。


 歯ブラシ内蔵電池がどこにあるかわからないので、「ランプ」の側面を家具の金属部分に数回叩きつけました。その後、「電池チェッカーボタン」の側面部分を家具の金属部分に数回叩きつけました。


 すると、「電池チェッカーボタン」を押すとランプが点灯するようになりました。かなり、明るく光っています。


 口をすすいだ後でしたが、歯磨きをすると「キスユー フッ素イオン歯ブラシ」の効果が感じられるようになりました。


 結論としては、一時的な内臓電池の接触不良で、「マイナスイオン」が発生しなかったということです。


 今後、歯磨きをする前に「電池チェッカーボタン」を押してランプを点灯を確認しながら、しばらく様子を見たいと思います。


Posted by 山田 雄一郎 at 13:29
顔の傷を目立ちにくくする一つの方法 [2017年03月11日(Sat)]

顔の傷を目立ちにくくする一つの方法



 ひげを剃っているときに、誤って、髭剃りの刃を皮膚に当てたままで、刃と平行に動かしてしまい顔を切りました。


 傷の痛みはないのですが、しばらくすると、出血が始まりました。


 タオルで傷口を拭いても、クリームを塗っても、出血が止まりません。


 法事に参加する必要がありましたので、なんとか、出血を止める方法がないかと考えました。


 絆創膏を貼ると、顔に貼ることになり、よけいに目立ちます。


 そこで「かさぶた」状態ならば、出血が止まっているので気にならないだろうと思いつきました。


 つまり、傷口に何か目立たない物をかぶせて出血を止めるという方法です。


 しばらく考えて、「ティッシュペーパー」を傷口より広く切り、傷口にかぶせることにしました。


 「ティッシュペーパー」は、すぐ血の色になりますが、出血は止まりました。


 「ティッシュペーパー」表面の血が乾くと、「かさぶた」のようにも見えます。


 出血が止まっているので、本物の「かさぶた」も出来易くなると思います。




【人間の不思議!!】かさぶたの治りかけは何でかゆいの?剥がすと何が悪いのか?

https://matome.naver.jp/odai/2141147571087430401

何気なくできた傷の、かさぶたがかゆい!!!

瘡蓋(かさぶた)ってなんだろう?

かさぶたの役割

そもそも、瘡蓋(かさぶた)はどうして痒くなるの?

瘡蓋を剥がすと何がいけないの?

でもね、分かっていても、みんな無意識で気になって掻いちゃう。。。

傷を守る、可愛い絆創膏(ばんそうこう)がたくさん!!!



Posted by 山田 雄一郎 at 09:24
「TF101」をAndroidバージョン 6.0.1化(その3) [2017年03月05日(Sun)]
「TF101」をAndroidバージョン 6.0.1化(その3)


 「Google」から届くメールの内容は、

*****引用開始*****
・・・ 様
アカウントに危険を及ぼすおそれのあるアプリからの Google アカウント 「gmailのアドレス」 へのログインをブロックしました。
安全性の低いアプリ
2017年3月*日*曜日、**:**(日本標準時)
日本, ・・・県・・・市「*」
このアクティビティに心当たりがありますか?
最近、Google 以外のアプリから Google サービス(Gmail など)にアクセスしようとしてエラーが発生していない場合は、第三者があなたのパスワードを不正に使用している可能性があります。

アカウントを保護

ログインしようとしましたか?
お使いのアプリからのログインは引き続きブロックされます。これはアプリに既知のセキュリティ上の問題があるか、アプリが古いためです。安全性の低いアプリへのアクセスを許可して、このアプリを使用し続けることもできますが、アカウントが脆弱なままになるおそれがあります。

よろしくお願いいたします。
Google アカウント チーム


「*」送信元の IP アドレスから判断されたおおよその場所です。
このメールアドレスでは返信を受け付けていません。詳しくは Google アカウントのヘルプセンターをご覧ください。
*****引用おわり*****

 「Google Play開発者サービス」バージョン10.2.98(430-146496160)が原因なので、「アンインストール」することにします。

 「設定」をクリック→「ユーザー設定」→「バックアップとリセット」をクリック→「データの初期化」をクリックします。

 「この操作を行うと、以下のデータを含む内部ストレージの全データが消去されます。」と表示します。

 まだ間に合いますので、必要なデータのバックアップが終わってから、「タブレットをリセット」をクリックします。

 「リセットしますか? 個人情報とダウンロードしたアプリをすべて削除しますか? この操作は元に戻せません。」

 「すべて消去」をクリックします。


 再起動が終わると
Androidバージョン 6.0.1
※「Google Play開発者サービス」バージョン8.4.89(2428711-430)
※「Google Playストア」バージョン6.2.10.A-all[0]2590673

 (重要)「Google Playストア」を起動しないことにします。

 しばらくの間は、「Google Playストア」を使ってアプリをインストールせずに、最初からインストールしているアプリだけで使おうと思います。

 具体的には
1 「ブラウザ」上の「YouTube」
2 メール
3 カレンダー

 その後、とても残念ですが、「ブラウザ」上の「YouTube」をしばらく使っていると、「問題が発生したため、Google Play開発者サービスを終了します。」とのメッセージが表示します。

 バージョンを確認すると、バージョンが勝手に上がっていました。

※「Google Play開発者サービス」バージョン10.2.98(430-146496160) ← 8.4.89(2428711-430)
※「Google Playストア」バージョン7.5.08.M-all[0][PR]146162341 ← 6.2.10.A-all[0]2590673

 「Google Playストア」でアプリを「インストール」しようとすると、「認証が必要です。Googleアカウントにログインしてください。」と表示が出て、「Google Playストア」が使えなくなりました。

 「問題が発生したため、Google Play開発者サービスを終了します。」とのメッセージを気にしなければ上の3個のアプリは使用できました。

 しかし、あまりに煩わしいので、再度、「バックアップとリセット」をクリック→「データの初期化」を行いました。


 再起動後の初期設定を行いました。

 (重要)「設定」→「端末」欄の「アプリ」をクリックして、「Google Playストア」バージョン6.2.10.A-all[0]2590673 を、「無効にする」かつ「強制停止」をクリックして、「Google Playストア」を起動しないことにします。

1 「ブラウザ」上の「YouTube」
2 メール
3 カレンダー

 上の3アプリだけを使用して、このまましばらく様子を見ることにしました。


※朗報
 「設定」→「システム」欄の「Performance」で、「Maximum frequency」(312MHz-1704MHz)と「Minimum frequency」(216MHz-1640MHz)の変更ができます。
 初期設定値は「Maximum frequency」(1000MHz)と「Minimum frequency」(216MHz)です。

(その3終わり)

Posted by 山田 雄一郎 at 10:26
| 次へ
プロフィール

山田 雄一郎さんの画像
山田 雄一郎
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/hofu_nanboku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/hofu_nanboku/index2_0.xml