CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2018年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
自動車の安全基準が変わったのかな → 知りませんでした [2018年04月06日(Fri)]

自動車の安全基準が変わったのかな → 知りませんでした



 私だけだと思いたいのですが、ホームセンターなどで買う「発煙筒(緊急保安炎筒)」の直径が大きくなったのに最近気が付きました。


 発端は、新車から乗っている軽自動車が11年目の車検になるので、乗り換えようとしましたが、購入資金の目途が立たず継続して使うことにしたことです。


 車検の前に、今年8月に有効期限が切れる「発煙筒(緊急保安炎筒)」を交換することにしました。


 電池式の「非常信号灯」のほうが、「発煙筒(緊急保安炎筒)」より永年使うと経費が安くなると判断して、「amazon」で購入しました。


 「1車&バイク > 洗車・工具・メンテナンス用品 > 緊急対応用品 > 発煙筒・非常信号灯」である「エーモン 非常信号灯 国土交通省 保安基準認定品 車検対応 (防水性能IPX3相当) 6726 」でした。


 手元に届いてから「非常信号灯」を軽自動車に取付用とすると、電池を出し入れする「バッテリーキャップ」が太すぎて取り付けることができません。


 「非常信号灯」の箱に取扱いを書いてありましたので、読んでみると、「ホルダー」サイズが「直径32mm」と「直径27mm」があり、「アダプター」を外すことで、「直径27mm」の「ホルダー」に取り付けることができると説明していました。


 私が管理している別の車両から「非常信号灯」を外して交換しようとして確認しましたが、すべて「直径27mm」用であるため諦めました。


 「カー用品販売店」と「ホームセンター」で、「直径32mm」の「ホルダー」を探しましたが見つかりませんでしたので、「非常信号灯」の保管場所を変更することも検討しましたが、「ホルダー」を自作することにしました。


 「非常信号灯」を軽自動車に取り付ける方法は、手前と奥にある2か所の「輪」に差し込む物でした。「輪」に切れ込みがあれば、「非常信号灯」の「アダプター」を外すことで、「直径27mm」の「ホルダー」に取り付けることができましたが、「輪」に切れ込みはありませんでした。


 自作の「ホルダー」を「結束バンド」2本で「輪」に取り付けることで、「非常信号灯」を入れた「ホルダー」をぶら下げることにしました。


 「ホルダー」は、薄い雑誌(長い針で紙を留めている雑誌)で「本体」を包み、開かないようにセロテープで貼り付けて自作しました。


 この「ホルダー」を「結束バンド」2本で「輪」に取り付けました。注意することは、手前と奥の「結束バンド」を「ホルダー」に取り付けるときに、方向を変えることです。


 結束する方向を変えるのは、元からあった「発煙筒(緊急保安炎筒)」と同じ向きに「ホルダー」を固定することです。


 説明を読んで一番注意しなければならないと思ったのは、電池のことです。次のように書いてありました。



 アルカリ乾電池は別売りです

・付属の乾電池は点灯テスト用です。

・車検には通りません。

・必ず単4アルカリ乾電池2本を別途ご購入ください。



 車検のときは、業者まかせにすれば、余計な苦労をしなくて済むと感じた瞬間でした。



参考資料


日本保安炎筒工業会

緊急保安炎筒(非常信号)とは?

http://safety-flare.jp/sub3-1.html


 更に、道路運送車両の保安基準の細則を定める告示・第64条は以下の条文となっています。


(非常信号用具)

64条 非常信号用具の灯光の色、明るさ、備付け場所等に関し、保安基準第43条の21項の告示で定める基準は、次の各号に掲げる基準とする。

・・・

2 次の各号に掲げるものは、前項の基準に適合しないものとする。

・・・

三 JIS C8501「マンガン電池」のR14P(いわゆるマンガン単二形乾電池)の規格若しくはJIS C8511「アルカリ一次電池」のLR6(いわゆるアルカリ・マンガン単三電池)の規格又はこれらと同程度以上の規格の性能を有しない電池を使用した赤色合図灯。


Posted by 山田 雄一郎 at 19:37
【恐怖】「ダイハツ ムーヴ」を、実は3輪で走らせていたかもしれません [2018年03月20日(Tue)]

【恐怖】「ダイハツ ムーヴ」を、実は3輪で走らせていたかもしれません



 最近、直進しないで、道が少しでも曲がっていれば、車体が「ふらつく」のが気になっていました。


 この「ムーヴ」は常時4輪駆動なので、2輪駆動の車とは少しくらい違っていても、こんなものだろうと諦めていました。


 本日、業者が家に来て工事をするので、業者に家の駐車場に止めて貰うことにしました。だから、昨晩「ムーヴ」を別の駐車場に止めていました。


 本日の朝、「ムーヴ」を見ると、明らかに左後輪のタイヤが変形し空気圧が減っているのがわかりました。


 別の駐車場は、白いコンクリで舗装していたので、黒いタイヤの変形が目立ったと思います。


 「トヨタ アイシス」に常時備えている「エアーコンプレッサー ML-270」で、左後輪のタイヤ空気圧を測定すると、「30kPa」だったので、「230kPa」に加圧しました。


 自分の唾(つば}を「タイヤのバルブ」に付けて、空気の漏れを点検しましたが、気泡ができないので「タイヤのバルブ」は正常だと判断しました。


 前回の空気圧点検から、「約3週間、約300km」走行していました。


 左後輪のタイヤに空気を充填した後に「ムーヴ」で「約40km」走行しましたが、特に「ふらつき」はありませんし、外見からはタイヤの空気圧減少はわかりませんでした。


 最近まで、タイヤの空気圧が減少した左後輪は、加速にも減速にも役に立たないので、3輪走行していたことになります。恐ろしいことに、ブレーキをかけたときの停止距離が、通常の4輪より長くなっていたようです。


 左後輪のタイヤ空気圧が減少した原因はわかりませんので、しばらく様子を見ることにします。


 ちなみに、左後輪のタイヤは、「YOKOHAMA DNA ECOS 155/65R14 75S」で、新品のタイヤに交換してから「約2年、約2万7千km」走行していました。


 このタイヤの空気圧減少が止まらないと、このタイヤだけ交換するか4輪とも交換するか悩むことになると思います。


Posted by 山田 雄一郎 at 13:59
ノートン 360 から警告が届きました [2018年01月30日(Tue)]

ノートン 360 から警告が届きました



 「Google Chrome(グーグル・クローム)」で、ネットを閲覧しているときに、発生しました。


 警告を確認すると、次の内容が書かれていました。


@警告の概略

重大度 高

活動 www.antennash.com による侵入の試みを遮断しました。

日時 2018/01/30 **:**:**

状態 遮断しました

推奨する処理 対応の必要はありません


A詳細

IPS警告名 Web Attack: JSCoinminer Download 8

送信先アドレス ****-PC192.168.100.***, 6010)

送信元アドレス 153.120.129.251

トラフィックの説明 TCP, www-http

ネットワークトラフィックが既知の攻撃シグネチャに一致します。


Posted by 山田 雄一郎 at 15:53
こたつに座ると眼が疲れる原因 [2018年01月28日(Sun)]

こたつに座ると眼が疲れる原因



CCFL蛍光灯の説明を読んで、眼の疲れの原因がわかりました。


 午後10時頃までデスクトップパソコンの画面を見ていました。その後、場所を変えて、こたつに座って、LED蛍光灯の下で、白地に黒色の「血圧測定記録」紙に、鉛筆で数字を書こうとすると、「血圧測定記録」紙が光って書きづらいことが、たまに起きました。


 普通の蛍光灯の下では、白い紙が光ることはなかったので不思議でした。


 しばらくテレビを見ていると、白い紙が光ることはなくなりましたので、デスクトップパソコンの画面を見る時間が長すぎたために起こる、一時的な眼の疲れだと思っていました。


 ところで、最近、次のページを見つけました。


初期コストがLEDより低いCCFLとは?

http://ccfl.eicoh-eco.com/

配光性について

@LED

真下が明るい

ACCFL

空間全体

B比較

CCFLは、LEDより光の広がり方が広範囲であり、柔らかい



 この説明を見たときに、LED蛍光灯の下では、紙を見る角度により、光具合が変わるのではないかと思いつきました。


 そこで、紙を真上から見るのではなく、紙を少し奥に遠ざけて見てみました。


 紙の光具合が軽減しています。少し手を伸ばして紙に記入することになりますが、特に問題なくできました。


 こたつでは、「卓上での自分の専有面積」には限りがありますので、まわりの人に迷惑がかからない時間に、白地に黒色の「血圧測定記録」紙に、鉛筆で数字を書こうと思います。


Posted by 山田 雄一郎 at 18:04
ノートPCのSSDを更新しました [2018年01月18日(Thu)]

ノートPCのSSDを更新しました



 最近の「windows10 update」で、「PC画面のフリーズ → PC再起動」が、1日に1回以上発生するようになってきました。


 個人的な理由で、ノートPC(acer ASPIRE 5750 8GB memory 購入時 500GB HDD)のHDDをSSDで「120GB」に代えて使っていたのですが、今回「512GB」のSSDに更新しました。


※「個人的な理由」とは、「ZERONOTE(LB-UL500B-SN 160GB HDD)のHDDをSSD「120GB」に代えようとしたのですが、「ZERONOTE」がSSDからは起動できなかったので、SSD「120GB」を無理やりノートPC(acer ASPIRE 5750)で使用したことです。



@SSDについて

更新前

インテル SSD 535 Series 120GB MLC 2.5インチ SATA 6Gb/s 16nm 7mm SSDSC2BW120H6R5BOX

更新後

インテル SSD 545シリーズ 512GB 2.5インチ TLC SSDSC2KW512G8X1


ASSD/HDD変換ケーブルについて

Bizlink 高速 USB3.0 SATA INTEL 2.5インチSSD/HDD変換ケーブル EnlargeCorp

※この変換ケーブルは、USB用ケーブルを2本使用します。


Bクローン用アプリについて

Intel Data Migration Software

https://downloadcenter.intel.com/ja/download/19324/Intel-Data-Migration-Software


Cパーティションの移動・サイズ変更用アプリについて

EaseUS Partition Master 12.8

https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/easeuspart/



 手順としては、

windows「ディスクの管理」を使用して、内部SSDのパーティションと記憶容量をメモしておきます。

・「SSD/HDD変換ケーブル」を使用して、512GBSSDを取り付けます。

・「Intel Data Migration Software」を使用して、内部SSDを丸ごと、512GBSSDにクローン化します。

**********

・ここで、SSDを交換して、512GBSSDを使用して、ノートPCが正常に起動できることを確認します。

**********

・「EaseUS Partition Masterを使用して、「回復パーティション」の記憶容量を縮小してSSDの後ろの方に追いやります。さらに、Cドライブの記憶容量を拡張します。



 ノートPCが正常に起動できることを確認して作業は終わりになります。



 この作業をしてわかったことは、


@  SSDは、「丸ごとクローン化」しないと、PCが正常に起動できませんでした。


A    試行錯誤をしていると、Windowsが、512GBSSDを認識しなくなりました。

 認識しないことには、「丸ごとクローン化」できません。

 しかし、USB用ケーブルを引き抜いて再度差し込みと音が鳴ります。windows「デバイス マネージャー」を確認すると、「!」マークが付いているドライバーがありました。そのドライバーをクリックすると、Windowsが「SSD/HDD変換ケーブル」用ドライバーを使用できなくしていました。

 「SSD/HDD変換ケーブル」用ドライバーのバージョンを昔に戻すことで、512GBSSDを認識できるようになりました。



Posted by 山田 雄一郎 at 12:59
【古い車の話】「ダイハツ ムーヴ」で「電子カードキーの電池交換」をしても、キーで解錠・施錠ができない [2018年01月03日(Wed)]

【古い車の話】「ダイハツ ムーヴ」で「電子カードキーの電池交換」をしても、キーで解錠・施錠ができない



 「ムーヴ」に昨年の大晦日まで乗っていたのですが、昨日、一昨日と、「こたつ」に入って、パソコンの画面を見ていました。


 さすがに、3日目の今日は、初詣に行くことにしました。


 「電子カードキー」を持って「ムーヴ」に近づいても解錠しないので、「電子カードキー」の電圧が低下したと思って、別の車で初詣をしました。


 初詣から帰ってきて、「電子カードキー」の電池「CR2032」を交換しました。


 「2.978V」を取り外し「3.183V」を取り付けました。


 「CR2032」電池では、「3.000V」未満は交換するつもりでしたので、事務的に電池を交換しました。


 「電池の交換」などの整備記録をエクセルで管理していますので、「ムーヴ」の累計走行距離を確認することにしました。


 電池を交換した「電子カードキー」を持って「ムーヴ」の運転席の前に立ちましたが、解錠しません。


 「電子カードキー」の「解錠スイッチ」・「施錠スイッチ」を押しても。小さな緑灯が点灯するだけで、解錠も施錠もしません。


 「電子カードキー」から「キー」を外して、その「キー」を回し解錠して運転席に座りました。


 いつもと同じように、「キー」を使用しないでエンジンを始動し、累計走行距離を確認しました。


 新車で買って、10年以上、15km以上走行しているので、どこかが壊れたらディーラーに持っていかなければならないとは感じていました。


 エンジンを止めて外に出て、「キー」を使用して施錠しました。


 何気なく、「ルームミラー」の側のランプを見ると点灯していました。このランプは「ドア連動」なので、運転席ドアを思いっきり閉めましたが、消灯しません。


 運転席に座って、ランプを常時消灯にしました。


 「ルームミラー」を見ると、後席の右側と左側のランプも点灯していましたので、後席のランプも常時消灯にしました。


 家に入って、整備記録をエクセルに入力しているときに、アイデアがひらめきました。



@「電子カードキー」を社内に置くだけで、「キー」を使わなくてもエンジンを始動できる。

A「電子カードキー」の「解錠スイッチ」・「施錠スイッチ」を押しても。小さな緑灯が点灯する

ということは、「電子カードキー」は正常なのではないか。

 後部ドアを開けたままで大量の荷物を出すときに、「電子カードキー」をポケットに入れて車を離れても施錠しなかった。

B「ドア連動」のランプが点灯するということは、「半ドア」の警告だろう。



 人が出入りする4ドアは開け閉めしたが、まだランプが点灯しているということは、電気配線がおかしくなっているか他のドアがあるのではないか ということに気がつきました。


 つまり、今日開け閉めしていない後部ドアが「半ドア」になっているはずだ。


 しかし、後部ドアを開け閉めしても、「電子カードキー」で、解錠・施錠ができませんでした。


 ディーラーしか直せない故障かなと諦めかけました。



 ここで、どうやって「半ドア」と判断するのだろうと考えて、何かのスイッチがあって、そのスイッチを押さないと「半ドア」になると思い出しました。


 しかし、思いっきりドアを閉めても、「電子カードキー」で、解錠・施錠ができませんでした。


 何か方法があるはずと思って、ドアを固定する部分の側にある「防水用のゴム製カバーを付けたスイッチ」を、押し込んでは離すことを数回繰り返しました。


 5ドアなので5箇所の「防水用のゴム製カバーを付けたスイッチ」を、押し込んでは離すことを数回繰り返しました。


 すると、「電子カードキー」で、正常にキーで解錠・施錠ができるようになりました。


 「電子カードキー」を持って、「ムーヴ」から離れると、施錠ができるようになりました。



 「防水用のゴム製カバー」を付けたとしても、「スイッチ」内部が錆びたり、ゴミが入ってくることを完全に防ぐことができなかったと思います。


Posted by 山田 雄一郎 at 19:24
高齢者の高血圧対策 [2017年12月25日(Mon)]

高齢者の高血圧対策



 私も年齢相応に、「ホームドクター」から、血圧を下げる薬を処方してもらっています。


 先日、献血ルームに行きましたが、医師から献血を拒否されました。


 拒否の理由は、備え付けの自動血圧計を使った血圧測定で、「血圧が測定不可(?)」と表示されたことです。


 「血圧が測定不可」という結果は、自動血圧計を使った血圧測定で、最高血圧値が180mmHGを超えているそうです。


15分間の休憩をした後の血圧測定でも、「血圧が測定不可」となりましたので、来年、暖かくなってから、再度献血をすることを、医師と話し、今回の献血をあきらめました。


 「ホームドクター」からは、常々、「体重を落とせ」と指導されていますが、「体重」だけの問題ではない気がしますので、何か別の方法を探していました。


 という前置きですが、「iPad」で使用できるアプリを見つけました。


*****引用開始*****

高血圧呼吸アプリ「スロブレ」


http://www.metavolunteer.com/project/slowbreath/?gclid=CjwKCAiAvf3RBRBBEiwAH5XYqNPot34_WCYmGp0WhsPd6DCroHHSPUmHwmQdrJFLMjp-1FDylt3syRoCTjcQAvD_BwE


ゆっくり呼吸が高血圧を救う!

 生活習慣病を予防し、世界の健康人口増加を目指すメタボランティアから、高血圧でお悩みの方に向け、ゆっくり呼吸で高血圧対策をするスマートフォンアプリが登場!


高血圧が気になる方に朗報!

 簡単に血圧を改善できるかもしれない不思議なアプリができました。アプリに沿ってたった2分の”ゆっくり呼吸”を1日2回続けるだけで、あなたの血圧が改善するかもしれません。好きな場所で好きなタイミングでこのアプリを使い、血圧改善・脱お薬を目指しましょう!このアプリは、アメリカ心臓協会(AHA)の論文を参考に制作しました。

*****引用終わり*****


 「iPad」の「App Store」で「カンタン高血圧」と入力して検索し見つけました。


 注意する点は、初期状態では、「カンタン高血圧」と入力して検索しても「結果なし」と表示します。


 画面左上の「フィルタ」をクリックして、「サポート(iPadのみ)」の「>」を押します。表示画面の「iPhoneのみ」に「レ」が入ってなければ、クリックして「レ」状態にします。


 「iPhoneのみ」を「レ」状態にすると、「カンタン高血圧呼吸- Slow Breath(・・」を表示しました。


*****引用開始*****

カンタン高血圧呼吸- Slow Breath(スロブレ)

デベロッパ:Metavolunteer

この開発者による他の App を見る

この App は、iOS デバイス用の App Store でのみ入手可能です。


説明

高血圧が気になる方に朗報!\6,000DL達成/

呼吸をするだけで、簡単に血圧を改善できるかもしれない不思議なアプリができました。たった2分の”ゆっくり呼吸”を1日2回続けるだけで、あなたの血圧が改善するかもしれません。

*****引用終わり*****



 ここアプリの使い方は、

@「カンタン高血圧呼吸- Slow Breath(スロブレ)」を開いて、最初の画面の「呼吸開始」をクリックすると、画面の波の上を、左から右へ「●」が動きます。

Aその「●」に合わせて、画面の日本語の指示に従い、ゆっくり呼吸する。

だけです。



 私の感想としては。「ゆっくり呼吸する。」ことで、精神的に穏やかになるような感じがします。


Posted by 山田 雄一郎 at 11:32
家庭内LANのホームページに表示している項目 [2017年12月05日(Tue)]
家庭内LANのホームページに表示している項目


 「家庭内LANのホームページ」は、(恐らく)インターネット側から見ることができないので、個人情報が入った項目を表示しています。

 この「ホームページ」は、「HTML」で作成し、「PHP」は埋め込んでいません。

 代わりに「JavaScript」を使用して、本日の「年月日」などを表示しています。

 この「ホームページ」で最初に表示する「JavaScript」の部分だけを書き出すと、次のようになります。

*****記述開始*****
<SCRIPT LANGUAGE="JavaScript">
<!--

mydate=new Date();
// 結婚してからの年数
kekkonn=mydate.getFullYear()-1997;
// 「2011年」は、現総理大臣の親任式の前年
souri=mydate.getFullYear()-2011;
// 和暦年号
wareki=mydate.getFullYear()-1988;
// 皇紀年号
kouki=mydate.getFullYear()+660;
// 西暦年号
seireki=mydate.getFullYear();
// 平成年号
heisei=mydate.getFullYear()-1988;
// 昭和年号
shouwa=mydate.getFullYear()-1925;
// 大正年号
taishou=mydate.getFullYear()-1911;
// 明治年号
meiji=mydate.getFullYear()-1867;
if (wareki > 1) {
wareki=wareki+"年(";
} else {
wareki="元年(";
}
if (souri > 1) {
souri=souri+"年";
} else {
soiri="元年";
}
// 月は表記上は 1 月から 12 月ですが、データ上は 0 〜 11 が設定される為、値に +1 する必要があります。
tuki=mydate.getMonth()+1;
// 日
nichi=mydate.getDate();
// 曜日
nichi_2=mydate.getDay();
youbi=new Array(7);
youbi[0]="日";youbi[1]="月";youbi[2]="火";
youbi[3]="水";youbi[4]="木";youbi[5]="金";
youbi[6]="土";
document.write("<FONT style='font-size : 24px; color : red'>");
document.write("本日は 平成"+wareki+seireki+"年、第 96 代 安倍晋三 "+souri+")"+tuki+"月"+nichi+"日("+youbi[nichi_2]+")です");
document.write("</FONT><BR>");

document.write("結婚してから"+kekkonn+"年目<BR>");
document.write("平成"+heisei+"年(皇紀"+kouki+"年)<BR>");
document.write("昭和"+shouwa+"年<BR>");
document.write("大正"+taishou+"年<BR>");
document.write("明治"+meiji+"年<BR>");

//-->
</SCRIPT>
*****記述終わり*****

 この「JavaScript」を記述している「HTML」を実行すると、次のようになります。

*****表示開始*****
本日は 平成29年(2017年、第 96 代 安倍晋三 6年)12月5日(火)です
結婚してから20年目
平成29年(皇紀2677年)
昭和92年
大正106年
明治150年
*****表示終わり*****

参考資料
【JavaScript】現在の日時と曜日を取得する


 「明治150年」とか「大正106年」を気にする機会は、ほとんどありません。

 しかし、「YouTube」などで「昭和40年代の歌謡曲」という記事を見たときに、今年が「昭和92年」と知っていれば、約50年前に流行した歌謡曲ということに気付かされます。

 また、個人の性格にもよることですが、「結婚してから20年目」も重要な情報になります。

 些細なことですが、「JavaScript」には、「元年」と表示できるように工夫をしています。

 問題は、この「JavaScript」では、エラーが発生すると、「エラーを解決することの手がかり」を表示することがありません。


 この短い「JavaScript」の「エラー」を処理して感じたのは、長年「PHP」を使用して、「エラーの手がかり」を教えて貰って、「エラー対処」で楽をし過ぎたと、思い知らされました。


追記
 それから、たいしたことではないのですが、「日本語のローマ字表記」の便利さに改めて感謝しています。

 それは、変数を決めるときです。

 「変数名の制約」には「予約語は使えない」というものがありますが、「予約語」は「英語」であるため、「日本語のローマ字表記」の変数は「変数名の制約」は適応されないということです。例えば、「tuki」とか「nichi」などです。

 「日本語のローマ字表記」にすると、変数が長くなるという問題が出てきますので、「変数のわかりやすさ」と「変数の長さ」の兼ね合いが重要になってくると思います。

参考資料
変数名の制約
予約語は使えない

Posted by 山田 雄一郎 at 10:14
ウェブブラウザで画面表示が遅い [2017年12月03日(Sun)]
ウェブブラウザで画面表示が遅い


 画面表示が途中で一時停止し、結果として遅いということです。

 サーバーの環境の話からします。

 家庭内LANだけで使用する「Linuxサーバー」を立ち上げています。セキュリティとか怖いので、この「Linuxサーバー」はインターネットには接続していないで使っています。

 現在、下のソフトを使用しています。
postgresql-9.6.6-1.fc27.x86_64
httpd-2.4.29-1.fc27.x86_64
php-7.1.12-1.fc27.x86_64

 いつからかは、はっきりしないのですが、自分で「php」を使って書いたプログラムを表示するときに、しばらく休憩するようなものを見つけました。

 そのプログラムに複雑な処理をさせて時間がかかるのならば納得できますが、簡単なプログラムなので訳がわかりません。

 例えば、衣類を管理するときに、最初の画面で「上半身」と「下半身」を選択してクリックし、次の画面で「ソックス」とか「パンツ」を選ぶというプログラムです。

 下のような簡単なプログラムなのに、最初の「上半身」と「下半身」を選択する画面で、「上半身」を表示してから「下半身」を表示するまで時間がかかるときがありました

<!--- form 開始 --->
<form method="post" action="index.html_add.php">
<input type="radio" name="kubun_select" value="上半身" checked="checked">上半身<br>
<input type="radio" name="kubun_select" value="下半身">下半身<br>
<input type="submit" value="衣類着用部位 選択開始"><br>
<!--- form 終了 --->
</form>

 ウェブブラウザで閲覧したときに、表示速度に満足している「php」を使って書いたプログラムも、たくさんあります。

 「php」を高速化するために、ネットで調べたりしました。

 次のページを見つけて、書いてあることを実行しましたが不具合は解消しませんでした。

PHP プログラムの見直しによる高速化

 どこが違うのかと見比べているうちに、今日になって、画面で表を作成しているか、いないかの違いがあることに気がつきました。

 無駄な表を作成しても仕方がありません。

 しばらく考えて、「メニュー表」を最初に表示して、「上半身」と「下半身」を選択する手助けをすることにしました。

 「メニュー表」には、「下半身」に該当するものに「ソックス」とか「パンツ」があると表示します。

<table border>

<tr>
<td>No</td>
<td align=center>部位</td>
<td align=center>区 分</td>
</tr>

<?php
// 繰り返し開始
for ($i = 0 ; $i < $rows ; ++$i) {
$retu_0 = pg_fetch_result($result,$i,0);
$retu_1 = pg_fetch_result($result,$i,1);
?>
<tr>
<?php
if ($retu_0 === "上半身") {
?>
<td align=right BgColor=lime><?php print($i + 1); ?></td>
<td BgColor=lime><?php print($retu_0); ?></td>
<td BgColor=lime><?php print($retu_1); ?></td>
<?php
} else {
?>
<td align=right BgColor=yellow><?php print($i + 1); ?></td>
<td BgColor=yellow><?php print($retu_0); ?></td>
<td BgColor=yellow><?php print($retu_1); ?></td>
<?php
}
?>
</tr>
<?php
// 繰り返し終了
}
?>
</table border>


 車を管理するプログラムも同じ不具合がありましたのでので、最初に車種一覧の表を作成して選択する手助けをすることにしました。

<table border>

<tr>
<td>No</td>
<td align=center>車 名</td>
<td align=center>状態</td>
</tr>

<?php
// 繰り返し開始
for ($i = 0 ; $i < $rows ; ++$i) {
$retu_2 = pg_fetch_result($result,$i,2);
$retu_3 = pg_fetch_result($result,$i,3);
?>
<tr>
<?php
if ($retu_3 === "使用") {
?>
<td align=right BgColor=lime><?php print($i + 1); ?></td>
<td BgColor=lime><?php print($retu_2); ?></td>
<td BgColor=lime><?php print($retu_3); ?></td>
<?php
} else {
?>
<td align=right BgColor=yellow><?php print($i + 1); ?></td>
<td BgColor=yellow><?php print($retu_2); ?></td>
<td BgColor=yellow><?php print($retu_3); ?></td>
<?php
}
?>
</tr>
<?php
// 繰り返し終了
}

?>
</table border>

<!--- form 開始 --->
<form method="get" action="saibu.php">
<p>車名:<br>
<select name="shashu_select">
<?php
// 繰り返し開始
for ($i = 0 ; $i < $rows ; ++$i) {
$retu_1 = pg_fetch_result($result,$i,1);
$retu_2 = pg_fetch_result($result,$i,2);
?>
<option value="<?php print($retu_1); ?>"><?php print($retu_2); ?></option>
<?php
// 繰り返し終了
}
?>
</select></p>
<input type="submit" value="車種 設定開始"><br>
<!--- form 終了 --->
</form>
※「method="post"」ではなく、「method="get"」を使用しているのは、「<A Href=」を使用しているためです。特定のページを新しいウィンドウで表示させるために必要となります。「method="post"」を使っても同じことができそうですが、私にとって今後の課題とします。

<td><A Href="search.php?item=<?php print(pg_fetch_result($result,0,1)); ?>&shashu_select=<?php print $shashu_select; ?>"><?php print("$str"); ?></A></td>

※「if ($retu_3 === "使用") {」は、(車を)「使用」か「廃棄」かでセルの色を変えるためのものです。


 あまりにも簡単なプログラムでは、処理に時間を割いてくれないということでしょうか。

 表を作成して、少しは気に掛けてくれとアピールしたら、気を引くのに成功したようなものでしょう。

 本当に、よくわからないけれど、「結果オーライ」ということにして、しばらく様子を見ることにします。

Posted by 山田 雄一郎 at 23:17
恐怖 Windows10が、HDDを認識しなくなった [2017年11月22日(Wed)]

恐怖 Windows10が、HDDを認識しなくなった



 デスクトップパソコン(Windows 10 Pro 64-bit バージョン 1709)のウェブブラウザ「Vivaldi」でネットを閲覧しているときに、突然、タブをクリックしても反応しなくなりました。


 画面下を右クリックし、表示した「タスク マネージャー」をクリックしても、何も起こりません。


 画面デスクトップ上のアイコンをクリックしても、何も起こりません。


 しかたがないので、デスクトップパソコンのリセットボタンを押して、パソコンを再起動しました。


 再起動後、デスクトップを表示したときに、Dドライブ(HDD)にある「デスクトップ」アイコンを表示できませんと表示しました。


 画面左下の田マークを右クリックして、「デスクの管理」を左クリックしました。


 すると、Cドライブ(SSD)しか表示しません。しかも、新しいドライブを初期化しますかと問うてきましたので、あわてて「デスクの管理」を閉じました。


 マザーボードとHDDを接続する「SATAケーブル」が接触不良を起こしている可能性があるので、パソコンをシャットダウンしました。


 パソコンケースのパネルを外し、「SATAケーブル」のマザーボード側とHDD側の2か所を手で動かして、接触部に振動を与えました。


 パソコンケースのパネルを付けてしまうと、不具合が発生したままならばパソコンケースのパネルを外す必要があります。だから、パソコンケースのパネルは外したままにして、パソコンを起動しました。


 今度は、Dドライブ(HDD)にある「デスクトップ」アイコンを表示できました。


 「デスクの管理」を表示すると、Cドライブ(SSD)、Dドライブ(HDD)ともに正常に表示しました。


 これで一安心と思って画面を見ていると、画面右下に「ノートン360」が何か表示していました。


 細部を確認するためクリックしてみると


*********表示開始*********

× この脅威は削除されました。これ以上の処理は必要ありません。


「活動」タブ

ファイル:d:\users\********\desktop\abs9_win9.0.0.0\boost-speed-setup-ging.exe

 脅威を削除しました

感染ファイル:d:\users\********\desktop\abs9_win9.0.0.0\boost-speed-setup-ging.exe

 削除しました

※「********」は、私のパソコンの名前ですので、表示しません。


「詳細」タブ

boost-speed-setup-ging.exe

脅威名:Trojan.Gen.2


コンピュータの評価日時

2016/10/25 12:09:00

最終使用日

2017/11/22 17:31:01


少数のユーザー

このファイルを使ったノートン コミュニティのユーザー数は数百人です。

定着

このファイルの更新日は 1年 1カ月前です。

これは危険度が高いファイルです。

*********表示終わり*********



 「Windows10が、HDDを認識しなくなった」原因は、可能性として2つあります。

@「SATAケーブル」が接触不良

A「ノートン360」によると、危険度が高い「boost-speed-setup-ging.exe」ファイル


 本日のパソコン使用状況は次のようになります。

@本日(2017/11/22)の午前中は、パソコンは正常に動いていました。

A外出するので、パソコンをシャットダウンしました。

B外出から帰った午後5時過ぎにパソコンを起動しました。起動してしばらく、「Vivaldi」でネットを閲覧していました。



 「SATAケーブル」の場合は、ユーザーでも対応できますが、「脅威名:Trojan.Gen.2」は販売会社にお願いするしかないと思います。



 いつものように、しばらく様子を見ることにします。



Posted by 山田 雄一郎 at 18:39
| 次へ
プロフィール

山田 雄一郎さんの画像
山田 雄一郎
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/hofu_nanboku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/hofu_nanboku/index2_0.xml