CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2014年03月20日

2013年度助成金等授与式

2024年3月19日14:30〜16:00
ひろしまNPOセンター大学連携室

ひろしまNPOセンターが運営する『中国ろうきん立上げ助成』、『中国ろうきんNPO寄付システム』、『ひろしまNPOサポート倶楽部』の授与式を行いました。
DSC04346.JPG


第一部では、採択団体のみなさまへ目録の授与を行いました。

『中国ろうきん立上げ助成』は2013年1月〜2013年12月の間に新たに設立されたNPO法人を対象とした助成金で、4団体が採択されました。
中国労働金庫広島営業本部 高田孝利本部長よりNPOのみなさまへの期待のメッセージと目録の授与をいただきました。
DSC04353.JPG


『中国ろうきんNPO寄付システム』は中国労働金庫の普通口座契約者から頂いた寄付金を、中国各県で活躍するNPOに寄付配分し、団体の社会貢献活動を促進していこうという「地域循環型寄付システム」です。
寄付者の方がNPO法にある20分野(広島ではS条例指定はありませんので19分野)から寄付をしたい分野を選びご寄付をいただき、一定額が積み立てられた段階で助成金として配分しています。
今年度は17団体が採択され、高田本部長より目録の授与をいただきました。
DSC04371.JPG


『ひろしまNPOサポート倶楽部』は広島県内のNPO法人の活動資金援助を広く県民の皆様に支援していただく制度で、倶楽部へ会員登録をしてくださった方の郵便貯金口座から、一口500円の会費をいただき配分する仕組みです。
今年度は4団体が採択されました。
サポート倶楽部立上げメンバーのお一人でもある県立広島大学経営情報学部 五百竹宏明准教授より目録の授与をいただきました。
DSC04381.JPG


第二部では、『伝えるコツ〜報告書は何のため?〜』と題して、助成金とセットになる報告書についてのセミナーとワークを行いました。
進行はひろしまNPOセンタープロジェクトマネジャーの松村が担当しました。
コツをお伝えした後、参加いただいた皆様に@団体名、A取り組んでいる問題、B問題が解決した姿、C取り組んでいる事を書き出すワークを行いました。
ワークの後は、作ったシートを使ってデートゲームの手法で参加したみなさま同士の交流を行いました。
DSC04382.JPG


使用した資料→伝えるコツ〜報告書は何のため?〜【印刷用】.pdf

2012年10月01日

【報告】「第4回ひろしまイーパーツリユースPC寄贈プログラム 寄贈式&交流会」開催

9月30日(日)13:30〜16:00、幟会館2階会議室Cにおいて、「第4回ひろしまイーパーツリユースPC寄贈プログラム 寄贈式&交流会」が、28名の参加で開催されました。
引き続き主催は、認定NPO法人イーパーツ、ひろしま市民活動ネットワークHeart to Heart、NPO法人ひろしまNPOセンターの三者。
今回は、16団体の皆さまに計22台のノートパソコンを寄贈させていただきました。
このたびの寄贈では、スタートアップ(★)として、設立間もない3団体に「がんばるぞ宣言!」をしていただき、スキャナーを1台ずつ贈呈しました。

寄贈団体は以下のとおり。
 NPO法人日本クリエーター養成協会(1台)
 NPO法人つくし工房可部(3台)
 NPO法人あゆみ会(1台)
 NPO法人よもぎのアトリエ(1台)
 三次点訳サークル“ほおづき”(3台)
 NPO法人NPO狩留家(1台)★
 NPO法人りべらる(1台)★
 NPO法人父子家庭サポートネット・広島(1台)★
 音訳ボランティア そよ風の会(1台)
 NPO法人仁和(1台)
 NPO法人学習支援ヴァパウス(2台)
 NPO法人ひろしま点灯虫の会(1台)
 NPO法人フリマドンナ(1台)
 NPO法人中国シニアライフアドバイザー協会(1台)
 NPO法人ピースレディースフットサルリーグ(PLFL)(1台)
 NPO法人わくわく(2台)

この日は、情報セキュリティについて楽しく学ぶワークショップ(セキュロク)を実施し、イーパーツより粗品が贈呈されました。
posted by ヨーサン at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 助成・寄贈

2012年08月03日

【報告】アサヒスーパードライ「うまい!を明日へ! 」プロジェクト 広島県における第6弾実施報告説明会(8月2日)開催!

8月2日(木)県庁記者クラブにおいて、アサヒスーパードライ「うまい!を明日へ!」プロジェクト 広島県における第6弾実施報告説明会が開催されました。
CIMG6598.JPG

この企画はスーパードライ「1本につき1円」を環境保全などに活用する活動として、広島県では、2010年度より私どもひろしまNPOセンターを寄付先として、さらに広島県の協力を得て、県内の環境NPO・グループ等が行う「広島の海の環境保全活動」に活用しています。
※平成23年度秋に実施した第5弾では796万7280円の寄付をいただき、平成24年度の広島県内の環境保全活動に活用されています。
今回の説明会には、連携・協働してこの事業をすすめている企業・行政・NPOの三者、アサヒビール株式会社広島支社支社長林忠男氏、広島県環境県民局環境政策課環境活動推進グループ主幹青山秀雄氏、及びNPO法人ひろしまNPOセンター代表理事安藤周治氏から、プロジェクトの概要や環境保全活動の実施状況等について報告されました。
CIMG6591.JPG


なお、6月20日に開催された助成審査委員会で、以下のとおりに「2012年度広島の海の環境づくりプロジェクト助成団体」が決定しました。

@海を守る活動助成金(上限10万円)
・豊町公衆衛生推進協議会「海岸アダプト清掃」(呉市)
・江田島市立三高小学校「里海学習『三高の浜をきれいに 大作戦』」(江田島市)
・豊浜町公衆衛生推進協議会「@町内クリーン作戦、A海の生物調査」(呉市)
・瀬戸田生口地区子ども会育成連合協議会「2012年度海はみんなお宝物大作戦」(尾道市)
・廿日市市大野10区自治会「鳴川海岸一斉清掃」(廿日市市)
・吉名町協働のまちづくりネットワーク「吉名港平方沖海岸清掃作業」(竹原市)
・NPO法人けごや元気丸「長郷浜クリーン作戦」(呉市)
NPO法人フリースクール・グロービー「海の大切さを知り、海を守る子どもたちの育成活動」(安芸郡海田町)
・永田川カエル倶楽部「地域の子どもと歩む永田川河川環境保全・再生プロジェクト」(江田島市)
NPO法人江田島カヌークラブ「江田島海岸クリーンアップ作戦」(江田島市)
・鹿川小学校子ども会育成会「第4回 鹿川湾の海の環境再生プロジェクト」(江田島市)
一般社団法人国公立ゼミナール「京橋川をキレイにし隊」(広島市南区)
・阿多田島漁業協同組合「阿多田島漁協海浜清掃」(大竹市)
・呉市音戸地区公衆衛生推進協議会「海辺の教室」(呉市)
・福山市立内海小学校「『ふるさと田島 大発見!』−田島の海を守り隊−」(福山市)
・尾道市立浦崎小学校「浦崎里海学習」(尾道市)

A海をつくる本格活動(上限50万円)
NPO法人瀬戸内里海振興会「在来海浜植物種による瀬戸内海の海浜ビオトープ再生活動」(広島市中区)
海の会「海の会『広島湾クリーン作戦』」(広島市中区)

B海につながる県内活動助成金(上限20万円)
・宮島の礒・生き物調査団「磯・干潟の生物調査及び周辺の植生・景観調査及び漂着ゴミの調査と回収」(広島市中区)
NPO法人瀬戸内里海振興会「海のリフレッシュ活動(海中、海底ゴミ、海岸、公園、道路等、漂着ゴミ)」(広島市中区)
瀬戸内海 宇治島クラブ「サニーアイランドクリーン作戦」(福山市)
・NPO法人自然体験活動推進センター「海を守るための源流清掃〜川と森の学習〜」(広島市中区)
・エコロジー研究会ひろしま「24年度太田川せせらぎ夢学習塾」(広島市中区)
広島県キャンプ協会「オイスターキッズキャンプ」(広島市中区)
DSCN0879[1].JPG
posted by ヨーサン at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 助成・寄贈

2012年07月06日

【報告】アスカネット「第3回NPO広報活動支援事業」企画発表会、写真セミナー(7月6日)開催!

2012年7月6日(金)、安佐南区祇園の株式会社アスカネット本社会議室において、「第3回NPOの広報活動支援事業」企画発表会及び、写真セミナーが開催され、写真集制作・寄贈プログラムにエントリー・通過した10団体12名が参加し、具体的な写真集の制作方法デジカメのよりよい撮影方法を、アスカネットの社員やカメラマンの方から学びました。
DSCN2415.JPG

DSCN2419.JPG

DSCN2423.JPG

<参加団体>
NPO法人ツネイシ・スポーツアウト
たつじんくらぶ
NPO法人小河内Oプロジェクト
NPO法人広島県手話通訳問題研究会
NPO法人キッズNPO
市民活動グループ ええじゃん
NPO法人NPO狩留家
NPO花の散歩道
denebプロジェクト
NPO法人ACORNとくのかぜ


posted by ヨーサン at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 助成・寄贈

2012年06月12日

【報告】アサヒスーパードライ「うまい!を明日へ!」プロジェクト 広島の海の環境保全活動「宮島一周クリーン作戦」(6月10日)開催!

2012年6月10日(日)宮島の3ヶ所の海岸で、漂着ゴミの回収、12日(火)には、陸揚げ処分を行いました。
今回の事業は、アサヒビール社からひろしまNPOセンターにいただいた寄付を原資に、主催者であるNPO法人自然環境ネットワークSARENが昨年度から半年かけて事前調査や作業説明会を行い準備してきたものです。
地域のNPOや環境団体、地元商工会や厳島神社の若手、アサヒビールの社員、広島県の行政職員等、計170名以上が参加し、猛暑の中150以上の発砲スチロールの大型フロート等を集め、12日には地御前漁協にも協力いただき、ゴミの陸揚げ処分を行いました。
DSCN0845[1].JPG

DSCN0852[1].JPG

2012-06-10 10.23.16.jpg

CIMG5522.JPG
今回のプロジェクトはモデル事業として行れました。今後継続していくためのしくみづくりが期待されます。
posted by ヨーサン at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 助成・寄贈

2012年03月08日

【報告】アサヒスーパードライ「うまい!を明日へ!」プロジェクト第5弾寄付贈呈式(3月7日)

2012年3月7日(水)広島県庁記者クラブにおいて、アサヒスーパードライ「うまい!を明日へ!」プロジェクト第5弾の贈呈式が行われ、林忠男アサヒビール株式会社広島支社長より、安藤周治ひろしまNPOセンター代表理事へ7,967,280円分の目録が手渡された。ひろしまNPOセンターが実施する「広島の海の環境づくりプロジェクト」で活用され、NPO・環境グループ等が行う環境保全活動に配分される。
CIMG4242.JPG

CIMG4253.JPG

この事業に協力いただいている広島県の石友康雄環境政策課長にも同席いただいた。
posted by ヨーサン at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 助成・寄贈

2011年08月04日

【報告】アサヒスーパードライ「うまい!を明日へ!」プロジェクト「2011年度広島の海の環境保全活動助成金」配分団体決定!

2011年6月5日、広島県庁前で開催された「環境の日」大会において、「アサヒスーパードライ『うまい!を明日へ!』プロジェクト」第4弾寄付金贈呈式が行われ、渋谷博久アサヒビール株式会社中国統括本部長より安藤周治NPO法人ひろしまNPOセンター代表理事へ目録が送られました。寄付額は9,979,120円。
また、寄付金を原資にひろしまNPOセンターが行う「広島の海の環境づくりプロジェクト2011『海の環境保全活動助成金』」の募集を7月25日〆切で行い、7月28日の審査会で配分団体を決定。応募団体22事業中20事業19団体に総額376万円の助成を行うことになりました。

<2011年度助成決定団体>2011年8月〜2012年1月15日実施分
@海をまもる地域活動(上限10万円)
・阿多田島漁業協同組合「阿多田島漁業協同組合海浜清掃」(大竹市)
・大羽谷川流域の環境を考える会「大羽谷川流域の環境美化活動」(尾道市)
・江田島市立三高小学校「里海学習『三高の浜をきれいに 大作戦!!』」(江田島市)
・尾道市立浦崎小学校「里海活動」(尾道市)
・江田島カヌークラブ「カヌーによる江田島観光の活性化」(江田島市)
・脱温暖化門田地域協議会『炭焼きの里チーム』「門田川の清掃、草刈り活動」(尾道市)
・NPO法人フリースクール・グロービー「海の大切さを知り、海を守る子どもたちの育成活動」(安芸郡海田町)

A海をつくる本格活動(上限50万円)
・能美脱温暖化未来会議「鹿川湾近海温暖化による魚介類調査と海ごみクリーンプロジェクト」(江田島市)
・海の会「海の会『広島湾クリーン作戦』」(広島市中区)
・NPO法人瀬戸内里海振興会「住民参加型、尾道市浦崎町(松永湾)孝雄地区希少生物保全活動」(広島市中区)
・NPO法人自然環境ネットワークSAREN「アオアオサ除去と肥料化活用推進事業」(広島市中区)
・元気っ子プロジェクト「『田島の海を育てる』プロジェクト」(福山市)

B海につながる県内活動(上限20万円)
・永田川カエル倶楽部「永田川の河川環境再生プロジェクト」(江田島市)
・栗原町内会連合会「河川清掃活動等環境整備活動」(尾道市)
・宮島の礒・生き物調査団「磯・干潟の生物調査及び周辺の自然環境調査・清掃ゴミ調査&その他」(広島市南区)
・エコロジー研究会ひろしま「H23年度太田川『リバーエコロジー大学』〜河川環境整備とハゼ釣り大会」(広島市中区)
・NPO法人瀬戸内里海振興会「在来海浜植物種による瀬戸内海の海浜ビオトープ再生活動」(広島市中区)
・NPO法人自然環境ネットワークSAREN「広島湾周辺漂着物削減対策」(広島市中区)
・NPO法人キャリアネット広島「地域若者サポートステーション事業『若者交流館』」(広島市中区)
・くい環境会議「御調川と海の救出作戦」(三原市)

また、8月2日、県庁記者クラブにおいて、「アサヒスーパードライ『うまい!を明日へ!』プロジェクト」第4弾の配分結果の説明と第5弾の案内が行われました。記者会見には、大塚直樹アサヒビール株式会社中国統括本部広島支社長、青山秀雄広島県環境県民局環境部環境政策課環境学習推進グループ主査、安藤周治NPO法人ひろしまNPOセンター代表理事が参加しました。
posted by ヨーサン at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 助成・寄贈

2011年03月14日

【報告】「NPO活動奨励賞公開審査会、授与式・配分式、NPO活動交流会」( 3月12日)開催!

2011年3月12日(土)広島市まちづくり市民交流プラザ研修室において、「ひろしまNPO活動奨励賞公開審査会」「NPO活動交流会」「授与式・配分式」が開催されました(参加約70名)。
主催:NPO法人ひろしまNPOセンター、特別協賛:株式会社NTTドコモ中国支社株式会社アスカネット、協力:中国労働金庫
■ひろしまNPO活動奨励賞
「公開審査会」…応募が19団体あり、書面による一次審査を通過した9団体によるプレゼンテーションと審査委員との質疑応答がありました。

審査委員は以下4名の方に受けていただきました。
 柾本伸悦さん(広島経済大学 興道館 プロジェクトセンター長)
 山本恵由美さん(もりメイト倶楽部Hiroshima副代表)
 松尾健司さん(環境カウンセラー)
 ※三好久美子さん(ひろしまNPOセンター副代表理事)は公開審査会欠席。



公開審査会のあとに開かれた二次審査会で以下のような審査結果となり、授与式では、協賛いただいた株式会社NTTドコモ中国支社総務部広報室担当課長の杉本清司さんより挨拶をいただき、各団体に目録が授与されました。

 ・NTTドコモ中国支社賞…ファッションセラピーの会ヒロシマ
                  「おしゃれに関するふれあい教室」(5万円)
 ・優秀賞…NPO法人ぽでーる
        「待機者0人を目指すプロジェクト3ヶ年計画」(11万円)
 ・優秀賞…NPO法人地域福祉活動支援協会人間大好き
        「社会問題を紙芝居で提供し、子供たち・高齢者が参加する紙芝居の上演開催事業」
        (10万円)
 ・奨励賞…市民活動グループええじゃん(Asian)
        「多文化共生の町へ…最初の一歩」(5万円)
 ・奨励賞…NPOポスターコンテテスト実行委員会
        (主幹:ひろしま市民活動ネットワークHEART to HEART
        「〜エネルギッシュな市民活動を見せます!〜
        NPOポスターコンテスト@HIROSHIMA(仮称)開催事業」(5万円)

 ・参加賞…NPO法人ベトナム友の会―ヒロシマ―
        「日本とベトナムの小学校(小学生)の文化交流支援事業」(1万円)
 ・参加賞…演劇ボランティア・サークル「LOAG」〜ローグ〜
        「演劇プロジェクト2011」(1万円」)
 ・参加賞…広島アジア友好学院
        「広島在留朝鮮人関係新聞記事(1910〜1945)CD化(1万円)
 ・参加賞…呉市・青壮会
        「学童対象の手作り玩具工作の普及活動」(1万円)

■ひろしまNPOサポート倶楽部
16のNPO法人から応募があり、3月2日に行われた選考委員会で以下の9団体が決定し、配分式では、選考委員長の五百竹宏明さん(県立広島大学経営情報学部准教授)より挨拶をいただき、各団体へ目録が贈呈されました。

 ・NPO法人青竜スポーツクラブ「体操普及活動」(10万円)
 ・NPO法人学習支援ヴァパウス「循環型学習支援・フリースタディ」(10万円)
 ・NPO法人七塚原自然体験活動研究センター「里山手入れ教室」(10万円)
 ・NPO法人安芸七軒茶屋広島が好きじゃけん組「地域の資源である高齢者の経験と、現役世代の意欲を活かした名物、イベント名所を一体化した活動」(5万円)
 ・NPO法人INE OASA「菜の花ECOプロジェクト廃食油回収タンク更新事業」(10万)
 ・NPO法人うたしの会「めっちゃ元気!!脳と体の健康ルーム」(10万円)
 ・NPO法人ふぞろいプロジェクト「家庭菜園キット販売事業」(5万円)
 ・NPO法人ピースビルダーズ「LOVE & PEACE Lounge in HIROSHIMA2011」(10万円)
 ・NPO法人広島自立支援センターともに「広島自立支援センターともに地域貢献・交流活動」(5万円)


■中国ろうきんNPO寄付システム
18のNPO法人から応募があり、3月2日に行われた審査委員会で以下の9団体が決定し、配分式では、中国労働金庫広島県営業本部長の向井高志さんより挨拶をいただき、各団体に目録が贈呈されました。

 ・【保健・医療・福祉】NPO法人ひまわりの家宮沖(10万円)
 ・【保健・医療・福祉】NPO法人住宅支援びんごNPOセンター(10万円)
 ・【まちづくり】NPO法人善菊会(5万円)
 ・【学術・文化芸術・スポーツ】NPO法人ひろしまインターネット美術館(10万円)
 ・【国際協力】NPO法人日本ケニア協会(5万円)
 ・【子どもの健全育成】NPO法人フリースクール・グロービー(10万円)
 ・【子どもの健全育成】NPO法人子どもコミュニティネットひろしま(10万円)
 ・【経済活動の活性化】NPO法人あいあいねっと(5万円)
 ・【おまかせ(子どもの健全育成)】NPO法人イーハート(10万円)


※なお、「ひろしまNPOサポート倶楽部」「中国ろうきんNPO寄付システム」の選考委員兼審査委員は、以下の4名の方でした。
 五百竹宏明さん(県立広島大学経営情報学部准教授)
 松尾健司さん(環境カウンセラー)
 三好久美子さん(NPO法人ひろしまNPOセンター副代表理事)
 中村隆行さん(NPO法人ひろしまNPOセンター副代表理事)



■NPO活動交流会
NPO法人ひろしまNPOセンター副代表理事の中村隆行さんが進行役とあわせて、広島における資金循環のシステム構築にむけた提案を行い、参加団体の自己紹介とあわせて意見交換を行いました。



■アスカネット協賛「第1回NPO広報活動支援事業
広島市安佐南区に本社をもつ株式会社アスカネットとNPO法人ひろしまNPOセンターの協働事業として、今年度試行的にはじめたNPO支援事業。
今年度は、広島市内のNPO法人・市民活動団体からひろしまNPOセンターが推薦した以下の団体に対して、団体の記録や活動紹介を掲載した「写真集」や「展示パネル」を、製作費無償で作成しました。
授与式では、アスカネット常務取締役CEO功野顕也さんより挨拶をいただき、以下の7団体が、写真集(50〜100冊)や展示パネルの贈呈を受けました。

 ・NPO法人ウイング可部
 ・NPO法人子どもコミュニティネットひろしま
 ・NPO法人子どもネットワーク可
 ・NPO法人コミュニティリーダーひゅーるぽん
 ・ひろしまジン大学
 ・舞台芸術制作室 無色透明
 ・もりメイト倶楽部Hiroshima


製作贈呈された写真集等を会場に展示しました。
posted by ヨーサン at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 助成・寄贈

2010年12月01日

【報告】「広島の海の環境づくりプロジェクト「意見交換会&2010年度後期助成団体授与式」開催!

2010年11月27日(土)宮島・包ヶ浦自然公園において、広島の海の環境づくりプロジェクト「意見交換会&2010年度後期助成団体授与式」が開催されました。
主催:特定非営利活動法人ひろしまNPOセンター、協力:広島県、アサヒビール株式会社。
宮島への観光客もピークの快晴の日、広島県内各地から講師・スタッフあわせて総勢52名が、海をわたって宮島桟橋に到着。マイクロバスで島の反対側にある包ヶ浦自然公園に集結しました。


この助成金の原資を提供いただいたアサヒビール株式会社広島・山口支社の山下伸夫課長より開会の挨拶をいただき、採択された団体へ目録を授与したのち、広島県の海の環境問題と保全活動について選考委員長の中越信和広島大学教授の講演をいただいたきました。


休憩をはさんで、2010年度前期実施団体を代表して、江田島小学校の宮川校長、宮島の磯・生き物調査団、瀬戸内風光研究会の金山氏に活動報告をしていただき、その後、全体交流を行い、最後に選考委員の金谷信子広島市立大学准教授に講評をいただきました。


全体での記念撮影の後、アサヒビールを片手に、広島県環境政策課の石友課長に挨拶をかねて乾杯の音頭をとっていただき、カキをベースにしたバーベキュー大会を外で行いました。



アサヒビールや広島県の他、環境系NPOや自治会等、多様な参加で新たなネットワークと協働への期待がふくらんだ会となりました。

<2010年度後期助成決定団体>

アサヒスーパードライ「うまい!を明日へ!」プロジェクト[広島県]の寄付金の中から、助成配分を決定した団体は、以下17団体19事業です。(総額約440万円)

@海をまもる地域活動(上限10万円)
  広島市内水面漁業協同組合(広島市南区)「組合員による河川清掃」
  吉名町協働のまちづくりネットワーク(竹原市吉名町)「吉名港平方沖海岸清掃作業」
  中町自治会(江田島市能美町)「長瀬海岸海浜清掃」
  日本野鳥の会広島県支部(広島市西区)「八幡川河口人工干潟清掃探鳥会」
  満月清掃会(広島市佐伯区)『海にありがとう〜!』
  みやじま未来ミーティング(MMM)「腰細浦海岸清掃」

A海をつくる本格活動(上限50万円)
  NPO法人瀬戸内里海振興会(広島市中区)
    「広島県東部海域里海保全活動協議会による干潟保全活動」
  海の会(広島市中区)「海の会『広島湾クリーン作戦』」
  NPO法人自然体験活動推進センター(広島市中区)「宮島・海底クリーンアップ大作戦」
  元気っ子プロジェクト(福山市内海町)「『田島の海で育てる』プロジェクト」
  瀬戸内海国立公園宮島地区パークボランティアの会(広島市中区)
    「宮島・入浜池の汽水化による環境保全復旧事業」

B海につながる県内活動(上限20万円)
  宮島の礒・生き物調査団(広島市南区)
    「磯・干潟の生物調査及び周辺の自然環境調査」
    「海岸生物及び自然環境調査の指導者の育成、子どもたちの環境学習」
  豊町自治会連合会(呉市豊町)「豊町河川及び水路の一斉清掃」
  NPO法人自然体験活動推進センター(広島市中区)
    「海辺の自然体験で瀬戸内海について学ぼう 宮島海の学校」
  NPO法人アイエヌイーおおあさ(北広島町)
    「ワークショップ『里山に繁茂する竹でイベントテントを製作しよう』」
  NPO法人キャリアネット広島(広島市中区)「地域若者サポートステーション事業」
  エコロジー研究会ひろしま(広島市中区)「太田川リバーエコロジー大学」
  大学環境ネットワーク協議会(UE−net) (広島市中区)
    「学生による瀬戸内海とそれにつながる山や川の環境について考えてもらう取組」
  みやじま未来ミーティング(広島市中区)「広島 カキの学習会」

Cアイディア企画
  瀬戸内風光研究会(NPO法人自然環境ネットワークSAREN)
    「宮島一周クリーン作戦事前調査」

posted by ヨーサン at 02:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 助成・寄贈

2010年10月18日

【報告】「第2回ひろしまイーパーツリユースPC寄贈プログラム 寄贈式&交流会」開催

10月16日(土)14:00〜16:30、幟会館2階会議室Cにおいて、「第2回ひろしまイーパーツリユースPC寄贈プログラム 寄贈式&交流会」が、35名の参加で開催されました。
昨年に引き続き、主催は、認定NPO法人イーパーツひろしま市民活動ネットワークHeart to HeartNPO法人ひろしまNPOセンターの三者。
今回は、22団体の皆さまに計37台のノートパソコンを寄贈させていただきました。
また、再生にとりくまれた団体の紹介や情報セキュリティの現状についの興味深いお話を、イーパーツの会田和弘さんからお聞きしました。



寄贈団体は以下のとおり。
 NPO法人ぽでーる(2台)
 NPO法人広島県介護支援専門員協会(2台)
 NPO法人F・ROSEエンターテイメントスタジオ
 NPO法人小規模はげみ会作業所
 NPO法人ハートイヤ
 NPO法人スマイル小泉
 NPO法人ふぞろいプロジェクト
 NPO法人廿日市市身体障害者福祉協会
 NPO法人ひだまり
 NPO法人WINDえのみや(3台)
 NPO法人おおのの風
 NPO法人アイエヌイーおおあさ(2台)
 NPO法人おやつくらぶ(2台)
 NPO法人バンブースポーツクラブ(2台)
 市民活動グループええじゃん(Asian)
 NPO法人地域福祉活動支援協会 人間大好き
 NPO法人尾道こころネットよつば会(3台)
 バンビーズボランティア協議会(3台)
 NPO法人びぃ あらいぶ(3台)
 NPO法人あいあいねっと(2台)
 NPO法人子どもネットワーク可部(2台)
 ひろしま市民活動ネットワークHeart to Heart




パソコンの寄贈式のあと、“みんなで遊びながら、情報セキュリティを学ぶ!”「セキュリティ双六」(通称:セキュロク)を、5つのグループに分かれて行い、子どもから高齢の方まで、参加者みんなで盛り上がりました。速さ、獲得点数の順に賞品(マイクロソフト社提供)も出ました。

駒を進めるたびに出てくる「スクリーンセイバーて何?」「SSLのページってどういう意味?」など、各自のPCに関する知識の度合いを遊びを通してシェアしあい、共感しあったり、教えあったりできる楽しいツールでした。



製作を手掛けたのは、イーパーツの大学生のスタッフのみなさん!
この日は大学3年生の恩田さんにゲーム進行を担当していただきました。



今回も広島からの意見を取り入れてバージョンアップしました。これから実施する団体の方の手でさらに使いやすいものにバージョンアップされていくことと思います。

イーパーツ(広島PCリユース寄贈式)
posted by ヨーサン at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 助成・寄贈