CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2010年10月05日

【報告】「地域・テーマ公益ポータル推進プロジェクト第2回中国ブロック会議“情報開示で分けられるNPO”」開催!(10月4日)

2010年10月4日(月)13:00〜17:00、幟会館2階会議室C(広島市中区)で、「地域・テーマ公益ポータル推進プロジェクト第2回中国ブロック会議」を、中国5県の県・市の中間支援センター、助成団体、県職員ら20名の参加で、開催しました。

テーマは「情報開示で分けられるNPO」

第1部は、全国・中国の公益ポータル・助成団体の現状を知る!ということで、7つのお話・事例報告を聞きしました。

マツダ財団の永松さん                          広島県共同募金会の佐々木さん










 「日本財団が情報開示を重視する理由とその効果」
  山田泰久さん(日本財団CANPAN運営事務局)
 「助成する側が求める情報開示〜中国地方の助成団体から〜」<事例報告>
  永松貴文さん(財団法人マツダ財団事務局長代理)
  佐々木忠さん(社会福祉法人広島県共同募金会事務局次長)

 「中国地方の公益ポータルサイトの今!〜運用状況と課題〜」<事例報告>
  「だんだん」 財団法人ふるさと島根定住財団
  「NPOkayama」 NPO法人岡山NPOセンター
  「もみじコミュニティ」 NPO法人ひろしまNPOセンター
  「はなえる」 やまぐち公益ポータルネットワーク



第2部は、第1部の報告を受け、参加者の皆さんから、それぞれ質問を出しあい、意見交換をし、最後に、11月18〜19日に松江市で開かれる「NPO活動推進自治体フォーラム島根大会」、次回の第3回中国ブロック会議での再会を呼びかけて、終了しました。



詳しくは、岡山NPOセンターの石原さんがまとめてくださっています!

意見交換の内容1

意見交換の内容2


防府市市民活動支援センターの於土井さんも書いています!


日本財団CANPAN運営事務局の山田泰久さんも書いています!
posted by ヨーサン at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 活動紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック