CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2008年09月30日

【報告】9月27日(土)「新公益法人制度と認定NPO法人制度改革〜NPOのこれから〜」学習会開催!

9月27日(土)14:00〜17:00、広島市中区の幟会館において、

松原明さん(NPO法人シーズ・市民活動を支える制度をつくる会常務理事・事務局長)を
講師に迎え、
「新公益法人制度と認定NPO法人制度改革〜NPOのこれから〜」というテーマで、学習会を開催しました。


主催:特定非営利活動法人ひろしまNPOセンター
共催:NPO/NGOに関する税・法人制度改革連絡会
協力:特定非営利活動法人岡山NPOセンター、やまぐち県民活動支援センター、しまね県民活動支援センター、とっとりNPOネットワーク、高知県ボランティア・NPOセンター

中村隆行(HNPOC副代表理事・常務理事)より、広島県内のNPOの現状について報告を受けたあと、参加者の方々に<聞きたいこと!>をだしてもらい、それに沿って講師の松原明さんよりお話をお聞きしました。

認定NPO法人制度の活用については参加者の関心も高く、シミュレーションを交えて学びあったほか、12月にスタートする新公益法人制度の概要についてもお聞きしました。

また、NPOは市民が自由な社会貢献活動ができるための受け皿、社会を活性化させるための存在であること、事業モデルの開発や行政とのパートナーシップを通して多様な収入源を確保するにしても、地域において信頼関係を一つ一つ築き、つながりを広げていくことが大切であることなど、これからのNPOについて考えあう機会にもなりました。

※松原明さんは、次の日に庄原市で、新公益法人制度の対応を検討されている広島県内のJC関係者を対象に講演され、HNPOCからも2名参加し、お話を聞いてきました。
posted by ヨーサン at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 制度・政策提言
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック