CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2013年12月18日

SAVE JAPANプロジェクト2013 実施報告「古川の水生生物観察会」

IMGP0522.JPG


「古川の水生生物観察会」
■実施日:2013年6月9日(日)
■実施場所:古川(安佐南区東原)太田川緑地内の公園のそば
■参加者数:37名
■実施団体:NPO法人西中国山地自然史研究会
■協働団体:NPO法人ひろしまNPOセンター
      認定NPO法人日本NPOセンター
■協賛:株式会社損害保険ジャパン、日本興亜損害保険株式会
古川の水生生物を捕まえて観て聞いて触るプログラム。街中を流れる川にも多くの希少生物種(ウナギ、アブラボテ、カジカ、ウキゴリ、テナガエビ、トノサマガエル等)が棲んでいるということを参加者に知ってもらうことができた。そのことで地域の環境に対する意識向上につながった。例えば、ごみは持ち帰る、水を汚さない、遊び場として活用するなどが挙げられる。
レポートをみる⇒http://savejapan-pj.net/sj2013/hiroshima01/event/post_2.html
posted by わたる at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 協働
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/919200
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック