CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2016年12月17日

南方八幡宮 千木

山口県宇部市、南方八幡宮の千木が取れたと連絡を受け、すぐに伺いました!
こちらは平成10年に銅板葺工事をさせていただいた神社です。

千木は屋根の両端で「×」になっている、あの部分です。
千木はその昔、家屋をたてる時に木材2本を交叉させて結びつけ、その先端を切り揃えずにそのままにして切り捨てなかった名残りと言われています。(神社検定テキストより)

IMG_3829.JPG
西側、傾いています。

IMG_3825.JPG
東側、鰹木から外れてなんと一回転して棟に引っかかっている状態…。
落下していないのが奇跡です。

台風や強風の時に倒れてしまうことがあり、昨年も2件修理に行きましたが、
今回の場合も落下のおそれがあり危険なばかりでなく、美観も損ねるため、緊急工事を行うことにしました。
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1236839
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック