CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2015年04月24日

美祢市立於福中3年生の事前学習がありました!

4月23日、美祢市立於福中学校3年生のみなさんが、修学旅行の事前学習で山口市を訪れ、「瑠璃光寺五重塔と金閣寺の関係」について、瑠璃光寺と大内氏館跡(龍福寺)でフィールドワークをされました。
IMG_1303.jpg

瑠璃光寺も金閣も、おなじ檜皮葺。私たちも中学生の学びのため、お力になれればと実演と解説にご協力させていただきました!

IMG_1294.jpg
屋根材の拵え作業を見学しながら、実際に材料や屋根ふきに使われる竹釘を手に取ってもらいました。

「仕事で苦労するのはどんなところですか?」
「なぜこの仕事をしているのですか」
といったことから、
「なぜ竹の釘を使うのですか?」
「何枚くらい皮が重なっているのですか?」
「桧以外で木の皮を使った屋根があるのですか?」
といった技術工法的なことなど、積極的に質問してくださいました。

生徒の皆さんは檜皮葺について事前にインターネットなどで情報収集されていますが、さらに実際の大きさ、質感を理解したことで、視点がかわり、より一層京都での修学旅行が意味深いものになるのではないかと思いました。
インターネットを使った情報収集+実際に自分の五感を使って体験することで「腑に落ち」たのではないでしょうか。

IMG_1298.jpg

ほかにも生徒の皆さんは大内料理に挑戦したり、漬物を作ったりされるそうです。
当時のレシピも細かいところまで書いている文献が残っておらず、大根の漬物一つとっても、試行錯誤しながらされているそうです。

同じく講義をされた山口市文化財保護課の北島さんは、「文化財を守っていくということは、それを支える人・技術も守っていくということ。建物の背景にある人々のことにも目をむけてください」とお話されていました。

於福中学校のみなさん、5月22日からの修学旅行、楽しんできてくださいね!
きっと一生忘れない思い出ができることでしょう。
金閣寺も見てきれいだったねで終わるのではなく、「檜皮葺が見栄える撮影ポイント」を探してきてくださるとのこと!屋根に詳しい中学生、かっこいい!!

この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1082524
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック