CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2013年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
第19話 忍者の食事 〜任務編〜 [2013年11月20日(Wed)]
今回は前回に続いて忍者の食事について紹介していきます。今回は特に任務中や任務の前や後に食べた食事を書いていきます。

任務の前の忍者の食事としては前回紹介したのと同じ食事がメインですが、2点気をつけていたことがあります。

まず1つ目は酒です。酒を飲むと思考力や身体能力が低下するだけでなく、いわゆる酒臭いといわれる口臭がついたりするので任務の前には御法度だったようです。これは現代の社会においても仕事前に酒は飲まないというマナーがあるので、当時から同じように考えられていたのではないでしょうか。

しかし、この飲酒については例外があり、任務によっては米粒をみりんで固めたものを携帯していた場合もあったようです。これは湯に溶かすと即席の濁酒(どぶろく)となり、寒い時に体を温めるのに用いたそうです。

次に2つ目は匂いの付く食事をとらないということです。たとえばニンニクやニラのような口臭が出てしまう食べ物は隠れるときに匂いで居場所がばれてしまうために食べないようにしていたようです。

忍者は口臭だけでなく体臭や衣類の匂いにまで気を使っていたというので匂いに関してはとても敏感だったと考えられます。

そして任務中に食すのは主に携帯食が中心になります。ここでは3つの携帯食をご紹介いたします。

まず1つ目に紹介するのは任務中の忍者の主食であったと考えられる「干し飯」です。これは忍者だけでなく、合戦に赴く武将や兵士たちの主食でもあり、当時の旅人が携帯していたことからも当時の一般的で広く用いられた携帯食であったと考えられます。「干し飯」は蒸したり炊いたりして一度熱を通した米を天日で乾燥させたものです。

次に2つ目は伊賀の名物にもなっている「かたやき」です。小麦粉を練りかためて焼いたものを砕いて口の中でふやかして食べていたようです。現在では砂糖をまぶしたお菓子として売られていますが、当時は砂糖を使ってはいなかったのではないかとも推測されます。

無題.png

そして3つ目はザ・忍者食という感じの「丸薬」です。ここでは「飢渇丸」と「水渇丸」をご紹介します。飢渇丸とは甲賀忍者の愛用した丸薬で、朝鮮人参やユキノシタ、カンゾウにヤマイモなどの栄養豊富な食材や漢方を使って作られており、一日に三粒飲めば心力衰えることなしと言われたそうです。

水渇丸とは梅干しや砂糖を原料にしており、唾液の分泌を促進させる丸薬でした。当時は水を手に入れることがなかなか難しかったので、水がなくてものどの渇きを潤すことのできる水渇丸はとても重宝されたと考えられます。

こうして見るともし大災害が起きたときにこのような知識があれば役に立つこともあるのではないかと考えさせられます。
【忍者食の最新記事】
Posted by 近藤 at 15:35
第18話 忍者の食事 〜平時編〜 [2013年11月11日(Mon)]
久々の更新は忍者の食事について書いていきます^^

今回は戦国時代の影として生きた忍者たちはどのような食事をしていたのか、忍術学園の1年は組の乱太郎たちのような食事だったのかそれとも兵糧丸ばかり食べていたのか、忍者の食事とはどのようなものだったのでしょうか。

まず、平時において忍者の食事は基本的には当時の農民の食事と大差なかったと考えられますが、忍者の食卓にはいくつか注目すべき食材が並べられていました。

まず注目すべき1つ目の食品は大豆です。大豆には栄養が豊富に含まれており、修行や任務で疲れた体を癒すにはもってこいの食材だったと考えられます。

2つ目の食品はスルメです。するめを噛むと顎が鍛えられて咬合力がUPして力を出しやすくなります。また、タウリンも豊富なので筋肉増強や内臓強化にもつながっていたと考えられます。

そして3つ目の食品は木の実です。飽食の時代である現代では楽に食べられるものがたくさんあるので、手間のかかるドングリやシイの実やトチの実を拾って食べる人は本当にいなくなりました。そのように現代人がもっとも食べなくなった食材とも思われる木の実ですが、昔の人々はよく食べていたそうです。伊賀や甲賀のサイトによると忍者も木の実をよく食べていたそうです。

Donguri.jpg


そのほかにもゴマや玄米といった今で言うところの健康食を食べていたようなので非常に健康的な食生活だったと思われます。

そして任務の前などにはネギやニンニクのような刺激の強い食材や肉類は体臭がついてしまうというので食べなかったそうですが、平時においては滋養強壮のために食べることもあったようです。ただし、当時の肉食でいう肉とは主に鶏肉のことなので注意!! 

当時は4本足の動物の肉はなるべく食べないようする文化があったようですb

また、忍者食の面白い食材としてうずらの卵が挙げられます。これは「うずら隠れ」という忍術が上手くなるというゲン担ぎでもあったという説がありますが、卵が栄養豊富だということを経験則で知っていたから食べていたのではないかと思います。

小ネタとして当時は男性の睾丸がウズラの卵より大きいと体力が衰えているという目安にもしていたようです。これを聞くと冷や汗が出るのは男だから仕方ない^^

1411-2.jpg
Posted by 近藤 at 21:36
第17話 書籍紹介 「調理以前の料理の常識」 [2013年10月09日(Wed)]
みなさんお久しぶりです。国家資格を今月中に取ることになったので猛勉強中の管理人です。

それでもこのブログの更新はしっかりとしていきたいので早速最近いいなと思った本のご紹介を致します。

今回ご紹介する本は渡邊香春子著「調理以前の料理の常識」という本です。

51KVKYC7CSL__SL500_AA300_.jpg

この本はいままで私が実はちゃんと知らなかったことを丸ごと書いてくれていた本でした。これまでたくさんの料理本やレシピ集を読んできましたが、知っているつもりだったけど知らなかったことがたくさん書かれていました。

例えば、みなさんは以下の問いに正確に答えられますか?


問1 米の1合と計量カップの1カップって同じですか?

問2 野菜のゆで方。水からゆでる野菜と沸騰してからゆでる野菜の違いがわかりますか?

問3 塩のふり方。肉と魚の塩をふるタイミングが違うのを説明できますか?


こんな感じにいろいろな本やTVで常識として流されているけどいざ尋ねられると困ってしまう知識というものがあります。この本ではそういった知識をわかりやすく解説してくれています。

また、乗っているレシピについても「おにぎり」や「ゆでたまご」等、え?それってレシピとかあんの??@@って言いたくなるものがたくさん載っていますが、読んでみるとなるほどとなります。

このような調理の知識というのは長い間受け継がれてきた知識であり、中にはひょっとしたら戦国時代くらいから脈々と受け継がれてきたものもあるのかもしれません。

読んでみて歴史を書いてるわけじゃないのに歴史を感じる不思議な料理本なので料理好きの人も歴史好きの人もぜひ読んでみてください^w^
Posted by 近藤 at 14:05
第15話 書籍紹介 「最後のレストラン」 [2013年07月16日(Tue)]
今日はもう一冊マンガを紹介したいと思います。

その本は「最後のレストラン」という死ぬ直前の英雄たちが最後の食事をしにヘブンズドアというレストランにやってくるお話です。

612V4zHQXUL__SL500_AA300_.jpg

この本は前回ご紹介した「信長のシェフ」とは反対に現代に歴史上の人物たちがやってくるというお話です。このマンガの栄えある第一回来店者はもちろん戦国時代の英雄織田信長さんです。焼け落ちる本能寺でいきなり腹が減ったと言い始めるところから始まるタイムスリップは周りの女性や足軽も巻き込んでレストランにやってくるので話が膨らんでいて面白かったです。

このマンガは1話完結型で他にもナポレオンやヒトラーやジャンヌ・ダルク等世界中の英雄が登場して、大笑いできるけどたまにうるっとくるコメディなので堅い真面目な歴史本の息抜きにとてもオススメです^w^
Posted by 近藤 at 21:03
第14話 書籍紹介「信長のシェフ」 [2013年07月16日(Tue)]
お久しぶりです。

「戦国飯」管理人の近藤です。しばらく実家に帰省していてアップできていなかったのでその分張り切ってアップしていきます。

今回は戦国時代の料理に関するマンガを紹介したいと思います。

その本は「信長のシェフ」という現代の料理人が戦国時代にタイムスリップして織田信長に出会い、信長の無理難題を料理で解決していくという漫画です。

511WfHt1vlL__SL500_AA300_.jpg

いろいろとご都合主義的な感じがある部分はあるのですが、戦国時代に現代の技術と知識をを持った人がタイムスリップしたらどうなるのかというのはこのブログを探し当ててくださった方々なら多くの人が空想したことがあるのではないかと思うので一度読んでみると面白いかもしれません。

自分はツタヤでこの本を見たときにタイトルを見ただけで買いたい衝動に襲われました^w^
Posted by 近藤 at 20:43
第13話 戦国時代の食事 〜戦国時代の陣中食 北陸編〜 [2013年06月25日(Tue)]
陣中食シリーズお次は北陸です!!

越後を東北にするか北陸にするか迷った結果北陸側に入れましたb

北陸を代表する最初の陣中食は「越後の竜」こと上杉謙信率いる上杉家の陣中食です。以前上杉謙信の食事として陣中食である「寒造里(かんずり」をご紹介しましたが、今回はそれとは違うものをご紹介いたします。

その陣中食とは現在も越後銘菓として知られる「笹団子」です^w^

a2b5-img1.jpg


もっとも笹団子が現在のような形になったのは江戸時代以降と言われていますがその原型は上杉家の人間が作ったと言われています。ただこれをつくった上杉家の人については「上杉謙信説」「宇佐美定満(上杉謙信の知恵袋であり上杉家の重臣)説」「上杉領内の役人説」などいろいろあるのですがこの辺は気にしないことにします(笑)

この笹団子に使われているクマ笹には殺菌効果があると考えられていて、笹団子以外にも笹寿司やちまきといったように笹で包むことによって保存や防腐をしている食品は数多くあります。笹団子はこの効果により、戦場に持っていく陣中食として採用されたのだと思われます。

私もこの前上野公園で越後の物産展が行われていた時に普通の笹団子とニンジンを使ったオレンジ色の笹団子の2種類を食べましたがアツアツでやわらかくてとてももおいしかったです。これを食べると団子は焼くより蒸したほうが食感はいいと思いましたね^^

次にご紹介するのは現在の福井県にあたる越前の「そばがき」です。当時の越前は朝倉家の支配下にあったのですが、ここでは飢饉に備えて「そば」を育てることを推奨していて、そのそばを粉にしてそばがきを作ったようです。

250px-CodazziSobagaki1.jpg

今でも福井県では「越前そば」や「越前おろしそば」と言っておそばが有名ですが、この歴史は江戸時代から作られ始めたもののようです。しかし、越前にそば文化が広がった元は戦国時代のそばがきにまでさかのぼるではないでしょうか。

Posted by 近藤 at 21:45
第12話 戦国時代の食事 〜戦国時代の陣中食 関東編〜 [2013年06月18日(Tue)]
さてさて陣中食シリーズ関東編です。関東で戦国時代に食べられていた陣中食とはいったいどのようなものだったのでしょうか?

関東の武士というと坂東武者とも呼ばれ、その勇猛さは天下に聞こえていました。最近では映画化された「のぼうの城」などでも坂東武者である成田家が取り上げられたりしていたのでこの名前を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

そのように有名な坂東武者たちですが、食事に関してはかなり気を使っていたようです。例えば、関東最大の大名だった北条氏にはこんな逸話が残っています。

ある日、北条氏政がごはんに味噌汁を1度かけて食べようとしたところかける量が足りなかったので2度目をかけて食べていると、それを見た父の北条氏康がため息交じりに「毎日食事をしていながら飯にかける汁の量も一度で量れんとは、北条家もわしの代で終わりか」と言って嘆いたそうです。

現代で考えるとただの1食の食事の汁の掛け方一つでそこまで嘆くようなことなのかと思ってしまう気もしますが、これほどまでに1つ1つのことに気を配っていたことは武士として乱世を生き抜くには必要なことだったのかもしれません。

前置きが長くなりましたが、坂東武者の生きた関東の陣中食について話していきたいと思います。まず、関東の陣中食として面白いものが鯨肉です。関東では鯨漁が盛んだったようで北条氏に献上された記録や、現在の千葉県に大きな勢力を持っていた里見氏の里見忠義は伊勢神宮へ鯨の皮を献上した記録が残っています。

そして鯨肉は戦国時代には鯨呑という言葉が「国を飲み込んで併合・吸収合併する」と言う意味につなげられたり、鯨の鳴き声のことを鯨波の声(ときのこえ)というのですが、これが戦に勝った時にあげる鬨の声(ときのこえ)と読みも意味も同じだった事から、戦場での縁起物として多くの戦国武将に好んで食されていたようです。食べ方としては塩漬けにすると通常の魚よりも長持ちするそうなので今で言う塩鯨のような食べられ方をしていたのではないでしょうか。

image5.jpg

次に関東の陣中食としてえびし(ゆべし)を挙げたいと思います。ゆべしは戦国時代に日本各地で作られていたのですが、とくに現在の埼玉ではえびしという名前で呼ばれており、戦国時代には保存のきく陣中食として用いられていたと考えられます。

えびしの詳しいレシピが乗っているHPを発見ましたのでご紹介させていただきます。

★材料
小麦粉 700g
みかんの皮150g
胡桃 50g
ねぎ 130g
ゴマ 100g
青のり 15g
食塩 7g
砂糖 130g
醤油 1/2カップ
酒 1カップ
唐がらし 少々
アルミホイル  適量

ebishi-r.jpg

遊庵様 HPより http://homepage3.nifty.com/tanuan/index.html

Posted by 近藤 at 21:39
第11話 書籍紹介 谷口克広著「信長の親衛隊」 [2013年06月09日(Sun)]
最近大学で卒論の準備をする中で参考文献の大切さが分かってきました。

そこで戦国時代の文化や風俗が分かる本を紹介したいと思います。

今回は明治大学の図書館で参考資料として先輩に勧められた本の中で、織田信長に関して詳しく書かれた本を4冊探してきました。

DSC_0430.jpg

この4冊の本はすべて信長研究の第一人者である谷口克広氏によって書かれた本です。これらの本は多くの資料をもとに信長の関係者をほとんど文献が残っていない人に至るまで細かく調べて書かれていたので今まで知らなかった知識のオンパレードでした。

中でもこの「信長の親衛隊」は武将や馬廻のような注目されやすい人物ばかりでなく、奉行衆や右筆といった吏僚や小姓に至るまで細かく書かれた本で、現在の組織論や経営戦略論的な内容も含んだ本でした。

DSC_0443.jpg

この本に書かれているエピソードとしては塙直政(ばんなおまさ)という人物のエピソードが面白かったです。この本を読むまでは詳しくは知らない人物だったのですが、一時はあの羽柴秀吉や前田利家よりも力があったというのだから驚きでした。石山合戦と呼ばれる本願寺との戦いで討ち死にしていなかったらのちの時代に長く語られる人物になっていたのではないかと思いました。

図書館にもあるのでこの本に興味を持った方はぜひ読んでみてください^w^

Posted by 近藤 at 16:45
第10話 戦国時代の食事 〜戦国時代の陣中食 北海道・東北編〜 [2013年06月02日(Sun)]
戦国時代の陣中食東北編では戦国武将たちがそれぞれの地域の特色を生かして作り上げたユニークな陣中食をご紹介します。

まずは「雪割り納豆」と呼ばれる主に山形を中心に広がった陣中食を紹介します。これは納豆に塩と麹を加えて雪の降る季節に低温発酵させることで塩辛のようにしたものです。
c0098501_17415273.jpg

次に伊達政宗の代表作の「ずんだ餅」をご紹介します。現在の宮城では「ずんだ○○」という名称で枝豆を使ったスイーツが数多く存在しますが、その名前のもとになっているのがこのずんだ餅です。
zundanmochi3.jpg

次に北海道の陣中食をご紹介します。戦国時代に北海道では蠣崎氏が勢力を持ち、アイヌと時に敵対し時に交易しつつ勢力を伸ばしていました。北海道の陣中食として特徴的なものはアイヌの人々が作っていた燻製です。アイヌでは狩猟で手に入れたクマやシカを鍋でゆでた後に天日で干してそのあと煙でいぶすことで燻製を作っていたようです。また、鮭のような魚も燻製にして保存食にされていたようです。これは今でいう「鮭とば」というおつまみのような味だったのではないでしょうか。

sakekunsei2_l.jpg



Posted by 近藤 at 10:28
第9話 戦国時代の食事 〜戦国時代の陣中食 汎用編〜 [2013年05月20日(Mon)]
第9話では戦国時代に陣中食として食べられていたものに焦点を当てていきたいと思います。

分量が多くなりそうなので前編では平均的な陣中食について語り、後編では戦国武将のユニークであったり特徴的であったりする陣中食についてみていきたいと思います。

陣中食とは一言で言うと合戦を行うときに兵士たちが戦場に持っていった食事のことです。当時はさまざまな陣中食が考えられ、戦争となると豪華な食事を兵士に食べさせることで士気を高めるとともに自軍への参加者を増やすという行動をとった武将もたくさんいる事からもわかるように、戦国時代には陣中食はとても重視されていました。

まず、戦争中に兵糧の主たるものは何かというとずばり米です。このときばかりは平時にはめったに米を食べれない農民上がりの兵士にも米が支給され、時には白米が支給されることもあったようです。

また、戦争中の主食として多くの武将が愛用したものが餅です。餅は腹もちがよく乾燥させると保存も利くので兵士に持たせる食料としてとても使い勝手が良かったようです。餅は兵士たちに人気があったようで陣中に商いに来る商人がよく持ち込んで売っていたようです。

そして、戦国時代の陣中食として用いられた主食として忘れてはならないものが兵糧丸です。兵糧丸の作り方は様々で家ごとにレシピがあったとも言われているのですが、主に米や麦や豆といった穀物の粉に水や酒や醤油といった水分を加えて練り上げたものを乾燥させたり焼いたりして作られました。さらに追加で鰹節の粉や薬草を練りこむ場合もあったというのでそのレシピは際限なく広がっていたと考えられます。

view.jpg

次におかずとして使われたものは味噌が主であったと考えられます。おかずなのになぜ調味料が?と思われる方もいるかもしれませんが、陣中食のおかずとしては味噌が大きな役割を果たしていたようなのです。

たとえば「味噌玉」と呼ばれる味噌を焼いたものを丸めて干した保存食は戦場に行く兵士たちの必需品として扱われていました。他にも芋茎(ずいき)を味噌で煮て干したものを縄のようにして持っていき、陣中で味噌汁の具にしたりしていました。

そのほかにもおかずとして干物は肉、魚、野菜、果物を問わずに陣中食として使用されていたそうです。また、漬物も持っていったようで、特に梅干しが持ち運びに便利でおかずになるので日本各地の戦場に持っていかれていたようです。

そして忘れてはいけないものが水です。人が生きていく上でどうしても欠かせないものが水分なのですが、戦国時代の合戦に当たってはどのようにして水を確保していたのでしょうか?

その答えは基本的には現地調達です。前もって斥候に偵察させて水場のある場所に陣地を置くことを基本として水の確保を行いました。また大工や金堀衆からなる工兵に陣内に井戸を掘らせることもあったようです。

そして嗜好品として持っていかれたものもいくつかあります。

たとえば酒は当時合戦に臨む際には持っていくことが奨励されており、酒嫌いの毛利元就でさえ「寒い川を渡るときの酒の効能は言うまでもない」と言っているほどです。酒は体を温めるために飲むだけではなく、消毒薬としても使われていたのではないかと考えられています。

他にも陣中では甘いものを嗜好品として食べることが多かったようです。代表的なものとしては干し柿や栗のような天然の甘味や、あんころ餅や水飴のように加工されたものが挙げられます。これらは商人たちが陣中で売っていたようです。

当時の合戦の陣中には行商人や女郎屋がたくさん訪れて屋台を出し、さながら小さなお祭りのような状態であったと考えられます。

意外と戦争中のほうがいいものを食べていたという状態もあったようですね^^
Posted by 近藤 at 23:03
| 次へ