CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«『WORLD GIVING INDEX 2011』にみる最も寛容な国民ランキング | Main | 『沖縄地域社会ビジョン大学院2012』(2/18)に講師として登壇します!»
プロフィール

長浜洋二さんの画像
Google

Web全体
このブログの中
最新記事
カテゴリアーカイブ
ビデオリサーチ執筆コラム
logo_vri.jpg
01271000_54c6e32f59479.jpg

『広報会議』(2015年3月号)

『「社会課題先進国」日本のNPO、なぜ広報が必要なのか?』を寄稿


sendenkaigi_20120301.jpg

『宣伝会議』(2012年3月1日号)

『マーケティング部門と密接に連携 これからのCSR活動の形を考える』の座談会に参加


sendenkaigi_20110515.jpg

『宣伝会議』(2011年5月15日号)

『米国NPOに学ぶ、WEBサイト活用ケーススタディ』を寄稿


http://blog.canpan.info/hijichomoku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/hijichomoku/index2_0.xml
JPモーガン・チェイスによる賞金コンテストと高校生が設立したNPO [2012年01月06日(Fri)]
高校生が設立したNPO、エルムシード・エンタープライズ基金(Elmseed Enterprise Fund)が、JPモーガン・チェイス(JPMorgan Chase)が実施したコンテストで25,000ドルを獲得しました。

エルムシード・エンタープライズ基金は、コネチカット州ニューヘイブン・コミュニティにおいて、低所得起業家に対するマイクロクレジットやコンサルティング・サービスを行っています。現在、70の顧客を抱えており、10%の利子で上限5,000ドルの貸付けを行っています。2011年(11月末段階)は、合計27,000ドルを提供していますが、2010年の4,000ドルからは大きく拡大しています。このコンテストで獲得した金額は、同団体がこれまでに獲得した金額では最高額であり、これにより貸付け金額をさらに拡大できることになります。

JPモーガン・チェースが主催するこのコンテストは、合計300万ドルを米国内の100のNPOに提供するというものですが、Facebookを活用しており、投票者は最大10団体まで票を投じることができます。実は2009年にも、エルムシードはコンテストに参加したのですが、同じ高校生が設立した団体に敗れています。こういった経験を活かし、今年は、FacebookやEメールを積極的に活用した告知を行ったのに加え、メンバーで役割分担し、あるものは学内でキャンディを配りながらミッションの説明をしたり、あるものは卒業生や顧客、地域のNPOなどを説得して回ったり、さらには親のネットワークを活用したりするなどした結果、1,757票を集め、28位にランキングすることができたようです。

日本では、大学生ならまだしも、高校生が設立したNPOというのは殆ど聞きませんね。若いうちからNPOでの活動を通じ社会や地域コミュニティに貢献し、社会の一員であることを実体験を伴いながら理解していくということ。学校での勉強も必要ですが、こうした社会経験から得られるものはとても大きいのではないでしょうか。

【2011/11/28 Yale Daily News記事参照】



にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ にほんブログ村 その他生活ブログ ボランティアへ

CSRの記事一覧へ≫≫≫

NPOファンドレイジングボランティア寄付社会的起業CSRソーシャル・マーケティングマネジメントパートナーシップ教育メディアまちづくり公共政策
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
高校時代にNPO法人を社会人の方と設立し、副理事長として活動していました。

当時は、トヨタ財団様の高校生向け助成金プログラムがあり、とても金銭面で助けれました。

学生は時間とスタミナがあっても、お金ががありません。中高生のNPO・ボランティア活動への理解が深まり、意義のある活動にはお金が集まってくるような社会になることを切に願っています。
Posted by: KO  at 2012年01月06日(Fri) 23:59