CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2018年07月 | Main | 2018年09月»
<< 2018年08月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
このブログをSNSで紹介
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新トラックバック
月別アーカイブ
バッテリーの不具合なのに、リカバリしてしまった [2018年08月31日(Fri)]
以前に寄贈させて頂いた団体さんが、寄贈した再生パソコンが起動できなくなったので、リカバリしたということで持ち込まれました。

リカバリしたので、Officeも消えてしまったし、リカバリしても電源をオンしたら、黒い画面でエラーメッセージが出るということです。

実際電源を投入してみると・・・。
IMG_0314s.jpg

「WARNING:The battery cannot be identified.」
パソコンは、DELLの Vostro1520
F1を押せば、そのまま続行できる。
F5 を押すと・・・。
IMG_0315s.jpg

「Pre-boot System Assenssment Build 4122」というブルー画面で、テストが始まる。
数時間そのままにしていたら、何事もなく終了した。

バッテリーを外して、ACアダプターのみで起動すると、スンナリ起動して問題ない。
まあ、バッテリーを交換するだけで良かったのに、リカバリしてしまうなんて・・・。
自分で手を出す前に、持って来てもらえばなんてことなかったのに・・。
まあ、してしまった物は仕方ないので、プロダクトキーを調べて、Officeをインストールしなおしました。
メモリも、2GBしか搭載していなかったの、手持ちにあった1GBを増設して結構快適に使えるようになりました。

次回トラブッた時には、すぐに連絡ください。
5個も変な警告が [2018年08月29日(Wed)]
画面の右下に変な画面がいっぱい出るということで、パソコンを持ってこられました。

電源を投入して、デスクトップ画面に見慣れぬアイコンが2個。
temp5.PNG


これですね。
と言っていると、画面の右下に、どんどん現れた。
temp1.PNG

このようなのが、5個重なってきた。
2個ぐらいはよく見ますが、5個重なってきたのは初めてです。

タスクマネージャーで、これらを終了させて、全てのプログラムを見てみると、いろいろいました。

temp10.PNG

フォルダを開いて見ると、結構お行儀のよい子たちで、「アンインストールする」を備えています。
アンインストール出来るかどうか、クリックしてみると、素直に「削除しますか?」と来たので、「OK」をすると、きれいに削除出来た。

中には、・・・。
temp8.PNG

のように、「アンイストールしないで下さい」とお願いされたりしましたが、無事に、全てアンインストできたようで、再起動して、しばらくネット接続してみましたが、再出現はしなかった。
VAIO typeF をアンドロイドPCに [2018年08月27日(Mon)]
Gparted Live」を使って、パーティションの構築を行った後で、いよいよ、ディスクを android-x86-7.1 に変えてインストールです。

IMG_0265s.JPG

一番下の「Install Android-x86 to harddisk」を選択

IMG_0268s.JPG

sda1 は、Fat32なので
sda2 を選択して
フォーマットするファイルシステムを聞いてくるのですが、既に「ext4」にフォーマットしているので、「Do not format」で進む。
「GRUB」 は、yes でそのままインストールに進む。

IMG_0273s.JPG

インストールが成功すると確認がでますので、「Reboot」「OK」
ディスクを抜いて再起動
再度起動すると、画面が変わっていますので、そのままエンターキー
で、androidの初期設定画面

IMG_0277s.JPG

私の場合、この画面を出すまでに、1週間以上悩みました。


「ようこそ」で「日本語」設定して進みますが、まだ、キーボードは英語版のので、@は「shift+2」で、アカウント設定等を行わなければなりません。

ネット接続して、「Playストア」で「Google日本語入力」を選んで「インストール」
これで、109キーボードに対応します。
検索のときには、日本語対応していませんので「nihonngo」と入力すれば大丈夫です。

しかし、何故か・・・。
「Google Play開発者サービスが停止」という警告が出るのですが、無視して通過しても、何とか動いています。

これで、少し動かしてみて、その感想などはまた後程・・・。
VAIO typeF をアンドロイドPCに [2018年08月25日(Sat)]
前置きが長かったですが、VAIO typeF VGN-FE53B/W にアンドロイドをインストールした手順です。

Android のインストールディスクは、下記サイトから「android-x86-7.1.ios」をダウンロードして、isoファイルからディスクを作成
http://www.android-x86.org/

パーティションを構成するための、GParted のダウンロードページは、下記ページ
gparted-live-0.31.0-1-i686

先に紹介したサイトでは、インストール用にUSBメモリを使っていますが、私は、どちらもディスクに焼いて、それからインストールを実施。

まず、Gparted Live ディスクを起動して・・・。
IMG_0256s.jpg

スタート画面は起動するが、一番上の「Defalt settings」では実行できないかった。
上から、3番目の「Other modes of GParted Live」を選択。
その次の画面では・・。
IMG_0261s.JPG

「GParted Live (safe graphic settings vga=normal)」を選択。
vga画面で文字が大きく出た。
I
IMG_0262s.JPG

そのまま、「Enter」で進むと・・・。
IMG_0263s.JPG

言語をどうするか聞いてくるので、「15」を入力して、「x」で進むと、「Gparted Live」が起動する。
IMG_0264s.JPG

ここで、すべてのパーティションを一旦削除して、
上部メニューの「New」をクリックして、「新しいサイズ」に「200」と入力して「ファイルシステム」を「fat32」に設定して「+Add」をクリック。

残りの未割り当て領域を選択して、再度「New」をクリックすると、残りのディスク容量が「新しいサイズ」に表示されているので、そのまま「ファイルシステム」を「ext4」にして「+Add」をクリック。
設定が完了したら最後に「Apply」をクリックして反映させる。
フォーマットが完了したら「fat32」のパーティションを選択して、コンテキストメニューから「フラグを編集」をクリック。
「boot」と「esp」にチェックを入れて「close」。

詳しくは、下記ページを参照ください。
https://eizone.info/android-x86-7-1/

「Exit」をダブルクリックして、「Shutdown」で終了。

長くなったの、この続きは、また後で・・。
VAIO typeF をアンドロイドPCに [2018年08月23日(Thu)]
復興支援用として頂いた、VAIO typeF VGN-FE53B/W

CPU:INTEL CORE2 DUO T5500 1.66GHz
RAM:2.0GB
HDD:100GB
というスペックで、Win10にアップできそうだったのでアップしました。
ところが、「1709」にアップしたら・・・。

temp1.PNG

デバイスマネージャーに「!」マークがいっぱいついてしまった。
良くあることですが、この子もチップセットのドライバーがアップデートできずに、ネットワークも接続できない。

ということで、「android-X86」にチャレンジしてみた。

いろいろ、試している人もいて・・・。
無料OSでアンドロイドPCへ…Android-x86インストール編
https://report.hot-cafe.net/android-x86-install-1878
のページが大変参考になりました。

このページでは、インストールディスクの「Create/Modify partitions」を使って、パーティションの構築しているのですが、これが、上手くいかない。

いろいろ、調べていくと、GParted Live でパーティションを作成する方法で上手くいったという記事を見つけた。

Android x86 7.1 の起動とインストール
https://eizone.info/android-x86-7-1/

もう、スッタもんだして、やっとこさ「android」と画面で出てきた。
その時のスッタもんだは、置いておいて、上手く画面が出てきたところまでを、次から記載して行きます。
「パソコン点検サポートツール」のエラー [2018年08月21日(Tue)]
再生用に寄贈いただいたパソコンを再生していると、急に変なエラーがでるようになった。

起動すると、・・・。
temp1s.png

「パソコン点検サポートツール」のエラー
「エラーコード I-01-001 動作対象外のOSです」
何だ??
ネットで調べてみると、NTTのサービスらしい。
まあ、どうせ必要ないから「設定」からアンインストールすればいいやと、実行してみた。

temp3s.png

アンインストを実行しても、エラーが表示される。
裏で、動いているのかと、タスクマネージャーを起動して、終了させてから、アンインストしてもダメだった。

ネットで調べていると、NTTのページに「削除ツール」が出ていたので、それをダウンロードして、実行させた。
temp5s.png

「設定ファイルの存在を確認しました」とDOS画面で出てきたが・・・。
「製品コードと一致しません」で削除できない。
何じゃこりゃ!!

それでは、レボ・アンインストーラで試してみるかと、起動した。
temp6s.png


これで、アンインストールしたら上手く消えてくれた。
Win7のアップデート [2018年08月17日(Fri)]
しばらく使っていなかったパソコンを使いたいという相談です。
近くだったので、伺って見ました。

スマフォとタブレットを使っておられて、パソコンは殆ど使わなくなったが、自治会の役員となり、必要となったということです。
確かに、自治会の役員をすると、ワードやエクセルを使いたくなりますからね。

伺う前に、電源を投入されていたようで、パソコンを見ると・・。
ACERの Aspire V5-431
OSは、Win7でした。
メモリも、2GBしか積んでいなくて、これでは、かなりきついですね。
アップデートはどうなのかと見てみると・・・。
temp1.PNG

59個をインストールしている最中だった。
これでは、いつ終わるかわからないので、途中で停止し、お預かりして、メモリ増設と、アップデートをすることにしました。

多分、Win10にアップできそうですが、Acerのサポートページでは、未確認機種となっていたので、無理してアップグレードするのは止めました。

メモリの方は、2GB増設して、4GBにしました。
IMG_0233s.jpg

メモリチェックを行い、少しは楽に動くようになりました。
59個のアップデートの後、5回ぐらいアップデートを繰り返し、やっと最新版になり無事退院です。
メールが受信できるが、ネットが見れない [2018年08月15日(Wed)]
インターネットを見ようとすると、「お使いのシステムは現在破損しています」と出てきて、動かないということで持ってこられたパソコン。

タスクマネージャでそれらを強制終了して、全てのプログラムで変なのがないか確認しましたが、特に変なのはなかった。

そこで、無線LANを接続してみると・・・。

temp6.JPG

DNSサーバーに問題がある可能性があります。
エラーコード:INET_E_RESOURCE_NOT_FOUND
どうやら、DNSサーバーを書き換えられてようですね。
IEの設定をリセットすれば良いかと思ったのですが、ケーブルで接続すればどうなのかと、接続してみた。

ケーブルで接続すると
temp7.JPG

素直につながる。
その後、ケーブルを外して無線にしても、正常に動作する。

しまった!
駄目だった状況を調べておけば良かった。

まあ、良いか!!
正常になったのだから・・・。
しかし、最近のマルウエアもあの手この手できますね。
メールが受信できるが、ネットが見れない [2018年08月13日(Mon)]
メールは受信できるが、インターネットが見れないと持ってこられました。
その逆はよくあることですが・・・。

ブラウザを開くと、「お使いのシステムは現在破損しています」と出て、閉じられないということです。

ネットに接続しないで、電源を投入して、IEを開てみると・・・。

temp1.JPG

「Webページからのメッセージ」だって、OKで閉じると・・・

temp2s.jpg

出ました、「お使いのシステムは現在破損しています」
その前に、「ウイルスバスター」のタブもあって、それを開いて見ると・・。

temp3s.jpg

バスターさんから「このWEBサイトは、安全ではない可能性があります。」ですって、バスターさんが警告を出してくれたのに、踏んでしまったようですね。

終了しようとすると
temp4s.jpg

「お待ちください」で「更新」を押さないと終了できないようです。

こういう時には、タスクマネジャーを開いて、強制終了
temp5.JPG


絵が多くなったので、続きはこの後で・・・。
勝手に落ちる 東芝RX1/T8E [2018年08月11日(Sat)]
寄贈いただいた、東芝 RX1/T8E
CPU:core2 U7600 1.2GHz
RAM:3GB
という仕様でしたが、手持ちの中に32GBのSSDが余っていたので、これを入れてみた。
IMG_0030.jpg


OSと、Officeしか入れないので、これで十分かと。
確かに、起動が速くなった。
しかし、30分もしないのに、急に落ちる。
裏に手を当てると、大変熱い。

「Core Temp」で監視してみると・・。
temp2.JPG

何と、「101℃」と赤く表示される。
慌てて、底を持ち上げて団扇で仰ぐ・・・。

これでは、落ちますよね。
ファンのチェックをしてみたが、埃もないし、回転もしてるし・・・。
念のために、ヒートシンククリームを塗りなおしたが、ファンが回転しているのに、温度が100度になる。

IMG_0031.JPG


HDDに戻してみたが、それでも、1時間ほどで落ちる。
SSDだと、30分持たないことも・・・。
やはり、SSDだとCPUに負荷がかかりすぎるのか、温度上昇が早いようですね。
団扇で仰ぐ程度で、何とか持つから、下にファンを入れてやれば良いのかな。

でも、快適なモバイル機に仕上げたいのに、下にファンを追加するというのは如何なものか。
とはいううものの、勝手に落ちるのは困るので、分解したパソコンから持ってきた、5V駆動のファンで、台を作ってみた。
IMG_0224s.jpg


IMG_0225s.jpg

これに乗せて連続試験をしてみたが、カードゲームをしていて、90度ぐらいまで上がったが、落ちることはなかった。

折角のモバイル機ですが、仕方ないです。
IMG_0223s.jpg

| 次へ