CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2016年08月 | Main | 2016年10月»
<< 2016年09月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
このブログをSNSで紹介
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新トラックバック
月別アーカイブ
音が出ない NF/G70 [2016年09月30日(Fri)]
寄贈用にいただいた 富士通 NF/G70
元々、Win7でしたので、そのまま再生したのですが、何故か音が出ない。

ドライバは、きちんとあたっているし・・・・。
イヤホーン端子にイヤホーンを接続すると、音は正常に出る。

こうなると、アンプ部かスピーカーの不良か。

とりあえず、スピーカーの部分を開けてみた。

IMG_4336s.JPG

コネクターを触ると、ポロット取れた。
これでは、出ないはずですね。

一寸、やりづらいところにあるのですが、全て分解するのも億劫なので、何とかこの状態で行きますか。
IMG_4362s.JPG

久しぶりの、はんだ付け作業。

IMG_4360s.JPG

何とかうまくいったようです。
音も、ばっちり出ました。
IE11が動かない [2016年09月28日(Wed)]
IE11が起動しない「Acer Aspire V5-431」

上書きインストールすれば、良いだろうと高をくくっていたのですが、IE11を一度庵インストして、再インストしてもだめ。
マイクロソフトの「Internet Explorer 11 のインストールに失敗した場合のトラブルシューティング」のページにいろいろ書かれているのを、チェック。

その中に、セキュリティソフトが引っかかることもあるという内容が・・。
このパソコンは、バスターを使われていたようですが・・・。

temp9.PNG

有効期限が過ぎている。
バスターの更新画面ってこんな画面なんだ、と思いながら、まあ、どうせ切れているなら、アンインストしましょう。
気を取り直して、IE11をインストしたが、やはり、「完了しませんでした」と冷たい画面。
マイクロソフトさんのページに、「スキャンしてみたら」というのもあったので、それを実施。
temp11s.PNG

「整合性違反は見つかりませんでした」と、出てなんともないようです。

IE9をアンインストールしてみては、という内容があったのですが、IE10で正常に動作しているので、どうかとは思ったのですが・・・。
IE10をアンインストールして、IE9に戻してから、IE11をインストールしたがやはりダメでした。

もう、リカバリ覚悟で、とにかく、データのバックアップをしておこう。
IE9も、アンインストールして、IE8に戻した。

そこで、IE11をインストールすると・・・。
temp12.PNG


やっと、IE11が正常にインストールできたようです。
パソコンを再起動して、IE11を立ち上げると・・。
最初の「検索設定の設定」画面で、「完了」ボタンも押せて、起動できました。
IE11が動かない [2016年09月26日(Mon)]
IE11が動かないということで、持ち込まれました「Acer Aspire V5-431」
電源を投入して、IEを起動すると・・・。

temp1s.PNG

IE11をインストールした時の、「検索設定の選択」窓が表示されていて、「完了」ボタンがグレーで押せない。
終了もできない。
仕方ないので、タスクマネージャーを開いて、そこから終了。

私のサポートUSBメモリを使って、ブラウザのFFを起動してみたら、問題なくブラウジングできる。
temp2s.PNG


それでは、FFからIE11をダウンロードして、上書きインストールすれば、問題解決だ。
ということで、早速、マイクロソフトからIE11をダウンロードして実行。

temp4.PNG

「最新バージョンがインストされているので、インストールできません」
と、怒られた。

それでは、一度、アンインストーしましょう。
temp6s.PNG

コンパネから、プログラムと機能を開いて、インストールされた更新プログラムから、「IE11」を探して、アンインストールを実施

temp7s.PNG

無事に、「IE10」に戻ったので、再び、IE11をインストール

temp8.PNG

今度は「インストールが完了しませんでした」と出た。

「Internet Explorer 11 のインストールに失敗した場合のトラブルシューティング」
を参照してください、となっていたので、そちらに行ってみた。
https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/2872074

この続くは、また後で・・・。
Win10 Anniversary アップデート [2016年09月24日(Sat)]
私がメインで使っている、Win10のデスクトップPCのアップデートを確認してみたら・・・。

キャプチャ.PNG

「バージョン 1607」という、でかいのが、「準備しています」と出た。

そのまま、気にしないで作業をして、閉じたのですが、次の日起動したら、なかなか立ち上がらない。
やっと立ち上がったら・・・。
IMG_4378.JPG

いつもの、岩の窓ではなく、幸せの青い鳥が・・・。

起動して、メニューをクリックしてみると・・・。
444.png

かなり変わっている。
電源のアイコンが縦に並んで、全てのメニューが、最初から出てる。
コルタナさんもかなり、成長したという噂ですが、どうなんでしょうか。
システムイメージ作成 エラー 0x80780119 [2016年09月22日(Thu)]
システムイメージ作成を実行すると、エラー 0x80780119 止まり実行できない、解決策。

「ディスク領域が不足しているため、保存場所にボリュームのシャドウ コピーを作成できません」
「最小要件:
500MB未満のボリュームに対して、50MB
500MBを超えるボリュームに対して、320MB
推奨事項:ボリュームのサイズが、1GBを超える場合は、各ボリュームについて、少なくとも1GBの空きディスク領域が必要です」

Cドライブの前にあるパーティション「予約領域」を広げることは、チト面倒なので、この際、これを捨てて、Cドライブの後ろに、1GBの「予約領域」を作り、こちらをアクティブにしようとする技です。
参考になったのは、下記サイトページ
http://stella-house-software.blogspot.jp/2013/08/0x80780119.html

コントロールパネルから、「ディスクの管理」を開き、Cドライブを右クリックして、メニューを開く。
temp21.png

「メニュー」の「ボリュームの縮小」を選択し、「縮小する領域のサイズ」を、「1000」
500でも良いかとは、思いますが、この際です。
大きく、1GBで行きましょう。

しばらく待つと・・・。
temp22.png

「1000MB」の未割当部ができるので、右クリックして、「新しいシンプルボリューム」を選択。
「Z」ドライブにでも割り当てましょう。

temp23.png


次に、DOS窓を管理者権限で開いて・・・・。

temp10.PNG

「bcdboot.exe c:\windows /s z:」
「diskpart」
「select volume z」
「active」
と、入力して、コマンドを実行させます。
そのあとは、
「exit」を2回実行して、DISKPART を終了させて、Dos窓も閉じます。

temp24.png

Cドライブの前のパーティション部は、右クリックしたメニューで
「パーティションをアクティブとしてマーク」という文字が、黒で選択できる状態ですが、
新しく作った「領域」は、それがグレーとなっていて、選択できない状態となっており、
「正常(アクティブ、プライマリ・・・)となっていれば成功です。

これで、イメージ作成ができるはずです。
システムイメージの作成ができない [2016年09月20日(Tue)]
Win8.1 で、システムイメージの作成ができないという相談を受けました。
システムイメージ作成を実行すると、エラー 0x80780119 止まり実行できない、ということでした。

どうも、ディスク0の、「予約領域」が狭いと出るらしい。

相談を受けたのは、Win8.1 での話でしたが、生憎と私の方は、Win7のマシンしかなかったので、それで、調べてみた。

temp1S.PNG

「システム予約済」の領域が、100MB のWin7マシンで実行してみると・・・。
temp3s.PNG


正常に、イメージ作成が始まり、正常に完了した。
temp5s.PNG


それでは、「システム予約」の領域を狭くしたらどうなるのか・・・。

temp2s.PNG

100MBの領域を、50GBに縮小して実行してみた。

temp1s.PNG

見事に、エラー「0x80780119」が出たー!!
「ディスク領域が不足しているため、保存場所にボリュームのシャドウ コピーを作成できません」
「最小要件:
500MB未満のボリュームに対して、50MB
500MBを超えるボリュームに対して、320MB
推奨事項:ボリュームのサイズが、1GBを超える場合は、各ボリュームについて、少なくとも1GBの空きディスク領域が必要です」
となっている。

しかし、Win7でも、Win8.1でも同じですが、パーティションの後ろを開けて、後ろのパーティションを膨らませることは出来るのですが、Cドライブの前を開けて、その前の「予約領域」を増加させることは出来ないですよね。
まあ、パーティションマジックのようなアプリを使えば別ですが・・・。

ネットで、調べてみると・・・。
Cドライブの前にある「予約領域」を捨てて、Cドライブの後ろを、1GBほど空き領域を作成して、それを、新しい予約領域とするという荒業(でもないのかな?)をしている人がいた。
その人のブログは・・・。
http://stella-house-software.blogspot.jp/2013/08/0x80780119.html

実際に、やってみたら上手くいった。
その報告は、また後で・・・・。
Lenovo X230のリカバリ [2016年09月16日(Fri)]
電源を投入すると、自動修復が始まり、待っていると・・・。
「PCが正常に起動しませんでした」という画面を繰り返す「Lenovo X230」

復興用に寄贈していただいたのでが、そのままで、修復できないかいろいろチャレンジしてみた。
IMG_4052s.jpg

「詳細オプション」で、「以前のビルドに戻す」に挑戦。
Win10にアップグレードしてから、何か月もたっているので、無理だと思ってやったら・・・。

IMG_4054s.jpg

「以前のビルドにも出せません。代わりに、現在のビルドを初期状態に戻してみては」と優しいお言葉が・・・。

それではと、元に戻って、「このPCを初期値に戻す」を選択して実行。

IMG_4063s.jpg

「インストールしています」とかなり期待したのですが・・・。
やはりダメでした。

こうなると、最後の手段ですね。
IMG_4055s.jpg

「Lenovo Factory Recvovery」するしかないですね。

IMG_4088s.jpg

ということで、最終手段となってしまった。

Win7のSP1でリカバリ成功したのですが、この後は、200個以上のアップデートをしなければなりません。
Lenovo X230 Win10 起動しなくなった [2016年09月14日(Wed)]
Win10にアップして使っていたが、急に起動できなくなったということでした。
すでに、新しいパソコンを購入したということで、データを救えればということで持ち込まれました。

電源を投入すると、自動修復が始まり、待っていると・・・。

IMG_4050s.JPG

「PCが正常に起動しませんでした」という画面
オーナーさんの話では、再起動してもまたここで止まる、ということでした。

とにかく、HDDを取り出して、USB接続でほかのパソコンで見ると・・・。

temp1s.PNG

ファルダー等正常に見ることができたので、オーナーさんの必要なファイルを、お持ちになった32GBのUSBメモリにコピーしました。
オーナーさんは、大喜びで、この子は再生パソコンに寄付いただきました。

Lenovo X230
CPU:インテルR Corei5-3320M
RAM:4GB(PC3-12800 DDR3 SDRAM / 最大 16GB
HDD:320GB
という、立派なパソコンです。

データ救出は上手くいき、DiskInfo で状態を見てみると・・・。
temp2s.png

「正常」とは出ているのですが、
投入回数:147回
使用時間:15677時間
一寸、心配ですが、修復できるかチャレンジしてみましょう。
ディスク管理情報では、しっかりと「Lenovo Recovery」も正常となっているので、CtoCでリカバリは出来るでしょう。

この続きは、またあとで
Lenovo G50 のリカバリ [2016年09月12日(Mon)]
起動しなくなったと持ち込まれた Lenovo G50

電源を投入すると・・・・。
IMG_3753s.jpg

「ディスクのエラーを修復しています。・・・・」
と表示されて、そのまましておくと・・・。
また、同じ画面になっている。

オーナーさんは、「もう新しいのを購入したので、使えるものなら使ってください」と、復興支援用に寄付いただきました。

CPU:AMD E1-6010 1.35Ghz
RAM:4GB
HDD:500GB
OSは、Win8.1 でこのスペックですから、有難くいただきました。

どうも、HDDが不具合らしいので、取り出して、私のパソコンで見てみると・・・。
temp1s.png

案の定、「未割当」となり全く読めません。
オーナーさんの話では、データーのレスキューも必要ないということでしたので、そのまま、リカバリしてみるか。
CtoCでリカバリできるだろうと思ったのですが、さて、どうやって隠しパーティションに行くのでしょうか。

Lenovoのサイトで調べてみると、・・・・。
「Novo button というのがあり、コンピュータがシャットダウンしている、または休止
モードになっているときに、 このボタンを押すと、Lenovo OneKey Recovery System または BIOS セットアップユーティリティが起動するか、Boot(ブート)メニューを開きます。」
となっていた。

IMG_3755s.JPG

早速、左側面の電源コネクターの横にある、ボタンを押してみると・・・。
IMG_3754s.jpg

「System Recvery」を選択して、無事リカバリできました。
起動が遅い VAIO VPCEB39FJ [2016年09月10日(Sat)]
動作が遅いということで、持ち込まれた VAIO VPCEB39FJ

CPU:インテル Core i5-460M
RAM:4GB
HDD:500GB

64ビットシステムで、4GBのメモリでは一寸つらいかもしれませんが、それにしても重い。
起動も遅いですが、起動してからも、アプリを立ち上げるのにすごく時間が掛かる。
どうも、HDDが怪しい。
しかし、DiskInfo で見てみると・・・。
DiskinfoS.jpg

使用回数、2435回
使用時間、1787時間 で「正常」と出ている。
しかし、立ち上げ時には、少しカシャカシャ音が大きいような気がする。

クローンを作って交換してみると・・。
格段に早くなった。
HDDの交換か?
でも、まだそんなに使ってないし「正常」と出ているのに・・・。
元に戻して、「VAIOハードウェア診断ツール」で、ハードディスクテストをしてみた。
temp4s.jpg

ファイネルシークテストのところ、54%完了 残り857分 で動いて行かない。
朝までそのままにしていましたが、59% 残り976分 だったので、「診断中止」で止めまして、HDDを交換しました。

メモリも、増設しようとしたのですが・・・。
手持ちのメモリを入れたら、起動しなくなった。
やはり、VAIOのメモリ交換は、きちんとしたものを持ってこないと・・・。
起動の方も、アプリの立ち上げも、以前よりは・・・。
というより、普段通りに動くので、これで遅いと思うときには、パソコンショップに行って、白箱でないメモリを買っていただくことにしましょう。
| 次へ