CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2015年10月 | Main | 2015年12月»
<< 2015年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
このブログをSNSで紹介
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新トラックバック
月別アーカイブ
「ASUS UX31E」のSSD交換(続編) [2015年11月30日(Mon)]
SSDが死んでしまった「ASUS UX31E」
データ救出は諦めて、パソコンの復旧に部品を調達しました。

アダプターと「PLEXTOR PX-256M6G-2280」が来たので、早速組み込むことに・・。
IMG_2979s.jpg


IMG_3050s.jpg


アダプターとの2段重ねで、裏カバーに少し当たるようなので、アルミの裏カバーには絶縁テープを張っておくことにしました。
電源を投入して、BIOSでSSDを認識しているのを確認して、オーナーさんからお預かりしたリカバリディスクで起動して、リカバリを始めると・・・。

IMG_2981s.jpg

「ASUS RecoveryDVDからのディスクの復元に失敗しました。
エラーコード:1029」で、止まってしまい、どうしようもないです。
それではと、私の持っているインストールディスクから再生しましょうと実施してみたのですが、これもダメでした。

またまた、下田商会さんのお世話になろうと持ち込んだのですが・・・。
下田さんでもどうにもならなくて、SSDの初期故障が濃厚だということで、購入先にメールをしたら、交換してくれるということでしたので、早速送り返すことにしました。

送り返して、3日後に交換品が届いた。
早速、装着してやってみましたが、やはり、リカバリディスクからは、エラーで止まり再生できずで、インストールディスクから再生できました。
しかし、この「ASUS UX31E」の裏カバーには、COAシールが張ってない。
プロダクトキーが解らなくては、認証が通りません。

どこにあるのか?
Win7ですので、あるはずですか??
ASUSのサイトで、マニュアルをみてみると・・・。
「ACアダプターのコンセント部にCOAシールが張ってある」ということでした。

確かに、ACアダプターに張ってありました。
こんなのありなんだ。
IMG_3053s.jpg


プロダクトキーを入力して、認証が通りホッとした。

ついでですから、オーナーさんに連絡して、Win10にアップしますかと尋ねたら、是非にとお願いされました。
後は、お返しするときに、Officeのディスクをお持ちいただきインストールしましょう。
「ASUS UX31E」のSSD交換 [2015年11月28日(Sat)]
起動しないということで、持ち込まれた「ASUS UX31E」

電源を入れると、・・・。
IMG_2954s.jpg

「Reboot and Select proper Boot device・・・」
「ブートデバイスを選択しろ」と冷たい表示

BIOSで立ち上げてみると・・・。
IMG_2955s.jpg

SanDisk のSSDを認識してるし、それから起動できるように設定されている。

とにかく、データが救えるか確認のため裏を開けてみた。
IMG_2950s.jpg

バッテリーが半分以上占めており、SSDがチョコンとあった。
しかし、私はこのタイプのアダプターを持っていないので、どうしようない。

IMG_2951s.jpg

こういう時は、いつものように下田商会さんのお世話になります。

下田商会さんに持ち込んだのですが、下田さんの方でもアダプターがなく、それでは、ツールディスクで起動して、読めるかどうか確かめましょうと、やっていただいたのですが、どうやら、データ等も簡単には救えない状況なので、データ救出は諦めることにしました。

パソコンの方は、オーナーさんの方で、リカバリディスクも作成されているようなので、新規にSSDを購入して、リカバリをすることにしましょう。

ネットで調べると、このタイプのSSDは既に製造されていないようで、アダプターを使って「PLEXTOR PX-256M6G-2280」で交換したというページがあった。
http://blog.pastime.ne.jp/personal_computer/hardware/1088

早速、このページを参考に、部品を注文した。

この続きは、またあとで・・・・。
win10へのアップグレード [2015年11月26日(Thu)]
私が、メインで使っているデスクトップマシン

CPU:Intel core i5 3.2GHz
RAM:8GB
HDD:ディスク0 150GB (Win7)
   ディスク1 1TB (Win8.1)
   ディスク2 300GB (バックアップ)

普段は、Win8.1で動かしており、ドキュメント類は殆ど外付けの2.5インチHDDに入れて持ち歩いております。
外では、ノートPCを使うので、データ類は、2.5インチのHDDか、クラウドです。

そろそろ、Win10にアップしなければと思っていたのですが、やっと、決してアップしました。
というのも、このマシンは殆ど実験機みたいで、いろんなソフトを入れ込んでありますので、Win10にアップしたら動かなくなる可能性も大です。
まあ、いつもまでも8.1のままではと思いつつも今までに至った次第です。
意を決してアップすることにしました。

とにかく、入れ込んであるソフトのアップデートをしまくりました。
ブラウザだけでも、IEから始まり、Chrome、Firefox、Opera・・・。

Win8.1から、Win10へのアップは何台も行っているのですが、大抵は再生パソコンで、Win8.1をインストして、その状態からWin10のアップですから、周りの事を考えずに、そのまま、ガンガンアップするだけですから、殆ど、トラブルはなかったです。

しかし、今回は、OSの外には一杯周りにいるので何が起こるか心配です。
勿論、動かなくなった時のことを考えて、クローンディスクは作った。

タスクマネージャの旗をクリックして・・・。
キャプチャ0s.gif

20時10分 いよいよ開始です。

キャプチャ2s.gif

2,619.9MB もあるのか、少し前より増えたのでは・・・。

20時34分 アップデートが完了。
キャプチャ4s.gif

「それでは、アップグレードを開始します」

IMG_3068s.jpg

「アップグレードしています」が終わったのは、21時半

IMG_3070s.jpg

「はじめまして、Cortana と申します。」と出てきた。
コルタナさん、日本語に対応したんだ。
IMG_3072s.jpg

「すべてのファイルはそのまま元の場所にあります」
と出てきて、23時にやっと・・・。
IMG_3073s.jpg


と出てきて、Win10で無事起動することが出来ました。

「Cortana」さんのレポートは、またあとで・・・。
Inspiron 6000をWin7に [2015年11月24日(Tue)]
復興支援用にと頂いた、DELL Inspiron 6000(2005年2月生まれ)

CPU:Intel Pentium M 730 1600MHz
RAM:1GB(PC2-4200 MAX2GB)
HDD:60GB
一寸、古いですがWin7で十分動くでしょうと、再生してみました。

アップデートをしていくと、サンプルビデオの馬もスムーズに走る。
しかし、Wifiが使えない。
デバイスマネージャを見てみると・・・。
temp1s.png

ドライバも問題なく当たっているようですが、受信できない。
物理的なSWが切れているのかと、周りを探ってみたが、機械的なSWはなさそう。
DELLのサイトに行って調べてみると、新しいドライバが見つかったので、それをインストールしたら・・・。
temp4.PNG

問題なく動作した。

あとは、メモリを増設したいですね。
taskman1.PNG
Win10にアップできない [2015年11月20日(Fri)]
復興支援用にと頂いた、Lenovo E420
元々、Win7だったマシンを、Win8.1にあっぷしてあり、Officeも2013がインストールされているマシンです。

CPU:Intel core i5 2.3GHz
RAM:8GB
HDD:500GB
データをきれいに処理して、空き領域にランダムデータを上書きして、復元できないようにしました。
Win8.1なので、Win10にアップしたいと思うのですが、いつまでたってもマイクロソフトの「アップしましょう」が来ない。
不思議に思っていたのですが、まあ、ディスクからアップしてみようとディスクを入れて、起動してみたが「できません」と断られた??

何故?
と、Win8.1で起動して、システムをよく見てみると・・・。
systemS.png

「8.1 Enterprise」でした。
元々の、COAシールはWin7でシッカリと貼られています。

Cドライブを見てみると・・・。
temp4S.png

「Windows.old」フォルダがあったので、「以前のバージョンに復元」をクリックしてみたが、残念・・・、出来なかった。
そりゃ!そうだ!
復元できないように、パソコンのログインアカウントも変えて、前のアカウントのドキュメントファイル等はすべて削除しているので、復元元のファイル等はすっかりないのですからね。

ということで、Office2013のフルバージョンは一寸勿体ない気がしましたが、シチズンシップライセンスで、Win8.1を再インストして、再生しました。
今度は、すんなりとWin10にアップできて、かなり、快適なマシンとなりました。
temp2s.png
Win10にアップしたら エラー「Cortanaが動作しません」 [2015年11月18日(Wed)]
Win10にアップしたら、起動するたびに変なエラーが出たり、出なかったりする、というこで、相談に来られました。

電源を投入すると、一度目は出なかったのですが、一度シャットダウンし、再起動すると・・・。
IMG_3051s.jpg

「重大なエラー スタートメニューとCortanaが動作しません。次回サインイン時に修復を試みます。」
だって???

う!!
「Cortana」なんか聞いたことが(いや、見たことがあるような・・)
早速、ネットで調べてみると・・・。

何処かの「シリ」さんに対抗した「コルタナ(Cortana)」さんですって・・・。
でも、日本語対応はまだしていないとか、しているとか???

一寸、調べたところかなり面倒な事態ですね。
解決するにはかなり時間が掛かりそうで、お預かりしないと出来そうもない。

オーナーさんは、いつも使うので預ける訳にはいかないということで、まあ、出た時には無視しておれば普通に使えるので、ということになりました。
ウイルスとかではないので、その辺は安心されたようです。

でも、何故、Win10のアップデートでそれまでインストールしたのでしょうか。
私の方では、もう既に10回以上、Win10にアップしましたが、そんなの出たことないです。
不思議です・・・。
ブラック画面で「Exiting Intel Boot Agent」 [2015年11月16日(Mon)]
3年前にイーパーツさんの寄贈プログラムで頂いたというパソコン。
NECのVersaPro VY10A/M-4
突然に起動しなくなったということで、お持ちになりました。
Core2 のそこそこ使えるパソコンですが・・・。

電源を投入すると・・・。
IMG_3015s.jpg

PXE-E61: Media test failure, check cable
PXE-MoF: Exiting Intel Boot Agent.
の連続です。
BIOSで起動してみると、HDDをきちんと認識しており、問題なさそうですが、HDDの不具合かな。

とにかく、データ救出をということで、HDDを取り出すことに・・。
USBのインターフェースで接続してみると、何ともなくデーター救出が出来ました。
SMART情報を見てみると・・・。
diskinfoS.jpg

「正常」で、何ともないような顔をしています。

HDDを取り出した序でに、フラットケーブル等の接続箇所も念入りにチェックしてみましたが、特におかしいところはなかった。
再び、戻して起動してみるとやはり、ブラック画面で起動できず。
それではと、メモリチェックをしてみようと、チェック用のCDでブートすると、起動ができメモリも異常ないようです。

linuxで動くかどうかということで、CDから起動してみたら・・・。
IMG_3025s.jpg

「no more processes left in this runlevel」で起動できない。

どうやら、HDDの故障ではなさそうですね。
それに、液晶の方も、右端に線が入っているし、こりゃ、修理するには費用が掛かり過ぎそうなので、諦めていただくことにしましょう。
東芝 R731/37EB に搭載されている、WiMax [2015年11月14日(Sat)]
東芝 R731/37EB に搭載されている、WiMax
頂いたパソコンを再生していると、デバイスマネージャーに何やら、見たことがない「Intel(R)Centrino(R)Wireless-N +WiMAX 6150」というデバイスがあった。
早速ネットで調べてみて、インテルのサイトから・・。
https://downloadcenter.intel.com/download/21997
「File name: WiMAX_7.5_e32.exe」をダウンロードしてインストールしてみると・・。
temp6.PNG

新規アイコンに、ユーティリティーというのが出来た。
ところで、どやって使うのか?
早速、起動してみると・・。
temp11.PNG

WifiとWiMAXは、同時には使えないようですね。
(そりゃ、そうだろうな)
ということで、WiMAXを「ON」にすると・・・。
temp12s.PNG

自動的に、WiMAXの電波を捕まえて、ブラウザが立ち上がり、「どこのプロバイダにするかと?」と出てきた。
私は、JcomのWiMAXを契約しているので、そこをクリックすると・・・。
temp13s.png

「UQ WiMAX に接続しています」と出てきた。
「ここをクリックしてください。」と書かれているので、クリックしてみると・・・。
Jcomのログイン画面が出てきて、連絡用のメールアドレスとパスワードを入力すると・・。
temp14s.png

月額、3,703円 だって・・・。
そりゃそうですよね。
今契約している、WiMAXの代用品といて使えるわけないですよね。
1契約で、2回線使えることになりますからね。
ということで、このお話はおしまい。

しかし、「UQ 1DAY」というのがあるな。
これだと、使いたいとき1日(24時間)572円
でも、WiFiWalkerを持っているのだからこれを使えば済む話ですね。
SWが物理破壊した 東芝 R731/37EB [2015年11月12日(Thu)]
被災地用にといただいた 東芝 R731/37EB

CPU:Intel core i5 2.5GHz
RAM:8GB
HDD:640GB

電源SWが物理的に壊れており、モニターの左側に筋が入り一寸難物です。
SWの方は、何とか修理できないかと悪戦苦闘したのですが、結局取り外して、ケースを削りとり、SWそのものを外から押せるように加工してみました。
これで、何とか電源投入は可能です。
IMG_3011s.jpg

これでは、一寸使いづらいのですが、後で何か工夫してもう少しカッコよくしましょう。

Win8.1をインストールしてデバイスマネージャを見てみると、・・・。

devmanS.png

何やら、見たことがない「Intel(R)Centrino(R)Wireless-N +WiMAX 6150」というデバイスがある。
「WiMAX」??のレシバーが入っているのか?
慌てて、東芝さんのサイトに行って、仕様を確認してみると、確かにありました。
WiMAXが内蔵されている、マシンに初めてお目にかかった。
さて、このドライバは・・・。
インテルサイトに行ってみると、ありました。

ダウンロードしてインストールしてみると・・・。
temp2.PNG


temp10.PNG

モニターの方は、左の筋が入った部分に紙を貼って、使えないようにして、タスクバーも、右側に固定すると、ちょっと不便ですが使えなくはない。
なんせ、i5のマシンなのでこのまま廃棄はもったいない。
結構、薄くて、軽くて(1.3Kg)持ち運ぶには快適マシンです。
もう少し、何とか頑張ってみます。
黄色のUSBポート [2015年11月10日(Tue)]
被災地復興支援用にと頂いた、Lenovo E420

ふと、右サイドを見ると・・・。
IMG_2993s.jpg

USBポートの色が黄色??
今まで見たことが無い。
ネットで調べてみると・・。
「Powerd USB2.0」だって、データ転送速度はUSB2.0と同じで電源供給能力が最大6Aまで、供給できるとあった。
こんなのがあるんだ。
普通のUSB2.0では、500mAだったかな。
赤(24V)緑(12V)もあるんだって、・・・。
異なる電圧のコネクターは、ピンの位置が異なり刺さらないようになっているらしい。
見たことない。

左サイドには・・・。
IMG_2994s.jpg

黒い、ポートが2個

IMG_2995s.jpg

最近は、青いUSB3.0が付いているのが多いですが、黄色は初めてです。
USB3.0で、900mAだったかな。
| 次へ