CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2013年03月 | Main | 2013年05月»
<< 2013年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
このブログをSNSで紹介
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新トラックバック
月別アーカイブ
花巻に再生パソコンを送ります [2013年04月29日(Mon)]
被災地支援の活動で、皆さんから不要になったパソコンを頂き、マイクロソフトの寄贈プログラムを使って、Windowes7をインストールして、Office2007を積んで再生作業をしています。

岩手県花巻市の「沿岸と内陸を結ぶ金の架け橋ネットワーク」さんから、パソコン希望の通知を受けて、やっと発送することができました。

IMG_2852.JPG

デスクトップ1台とノート2台の送付です。

2箱で配送します。

元気でお役にたてるように頑張って行くようにと、「おのくん」も応援してくれてます。
IMG_2859.JPG
PC-LL550/GDをWin7にアップグレード [2013年04月27日(Sat)]
被災地向けに寄贈を頂いた、NEC「PC-LL550/DG」をWindows7にアップグレード

PC-LL550/GD(2006年8月生まれ)
CPU:モバイルAMD Sempron 1.6GHz
RAM:512MB+512MB (PC4200,PC5300)
HDD:SATA 80GB

NECのサイトでは、2009年4月以降のVistaモデルは、7にアップグレード出来るとしていますので、2006年生まれのこの子は対象外です。
マイクロソフトのWindows7アドバイザーさんに問い合わせてみると・・・。

temp5S.jpg

NIC・チップセット・グラフィック・オーディオ 全て可能性がある。

これは、試してみる価値ありです。
ということで、インストールしたら・・・。

temp1s.jpg

音が出ない。
アドバイザーさんは、「Realtek High Definition Audio」は、windows7と互換性があると言っているのに・・・。
取りあえず、Updateして行こうと、120個ほどを数回に渡ってアップデートしたが改善が見られない。
グラフィックの方は、ATI社から「Xpress 1100」をダウンロードしてきたら、すんなりと決まった。

temp2s.jpg

音の方は、デバイスマネージャでは、「正常に動作しています」と言っているのに・・・。
「サウンド」の方では、「デバイスがインストールされていません」と言っている。

やはり、標準ではダメか?
ということで、インテルのサイトからダウンロードして、Setup.exeで実行したら「合わない」と拒否された。
こうなると、ダメもとで強制的に充ててみた。
エラーも出ないが、音も出ない。

再起動して、ダメなら他のドライバを探すかと再起動すると・・・。
起動時に聞きなれた音が出たーーー!!

起動後、サンプルミュージックを立ち上げると・・・。

temp4s.jpg

メモリも、512MBの2枚の内1枚外して、1GB1枚を追加して、1.5GBにすると
パフォーマンスも「3.1」となったのでこれで、事務処理は十分できるでしょう。
「VGN-AW50DB」のWin7アップグレード [2013年04月25日(Thu)]
電源コネクターがショートしていた「VGN-AW50DB」の修理を下記のブログで記載しましたが、その子をWindows7にアップグレードした。
http://blog.canpan.info/higeyama/daily/201304/17

もともと、Vistaの時のパフォーマンスは、一番低いサブスコアがメモリで「5.3」でした。
perfomS.jpg


それが、メモリ増設も何もしていないのに、windows7にアップグレードしただけで・・・。
perfom2S.jpg


CPUが、「5.5」から「6.1」に
メモリが、「5.3」から「5.5」
グラフィックが、「5.9」から「6.4」
ゲーム用グラフィックが、「5.5」から「6.4」
ハードディスクまでが、「5.6」から「5.8」
へと、軒並みアップです。

Dynabook AX840LS を、Win7に [2013年04月23日(Tue)]
被災地向けにと寄贈いただいた、Dynabook AX840LS(2006年4月生まれ)

東芝さんのサイトでは、Windows7 をサポートしていません。

CPU:Intel Celeron M 370 1500 MHz
RAM:標準512MB MAX2GB (DDR2 533MHz)
HDD:80GB

マイクロソフトのWindows7アップグレードアドバイザーで調べてみると、メモリを増設すれば何とかなりそうだったので、トライしてみることに・・・。
勿論、Aero機能なんて期待できませんが・・・。

アドバイザーでは、この機種のチップセット「XPRESS 200M 」は互換有となっていたので、インテルのページに有った、ドライバをダウンロードして入れたら・・・。

メディアプレーヤで、サンプルの動画を開くと・・・。
IMG_2759s.jpg


画面が乱れて、いきなり再起動がかかる。
標準のドライバでは良かったのに・・・。
と言うことで、ドライバは標準のままで使用することにしました。

まあ、WordやExcellを等を使う分には全く支障なく使って頂けるでしょう。
ヘッドホーン端子の交換 [2013年04月19日(Fri)]
ヘッドホーン端子が壊れたということで、修理を依頼されました。

早速分解して見ると・・・。
IMG_2841s.jpg

端子が壊れています。
他のマシンから、取り外して交換してみました。
同じ形名の部品ではなかったのですが、ピンの形状は同じでしたので、とにかく付けてみました。

IMG_2842s.jpg

起動して、ヘッドホーンをつないでみると・・・。

temp1.JPG

「オーディオ機器が取り外されました」と表示された。
ヘッドホーンを引き抜くと・・・。
「接続されました」と表示される??

どうやら、取り付けた部品の論理が逆のようです。
表示は「取り外されました」と出るが、音は正常に出ます。

オーナーさんにこれを説明して、これで使って頂くことにしました。
表示だけで、機能的には何ら障害がないので・・・。
電源コネクターの交換 [2013年04月17日(Wed)]
寄贈用に頂いた「VGN-AW50DB」

電源コネクターで、ショートしておりコネクターを交換することに・・・。

IMG_2731s.jpg

取り外して、テスターで見てみると、コネクター部を少し捻ると、テスターの針が右に振れる。
まだ捨てずに置いてあった、VAIOのWindows Me マシン「PCG-542B」のコネクターが使えそうなので、そいつから取り外すことに・・。

IMG_2732s.jpg


一寸、コネクターの大きさが違ったので、少し削り何とか取り付けることが出来ました。
IMG_2743s.jpg


この、「VGN-AW50DB」は、2008年09月生まれ
CPU:Intel Core 2 Duo T9400 2530 MHz
RAM:2GB
HDD:500GB

というマシンですから、まだまだ立派に使えるマシンです。
XPマシンを後1年使う [2013年04月15日(Mon)]
動作が遅いということでお持ちになりました。

富士通 FMV-NB50R(2005年12月生まれ)
CPU:Intel Celeron M 370 1500 MHz
RAM:512MB(DDR-533)
HDD:80GB

メモリが、標準のままですから遅いのは当然です。

もう、XPのサポートも1年を切ったということで、新規に購入をお勧めしたのですが、DiskInfoでHDDの状態を見てみると、・・・。

DiskInfoS.jpg

まだ、2381時間しか使用しておられず、「正常」で交換の必要もなさそう。
これが、「注意」となっていれば、もっと新規購入を強くお勧めしたのですが、後1年使うということで、増設をすることに・・・。

XPもSP2のままでした。
メモリを増設して、メモリチェック。
IMG_2826S.jpg


SP2からSP3にアップして、その後のアップも全て実施すると、Cドライブの空き容量が心もとなくなってきた。
80GBのHDDを、Cドライブが30GB、Dドライブが50GBとなっていたのを、・・・・。

Diskcc.jpg

逆に、Cドライブを50GBにし、Dドライブを30GBとしました。

これで、1年以上は使えるでしょう。
勿論、セキュリティ対策ソフトもバスターを導入です。

HPE-380jpに、SSD240MBを搭載 [2013年04月13日(Sat)]
Win8にアップグレードしようとして失敗したという、HPE-380jp

オーナーさんは、この子に嫌気が差したようで友人に譲るということになり、整備を引き受けることになった。

HPE-308jp
CPU:Intel(R)Core(TM)i7 870 2.93GHz
RAM:16GB
HDD:なし

この子を引き取って新オーナーさんは、この子に240GBのSSDと2TBのHDDを搭載したいということで、部品とOSを自分で調達して持参です。

調べていくと、搭載していたBDのドライブ自体が不具合で、こちらは私の手持ちのDVDマルチディスクドライブで我慢していただきました。

ドライバ等は、全てHPのサイトにアップされていたので、そちらからダウンロードしましたが、グラボ(ATI Radeon HD 5770)のドライバをダウンロードして、インストールしようとしたら・・・・。

temp1s.jpg

「このプログラムは、PCに問題を起こす可能性があります」と言う警告!!
「SmartScreen フィルターから、このプログラムをダウンロードしたユーザーの人数が少なく、作成者に署名がないという報告がありました。」
ですって・・・・。

ダメなら、また再インストールするだけの話だ!
と、警告を無視して「実行」

すると、今まで、スコアが、1.0だったグラフィック関係が・・・・。

perfom2s.jpg

プロセッサ:7.4
メモリ:7.5
グラフィックス:7.4
ゲーム用グラフィックス:7.4
プライマリディスク:7.8
という、マシンに仕上がりました。


IMG_2803s.jpg



ディスクドライブの交換 [2013年04月11日(Thu)]
動作が遅いということで持ち込まれました。
患者は、「FMV-BIBLO NB40S」(2006年4月生まれ)
CPU:AMD Sempron 3000+ 1800 MHz
HDD:80GB
RAM:512MB

メモリが標準のままなので、遅いのは当然ですね。
空きスロット1で、MAX 1536MB(DDR333 SDRAM PC2700)まで増設できます。

XPもサポートが後1年ということで、買い替えをお勧めしたいですが、慣れているマシンだということで、メモリ増設をすることに・・・。

メモリを増設して、いつものように、BootCDのユーティリティでメモリチェックをしようとしたが、起動できない。
どうやら、ディスクドライブの故障らしい。
オーナーさんに問い合わせをすると、随分前に壊れていて、USBのドライブを使っているということでした。
それでは、こちらも外付けドライブで、ユーティリティを起動しようとしたのですが、BIOSでUSB接続からは起動できないことが判明した。

仕方ないので、手持ちのCDドライブをサービスで交換することに・・・・。
IMG_2804S.jpg

ベゼルの形が違うので、やすりで削って調整して、装着。
IMG_2805S.jpg

これで、BootCDのユーティリティが起動出来て、メモリチェックもばっちり完了しました。
新規パソコン設定 [2013年04月09日(Tue)]
新規に導入された、市民活動推進センターのパソコン「東芝 

2台の同じマシン、Windows7にダウングレードです。
初期設定で、32ビットか64ビットか選べるようになっていたので、一台は32ビットで、もう一台は64ビットで設定してみた。
メモリは、どちらも4GBです。

初期設定後、パフォーマンスを見てみると・・・。
temp3s.jpg


32ビットで設定した方は、メモリ(RAM):1秒あたりのメモリ操作のスコアが、7.2なのに・・。
64ビットで設定した方は、5.0とこちらの方が低い値を出してきた。

やはり、64ビットでは4GBではメモリ不足なのでしょうか。

そうそう、それと、USBメモリを差し込もうと少しパソコンを持ち上げて、USBを差し込んでパソコンを少し、コトンと落としたら・・・・いきなり・・・。

yureS.jpg

HDDプロテクション「パソコンの本体の揺れを検出しました。一時的にハードディスクのヘッドを安全な位置に退避します。」という警告が出てきた。

これには、驚いた。
| 次へ