CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2012年05月 | Main | 2012年07月»
<< 2012年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
このブログをSNSで紹介
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新トラックバック
月別アーカイブ
工人舎のSR8 Cドライブの空き容量不足 [2012年06月30日(Sat)]
このマシン ワンセグも付いていて、タッチパネルという優れもの
(CPUの800MHzは、一寸心もとないけど)

工人舎 SR8WP06A/F (2009年4月生まれ)
CPU: Intel A110 800 MHz
HDD:60GB
RAM:1GB


Vistaマシンなので、Dドライブのデーターを退避させて、パーティション変更を実施した。

Dドライブのデータを、USBメモリにコピー
Dドライブを、「ボリューム削除」
ボリューム削除


Cドライブを、35GBに拡張
拡張


未割当の15GBを、Dドライブに
temp6s.jpg


退避させていたデータを戻し、完了

書いてしまえば、簡単だけど、手間はかかる。
VAIO PCV-HX50B のHDD交換 [2012年06月28日(Thu)]
動きが遅くなったということで、パソコンを買い替えた介護事業所ですが、国保連とのデータやり取りが、ISDNでないとできない。

買い替えたパソコンは、Win7の64ビット版で、NECのAtermが使えない。
今まで、使っていたXPマシンを、そのためだけに使用したいということで、整備することになりました。

VAIO PCV-HX50B(2004年01月 生まれ)

CPU:Intel Celeron 2500 MHz
RAM:512MBx2(MAX 2GB)
HDD:160GB

HDDを交換して、リカバリです。
不要なソフト(おまけのアプリは全てインストールしない)

さて、HDDの交換ですが・・。
コネクターすら外せないくらい狭いところに入っている。

引出ネジの写真

どうして、取り出すのかと思ったら、引き出し式になっていた。
赤い丸のネジを外して、前に引っ張ると・・・。

引き出した状態


このマシン、テレビも受信できるもので、今では使えないこの不要デバイスも撤去
TVデバイス撤去


リカバリを済ませて、設置に持って行ったのですが、ISDNが上手くつながらない。
久しぶりの事なので、どこを見れば良いのか???
NECさんにサポートの電話でSOS・・。
サポータさんとお話していると、いろいろ思い出して、COMの設定で不具合を起こしており、直ぐに接続できました。
NECさん、お世話になりました。
ccsvchst.exe がCPUを食っている [2012年06月26日(Tue)]
動きが遅くなったということで、伺いました。

VAIO PCV-HX50B(2004年01月 生まれ)
CPU:Intel Celeron 2500 MHz
RAM:512MBx2(MAX 2GB)
HDD:160GB

確かに遅い。
早速、タスクマネージャを開こうとするが、これもなかなか立ち上がらない。
しばらく様子を見ていると・・・。
定期的にCPUが100%に

定期的に何かが動く。

プロセスで確認すると・・・。
タスクマネージャーのプロセス

ccsvchst.exe が規則正しく、CPUを食っている。

ウイルスか?
どこかで聞いたことがありそうなファイル名
ネットで調べてみると、どうやらノートンさんのファイルらしい。

http://www.windowsfiles.jp/fairu/ccsvchst.exe.html
によると、Symantecのノートンのファイルらしく、「"C:\Program Files"のサブフォルダーにccSvcHst.exeがある場合は、セキュリティ評価は48%」
もし、「フォルダーC:\WindowsにccSvcHst.exeがある場合は、セキュリティ評価は98%危険です」だって・・・・

フォルダを調べてみると、危険度48%のほうだった。

早速、ノートンさんのページで調べてみると、よくあることらしく、一度アンインストールして再インストールというのがあったので、実施することに。

Norton 削除ツール (Norton Removal Tool) をダウンロード
これがまた、いろいろあるので、ちょっと迷うが、適合するやつをダウンロードして実施した。

再起動して、タスクマネージャーを見てみると、今度は、静かなものでした。

今度は、ノートンさんを再インストールしてみた。

再度起動して、タスクマネージャはというと・・・。
タスクマネージャー正常な動き


しっかりと落ち着いています。
プロセスで確認すると、何故か「ccSvcHst.exe」となっている。
これが正解なのか
「ccsvchst.exe」は何者だったの?
大文字と小文字の識別ってあったっけ??

まあ、とにかく動きは良くなったのですが、HDDもかなりくたびれているようだし、そろそろ、新しいのに買い替えを提案したのですが、訪問介護の事業所では、未だにISDNで国保連とデーター通信しなければならず、Win7対応のISDNではないので、そちらも買い替えなくてはならず、大変だということで、HDDを交換して寿命を延ばすことになりました。

こちらのパソコンは、国保連のデーター転送専用機として使用し、一般事務処理ように、Win7のパソコンを導入するということになりました。
Word2010起動できない「解決編」 [2012年06月24日(Sun)]
OfficeのWordだけ起動できないという不具合・・・。
Officeの再インストールしかないということで、オーナーさんに連絡して、購入した時についてきた、Officeのディスクを持って来ていただくことにしたのですが、そのディスクはないということでした。
昨年の11月に購入したパソコンですから、まだ、保証期間です。

購入先は、ジャパ○○○○○○のセットものでした。
プリンター等のセットで、設定も込みコミで業者さんが来て、ネットの接続等をしてくれたそうです。

その時に、Officeのアクティベーションも実行されているようなので、その際に、Officeのラベルを見て入力しているはずなので、ディスクが付いていたはずなのですが・・・・。
とにかく、購入先に電話して、事情を話して設定に来た人と連絡を取りたいと言ったのですが、「ディスクを持って帰るということはない」と、一点張りで、話しにならない。
設定に来た人は、その名刺を置いて行ったので、そこに電話をして、本人に連絡を取りたいと言ったのですが、全く話しにならない。

パソコンメーカー(富士通さん)にも電話をしたのですが、・・・。
まあ、Wordの不具合なので、富士通さんに電話してもしょうがないのですが・・・・。
それでも、流石富士通さん、それではマイクロソフトに電話してみてはと、電話番号を教えてくれました。

マイクロソフトに電話をして、Wordが立ち上がらないこと、また、再インストールするにも、ディスクがないこと等を伝えると、修復する方法を、いろいろ指導していただきました。
まず、どこで不具合を起こしているのかということで、いろいろ情報をやり取りしました。
もう、1時間以上お付き合い頂き、やっと修復することが出来ました。

いや、こちらの方が疲れてしまいましたが、マイクロソフトのサポートさん
諦めることなく、これをしてくれ、ここを見てくれ・・・・。
一寸調べるから、少し待ってくれ・・・・。

本当にお世話になりました。

結局、最終的に修復できたのは、「プログラムと機能」から「Microsoft Office 2010」を右クリックして、そこから、「修復」を実施して、やっと正常に起動するようになりました。

修復中
Word2010が起動できない [2012年06月22日(Fri)]
Excelは、何ともなく立ち上がるのに、Wordが起動できないという不具合

昨年の12月に購入したパソコンで、今までOfficeを使ったことがないというオーナーさん(一寸信じられないが・・こういう人もいるのかも)

Wordを起動すると・・・。

エラー画面

「Microsoft Visual Basic」のエラー警告で、「The language DLL "VBE7INTL.DLL" could not be found」

「OK」をクリックすると・・

ヘルプ画面

今度は、「Visual Basic の環境を初期化することができません」と言ってきた。
「ヘルプの表示」を見てみると・・。

「このエラーは通常、メモリまたはディスク領域が不足しているために発生します。」

まだ、購入したばかりのWin7マシンですから、メモリ不足とかディスク領域不足は、あり得ない。

「また、既定の Word テンプレート (normal.dotm) が破損している場合、VBE6.DLL ファイルのバージョンが正しくない場合、サーバー共有の TEMP フォルダーへのアクセスが許可されていない場合にも発生します。」

マイクロソフトのサイトで調べていると、Fix it を実施してみろというページがあったので、実施してみた。

解決済み画面

見つかった問題に「Word」と出てきて、解決済みと出てきた。
再起動して、Wordを立ち上げてみると、何ら変化なく、がっかり。

その他、Word の Data レジストリ キーを削除する ⇒ 解決せず
Word の Options レジストリ キーを削除する ⇒ 解決せず
全文書対象のテンプレート ファイル Normal.dot または Normal.dotm の名前を変更するを実施したが全て、外れでした。

Officeの再インストールしかないと思い、オーナーさんに連絡して、ディスクを持って来ていただくようにお話したのですが、そんなものはないということでした。

とにかく、購入した時についてきたもの全てを持って来ていただくことにしました。

話が長くなるので、この続きは、また後で・・・・。
IBM G40 メモリ増設 [2012年06月20日(Wed)]
Kingsoft Office の30日版をインストールしたら、アンインストールできなくなったということで、サポート伺いました。

マシンは、IBMのG40( 2003年07月生まれ)
CPU:Intel Pentium 4 2400 MHz
RAM:256MBX2
HDD:40GB
と、一寸古いですがまだまだ使えます。

実際に、「プログラムの追加と削除」から、Kingsoft Officeを選択して削除しようとすると途中で止まってしまい、アンインストールできません。

ついでに、メモリの増設も依頼されたので、お預かりしました。
メモリの方は、バッファローのサイトで調べると「DDR333 SDRAM PC2700」が適合となっていたので、丁度手持ちの1GBがあったのでそれを入れてみることにしました。

最大 1024 MBとなっていたのですが、認識はしました。
メモリチェックをしてみると・・・。
メモリチェック


きちんと、 1271Mまでテストが出来ます。
念のために、「PASS 2」までやりましたが、エラーは出なかった。

Revo Uninstaller

肝心の、Officeの方は、「Revo Uninstaller」さんのお世話になろ無事アンインストールできました。
代わりに、オーナーさんに連絡してOpen Office をインストールしておきました。
ワンクリック詐欺 [2012年06月18日(Mon)]
「急に変な画面が出るようになった」ということで持ち込まれました。

電源を投入して、しばらくすると・・・・・。
アダルトサイト画像

しかも、二つも出てきます。
一つの方には、「画面の削除方法」なるボタンが・・・。
まさか、これをクリックしてないですよね、と尋ねると、していないということでした。

良かった、良かった。
こんなのをクリックすると、余計面倒なことになっていたかも。

取りあえず、何が動いているのか・・・。
タスクマネージャさんに聞いてみた。
タスクマネージャー


いましたね、二つ。
「mshta.exe:Microsoft(R)HTML アプリケーション ホスト」
というのが。

ついでに、「スタートアップ」も確認しました。
こちらにも・・・。
スタートアップ画面


引っかかって然程、日数が経っていないし、それほど込み入っていなさそうなので、システムの復元でもどるかと、思い実施して見ることに、これでダメだった入院ということで・・・。

すると、すんなりと元に戻ってくれて、タスクマネージャを見ても、スタートアップからも消えてくれました。
良かった。良かった。

VAIO VGN-FT31Bの分解 [2012年06月16日(Sat)]
起動しないということで、お持ちになりました。

VAIO VGN-FT31B(2006年4月生まれ)

CPU:Celeron M 420(1.6GHz)
RAM:512MB(MAX:2GB)
HDD:100GB

電源を押すと、CD,HDD,SD等のLEDが、チカチカとしたかと思うと、そのまま「WLAN」のLEDがピカーと点灯したまま、ウンともスンとも・・・・。
前面LEDの写真


画面は真っ暗のまま、「SONY」とも出てこない。
初期チェックで止まったまま、勿論、BIOSまでも行かない。

何で引っかかっているのか、外せるものを外してみましょう。
まず、HDDを外してみたが、全く変わりない。
メモリを外そうとしたが、増設分のエリアが空のまま一つ空いていた。
標準のメモリはどこに??
マザーボード直結か?

取りあえず分解してみることに・・・。
裏のネジを全て外すと、まず、キーボードが外せた。

キーボード取り外し

この、キーボードは下の方にあるロック(赤い枠付近)を外してやれば簡単に取れた。

今度は、パネルだ。

写真の赤い丸のネジを外して、DVDドライブを外し、緑の丸のネジを外すと、パネルが外れそうなのだが、こいつが外れない。
パネルの取り外し


隙間から、覗いてみるとまだネジがどこか止まっていそうな気配。

ありました。
裏のファンのところに一か所。
このネジを外してパネルも取り外せた。
最後の1個


全て、外して電源を入れてみたが、やはり同じ、・・・。
「ピー」とぐらい言えよ。

BIOSまでも行っていないが、CMOSの電池も一旦外してやってみたが、結果は同じ。

ということで、修理不能。

HDDの方は、元気でデーターだけはきれいに取り出すことが出来ました。
SYSTEMファイルが壊れている [2012年06月14日(Thu)]
久々に、SYSTEM ファイルが壊れている、という画面で立ち上がるXPを「KNOPPIX」で助けることが出来た。

起動すると・・・。
起動時の画面


黒い画面に、白い文字で
「次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、・・」
「\WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG\SYSTEM」
と警告がでる。

リカバリCDがあったので、早速CDから立ち上げて、・・・。
"R" キーで修復をするがあえなく失敗。

KNOPPIXで起動すると、HDDを読むことが出来たので、
「\WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG」を開いてみると
defarult:sam:security:sofyware:system
5個のファイルも確認できた。

「\snapshot」フォルダを見てみると、1か月ほど前のが残っていたので、再度「\CONFIG」を開いて、5個のファイル名を全て、名前に拡張子「.bak」を追加
名前に拡張子「.bak」


今度は、「\snapshot」フォルダから、下の5個のファイルを、「\CONFIG」にコピー
_Registry_Machine_.defarult
_Registry_Machine_sam
_Registry_Machine_security
_Registry_Machine_sofyware
_Registry_Machine_system
5個のファイルをコピー


「\CONFIG」にコピーして持ってきたファイル名から、「_Registry_Machine_」を削除して、シャットダウン。

Windows を起動すると・・・。
大成功でした。 良かった、良かった。
「お助け!パソコン診療所」いよいよスタートです [2012年06月11日(Mon)]
藤沢市との協働事業の「パソコン診療所」がいよいよスタートしました。

今日は、初日ということで申し込みも多く、結局21件の持ち込み相談がありました。

パソコン診療中2


パソコン診療中1


今後も、月2回のペースで市内の各公民館で開催します。
6月29日(金)鵠沼公民館
7月12日(木)御所見公民館
7月28日(土)遠藤公民館
その後の予定は、下記ページのPDFファイルをご覧ください。
FAXでの申込用紙もありますので、是非申し込んでください。
御所見、遠藤は駐車場もありますので便利かと思います。
パソコン診療所チラシ
| 次へ