CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年06月 | Main | 2011年08月»
<< 2011年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
このブログをSNSで紹介
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新トラックバック
月別アーカイブ
バスター2011がアンイン出来ない [2011年07月30日(Sat)]
バスター2011をアンインストールしようとすると・・



何度トライしても、8%のところでストップ

こうなると、プログラムの削除でやると余計に悪化するかもしれないので、とにかく、バスターのサイトでアンインストール方法を探すしかない。

以前は、確かアンインストールツールがあったのですが、一寸(探し方が悪かったのか)探せませんでした。
その代りに「サポートツールを利用した2011のアンインストール方法」
http://jp.trendmicro.com/jp/support/personal/faq/install/uninst2011tool/
というページがあり、それを見てみると・・。

最新版をダウンロードして、その中のサポートツールを使ってアンインストールすればいいと記載されていた。

早速、ダウンロードして、解凍するとインストーラが動きだして、インストールが始まる。
途中で、シリアル番号を入力する画面となるので、そこで、画面右上の「X」で中止する。


解凍した「vb2011_32bit」フォルダの「Support Tool」−「32bit」−「tool」のSupport Tool.EXE を実行させる。


サポートツールの「アンインストール」タブの「ソフトウエアのアンインストール」で無事に、アンインストール出来ました。
USBコネクターの破損 [2011年07月28日(Thu)]
中古再生をして被災地に寄贈しようと、皆さんから頂いたパソコンを、再生しています。
その中には、USBコネクターの破損した物もあります。

今回も、最初は気が付かなくて、裏側のUSBコネクターに、USBメモリを装着しようと手探りで、差し込んでいると・・・。
急にHDDが嫌な音で停止しました。
画面を見ると、変わりなく表示しているのですが、マウスポインターが動きません。
HDDのLEDも消灯のまま・・。
回転音すら止まっています。

仕方なく、電源長押しで停止させて、USBのコネクターを見てみると・・・。

コネクターの下側が破損しています。
おまけに、リードがひん曲がっており、外壁とショートしたような跡も・・。
これは、もう使えないように何か詰めておきましょう。
丁度、お昼に食べた、カップラーメンのカップがそこに・・・。
このカップをきれいに洗って、発泡スチロールを切って詰めました。


このカップラーメン、表面がツルツルしていて、装着するには持って来いでした。

まあこれで、接触してショートすることもないでしょう。
USBコネクターが足らないようでしたら、ハブを買って使って頂くことに。

ユーザー プロファイルを読み込めません [2011年07月25日(Mon)]
Win7のマシンで、新規にアカウントが作れない。
いや、正確に言うと、新規アカウントは作れるのですが、そのアカウントでログインできない。

管理者権限でログインして、コンパネの「ユーザーアカウント」
「別のアカウント管理」−「新しいアカウントの作成」でアカウントの作成を設定すると、確かにアカウントが一つ増えるのですが、ログアウトして、新しいユーザーでログインしようとすると・・・。


「標準ユーザー」で作っても、「管理者」で作っても結果は同じ、
「User Profile Service サービスによるログオン処理に失敗しました。」
「ユーザー プロファイルを読み込めません。」
という、メッセージが出てきてログインできません。

「User Profile Service」???
それでは、そのサービスを開始すれば良いのかと、
コンパネから、サービスを開いて確認してみると・・・。


きちんと、自動で、開始となっている。
このアカウントではログインできているのだから当たりまえですか??

ネットで検索してみると、
「Windows7 home premiumを使っていますが突然”User Profile Serviceサービスによるログオン処理に失敗しました。ユーザープロファイルを読み込めません”となりログイン出来なくなりました。どうしたら良いのでしょうか?」
というページに行きつきました。

このページによると、「セーフモードとコマンドプロンプト」で立ち上げて、コマンドで、プロファイルを作るようなことが書いてあり、その通りに実施してみました。

以下は、上記ページからの転記です。
**********************
・起動時にF8キーで[詳細ブートオプション]画面を表示します
・[セーフモードとコマンドプロンプト]を選択します
・管理者でログオンします(今まで使用していた管理者のパスワードでログオンできるはずです)
・コマンド画面で以下の2つのコマンドで管理者ユーザーを作成します
 net user <作成するユーザー名> /add
 net localgroup Administrators <作成したユーザー名> /add (コマンド入力後、念のため30秒程度待ってください)
・再起動し、作成したユーザーでログオンします
**********************


コマンドでは、日本語入力ができなかったので、とりあえず”b”という、アカウント名でプロファイルを作成しました。
再起動して、Windows から、”b” アカウントでログインすると、難なく立ち上がりました。
その後、コンパネの「ユーザーアカウント」から日本語に変更したり、「標準ユーザー」に変更したりは自由にできた。


ペイントが起動しない? [2011年07月22日(Fri)]
「スタート」−「全てのプログラム」−「アクセサリ」に「ペイント」が無い。




「コマンドプロンプト」から、「mspaint.exe」を実行しても駄目・・・。
えー!! どこに行ったの!!

検索で、「mspaint.exe」を実行してみると・・・。
[C:\WINDOWS\ServicePackFiles\i386]にありました。


何故、こんなところに???
「\system32\mspaint.exe」と、system32 の下になきゃダメでしょう。

ダメ元で、System32のフォルダに、無理やりコピーしてみたら、・・。
「コマンドプロンプト」で、「mspaint.exe」を実行したら起動した。

ついでに、ショートカットも「アクセサリ」に追加すると、そこからも起動するようになりました。
何故、消えてしまったのは不明。

でも、正常になったから、いいっか。

vcfファイルを開く [2011年07月20日(Wed)]
最近、小学生を子どもに持つ、若いお母さん方と付き合うようになり、(と言っても不健全なお付き合いではなく、青少年指導員という立場でもお付き合いですから)メールをチョコチョコやり取りするのですが、その殆どが、携帯からのメールです。

私は、というと携帯メールは大変苦手(文字が小さくて・・まあ、老眼ですから)なので、メールはパソコンでしか開きません。

そうした関係ですから、先日も携帯メールから発信されてきたメールに、「誰々さんのメールアドレスを添付します」という添付ファイルが来ました。

その添付ファイルが、「誰々さん.vcf」というファイル名でした。

vcfファイル??
どこかで聞いたことがあるような拡張子??

取りあえず、デスクトップに保管してみると・・。
ダブルクリックで開いてみると・。

「OUTLOOK2010」が立ち上がってきた。

そっか、どこかで見かけたアイコンだと思ったら、アドレス帳(連絡先)ファイルの拡張子か。
しかし、生憎、私はOUTLOOKを使っていません。

ネットで調べてみると、やはり、auの携帯のアドレス帳でしたね。
VCARD なので、OUTLOOK などで開くことができそうです。

どうせ、CSVファイルなので、メモ帳で開くるかと試してみると、セミコロン(;)で区切られたファイルで開くことが出来ました。
以下がそうですが、解りやすいように、セミコロンで改行をしてあります。

======================
BEGIN:VCARD VERSION:2.1N
;
CHARSET=SHIFT_JIS:誰々さん;
;
;
;
SOUND;
X-IRMC-N;
CHARSET=SHIFT_JIS:ダレダレサン
(本当は半角のカタカナ 文字化けするので全角で)
;
;
;
;
TEL;
WORK;
VOICE:0466XXXXXX
TEL;
FAX:0466XXXXXX
EMAIL;
CELL:daredaresan@city.fujisawa.XX.XX
END:
VCARD
======================

因みに、ファイルをメモ帳で開く方法ですが、該当ファイルを右クリックして、表示されるメニューから、「プログラムから開く」−「メモ帳」を選択すれば開くことが出来ます。



Panasonic CF-T2 HDD交換 [2011年07月18日(Mon)]
とってもかわいい「Panasonic CF-T2」
2003年05月生まれ
CPU:Intel Pentium M 900 MHz
RAM:512MB
HDD:40GB

CPUからすると、もうHDDを交換するよりも、買い替えた方が良いのかも知れませんが、とても軽量で持ち運びには最適、ということで、HDD交換を依頼されました。

まあ、40GBは今では入手できないので、80GBにということで・・。

さて、交換ですがどこにHDDがいるの・・・。
取りあえず、サイドのカバーを爪を折らないように注意しながら外して・・・。

裏のネジを全て外しました。

上からキーボードを外すと・・・。

べっとりと、放熱のシリコングリスが・・・・。
これで放熱??? 大丈夫なのかな・・・・??
900MHzのスピードではこれでもつのでしょうか。



HDDも、しっかりとゴムクッションに囲まれておりました。

しかし、軽くて本当に持ち運ぶにはいいマシンですね。
ワンクリック詐欺 [2011年07月16日(Sat)]
久しぶりに、ワンクリック詐欺の被害です。


朝起きてパソコンを立ち上げたら、いきなり画面に出てきたそうです。
消しても、また数分後に出てくる。

昨日、画像処理のフリーアプリを探して、いろいろネットを巡ったそうです。
どうやら、その時に間違ったどこかクリックしたようです。

「msconfig」で見てみると・・。

いましたね
「opta」 C\WINDOWS\System32\mshta.exe・・・・
というのが・・・・。

また、タスクマネージャーでも
「mshta.exe」がしっかり動いています。



ログで詳しく見てみると、どのサイトで引っかかったか判るのかもしれませんが、とにかく急いで、出ない様にして欲しいということでしたので、一番手っ取り早い、システムの復元を試みてみました。
(トレンドさんでは、この方法はあまり推薦しません。バスターに悪影響を与えることがあるらしい)

まあ、リスクは覚悟です。
他に不具合が出れば入院ですよと、オーナーさんには断って行いました。
すると、mshta.exeさん消えてくれました。

.NET Framework 1.1 (KB2416447)のインストール失敗 [2011年07月14日(Thu)]
バスター2011を、いつものように30日体験版をインストールしたのですが、最後に「インストールは完了していません」と出てきた。



こんなの初めてです。
エラーコード : #0,1004,0x000
となっています。
トレンドマイクロのWebサイトを参照しろとあったので、それを見てみると。
「サイトから最新版をダウンロードしてください」とある・・・。
30日試供版をインストールして失敗しているのに・・・。

いろいろ、調べてみると、Windows Update で、「 .NET Framework 1.1 」の更新を失敗しています。
「Microsoft .NET Framework 1.1 SP1 用セキュリティ更新プログラム、Windows XP x86、Windows Vista x86 および Windows Server 2008 x86 向け (KB2416447)」


サポート情報をみると、コンパネの「プログラムの追加と削除」から、一旦削除して再度、更新すれば良いという情報があったので、その通り、削除しようとしたら・・・。


「Windows インストーラ サービスにアクセスできませんでした」で削除できなかった。???

またまた、いろいろ調べていくと・・・。
「Microsoft .NET Framework 1.1 のインストールに関する問題のトラブルシューティング方法」のページが見つかりました。
http://support.microsoft.com/kb/824643/ja

これに、従って
Windows インストーラを登録解除して、再登録する方法で正常になりました。
1)インストーラを登録解除
   [スタート] ボタンから、[ファイル名を指定して実行] をクリック
   [名前] ボックスに msiexec /unregister と入力し、[OK] をクリック
2)Windows インストーラを再登録
   再度、[スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行]
   [名前] ボックスに msiexec /regserver と入力し、[OK] をクリック

これで、再度、Updetaを行うと、 (KB2416447)が正常にインストールできました。

このあと、再度、バスター2011をインストールすると、今度は正常にインストールが完了しました。

パソコンまるごとサポート 「鵠沼公民館」 [2011年07月12日(Tue)]
鵠沼公民館で、「パソコンまるごとサポート」を行ないました。
この事業は、藤沢市と協働で実施している事業で、各公民館を月2回のペースで廻っています。

藤沢市の事業として、「インターネット安全教室」を開催し、我がSFSとしては、「パソコン出前病院」を開きます。

調子の悪いパソコンを持って、公民館に来ていただき、パソコンの診断をしている間に、オーナーさんには、インターネット安全教室でセキュリティについて学んでいただこうという企画です。
勿論、安全教室だけの参加、また、パソコン診断だけの参加でも可能です。

今日は、8台のパソコン持ち込みがあり、診断を行い、いろいろアドバイスをしました。






被災者向け寄贈用のパソコン再生 [2011年07月10日(Sun)]
今日も1日、被災者向け寄贈用のパソコン再生作業でした。
藤沢市に避難してきた人向けにパソコンを貸し出そうと、皆さんから寄付していただいたパソコンを、再生しています。

今日は、4台のパソコンを整備しました。



| 次へ