CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「RaUI.exe」って何者? | Main | マカフィーが削除できない»
<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
このブログをSNSで紹介
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新トラックバック
月別アーカイブ
「winmail.dat」ファイル開けない [2011年05月03日(Tue)]
メーリングリストで配信されてきたメールに、「winmail.dat」というファイルが添付されてきて、開くことができません。
まあ、datファイルですから、開けないのは当然のことですが・・・。

以前にもあったのですが、メモ帳で開くとメール本体が添付ファイルになっているようです。

「IPM.Microsoft Mail.Note」とか、メールアドレスや、「返信」「転送」という文字があることで、わかります。

メーリングリストのメンバーから、問い合わせがあったので、この際少し調べてみることに・・・。

マイクロソフトのページに「Outlook で受信した電子メール メッセージに添付ファイル Winmail.dat が含まれる」というのがありました。
http://support.microsoft.com/kb/278061/ja

このページによると・・・・。
*******************
「Microsoft Outlook で、Microsoft Outlook リッチ テキスト形式を使用し、添付ファイルを含むメッセージをインターネット経由で送信すると、受信者が受信したメッセージに Winmail.dat というファイルが追加されている場合があります。
*******************
ということは、追加されないことがおおいということか・・・・。

ついでに、「winmail.dat」を開く方法も調べてみました。
「winmail Opener」というアプリがあり、下記サイトからダウンロードできます。
http://www.eolsoft.com/jp/


exeファイルをダウンロードして実行させると、左のアイコンが出来て、それを起動させて、「winmail.dat」を開くことができます。


トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/274204

コメントする
コメント