CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«PCV-RZ53のHD交換 | Main | DELLのACアダプター修理»
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
このブログをSNSで紹介
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新トラックバック
月別アーカイブ
パソコンでのPPPoE接続 [2011年03月31日(Thu)]
「ネットに繋がらなくなった」ということで、訪問しました。

ADSL接続で、バッファローの有線ルーター「BBR-4HG」の接続環境でした。

「BBR-4HG」のWANランプが消灯しており、ADSLモデムのLANランプも消灯しています。
ルーターとモデムの接続ケーブルが悪いのかと、手持ちのLANケーブルでつないでみましたが、どちらも消灯のまま・・・。
電源リセットをしてもダメ。

ルーターの不具合だろうと確認しようと、バッファローさんに電話をかけましたが、休日で通じず、NTTのせいではないとは思いましたが、一応聞いて見ようと電話をかけててみました。
相変わらず待たされましたが、待っている間に、ルーターを介さず、直接モデムとパソコンを接続しました。

すると、今まで消灯していたモデムのLANランプが点灯して、ルーターの不具合決定です。


そうこうしていると、NTTのオペレータさんに電話が繋がってしまいました。切ろうかと思いましたが、折角通じたのですから、状況を説明しました。すると、親切にパソコンでのPPPoE接続の案内をしてくださるというので、お言葉に甘えてしまいました。
(まあ、一人でも出来たのですが、もし繋がらなかったらと思い)
接続はすんなり出来たのですが、その後、お言葉に甘えて良かったと思いました。

というのも、オペレータさんが「切断の操作方法をお教えします」というのです。
一瞬、「え!」と思ったのですが、そうです。
ルーターがない状態で、常時接続は危険です。
不要な時には、切断をしておいた方が無難です。
流石に、NTTさん、その辺もしっかり指導しているのですね。

オーナーさんには、ルーターを購入して設置しますので、それまではチョット面倒ですが、ネットに接続するたびに、接続操作と切断操作を行うように、説明をして、再度訪問することにしました。
勿論、何故そのような面倒なことを、しなければならないかも、説明して納得していただきました。

トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント