CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«VAIO typeF をアンドロイドPCに | Main | VAIO typeF をアンドロイドPCに»
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
このブログをSNSで紹介
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新トラックバック
月別アーカイブ
VAIO typeF をアンドロイドPCに [2018年08月25日(Sat)]
前置きが長かったですが、VAIO typeF VGN-FE53B/W にアンドロイドをインストールした手順です。

Android のインストールディスクは、下記サイトから「android-x86-7.1.ios」をダウンロードして、isoファイルからディスクを作成
http://www.android-x86.org/

パーティションを構成するための、GParted のダウンロードページは、下記ページ
gparted-live-0.31.0-1-i686

先に紹介したサイトでは、インストール用にUSBメモリを使っていますが、私は、どちらもディスクに焼いて、それからインストールを実施。

まず、Gparted Live ディスクを起動して・・・。
IMG_0256s.jpg

スタート画面は起動するが、一番上の「Defalt settings」では実行できないかった。
上から、3番目の「Other modes of GParted Live」を選択。
その次の画面では・・。
IMG_0261s.JPG

「GParted Live (safe graphic settings vga=normal)」を選択。
vga画面で文字が大きく出た。
I
IMG_0262s.JPG

そのまま、「Enter」で進むと・・・。
IMG_0263s.JPG

言語をどうするか聞いてくるので、「15」を入力して、「x」で進むと、「Gparted Live」が起動する。
IMG_0264s.JPG

ここで、すべてのパーティションを一旦削除して、
上部メニューの「New」をクリックして、「新しいサイズ」に「200」と入力して「ファイルシステム」を「fat32」に設定して「+Add」をクリック。

残りの未割り当て領域を選択して、再度「New」をクリックすると、残りのディスク容量が「新しいサイズ」に表示されているので、そのまま「ファイルシステム」を「ext4」にして「+Add」をクリック。
設定が完了したら最後に「Apply」をクリックして反映させる。
フォーマットが完了したら「fat32」のパーティションを選択して、コンテキストメニューから「フラグを編集」をクリック。
「boot」と「esp」にチェックを入れて「close」。

詳しくは、下記ページを参照ください。
https://eizone.info/android-x86-7-1/

「Exit」をダブルクリックして、「Shutdown」で終了。

長くなったの、この続きは、また後で・・。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1383613

コメントする
コメント