CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«動作も遅いVista マシン | Main | HDD交換 解決編»
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
このブログをSNSで紹介
Google

Web全体
このブログの中
カテゴリアーカイブ
最新トラックバック
月別アーカイブ
HDD交換 [2016年08月03日(Wed)]
HDDを交換してほしいということで、持ち込まれました。
ご自分で、しようとしたそうですが、上手く出来ないということでした。

パソコンは、HP Conpaq 8100 Elite SFF PC
i5のCPUですから、Win10でも十分対応できるでしょうが、オーナーさんはWin7でそのまま使いたいということでした。

中古で買ったということで、リカバリディスク等もなかったということでした。
まあ、クローンで簡単に交換できるだろうと、思ったのですが、これが一苦労、いや二苦労でした。

交換の前に、ディスクの状態を見てみると・・・。
DiskInfoS.PNG

使用回数:675回
使用時間:60067時間
「注意」ですけど、それほど悪くなさそうですが、使用時間が6万時間とはチョット信じがたい。
7年間ぐらい、廻りぱなし。??
この子は、2010年生まれなのに・・・。
ディスク管理画面で見ても、隠しパーティションもなく、DtoDでのリカバリもできない。

玄人志向の「KURO-DACHI/CLONE/U3」にセットして、コピーSWをポチとして、出かけました。

IMG_4123s.JPG

ところが、帰ってくると、敢え無く失敗していた。

それでは、「HD革命」で作成するかとセットしたら、2時間もしないで・・。
IMG_4135s.JPG

これまた、「ディスクの読み込みエラー」で止まってしまった。

オーナーさんの話では、データ等はバックアップをしっかりとってあるので、とにかく、OSだけ動けばいいということでした。
とはいうものの、できれば、今の状態でHDDを乗せ換えたいですよね。

それでは、イメージを作成できないかと、チャレンジしてみたが、やはり、どこかのファイルが壊れているようで、これも、失敗しました。

こうなると、Win7のインストールディスクからインストールするしかないですね。
COAシールはしっかり張られており、プロダクトキーもしっかり読めますから、認証もできそうです。

ということで、仕方なくインストールディスクからインストールして、認証もCOAシールのプロダクトキーを入力したら、すんなりと認証されました。

system2s.png


ここでホットしたのは、良かったのですが、その後またいろいろありました。
この続きは、またあとで・・・。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント