CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

東大手の会のblog

東大手の会は、東海地域のNPO/NGOなどの民間非営利組織で有給職員として働く若手スタッフを中心に、2005年11月に結成しました。所属団体内では、悩みを共有できる同世代がいない、研修機会を持つことが難しい等の課題を抱えたスタッフが、団体を離れて自ら相互学習型ネットワークを形成し、現場で今困っているテーマを学習したり、同じ環境にいるスタッフ同士で交流する機会を提供しています。


<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
研ちゃん
バーチャルメンバー (06/29) ムサシ
バーチャルメンバー (06/20) ムサシ
バーチャルメンバー (06/19) 相互リンクサイト「五月雨リンク」
「ホッ♪」と茶屋の5月開店日記 (05/28) 通りすがり
「ホッ♪」と茶屋の4月開店日記  (05/24) sally
「ホッ♪」と茶屋のプレオープン (03/30) 井田
「ホッ♪」と茶屋のプレオープン (03/29) 小牧チーム 野菜担当
ドタバタな忘年会♪ (12/29) 研ちゃん
ドタバタな忘年会♪ (12/22) sally
東大手の会の忘年会について (12/17)
最新トラックバック
東大手サロン【第42回】ノン・プロフィット×ノン・ソーシャルな生き方を語る 開催のご案内 [2019年07月29日(Mon)]
■東大手サロン【第42回】 開催のご案内

○東大手サロンとは
東大手サロンは、東海地域のNPO/NGOを中心とした民間非営利組織のスタッフ・役員で作るネットワーク「東大手の会」が、協働・連携オフィス「地域資源長屋なかむら」を会場に実施する交流企画です。地域や社会の課題解決に取り組む方を話題提供者としてお招きし、お話を聞きながら交流します。

【日 時】2019年8月22日(木)19時〜21時
【会 場】地域資源長屋なかむら・共同会議室(名古屋市中村区本陣通5丁目6番地1)
【定 員】15名
【参加費】1,000円
【参加対象】話題に関心のある方ならどなたでも

【話 題】ノン・プロフィット×ノン・ソーシャルな生き方を語る

【話題提供】戸上昭司さん(NPO法人起業支援ネットほか)
1973年大阪生まれ。1995年阪神淡路大震災に被災していながらボランティアにいそしむ。1996年大学院進学を機に名古屋へ。大学院を休学(その後退学)し、若干のニート期間を経て、理念型事業(NPO、コミュニティビジネス、CSR等)の支援を始める。2012年福島に移住し、東日本大震災後の現地NPO活動を支援。2015年奈良に移住。現在、起業支援ネットを通じて身の丈起業の支援に取り組む傍ら、個人としても、理念を軸にした身の丈の働き方・生き方の支援に取り組む。

【主なトピック】
・NPOに関わるようになったきっかけ
・お金のためでも社会のためでもない生き方
・今の社会をどうとらえているか。自分が20〜30代だった時との違いは
・これまでのキャリアをふりかえって感じること
・これからのNPO など

【聞き手】青木研輔(東大手の会・代表世話人)

<申込方法> ※下記内容を、FAX または Email で連絡ください
所属団体/氏名/電話番号/Email/参加動機・ゲストへの質問

<申込先>
東大手の会
FAX 052-414-4684
Email higashiote@gmail.com

【主催】東大手の会
https://www.facebook.com/higashiote
※東海地域のNPO/NGOを中心とした民間非営利組織のスタッフ・役員で作るネットワークとして、NPO向けに研修・交流機会を提供。近年は、NPOに関する調査研究にも取り組んでいます。

↓チラシは、こちらからダウンロードしていただけます
チラシ.pdf
【報告】NPO/NGOバックオフィススペシャリスト養成研修 [2019年07月21日(Sun)]
【報告】NPO/NGOバックオフィススペシャリスト養成研修
第3講:NPO法人の会計・税務
第4講:給与計算・労務

日時:2019年7月21日(日)9:30-16:45
場所:岐阜商工会議所
主催:東大手の会(バックオフィスファームプロジェクト)
助成:地球環境基金

NPO法人の会計・労務実務は、報告相手が多様ということもあり、
事業規模の割には細かい・複雑な処理を求められます。
でもそれぞれにそのようにやらなくてはならない理由があるわけでして、簡素化にも限度がある。
一方、スタッフも兼務であったり、会計労務専門でフルタイム職員を雇用できたりするわけではない。
そういった中で、そうやったら適正にやれるかのリクツとコツを学びました。

NPOでボランタリーにやっているから仕方ない、ではなく
どうやったら法令順守、他からの情報公開要請にこたえられるか、
少しずつ進めるしかないところです。
【ご案内】「社会的インパクト評価」を活用した第1回助成申請相談会(キックオフセミナー)の参加者を募集します! [2019年07月17日(Wed)]
★当会の会員の所属団体が主催する企画についてのご案内です★

↓以下、ご案内になります
 NPO等の民間団体が行う公益活動を促進するため、国において、休眠預金を活用したNPO等への助成が今年度中に開始されます。

 この助成では、団体の活動が社会に与える変化を可視化して、これを検証する「社会的インパクト評価」*が求められます。そこで、愛知県では、NPOが「社会的インパクト評価」を実施して、休眠預金を活用した助成を始めとする様々な助成金を獲得できるよう、アドバイスを行う相談会を県内2地域(尾張・三河)で各3回開催します。

 今回、尾張地域の第1回はキックオフセミナーと称して、「社会的インパクト評価」の基礎を学ぶための講演と公開相談を実施します。
 NPOの皆様やNPO支援者の皆様の御参加をお待ちしています。

*社会的インパクト評価とは
 短期、長期の変化を含め、当該事業や活動の結果として生じた社会的、環境的な「変化」や「便益」等の「アウトカム(短期・中期・長期)」を定量的・定性的に把握し、当該事業や活動について価値判断を加える(評価を行う)こと。(休眠預金等交付金に係る資金の活用に関する基本方針(2018年3月30日 内閣総理大臣決定)より)

1 開催概要
(1)日時
   2019年8月31日(土曜日)午後1時30分から午後5時まで
(2)場所
   愛知県女性総合センター(ウィルあいち)2階 あいちNPO交流プラザ会議コーナー
  (所在地 名古屋市東区上竪杉町1、電話番号 052-961-8100)
(3)プログラム
 ア 講演
  ・社会的インパクト評価の基礎
   講師:一般財団法人CSOネットワーク常務理事 今田克司(いまたかつじ)氏
  ・助成金申請と社会的インパクト評価の関係について
   説明者:特定非営利活動法人ボランタリーネイバーズ職員
 イ 公開相談
   社会的インパクト評価公開相談(2団体程度)
   相談内容:団体が作成したロジックモデルの検証
(4)対象 NPO、NPO支援者
(5)定員 30名(公開相談会の相談団体は2団体程度)*先着順、要事前申込み
(6)参加費 無料

2 申込方法等
 8月27日(火曜日)までに、以下(1)〜(4)の事項を記載の上、郵送、メール又はFAXでお申し込みください。
 (1)氏名 (2)所属 (3)連絡先(電話番号、FAX番号又はメールアドレス)(4)希望する内容(ア:キックオフセミナーへの参加を希望、イ:公開相談会で相談を希望 ウ:助成金情報と9月以降の相談会情報メールマガジンの配信を希望(複数選択可))

3 今後の予定(別途募集)
 9月以降、休眠預金を活用した助成だけでなく、小規模助成や全国規模助成など様々な助成申請の相談にも対応する個別相談会を、尾張地域で2回、三河地域で3回開催します。開催日時、場所、申込方法等は、あいちNPO交流プラザや愛知県からの受託事業者(特定非営利活動法人ボランタリーネイバーズ)のWebページ等でお知らせします。
〈内訳〉
 尾張地域
 休眠預金を活用した助成申請に関する個別相談会 1回 
 福祉分野の助成申請に関する個別相談会 1回 
 三河地域
 少額の助成申請に関する個別相談会 2回 
 全国規模の助成申請に関する個別相談会 1回 

4 問合せ・申込先(愛知県からの受託事業者)
特定非営利活動法人ボランタリーネイバーズ
住   所 名古屋市東区東桜2-18-3,702
電話番号 052-979-6446(平日午前10時〜午後6時)
FAX番号 052-979-6448
メールアドレス vns@vns.or.jp
Webページ  http://www.vns.or.jp/

下記の申込フォームをご利用ください。または、必要事項をご記入の上、メールでお申し込みください。
【申込フォーム】http://mail-to.link/m7/3jgyut
【メールでの申込】
宛先:vns@vns.or.jp
件名:「社会的インパクト評価 基礎」参加申し込み
本文:掲題セミナーに申し込みます。
   お名前:
   ご所属:
   役 職:
   e-mail:
   お電話:
   (申込内容)当てはまるもの以外は削除してください。
   □8月31日キックオフイベント
   □8月31日キックオフイベント公開相談会
   □助成金情報・9月以降の助成金相談会情報メルマガ

<「社会的インパクト評価の基礎」の講師>
一般財団法人CSOネットワーク常務理事 今田克司(いまたかつじ) 氏
非営利組織の経営(日、米、南アフリカで代表理事、常務理事、事務局長、事務局次長の職を通算25年)を経験。社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブ共同事務局メンバー、日本NPOセンター理事、SDGs市民社会ネットワーク業務執行理事。

チラシ.pdf
「助成担当者のための実務セミナー」&「助成財団シンポジウム」in岐阜 開催のご案内 [2019年07月16日(Tue)]
★当会の会員の所属団体が主催する企画についてのご案内です★

◇  ◇  ◇

助成金に込められた「思い」「魂」考えたことありますか?

7月末の2日間にわたり、助成金に込められた「思い」や「魂」を学ぶ集まりが岐阜で開催されます。

7月25日(木)は、助成金を出す団体や自治体の実務担当者向けの「実務セミナー」。
7月26日(金)には、助成金に応募したい団体のための「シンポジウム」。

【実務セミナー】
「助成金を出す」団体の運営に関わっているみなさん!
その助成金「出すことが目的」になってしまっていませんか?
どうせ出すなら、その助成金に込められた魂を今一度考えてみませんか。そして、助成金を社会にとって「より有効に」「より効果的に」使ってもらうために必要なことを、一緒に学んでみませんか?
助成事業を実施する団体同士の情報、事業の成果や課題などをお互いに共有する、めったにない機会です。ぜひご参加ください。

セミナー「効果的な助成事業を行うために」
(講師:助成財団センター事務局長/プログラムディレクター 渡辺 元さん)

対 象 助成機関、企業、組合組織、非営利法人、行政などで、助成金や補助金の実務を担当されている職員の方など
定 員 30名(要申込・先着順)
参加費 無料

「助成担当者のための実務セミナー in 岐阜」(7/25、13:30-16:30)について詳しくは
  http://gifu-npocenter.org/2019/06/-in.html
  https://www.facebook.com/events/334935884090106/
   お申し込み用Webフォーム → https://forms.gle/d1AWmDuu229h29A78


【シンポジウム】
市民活動をしているほとんどの団体に関係するのが「助成金」です。ただ、多くの人は「どうやって申請書を書けばいいんだろう」「なかなか助成金が通らない」とお悩みのことかと思います。
今回のシンポジウムでは、助成金を出す団体の方たちにも参加していただき、助成する側の視点を学びながら、助成金に込められた魂を読み取り、そこに共感して申請書に仕上げていくポイントを学ぶことができます。
助成団体との交流の時間もあるので、そうした団体の担当者と直接お話しし、名刺交換ができる貴重なチャンスです。
助成財団や他の市民活動団体と交流しながら、各助成金の趣旨や特徴、申請のポイントやヒントを得ましょう!

対 象 NPOやボランティア団体、助成機関の役職員など、ご関心のある方はどなたでも
定 員 80名(要申込・先着順)
資料代 1,000円/名(税込、当日現金払い)
参加予定助成財団:トヨタ財団、三菱財団、損保ジャパン日本興亜福祉財団、日本郵便、読売光と愛の事業団、シーズ・市民活動を支える制度をつくる会、助成財団センター、ぎふハチドリ基金、非営利組織評価センター  など

○基調講演「助成金の基礎を知る」
(講師:(認特)シーズ・市民活動を支える制度をつくる会 副代表理事 松原 明さん)
○事例報告「助成金等を活用して成果をあげた団体からの報告」


「助成財団シンポジウム in 岐阜」(7/26、13:30-18:30)について詳しくは
  http://gifu-npocenter.org/2019/06/-in-1.html
  https://www.facebook.com/events/1552868661515469/
   お申し込み用Webフォームは → https://forms.gle/pLhgBP1MawokPVgk9


<申込み・問合せ先> 
特定非営利活動法人ぎふNPOセンター
 岐阜市藪田南5-14-12 シンクタンク庁舎内
  Tel. 058-275-9739  Fax. 058-275-9738
  e-mail npo@gifu-npocenter.org
東大手サロン【第41回】不登校・引きこもり支援の20年〜当事者・支援者の視点から〜 開催のご案内 [2019年07月07日(Sun)]
■東大手サロン【第41回】 開催のご案内

○東大手サロンとは
東大手サロンは、東海地域のNPO/NGOを中心とした民間非営利組織のスタッフ・役員で作るネットワーク「東大手の会」が、協働・連携オフィス「地域資源長屋なかむら」を会場に実施する交流企画です。地域や社会の課題解決に取り組む方を話題提供者としてお招きし、お話を聞きながら交流します。

【日 時】2019年7月31日(水)19時〜21時
【会 場】地域資源長屋なかむら・共同会議室(名古屋市中村区本陣通5丁目6番地1)
【定 員】15名
【参加費】1,000円
【参加対象】話題に関心のある方ならどなたでも

【話 題】不登校・引きこもり支援の20年〜当事者・支援者の視点から〜

【話題提供】菅沼功さん(一般社団法人若者支援事業団代表理事)、菅沼和司さん(一般社団法人若者支援事業団理事)
公務員の家庭で育った兄弟。兄和司:高校入学後、ひきこもりになる。現在は若者の居場所の活動を行う。弟功:高校卒業後、フリーター、ニートになる。現在は子どもに関わるNPOで働く。

【主なトピック】
・社会の変化と「引きこもり」1999年〜2019年って、どんな時代だった?
・支援団体の支援のあり方のタイプ
・メディアでの引きこもりの取り上げられ方について
・自分たちが卒ひきこもりでも若者支援事業団を続けるわけ 
・「引きこもり」「不登校」は社会問題なのか など

【聞き手】青木研輔(東大手の会・代表世話人)

<申込方法> ※下記内容を、FAX または Email で連絡ください
所属団体/氏名/電話番号/Email/参加動機・ゲストへの質問

<申込先>
東大手の会
FAX 052-414-4684
Email higashiote@gmail.com

【主催】東大手の会
https://www.facebook.com/higashiote
※東海地域のNPO/NGOを中心とした民間非営利組織のスタッフ・役員で作るネットワークとして、NPO向けに研修・交流機会を提供。近年は、NPOに関する調査研究にも取り組んでいます。

↓チラシは、こちらからダウンロードしていただけます
チラシ.pdf
プロフィール

東大手の会さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/higashiote/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/higashiote/index2_0.xml