CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

東大手の会のblog

 東大手の会は、東海地域のNPO/NGOなどの民間非営利組織で有給職員として働く若手スタッフを中心に、2005年11月に結成しました。所属団体内では、悩みを共有できる同世代がいない、研修機会を持つことが難しい等の課題を抱えたスタッフが、団体を離れて自ら相互学習型ネットワークを形成し、現場で今困っているテーマを学習したり、同じ環境にいるスタッフ同士で交流する機会を提供しています。


<< 2018年08月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
研ちゃん
バーチャルメンバー (06/29) ムサシ
バーチャルメンバー (06/20) ムサシ
バーチャルメンバー (06/19) 相互リンクサイト「五月雨リンク」
「ホッ♪」と茶屋の5月開店日記 (05/28) 通りすがり
「ホッ♪」と茶屋の4月開店日記  (05/24) sally
「ホッ♪」と茶屋のプレオープン (03/30) 井田
「ホッ♪」と茶屋のプレオープン (03/29) 小牧チーム 野菜担当
ドタバタな忘年会♪ (12/29) 研ちゃん
ドタバタな忘年会♪ (12/22) sally
東大手の会の忘年会について (12/17)
最新トラックバック
地域のコモンズと評価に関する研究会:中間報告会 開催のご案内 [2018年08月17日(Fri)]
★当会の会員の関係団体が主催する標記の企画についてご案内させていただきます。

ーーーーーーーーーーーーーーー
「地域のコモンズと評価に関する研究会:中間報告会」

 年間700億円とも推計される「休眠預金」を活用した2019年秋の助成・貸付等開始にむけて、活用基本方針等の検討や社会的インパクト評価の普及促進が急速に進められています。
 一方で、地域を豊かにする「コモンズ」をどのように形成するか、という視点からの検討や問題点の指摘は十分になされてきていません。
 本研究会は、NPOや評価に関する基本的概念を捉え直した上で、真に地域のコモンズを形成しうるNPO運営・中間支援・評価の手段について、NPO・資金分配団体・自治体等の各セクターに問いかけることを目指して活動しています。2018年5月から3回の準備会を実施し、今回の中間報告会以降は一般公開で展開します。
 ご興味のある方は、ぜひご参加ください。

・日時 2018年8月26日(日)18:15〜20:45
・会場 ウィルあいち セミナールーム1
・参加費 1,000円(税込)

・プログラム
1)チェックイン
2)「社会的インパクト評価」の考え方・あり方:
 今田克司(一般財団法人CSOネットワーク 代表理事/認定特定非営利活動法人日本NPOセンター 副代表理事)
3)共通言語・問題意識の共有:
 津富宏(静岡県立大学 教授/NPO法人青少年就労支援ネットワーク静岡 理事長)
4)グループディスカッション
5)チェックアウト

・定員 40名(先着順)

・お申込
下記URLから申込ください。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeTd2jji8rBrSpbi-8qKhsIxKgqnvjuKkRrSkwoKqti-yp0mQ/viewform?usp=sf_link

・地域のコモンズと評価に関する研究会 準備会メンバー(50音順)
青木研輔 (東大手の会 代表世話人)
小池達也 (フリーランス/東海若手起業塾 事務局長)
田口裕晃 (NPO法人名古屋NGOセンター 事務局スタッフ)
津富宏 (静岡県立大学 教授/NPO法人青少年就労支援ネットワーク静岡 理事長)
中尾さゆり (税理士)
野尻智周 (NPO法人ぎふNPOセンター 理事・事務局長)
山崎恵美子 (准認定ファンドレイザー)

その他、NPO役職員、中間支援組織役職員、行政職員、弁護士、学生など

・お問い合わせ
localcommons.evaluation@gmail.com

・WEB広報用URL
https://peraichi.com/landing_pages/view/localcommonsevaluation

以上
報告:NPO/NGOバックオフィス基礎講座inみえ [2018年08月05日(Sun)]
NPO/NGOバックオフィス基礎講座inみえ

日時:2018年8月5日(日)13:00−16:30
場所:みえ市民活動ボランティアセンター
主催:東大手の会
助成:地球環境基金
講師・内容:
オリエンテーション
NPO法人の会計・税務【基礎講義】〜業務の「リクツ」編〜黒田朱里さん
NPO法人の会計・税務【実務講座】〜業務の「コツ」編〜森健輔さん

ミニワーク・ざっくばらんに現場トーク

三重で初開催。三重県の北の方から南の方まで、各地の方にご参加いただきました。

次回は2週間後、労務編開催します。ぜひご参加ください。
http://blog.canpan.info/higashiote/archive/241
基礎講座第2回(給与計算・労務)
【日時】8/26(日)13時〜16時30分
【会場】みえ市民活動ボランティアセンターミーティングルームA、B(三重県津市羽所町700)
【講師】池田幸代氏(社会保険労務士)、森建輔氏(バックオフィス業務オーガナイザー)

IMG_0002.JPG

IMG_0003.JPG
東大手サロン【第31回】市民活動支援の仕事 〜岐阜編〜「地方での中間支援の継続を考える」 [2018年07月25日(Wed)]
■東大手サロン【第31回】 開催のご案内

○東大手サロンとは
東大手サロンは、東海地域のNPO/NGOを中心とした民間非営利組織のスタッフ・役員で作るネットワーク「東大手の会」が、協働・連携オフィス「地域資源長屋なかむら」を会場に実施する交流企画です。地域や社会の課題解決に取り組む方を話題提供者としてお招きし、お話を聞きながら交流します。

【日 時】2018年8月23日(木)19時00分〜21時00分
【会 場】地域資源長屋なかむら・共同会議室(名古屋市中村区本陣通5丁目6番地1)
【定 員】15名
【参加費】1,000円
【参加対象】話題に関心のある方ならどなたでも

【話 題】市民活動支援の仕事 〜岐阜編〜「地方での中間支援の継続を考える」

【話題提供】
野尻 智周さん(特定非営利活動法人ぎふNPOセンター理事・事務局長)
1972年岐阜市生まれ。山歩きを趣味とし、趣味を発展させる!ため、大学では森林を専攻し「森林と人の関わり」をテーマに研究に取り組む。大学卒業後は環境調査、ワークショップの運営等々をしながら何とか食つないでいる。

【主なトピック】
・中間支援団体で働き始めたきっかけ
・中間支援の仕事とは何か。これまでの経験を振り返って
・地方での中間支援の継続には何が必要か
・中間支援の課題 など


【聞き手】青木研輔(東大手の会・代表世話人)

<申込方法> ※下記内容を、FAX または Email で連絡ください
所属団体/氏名/電話番号/Email/参加動機・ゲストへの質問

<申込先>
東大手の会
FAX 052-414-4684
Email higashiote@gmail.com

【主催】東大手の会
https://www.facebook.com/higashiote
※東海地域のNPO/NGOを中心とした民間非営利組織のスタッフ・役員で作るネットワークとして、NPO向けに研修・交流機会を提供。近年は、NPOに関する調査研究にも取り組んでいます。

↓チラシは、こちらからダウンロードしていただけます
チラシ.pdf
報告:税財源×NPOがひらく市民活動のフロンティア [2018年07月18日(Wed)]
税財源×NPOがひらく市民活動のフロンティア

日時:2018年7月18日(水)18:30-20:30
場所:あいちNPO交流プラザ
ゲスト:山田健一郎さん(公益財団法人佐賀未来創造基金・理事長)
    渡邊弥里さん(名古屋市市民経済局地域振興部市民活動推進センター・主査)
コメンテーター:関口宏聡さん(認定特定非営利活動法人シーズ・市民活動を支える制度をつくる会・代表理事)

マニアックなテーマ、平日夜にもかかわらず、大勢の方にお集まりいただきました。

最後の関口さんのコメントより
1)NPOと地方自治体は相性が良い。地方自治体の独自性・条例指定など一緒に考えていける
2)補助金は助成金は誰かが審査する/寄附税制は市民が自ら選び、多様性や想いをダイレクトに伝えられる
3)目的税の創設(森林税・出国税)、企業版ふるさと納税、日本版エリアマネジメント制度、負担金や協力金など、いろいろなやり方がある

公益財団法人佐賀未来創造基金:http://www.saga-mirai.jp/

名古屋市企業寄附促進税制:http://www.city.nagoya.jp/zaisei/page/0000104243.html

●質疑応答をまとめました
IMG_9935.JPG
NPO納涼会2018 〜セクター横断異業種交流会〜 [2018年07月11日(Wed)]
■NPO納涼会2018 〜セクター横断異業種交流会〜

NPO関係者同士は、もちろん、NPOと企業や行政など他の業界で活躍する皆さんとの親睦を深める納涼飲み会です。どなたでも、参加していただけます。楽しい時間を共有し、親交を深めましょう!

【日時】2018年9年12日(水)19:00〜21:00 ※18:45開場
【参加費】3,500円(飲み放題付、料理全8品)
【参加対象】誰でもご参加いただけます
【定員】150名

【会場】中国料理 シルクロード 名駅店
※会場の様子 https://n073403.gorp.jp/
【住所】名古屋市中村区名駅3-8-13 ファーストKHビル1F
【会場TEL】052-561-9888
【アクセス】地下鉄東山線名古屋駅ユニモール10番出口 徒歩3分

【アピールタイム】活動紹介、イベントの案内などを参加者の前でPRできるアピールタイムを設けます。

【主催】東大手の会

○チラシ類の配布について ぜひ、パンフレットやチラシをお持ちよりください。スペースの都合上、配架する場所は設けませんが、会場内で自由に参加者に配布していただけます。

<申込・お問い合わせ>
東大手の会 (青木)
TEL 090-6618-0369
FAX 052-414-4684
Email higashiote@gmail.com

★参加申し込みフォームからお申込みください★
https://goo.gl/forms/oqQI89qDlRdQvkkv1

↓参加申し込みフォームの利用が難しい方は、下記内容を、FAX または Email で連絡ください
============================================
NPO納涼会2018
- 参加申込書 -
============================================
NPO納涼会に申し込みます。
【お名前】
【ご所属】
【電話】
【メール】
【メッセージ欄】
※遅刻される等、事前に伝えたいことがあればご記入ください
※お名前とご所属(ある場合)を当日配布の参加者名簿に記載してもよろしいですか? 可( )否( )
※上記の必要事項を記入し8月15日(水)までに、御出欠の返信をお願いいたします。

○東大手の会について
https://www.facebook.com/higashiote
※東海地域のNPO/NGOを中心とした民間非営利組織のスタッフ・役員で作るネットワークとして、NPO向けに研修・交流機会を提供。近年は、NPOに関する調査研究にも取り組んでいます

↓チラシは、こちらからダウンロードしていただけます
チラシ.pdf
報告:NPO/ NGOバックオフィススペシャリスト養成研修 第1回バックオフィス概論・NPO法人運営の実務 [2018年07月07日(Sat)]
NPO/ NGOバックオフィススペシャリスト養成研修
第1回バックオフィス概論・NPO法人運営の実務

日時:2018年7月7日(土)13:15-16:45
場所:ウィンクあいち1110
主催:東大手の会(バックオフィスファームプロジェクト)
助成:地球環境基金

リクツ担当:中尾さゆり氏(税理士)
コツ 担当:森建輔氏(バックオフィス業務オーガナイザー)
でのバックオフィススペシャリスト養成講座でした。

現場と〜くでは、実務上の細かい”気になる”ポイントが出てきました。
こういうみんなでの学びあいもいいものですね。

●次回以降の講座はこちらから
http://blog.canpan.info/higashiote/archive/238

IMG_9888.jpg

IMG_9887.jpg
社会的インパクト評価 丸ごと研修 開催のご案内 [2018年07月03日(Tue)]
★当会の会員の関係団体が主催する標記の企画についてご案内させていただきます。

↓以下、ご案内になります。
「休眠預金を活用した助成」が間もなくスタートします。
この助成では、NPO活動が社会に与える成果を把握し、
評価する「社会的インパクト評価」を実施が求められます。
そこで愛知県では、NPOとその支援者向けの研修を実施します。

休眠預金による助成を当面考えていなくても、これを機に
「社会的インパクト評価」を学ぶことで、
事業を改善し、外部の資源や協力を獲得する力を高めませんか?

======================================
社会的インパクト評価 丸ごと研修
〜4回シリーズ、今を機会に身につけよう〜
=======================================

〜研修を通して、こんな悩みを整理しませんか?〜
【NPOの皆さん】
□「事業の成果はなに?」と聞かれてもうまく説明ができない
□ 何のための事業なのか、団体内でも共有しきれていない
□ 活動の先に何があるのかが見えず、将来が少し不安

【支援者 市民活動センター、行政職員、プロボノの皆さん】
□ 休眠預金制度に備え、社会的インパクト評価を知りたい
□ NPOと、行政・企業との協働をつなげるストーリーを探りたい
□ NPOが事業を改善する時の壁を一緒に考えて支援したい

--------------------------------------------------------------------
1 社会的インパクト評価を知る
基調講演「社会的インパクト評価とNPO活動の発展」
●7/26(木)14時〜17時
●あいちNPO交流プラザ/定員70名
       ▼
講師:静岡県立大学国際関係学部教授 津富 宏 氏
   公益財団法人日本財団 藤田 滋 氏
--------------------------------------------------------------------
2 成果を説明する「ロジックモデル」を学ぶ
※いずれかご都合のよい回に/13時〜17時
●8/21(火)半田市市民交流センター ホール
●8/25(土)刈谷市社会教育センター 301研修室
●8/27(月)あいちNPO交流プラザ 会議コーナー
●定員:各会場20名
       ▼
講師:NPO法人日本ファンドレイジング協会
常務理事兼事務局長 鴨崎 貴泰氏(第3回も)
-------------------------------------------------------------------
3 成果を確認する「指標としくみ」をつくる
※いずれかご都合のよい回に/13時半〜16時半
●9/8(土)刈谷市社会教育センター 301研修室
●9/11(火)半田市市民交流センター ホール
●9/12(水)あいちNPO交流プラザ 会議コーナー
●定員:各会場20名
-------------------------------------------------------------------
4 現場での活用方法を想定した振り返り
●10/19(金)10時〜12時半/13時半〜16時
●あいちNPO交流プラザ
●定員:午前30名 午後50名
       ▼
講師:特例認定NPO法人アカツキ代表理事 永田 賢介氏
-------------------------------------------------------------------

<申込方法等>
下記を記載の上、郵送・メール・FAXでお申込みください
--------------------------------------------------------------------------------------------
1 氏名 
2 所属 
3 連絡先(電話番号、FAX番号、メールアドレス) 
4 参加希望の回、会場 (第4回は午前・午後の参加希望も)
----------------------------------------------------------------------------------------------
下記の申込フォームもご利用になれます。
https://goo.gl/forms/fxWhM1myX2ZUD1vI3

●申込期限:平成30年7月20日(金曜日)
 ただし第2回以降は、各研修の1週間前まで受け付けます。
4回連続の出席を原則としますが、御都合がつかない場合は、
その旨、御記入ください。

<参加費> 無料

<問合せ・申込先(愛知県からの受託事業者)>
特定非営利活動法人ボランタリーネイバーズ(担当:三島、中尾)
住所 名古屋市東区東桜2-18-3,702
電話 052-979-6446 FAX 052-979-6448 E-mail vns@vns.or.jp

<社会的インパクト評価とは>
 短期、長期の変化を含め、当該事業や活動の結果として生じた
社会的、環境的な「変化」や「便益」等の「アウトカム
(短期・中期・長期)」を定量的・定性的に把握し、当該事業や
活動について価値判断を加える(評価を行う)こと。
--

↓チラシは、こちらからダウンロードしていただけます
チラシ.pdf
CRCDFフォーラムNo.1 “ NPO等民間公益活動への資金の流れをどうつくるか! ” 開催のご案内 [2018年06月29日(Fri)]
★当会の会員の関係団体が主催する標記の企画についてご案内させていただきます。

一般財団法人中部圏地域創造ファンド(CRCDF)フォーラムNo.1
“ NPO等民間公益活動への資金の流れをどうつくるか! ”

NPO等民間公益活動に対して、資金助成の仕組みをつくるために
あいちモリコロ基金の経験をどのように活かすのか!
休眠預金等活用制度をどのように活用するのか!
地域の資源(志)をどのように活かすのか!
NPO法の20年を振り返りつつ、これからを展望する

日時:平成30年8月5日(日)午後1時30分〜4時30分(受付:午後1時から)
会場:名古屋国際センター・別棟ホール(150名) *名古屋市中村区那古野1-47-1
参加費:2,000円〈申込:先着順〉

●一般財団法人中部圏地域創造ファンドは、あいちモリコロ基金の後継基金として、NPO等民間公益活動の発展を支援し地域や社会の課題を解決するために平成30年2月15日に設立されました。

プログラム
■ 13:30 主催者挨拶:中部圏地域創造ファンド理事長 稲垣隆司

■ 13:35 基調講演
講 師:萩原なつ子(休眠預金等活用審議会委員、(特)日本NPOセンター副代表理事、立教大学教授)
テーマ:休眠預金等活用制度の基本方針について〜休眠預金等活用審議会での論点〜

■ 14:40 中部圏地域創造ファンドの紹介:中部圏地域創造ファンド理事 大西光夫

■ 15:00 パネルディスカッション

・パネリスト
萩原なつ子(基調講演者)
松井真理子((特)みえNPOネットワークセンター代表理事、市民社会研究所代表、四日市大学教授)
加藤 義人(三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株)政策研究事業本部執行役員)

・コメンテーター
雨森 孝悦(モリコロ基金運営委員、日本福祉大学教授)
鵜飼 宏成(一宮市市民税1%寄付制度審査委員長、(特)起業支援ネット理事、愛知学院大学教授)

・コーディネーター
後藤 澄江(モリコロ基金運営委員会副委員長、東海社会学会会長、日本福祉大学教授)

■ 16:30 閉会

主 催 一般財団法人中部圏地域創造ファンド
共 催 (特)ぎふNPOセンター、(特)みえNPOネットワークセンター、(特)浜松NPOネットワークセンター、(特)長野県NPOセンター、(特)ボランタリーネイバーズ

============================================
8月5日「CRCDFフォーラム」
- 参加申込書 -
============================================
お名前:
所属・団体名:
電話:
Email:

※申込書はホームページからもダウンロード出来ます。
【参加申込・問合せ】
(一財)中部圏地域創造ファンド
460-0002 名古屋市中区丸の内3-5-16 愛知県林業会館2F
電話:052(228)0350 FAX:052(228)0360
Email:crcdf@crcdf.or.jp URL:http://www.crcdf.or.jp

↓チラシはこちらからダウンロードしていただけます
チラシ.pdf
報告:第29回東大手サロン 政治学者が主権者教育にこだわる理由 [2018年06月28日(Thu)]
第29回東大手サロン 政治学者が主権者教育にこだわる理由

日時:2018年6月28日(木)19:00-21:00
場所:地域資源長屋なかむら
ゲスト:三浦哲司氏(名古屋市立大学)

やはり学者さんの話!
根拠となるものや使えるツールの紹介が盛りだくさんでした。

●本日の流れ
@ 若者の政治参加をめぐる状況
A 名古屋市立大学電主権者教育の取り組み
B 主権者教育の今後の方向性

●三浦氏から紹介のあった、主権者教育に使えるツール等
・主権者教育を通じて、若い人に社会に関心を持ってもらいたい

・教育と政治
44年通知「望ましくない」⇒27年通知「望ましい」

・総務省 文部科学省
「私たちが拓く日本の未来 有権者として求められる力を身に付けるために」http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/shukensha/1362349.htm

・投票率の推移 総務省HP  http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/news/sonota/nendaibetu/

・主権者教育≠投票者教育
文科省「主権者教育の推進に関する検討チーム」
総務省「主権者教育の推進に観する有識者会議」

・「未来カルテ」
http://opossum.jpn.org/news/2018/04/06/455/
こういうものをつかって、今と2040年(大人になったとき)を比較してみると、話題が広がります。
★開催中止★ 東大手サロン【第30回】災害救援NPOでの活動を通じて培った私のキャリア [2018年06月26日(Tue)]
★平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼を申し上げます。
この度、話題提供をお願いししている浦野愛さんが、豪雨被害に対する支​援活動のため、イベント当日にお時間をいただくことが難しいため、東大手サロン【第30回】の開催を中止させて頂くこととなりました。
ご参加を予定されておりました皆様にはご迷惑をお掛けいたしますことを深くお詫びいたします。何卒ご理解とご了承を賜りますようお願い申し上げます。★

■東大手サロン【第30回】 開催のご案内

○東大手サロンとは
東大手サロンは、東海地域のNPO/NGOを中心とした民間非営利組織のスタッフ・役員で作るネットワーク「東大手の会」が、協働・連携オフィス「地域資源長屋なかむら」を会場に実施する交流企画です。地域や社会の課題解決に取り組む方を話題提供者としてお招きし、お話を聞きながら交流します。

【日 時】2018年7月24日(火)19時00分〜21時00分
【会 場】地域資源長屋なかむら・共同会議室(名古屋市中村区本陣通5丁目6番地1)
【定 員】15名
【参加費】1,000円
【参加対象】話題に関心のある方ならどなたでも

【話 題】災害救援NPOでの活動を通じて培った私のキャリア

【話題提供】
浦野愛さん(認定NPO法人レスキューストックヤード常務理事)
1976年静岡県生まれ。 阪神・淡路大震災では、同朋大学の学生が設立した支援サークル「同朋大学ボランティアネットワーク」に所属し、被災者支援にあたった。卒業後、特別養護老人ホームデイサービスセンターで寮母として勤務したのち、レスキューストックヤードの設立と同時に事務局スタッフとなり、2004年度より事務局長、2009年度より常務理事を務める。社会福祉士。

【主なトピック】
・NPOで働き始めたきっかけ
・NPOでどのようにキャリアを培ってきたか
・今後、目指すキャリアは何か など

【聞き手】青木研輔(東大手の会・代表世話人)

<申込方法> ※下記内容を、FAX または Email で連絡ください
所属団体/氏名/電話番号/Email/参加動機・ゲストへの質問

<申込先>
東大手の会
FAX 052-414-4684
Email higashiote@gmail.com

【主催】東大手の会
https://www.facebook.com/higashiote
※東海地域のNPO/NGOを中心とした民間非営利組織のスタッフ・役員で作るネットワークとして、NPO向けに研修・交流機会を提供。近年は、NPOに関する調査研究にも取り組んでいます。

↓チラシは、こちらからダウンロードしていただけます
チラシ.pdf
| 次へ
プロフィール

東大手の会さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/higashiote/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/higashiote/index2_0.xml