CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

東大手の会のblog

 東大手の会は、東海地域のNPO/NGOなどの民間非営利組織で有給職員として働く若手スタッフを中心に、2005年11月に結成しました。所属団体内では、悩みを共有できる同世代がいない、研修機会を持つことが難しい等の課題を抱えたスタッフが、団体を離れて自ら相互学習型ネットワークを形成し、現場で今困っているテーマを学習したり、同じ環境にいるスタッフ同士で交流する機会を提供しています。


<< 2017年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
研ちゃん
バーチャルメンバー (06/29) ムサシ
バーチャルメンバー (06/20) ムサシ
バーチャルメンバー (06/19) 相互リンクサイト「五月雨リンク」
「ホッ♪」と茶屋の5月開店日記 (05/28) 通りすがり
「ホッ♪」と茶屋の4月開店日記  (05/24) sally
「ホッ♪」と茶屋のプレオープン (03/30) 井田
「ホッ♪」と茶屋のプレオープン (03/29) 小牧チーム 野菜担当
ドタバタな忘年会♪ (12/29) 研ちゃん
ドタバタな忘年会♪ (12/22) sally
東大手の会の忘年会について (12/17)
最新トラックバック
【記録】『あそびの生まれる場所』著者と一緒に考える〜公共の場をみんなの居場所にするには〜 [2017年08月18日(Fri)]
2017年6月25日(日)に開催した『あそびの生まれる場所』著者と一緒に考える〜公共の場をみんなの居場所にするには〜の記録を作成しました。以下より、ダウンロードしてご覧ください。

【記録】『あそびの生まれる場所』著者と一緒に考える.pdf
バックオフィスは、NPO/NGO活動の要と語る森建輔(バックオフィス業務オーガナイザー)さん [2017年08月14日(Mon)]
NPO/NGOで参加してみたいけど「スキルや経験、きっかけがない」と考えていませんか。活動者の熱量におされて「私の出番はない」と思っていませんか。

実は、「現場の活動なら得意なのに書類を見ると憂鬱になる…」という人や会計や労務などの事務局(バックオフィス)業務もちゃんと進めなければいけないのはわかっているけれど、「適任者がいない」「現場の活動で手一杯」という団体があります。

そうした悩みを抱えるNPO/NGOの皆さんのため、バックオフィスを担う人材を育て、人材が不足しているNPO/NGOとのマッチングを図る「バックオフィスファームプロジェクト」を企画しています。

バックオフィスファームプロジェクトの発案者の一人である森建輔さんは、バックオフィス業務オーガナイザーとして、現在7つのNPO/NGOのバックオフィスをフリーランスとして請け負っています。

団体のバックオフィス業務を担うことで、現場の活動がスムーズに動くようになることがうれしい。現場の活動が活発でスムーズな団体は、バックオフィスがしっかりしているはず。バックオフィスこそNPO/NGOの活動の要と森さんは語ります。

森建輔_バックオフィス.jpg

森さん以外にもNPO/NGO のバックオフィスの悩みを解決できる人材を育てるための第一歩として、NPO・NGOバックオフィス基礎講座を開催します。現在、参加の申し込みを受け付けています。

現場の活動は得意ではないけど、バックオフィスをやってみたいという皆さん、NPO/NGOのバックオフィスについて一緒に学び、バックオフィス支援の活動に参加してみませんか。

↓参加のお申し込みはこちらから
http://blog.canpan.info/higashiote/archive/179
東大手サロン【第20回】愛・地球博のおもてなしボランティアで学んだ市民活動支援のコツ 開催のご案内 [2017年08月02日(Wed)]
■東大手サロン【第20回】 開催のご案内

○東大手サロンとは
東大手サロンは、東海地域のNPO/NGOを中心とした民間非営利組織のスタッフ・役員で作るネットワーク「東大手の会」が、協働・連携オフィス「地域資源長屋なかむら」を会場に実施する交流企画です。地域や社会の課題解決に取り組む方を話題提供者としてお招きし、お話を聞きながら交流します。

【日 時】2017年8月24日(木)19時00分〜21時00分
【会 場】地域資源長屋なかむら・共同会議室(名古屋市中村区本陣通5丁目6番地1)
【定 員】15名
【参加費】1,000円
【参加対象】話題に関心のある方ならどなたでも

【話 題】愛・地球博のおもてなしボランティアで学んだ市民活動支援のコツ

【話題提供】後藤昭子さん(特定非営利活動法人ネットワーク・せとっこ・理事)
1994年から瀬戸市社会福祉協議会ボランティアセンターに8年間勤務、その傍ら、手話サークルせと、災害救援ボランティアせとに所属し、ボランティア活動を行う。その後、2004年国際博覧会推進課おもてなしボランティア事務局に勤務、2004年10月におもてなしボランティアコアスタッフの仲間とNPO法人ネットワーク・せとっこを立ち上げ、理事・事務局長に就任。2005年4月より瀬戸市市民活動センターを市より受託。センターの管理責任者として運営にあたり現在に至る。

【主なトピック】
・愛・地球博ボランティアが、地域社会と地域のボランティア活動にあたえた影響について
・おもてなしボランティアの活動が、市民活動センターでの活動につながった経緯
・市民活動センターの相談対応について
・中間支援、市民活動支援の役割
・ネットワークづくりの秘訣について

【聞き手】青木研輔(東大手の会・代表世話人)

<申込方法> ※下記内容を、FAX または Email で連絡ください
所属団体/氏名/電話番号/Email

↓チラシは、こちらからダウンロードしてください
東大手サロン170824ちらし.pdf

<申込先>
東大手の会 (青木)
TEL 090-6618-0369
FAX 052-414-4684
Email higashiote@gmail.com

【主催】東大手の会
https://www.facebook.com/higashiote
※東海地域のNPO/NGOを中心とした民間非営利組織のスタッフ・役員で作るネットワークとして、NPO向けに研修・交流機会を提供。近年は、NPOに関する調査研究にも取り組んでいます。
報告:東大手の会 バックオフィス部会第14回 フリーランス・事務局職員向け業務改善ワークショップ「アイディア出し100連発」 [2017年07月30日(Sun)]
■東大手の会 バックオフィス部会第14回
フリーランス・事務局職員向け業務改善ワークショップ「アイディア出し100連発」

【日時】2017年7月30日(日)13時30分〜15時30分
【会場】地域資源長屋なかむら共同会議室
【問題提起・コメンテーター】森健輔(バックオフィス業務オーガナイザー)
【ファシリテーター】中尾さゆり(税理士)

 本日はNPO/NGOの事務局職員やNPO/NGOに関わりのあるフリーランスを対象とした、いつもと少し違うバックオフィス部会でした。

◎まずは、自己紹介&参加した理由
IMG_7790.jpg

◎前半、悩みをかき出し、貼り付け、グルーピング
IMG_7788.jpg

◎後半、相互・お知恵拝借大会
IMG_7789.jpg

 すべてが一度に解決するわけではないけれど、
 同じような状況の人と話をして、
 ウチの知恵を相互に出し合うだけで、
 少しは楽になれる。

 少し楽になってできた「すきま」で今までできなかったことに取り組む準備ができる。

 そういうことの繰り返しのような気がします。
西川正さん講演会のふりかえり [2017年07月24日(Mon)]
西川正さん講演会のふりかえり

6月25日に開催した、
「遊びの生まれる場所」著者と一緒に考える
〜公共の場所をみんなの居場所にするには〜
について、会員有志でふりかえり会を開催しました。

類似の講演会は東京や浜松でも開催予定と聞いています。
西川さんのお話を聞いて、どう受け取ったか、今日は「参加者をお客様にしない」でノープランで場に集まった人で、おしゃべりしました。

今日のキーワード
・NPOの機能=コミュニティ形成機能、人材育成機能(負け犬たちのOnce Again)
・お客さんにしない⇔仕事化、サービス産業化、リスク管理
・指定管理者制度、福祉制度の広がり→サービス産業意識が強い。事業委託を受ける「ダケ」の方が楽⇔そのような施設は不要とされるのではないか。
・「みんなの居場所」になっていれば、市民が守ろうとする
・役割を作る発想力、自分たちで考える余地
・緊張している社会=失敗をさせない、許さない社会⇔冒険心・遊び心
・こどもの関わる事業の直営時代・委託時代の比較。オトナが先回りしてしまう
・サービス産業化を「選んできた」という事実
・子どもがいるから、自動的に地域とつながるわけではない
・子どもを媒介にした地域のつながり、入り口は役所だったりする
・共通の話題、安心できる場。その場のリーダー的な人の存在
・繋がりたい人と繋がりたくない人がいる
・自然に人に寄って行く人と寄れない人がいる
・テーマ別のコミュニティは属性に関係なく集まれる場
・とは言っても、そういう場に相応しくないという自己認識で、避ける人もいる
・「みんなの居場所」というのは成り立つのか?共通項のある人の集まりが多層的にあるのが現実的?

東大手の会 バックオフィス部会第14回 フリーランス・事務局職員向け業務改善ワークショップ「アイディア出し100連発」 [2017年07月14日(Fri)]
■東大手の会 バックオフィス部会第14回
フリーランス・事務局職員向け業務改善ワークショップ「アイディア出し100連発」

会員からの問題提起を受けての緊急開催。
どんどん増えていく業務はありがたいけれど、
家庭生活や自分の心身とのバランスが崩れそう、どうしたらいいの?
ということについて、課題共有と解決策のアイディア出しをします。

「たすけてー」という悲鳴をあげている方、
「私はこう乗り切ったよ」という経験をお持ちの方、
双方のご参加をお待ちしております。

○プログラム
【日時】2017年7月30日(日)13時30分〜15時30分
【会場】地域資源長屋なかむら共同会議室
【問題提起・コメンテーター】森健輔(バックオフィス業務オーガナイザー)
【ファシリテーター】中尾さゆり(税理士)
【参加費】1,000 円
【定 員】10 名
【参加対象】NPO/NGOの事務局職員やNPO/NGOに関わりのあるフリーランス

<申込方法> ※下記内容を、FAX または Email で連絡ください
所属団体/氏名/電話番号/Email

<申込・問い合わせ先>
東大手の会 (青木)
TEL 090-6618-0369
FAX 052-414-4684
Email higashiote@gmail.com
NPO法制定の意義に学び、NPOの今日的社会価値を創造するセミナー「NPO法の理念を学び、次代の活動への活かし方を考える」 [2017年07月10日(Mon)]
NPO法立法時の議論をふりかえり、NPO法制定の意義について理解を深め、市民が公共を担う意味を学びます。市民によるアドボカシー活動の成功事例であるNPO法制定に関するアドボカシーのプロセスを知り、今後の市民の公共への参加に活かします。NPOの今日的社会価値について共に考えましょう。

【日 時】2017年9月5日(火)15時00分〜18時00分
【会 場】ウィンクあいち1003(名古屋市中村区名駅4丁目4-38)
【参加費】2,000円 【定 員】70名
【参加対象】NPO役職員・ボランティア、行政NPO担当者、NPO支援に関わる専門家、NPO研究者、プロボノ希望者、社会のあり方について考えたい市民など

【プログラム】
○基調講演「NPO法制定の意義とは何か」
<講師>堂本暁子氏(元千葉県知事、元参議院議員)
<主な話題>
・NPO法制定の意義は何か
・次世代に伝えたいNPOの価値

○講義「NPO法改正のアドボカシー〜市民が制度を作る意味〜」
<講師>関口宏聡氏(NPO法人シーズ・市民活動を支える制度をつくる会・代表理事)
<主な話題>
・NPO法のアドボカシープロセス(2011年、2016年改正を中心として)
・市民の公共への参加

○パネルデイスカッション「NPOの今日的社会価値を考える」
<パネリスト>
堂本暁子氏
北村隆幸氏(NPO法人ぶうめらん代表理事)
川北輝氏(NPO法人津市NPOサポートセンター代表理事)
土井佳彦氏(NPO法人多文化共生リソースセンター東海代表理事)
<コーディネーター>
関口宏聡氏
<主な論点>
・NPOの社会価値とは何か
・NPOは市民の公共への参加をサポートできているか
・今後、NPOが社会の中で果たすべき役割は何か

○講師プロフィール
堂本暁子氏(元千葉県知事、元参議院議員)
1932年生まれ、東京都出身。東京女子大学文学部卒業。TBS報道局記者、ディレクターとして1980年、『ベビーホテル・キャンペーン』で日本新聞協会賞ほか受賞。1989年、参議院議員に当選。男女共同参画社会基本法、DV防止法、児童買春防止法、NPO法などの制定に関与。GLOBE(国際環境議員連盟)の日本総裁、世界総裁、IUCN(世界自然保護連合)アジア地域理事ならびに副会長を歴任。1997年、UNEP(国連環境計画)の『環境に貢献した25人の女性リーダー』に選ばれる。2001年から2期8年千葉県知事を務める。県民参加の県政を軸に、地方民主主義の確立を目指す。NPO政策や男女共同参画政策、障害者政策などに力を注いだ。2012年6月、防災や災害復興に関する政策提言活動が評価され、男女共同参画社会づくり功労者内閣総理大臣表彰を受賞。

関口宏聡氏(NPO法人シーズ・市民活動を支える制度をつくる会・代表理事)
1984年生まれ、千葉県佐倉市出身。東京学芸大学環境教育専攻卒。2007年からシーズに勤務し、NPO法等のアドボカシー・ロビー活動を担当。2011年や2016年のNPO法・税制改正の実現では市民側の中心的役割を果たした。

北村隆幸氏(NPO法人ぶうめらん代表理事)
岐阜県関市出身 1980年生まれ。名古屋大学大学院国際開発研究科修了。関市市民活動センター事務局長、特定非営利活動法人ぎふNPOセンター副理事長、岐阜医療科学大学非常勤講師

川北輝氏(NPO法人津市NPOサポートセンター代表理事)
大学卒業後、津市市民活動センター運営委員会(現:津市NPOサポートセンター)に事務局次長として就職。事務局長、フリーター、ニートを経て現職。好きな食べ物はカレー、蕎麦、納豆、バームクーヘン、麻婆豆腐。好きな言葉は「人生、万事塞翁が馬」。

土井佳彦氏(NPO法人多文化共生リソースセンター東海代表理事)
1979年、広島生まれ。大学で日本語教育を学び、卒業後、留学生や技術研修生らを対象とした日本語教育に従事。同時に、地域日本語教室にもボランティアとして参加。2008年、多文化共生リソースセンター東海の立ち上げに参画し、翌年の法人格取得とともに代表理事に就任。

↓参加のお申し込みは、FAX または Email で連絡ください
============================================
NPO法制定の意義に学び、NPOの今日的社会価値を創造するセミナー
- 申込みフォーム -
============================================
【お名前】
【ご所属】
【電話】
【メール】
【参加動機・講師への質問】

<申込・お問い合わせ>
東大手の会 (青木)
TEL 090-6618-0369
FAX 052-414-4684
Email higashiote@gmail.com

【主 催】東大手の会
※この事業は、あいちモリコロ基金の助成を受けて実施します。

↓チラシは、こちらからダウンロードできます
NPO法の理念を学び、次代の活動への活かし方を考えるチラシ0905.pdf
報告:NPO法制定の意義に学び、NPOの今日的社会価値を創造するセミナー 「NPOの社会的価値を考える〜市民社会論の視点から〜」 [2017年07月06日(Thu)]
NPO法制定の意義に学び、NPOの今日的社会価値を創造するセミナー
「NPOの社会的価値を考える〜市民社会論の視点から〜」

日 時:2017年7月6日(木)18時45分〜20時45分
会 場:あいちNPO交流プラザ会議コーナー2、3(名古屋市東区上堅杉町1 ウィルあいち2階)
講 師:坂本治也氏(関西大学法学部教授)
コーディネーター:青木研輔(東大手の会・代表世話人)
主 催:東大手の会
助 成:あいちモリコロ基金

詳細な報告は後日となりますが、参加者が早速メモを起こしてくださいました。
ぜひ、ご覧ください。
http://blog.canpan.info/sally_nakao/archive/2793

19756527_1555846307824096_8248254138967022931_n.jpg19702241_1555846314490762_717304668473642353_n.jpg19665651_1555846321157428_2453532305320930927_n.jpg19665471_1555846324490761_8147040871159282831_n.jpg
NPO納涼会2017 〜セクター横断異業種交流会〜 [2017年07月01日(Sat)]
■NPO納涼会2017 〜セクター横断異業種交流会〜

NPO関係者同士は、もちろん、NPOと企業や行政など他の業界で活躍する皆さんとの親睦を深める納涼飲み会です。どなたでも、参加していただけます。楽しい時間を共有し、親交を深めましょう!

【日時】2017年9年5日(火)19:00〜21:00 ※18:45開場
【参加費】4,000円(飲み放題付、料理全9品)
【参加対象】誰でもご参加いただけます
【定員】150名

【会場】パーティスペースCLOCHE BLANC クロッシュブラン
※会場の様子 https://www.hotpepper.jp/strJ001027667/appearance/
【住所】名古屋市中村区椿町8-3 丸一駅西ビル3F
【会場TEL】050-5861-5731
【アクセス】名古屋駅西口徒歩2分

【アピールタイム】活動紹介、イベントの案内などを参加者の前でPRできるアピールタイムを設けます。

【主催】東大手の会

○チラシ類の配布について ぜひ、パンフレットやチラシをお持ちよりください。スペースの都合上、配架する場所は設けませんが、会場内で自由に参加者に配布していただけます。
○同日午後開催のNPO法制定の意義に学び、NPOの今日的社会価値を創造するセミナーの講師も参加予定です。

<申込・お問い合わせ>
東大手の会 (青木)
TEL 090-6618-0369
FAX 052-414-4684
Email higashiote@gmail.com

↓下記内容を、FAX または Email で連絡ください
============================================
NPO納涼会2017
- 申込みフォーム -
============================================
NPO納涼会に申し込みます。
【お名前】
【ご所属】
【電話】
【メール】
【メッセージ欄】
※遅刻される等、事前に伝えたいことがあればご記入ください
※お名前とご所属(ある場合)を当日配布の参加者名簿に記載してもよろしいですか? 可( )否( )
※上記の必要事項を記入し8月31日(木)までに、御出欠の返信をお願いいたします。

○東大手の会について
https://www.facebook.com/higashiote
※東海地域のNPO/NGOを中心とした民間非営利組織のスタッフ・役員で作るネットワークとして、NPO向けに研修・交流機会を提供。近年は、NPOに関する調査研究にも取り組んでいます

↓チラシはこちらからダウンロードしていただけます
NPO納涼会2017ちらし.pdf
★会場を変更しました。ご確認ください。  NPO・NGOバックオフィス基礎講座 [2017年06月28日(Wed)]
※第1回から第3回までのすべての講座について、下記の通り、会場を変更し、定員を増員しました。各回とも会場が異なりますので、ご面倒をおかけし恐れ入りますが、必ずご確認いただきご参加いただいますようお願いいたします。

○変更後の会場
8/20(日)会場(第1回):IMYビル第2会議室(名古屋市東区葵3-7-14 IMYビル5階/地下鉄千種駅徒歩2分)
9/3(日)会場(第2回):あいちNPO交流プラザ会議コーナー1、2(名古屋市東区上堅杉町1 ウィルあいち2階/地下鉄市役所駅徒歩10分)
9/17(日)会場(第3回):名古屋市教育館第7研修室(名古屋市中区錦三丁目16番6号/地下鉄栄駅すぐ)

■NPO・NGOバックオフィス基礎講座

NPO・NGOの現場を会計・労務・法務などの「バックオフィス」の部分で支えるみなさんに、確かな知識と技術・ノウハウを身に着けていただくべく、3回連続の基礎講座を開講いたします。「見よう見まねで何とかやってきた…」「全く初めてのことで恐怖でしかない…」「ある程度わかってるつもりだけど、ほんとにこれでいいのかな…」など、疑問・不安を解決しましょう。

一つの団体に所属してバックオフィス業務を担当される方はもちろん、複数団体のバックオフィス業務に携わる方の参加も歓迎です。

○プログラム
 ◆第1回 8/20(日)14:30〜17:30
  【バックオフィス概論】・【その他(会員管理・業務効率化等)】
  講師:森建輔 さん(バックオフィス業務オーガナイザー)
  【NPO法人制度の実務】
  講師:矢内淳 さん(元 NPO法人市民活動支援機構ぼらんぽ 代表理事)
 ◆第2回 9/3(日)13:00〜16:00
  【会計・税務】
  講師:中尾さゆり さん(税理士)
 ◆第3回 9/17(日)14:30〜17:30
  【給与計算・労務】
  講師:木登茂子 さん(社会保険労務士)

○対象
 ・すでにNPO・NGOでバックオフィスを担当している方
 ・これからNPO・NGOでバックオフィスの担当になられる方
 ・外部からNPO・NGOのバックオフィス支援に取組む方
※特定非営利活動法人・一般社団法人・任意団体等を主な対象としています。社会福祉法人・公益社団法人・公益財団法人等は、主に法務・税務面において取扱が異なる場合がありますのでご留意ください。

○定 員:30名
○参加費:各回3,000円

○会 場(第1回):IMYビル第2会議室(名古屋市東区葵3-7-14 IMYビル5階/地下鉄千種駅徒歩2分)
○会 場(第2回):あいちNPO交流プラザ会議コーナー1、2(名古屋市東区上堅杉町1 ウィルあいち2階/地下鉄市役所駅徒歩10分)
○会 場(第3回):名古屋市教育館第7研修室(名古屋市中区錦三丁目16番6号/地下鉄栄駅すぐ)

○主 催:東大手の会
※独立行政法人環境保全再生機構 地球環境基金の助成を受けて実施しています。

○講師プロフィール
・矢内淳(元 NPO法人市民活動支援機構ぼらんぽ 代表理事)
2005年に公設民営のNPO支援センターのスタッフとなったことを皮切りに、NPOスタッフとして、施設の管理運営やボランティアやNPOに関する相談などに携わるとともに、NPO法人市民活動支援機構ぼらんぽ(2009年〜2015年)を通じて、NPOスタッフや支援センタースタッフ向けの各種研修会などの企画運営にも参画した。

・中尾さゆり(税理士)
特定非営利活動法人ボランタリーネイバーズ 理事・相談事業部長。認定特定非営利活動法人NPO会計税務専門家ネットワーク 理事。NPO法人会計基準協議会 専門委員。1999年より中間支援NPOのスタッフとしてNPOの会計支援に継続して取り組み、独自の支援プログラムを開発した。数千団体のNPOの計算書類を読み込んだ経験を持ち、NPOの会計帳簿作成、会計処理、助成金の会計報告、団体の決算などについて、年間100件以上の相談に応じている。自己肯定感の育まれる社会づくり、納得のいく意思決定を支援している。

・森建輔(バックオフィス業務オーガナイザー)
信用金庫勤務を経て、NPO・社会起業の世界へ。当初は起業家を志すも、自分には「一生をかけて取り組みたいと思うテーマがない…!」と気づく。一方で経理などの事務仕事は苦にならず、整理整頓・業務効率化などには「妙に燃える自分」にも気づく。2012年頃よりNPO等の経理支援を開始し、現在は複数事業所で経理・会計・給与計算・各種庶務の処理支援・処理代行、会員・顧客管理の仕組づくり等を行っている。実際の現場で確実に業務が回るための帳票・ツールのカスタマイズを得意とする。

・木登茂子(社会保険労務士)
1966年名古屋市西区出身。51歳。2014年に27年間務めた丸川製菓株式会社を退職して独立。2014年から1年間、名古屋東労働基準監督署 労働相談員として勤務。現在は中小企業の経営を労務の側面から支援するため、労務相談、就業規則作成、助成金申請、昇給制度・人事評価制度の作成、社会保険手続き代行、給与計算などを行う。

○お申込・お問合せ:FAXまたはE-Mailにて
●お名前:
●ご所属(あれば):
●E-Mail:
●受講する回をお知らせください:
 ・第1回
 ・第2回
 ・第3回
●当てはまるものをお知らせください:
  ・現在NPO・NGOに所属しバックオフィス業務を担当している
  ・これからNPO・NGOでバックオフィス業務を担当する予定がある
  ・外部からNPO・NGOのバックオフィス支援に取組んでいる(or予定がある)

<申込先>
東大手の会
FAX 052-414-4684
Email higashiote@gmail.com

↓チラシは、こちらからダウンロードしてください
NPO・NGOバックオフィス基礎講座ちらし.pdf
| 次へ
プロフィール

東大手の会さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/higashiote/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/higashiote/index2_0.xml