CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

東大手の会のblog

 東大手の会は、東海地域のNPO/NGOなどの民間非営利組織で有給職員として働く若手スタッフを中心に、2005年11月に結成しました。所属団体内では、悩みを共有できる同世代がいない、研修機会を持つことが難しい等の課題を抱えたスタッフが、団体を離れて自ら相互学習型ネットワークを形成し、現場で今困っているテーマを学習したり、同じ環境にいるスタッフ同士で交流する機会を提供しています。


<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
研ちゃん
バーチャルメンバー (06/29) ムサシ
バーチャルメンバー (06/20) ムサシ
バーチャルメンバー (06/19) 相互リンクサイト「五月雨リンク」
「ホッ♪」と茶屋の5月開店日記 (05/28) 通りすがり
「ホッ♪」と茶屋の4月開店日記  (05/24) sally
「ホッ♪」と茶屋のプレオープン (03/30) 井田
「ホッ♪」と茶屋のプレオープン (03/29) 小牧チーム 野菜担当
ドタバタな忘年会♪ (12/29) 研ちゃん
ドタバタな忘年会♪ (12/22) sally
東大手の会の忘年会について (12/17)
最新トラックバック
報告:「Npo・ngoバックオフィス基礎講座フォローアップ(基礎講座の内容のおさらい)」 [2017年10月22日(Sun)]
「Npo・ngoバックオフィス基礎講座フォローアップ(基礎講座の内容のおさらい)」を行いました。台風が迫る中で参加者はあまり多くなかったのですが、じっくりとお話をしました。

今後は月1回ペースで具体的なテーマに基づいて学習会を継続していきますので、
ぜひご参加ください。

次回:年末調整の段取り
日時:2017年11月19日(日)10:00-12:00
場所:地域資源長屋なかむら

***************
「Npo・ngoバックオフィス基礎講座フォローアップ(基礎講座の内容のおさらい)」
Npo・ngoバックオフィス実務スキル学習会

日時:2017年10月22日(日)10:00-12:00
場所:地域資源長屋なかむら

〇基礎講座のふりかえり
第1講:バックオフィス業務全体
・バックオフィスの範疇
・NPO法
第2講:NPO会計
第3講:労務(給与計算)

〇話題になったこと
・事業年度末前後の流れ、漏れがないように整理しておくことが大事
・NPO会計では事業区分をするところが独特(一般の会社ではそこまでしない)。
・代表やスタッフにお支払いするときのルール作りが難しい。給料?実費?
→まずはご本人の「持ち出し」をしなくて済む範囲で支払うルールを作ってはどうか?
・NPO法人の統計はない。中小企業などでは統計があるが。
 NPOの場合、資金の動きはないが、大きな動きをしているところもある。決算書だけでは実態を把握できない。
 NPOでやるとしたら、業種別(福祉など)に限ってやらないと統計的に優位な情報は出ないと思われる。
 行政は統計数値を取っていると思われるので、オープンソースとして公表し、民間で自由に活用できるとよい。意味があることができそう。
(事例紹介)
全国NPO会計担当者ネットワーク
http://www.npokaikei.com/book.html

愛知県
https://www.aichi-npo.jp/5_NPO_shien/1_aichiken/5_sonota_shiryo/23_zaimu/zaimu_houkokusyo.html

三重県*直近まで分析済
http://www.pref.mie.lg.jp/NPO/50204030636.htm

22555171_1678818245526901_7939239602782370067_n.jpg
地球環境基金のご担当者様がいらっっしゃいました [2017年10月20日(Fri)]
 東海地域の環境NPO等を支援するためにバックオフィス(会計・税務・労務・法務・会員管理等の事務局業務全般)を担う人材の育成を助成していただいています、地球環境基金のかたが事務所にいらっしゃいました。

 当日の様子を掲載していただきましたので、ご覧ください。
https://www.erca.go.jp/jfge/news/2017/171018_2.html
ジビエと若者と未来の関係 SHOガッコウ2017年度第2回勉強会 [2017年10月18日(Wed)]
【〜ジビエと若者と未来の関係〜参加者募集中!】

SHOガッコウ勉強会〜ジビエと若者と未来の関係〜

ジビエとは、狩猟で得た天然の野生鳥獣の食肉を意味するフランス語です。
日本でもフランス料理をはじめとして、多くの場所でジビエ料理を食べることができるようになってきました。
そんなジビエが、私たちの住む地域や社会、いまの生活と未来と関わっている・・・
なんてこと考えたことありますか?

若き猟師集団「猪鹿庁」長官 興膳健太さんを囲んで、少しだけ、
ジビエと若者と未来の関係について考えてみませんか?

※猪鹿庁 WEBサイト⇒http://inoshika.jp/


【開催日時】2017年11月9日(木)19:00〜20:30

【開催場所】ウインク愛知9階 905

【対象】18歳〜39歳まででテーマに興味のある方
※オーバーエイジの方のご参加もお待ちしております。

【定員】20名
※先着20名に、鹿肉ジャーキーをプレゼント!

【ゲスト】興膳 健太さん(猪鹿庁 長官)

福岡県出身。34 歳。福岡大学から岐阜大学地域科学部に編入し、まちづくり活動
について勉強していたとき岐阜県郡上市と出会う。そのとき知り合った移住者の
先輩たちや自然、文化に憧れて 2007 年に郡上市へ移住。「NPO 法人メタセコイ
アの森の仲間たち」の代表理事として、郡上ファン倍増計画と郡上で役に立つ人
材育成計画の 2 本柱で「ずっと暮らし続けられる郡上」を目指して活動を広げる。
子どもキャンプ事業や猟師事業などを立ち上げる。2009 年より里山保全組織「猪
鹿庁」を発足させ、猟師の 6 次産業化や獣害対策支援の活動が全国的な注目を集
める。2016 年に NPO の代表を降り、新たに「郡上里山株式会社」も設立。 里山
保全活動を軸に、郡上市の森林動物共生サポートセンターの運営や日本猪祭りな
ど企画運営を行っている。

◆当日のタイムスケジュール

18:30 受付開始
19:00 挨拶
19:05 興膳さんのお話
20:15 質問タイム
20:30 終了

【申込はこちら⇒http://www.kokuchpro.com/event/7a17da33826acebf35f3cf6dcf5f5f21/

【主催】特定非営利活動法人みえNPOネットワークセンター


【協力】東大手の会

※SHO ガッコウとは…三重を中心に東海三県の若者同士がつながり、
1人1人の個性が認められ、周りの目を気にすることなく自分の夢を語り、
それに向かって進むことができる社会の実現に向け活動をおこなっていきます。
SHO ガッコウでは勉強会を実施し、普段出会う機会がない人たちとつながるきっかけをつくります。

SHOガッコウWEBサイト:https://mieshoggakkou.jimdo.com/

「ジビエと若者と未来の関係」は平成29年度独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金の助成を受けて開催されます。

↓チラシはこちらからダウンロードしていただけます
チラシ
報告:東大手の会 バックオフィス基礎研修B給与計算・労務 [2017年10月01日(Sun)]
東大手の会 バックオフィス基礎研修B給与計算・労務

日時:2017年10月1日(日)13:30-16:30
場所:名古屋市教育館
講師:高木登茂子 社会保険労務士、コーディネート:森健輔氏

今日は労務。
まず森さんから、NPO特有の論点「給与?謝金?交通費?業務委託費?」を整理。

本題は、高木登茂子先生の「給与計算事務の実務を身に付ける!」

ひたすら!給与計算!!!
雇用契約書、扶養控除等(異動)申告書、出勤簿から、給与明細書を作成する!!

+レクチャー
・本日2017.10.1〜最低賃金が上がりましたよ、を各県の方言で教えてくれます。
https://pc.saiteichingin.info/kakunin/?focus=0

 時給だけでなく、日給の人も最低賃金を割っていないかチェックしてくださいね。

他にも業務をもれなく・間違いなくやるためのポイントをたくさん教えていただきました。

**************
バックオフィス基礎講座3回はこれにて終了ですが、
次からは
NPO・NGOバックオフィス実務スキル学習会「NPO・NGOバックオフィス基礎講座フォローアップ(基礎講座の内容のおさらい)」がはじまります。
http://blog.canpan.info/higashiote/archive/199
おたのしみに☆
NPO・NGOバックオフィス実務スキル学習会 「NPOのBCP(災害時の事務局対応・事業継続について考える)」 開催のご案内 [2017年09月29日(Fri)]
NPO・NGOのバックオフィスを担う人材のフォローアップのための学習会を毎月、開催します。各1テーマの専門家を講師としてバックオフィスの実務スキルを学び、参加者間で相互支援を行い、バックオフィス支援に関わる人のネットワークをつくります。

今回のテーマは、BCP(Business continuity planning)。災害などの緊急事態が発生したときに企業やNPOなどが損害を最小限に抑え、事業の継続や復旧を図るための計画について学び、自団体での活用を考えます。

○プログラム
【日時】2017年10月22日(日)14時00分〜16時00分
【会場】地域資源長屋なかむら・共同会議室(名古屋市中村区本陣通5丁目6番地1)
【定員】15名
【参加費】1,000円
【参加対象】すでにNPO・NGOでバックオフィスを担当している方、これからNPO・NGOでバックオフィスの担当になられる方、外部からNPO・NGOのバックオフィス支援に取組む方

【講師】浜田ゆうさん(認定NPO法人レスキューストックヤード・事務局長)
1965年東京都生まれ。 青山学院大学国際政治経済学部国際経営学専攻卒業。日本電気株式会社入社。その後夫の転勤に同行し、英国、米国滞在計4年。子育ての傍ら、日進子育て情報誌「わいわいMAP」編集、英会話教室実施、PTA役員、公立小学校図書室勤務、市民食堂スタッフなど、様々なボランティア活動と勤務を経て、2012年6月よりRSY事務局勤務。2014年4月より事務局長。日進市在住。

<申込方法> ※下記内容を、FAX または Email で連絡ください
所属団体/氏名/電話番号/Email

<申込先>
東大手の会
FAX 052-414-4684
Email higashiote@gmail.com
NPO・NGOバックオフィス実務スキル学習会「NPO・NGOバックオフィス基礎講座フォローアップ(基礎講座の内容のおさらい)」 開催のご案内 [2017年09月29日(Fri)]
NPO・NGOのバックオフィスを担う人材のフォローアップのための学習会を毎月、開催します。各1テーマの専門家を講師としてバックオフィスの実務スキルを学び、参加者間で相互支援を行い、バックオフィス支援に関わる人のネットワークをつくります。

今回のテーマは、8月〜10月に開催されたNPO・NGOバックオフィス基礎講座の内容のふりかえり。講座当日には解消できなかった疑問について、講師に直接質問するチャンスです。ぜひ、ご活用ください。

また、学習会終了後に参加者と講師、参加者間の交流を深める機会として懇親交流会を催します。こちらも合わせて、ご参加をお待ちしております。

○プログラム(学習会)
【日時】2017年10月22日(日)10時00分〜12時00分
【会場】地域資源長屋なかむら・共同会議室(名古屋市中村区本陣通5丁目6番地1)
【定員】15名
【参加費】1,000円

○プログラム(懇親交流会)
【日時】2017年10月22日(日)12時00分〜13時00分
【会場】シン楽 (名古屋市中村区本陣通 5-170)
【参加費】約1,000円

【参加対象】すでにNPO・NGOでバックオフィスを担当している方、これからNPO・NGOでバックオフィスの担当になられる方、外部からNPO・NGOのバックオフィス支援に取組む方

【講師】
・中尾さゆり(税理士)
特定非営利活動法人ボランタリーネイバーズ 理事・相談事業部長。認定特定非営利活動法人NPO会計税務専門家ネットワーク 理事。NPO法人会計基準協議会 専門委員。1999年より中間支援NPOのスタッフとしてNPOの会計支援に継続して取り組み、独自の支援プログラムを開発した。数千団体のNPOの計算書類を読み込んだ経験を持ち、NPOの会計帳簿作成、会計処理、助成金の会計報告、団体の決算などについて、年間100件以上の相談に応じている。自己肯定感の育まれる社会づくり、納得のいく意思決定を支援している。

・森建輔(バックオフィス業務オーガナイザー)
信用金庫勤務を経て、NPO・社会起業の世界へ。当初は起業家を志すも、自分には「一生をかけて取り組みたいと思うテーマがない…!」と気づく。一方で経理などの事務仕事は苦にならず、整理整頓・業務効率化などには「妙に燃える自分」にも気づく。2012年頃よりNPO等の経理支援を開始し、現在は複数事業所で経理・会計・給与計算・各種庶務の処理支援・処理代行、会員・顧客管理の仕組づくり等を行っている。実際の現場で確実に業務が回るための帳票・ツールのカスタマイズを得意とする。

<申込方法> ※下記内容を、FAX または Email で連絡ください
所属団体/氏名/電話番号/Email/質問したいこと/懇親交流会へ参加・不参加

<申込先>
東大手の会
FAX 052-414-4684
Email higashiote@gmail.com
東大手サロン【第22回】私が仕事と治療の両立支援を始めた理由 開催のご案内 [2017年09月26日(Tue)]
■東大手サロン【第22回】 開催のご案内

○東大手サロンとは
東大手サロンは、東海地域のNPO/NGOを中心とした民間非営利組織のスタッフ・役員で作るネットワーク「東大手の会」が、協働・連携オフィス「地域資源長屋なかむら」を会場に実施する交流企画です。地域や社会の課題解決に取り組む方を話題提供者としてお招きし、お話を聞きながら交流します。

【日 時】2017年10月26日(木)19時00分〜21時00分
【会 場】地域資源長屋なかむら・共同会議室(名古屋市中村区本陣通5丁目6番地1)
【定 員】15名
【参加費】1,000円
【参加対象】話題に関心のある方ならどなたでも

【話 題】私が仕事と治療の両立支援を始めた理由

【話題提供】服部文さん(一般社団法人仕事と治療の両立支援ネット〜ブリッジ〜代表)
1993年立命館大学卒。中学に上がる直前に兄を亡くした経験から、長じて「自分らしい人生を選び取るための支援」としてキャリアカウンセリングにたどり着く。2012年第二次がん対策推進基本計画をきっかけに仕事と治療の両立支援を開始。

【主なトピック】
・活動をはじめたきっかけについて
・治療と仕事の両立支援の課題
・これからの活動について

【聞き手】青木研輔(東大手の会・代表世話人)

<申込方法> ※下記内容を、FAX または Email で連絡ください
所属団体/氏名/電話番号/Email

↓チラシは、こちらからダウンロードしてください
東大手サロン1710.pdf

<申込先>
東大手の会 (青木)
TEL 090-6618-0369
FAX 052-414-4684
Email higashiote@gmail.com

【主催】東大手の会
https://www.facebook.com/higashiote
※東海地域のNPO/NGOを中心とした民間非営利組織のスタッフ・役員で作るネットワークとして、NPO向けに研修・交流機会を提供。近年は、NPOに関する調査研究にも取り組んでいます。
NPO・NGOバックオフィス【第3回】基礎講座 [2017年09月21日(Thu)]
※第1回、第2回の講座を受講していない方でもご参加いただけます。

■NPO・NGOバックオフィス【第3回】基礎講座

○プログラム
10/1(日)13:30〜16:30
【給与計算・労務】
講師:木登茂子 さん(社会保険労務士)

○対象
・すでにNPO・NGOでバックオフィスを担当している方
・これからNPO・NGOでバックオフィスの担当になられる方
・外部からNPO・NGOのバックオフィス支援に取組む方
※特定非営利活動法人・一般社団法人・任意団体等を主な対象としています。社会福祉法人・公益社団法人・公益財団法人等は、主に法務・税務面において取扱が異なる場合がありますのでご留意ください。

○定 員:30名
○参加費:3,000円
○持ち物:電卓

○会 場:名古屋市教育館・第1研修室(名古屋市中区錦三丁目16番6号/地下鉄栄駅すぐ)

○主 催:東大手の会
※独立行政法人環境保全再生機構 地球環境基金の助成を受けて実施しています。

○講師プロフィール
・木登茂子(社会保険労務士)
1966年名古屋市西区出身。51歳。2014年に27年間務めた丸川製菓株式会社を退職して独立。2014年から1年間、名古屋東労働基準監督署 労働相談員として勤務。現在は中小企業の経営を労務の側面から支援するため、労務相談、就業規則作成、助成金申請、昇給制度・人事評価制度の作成、社会保険手続き代行、給与計算などを行う。

○お申込・お問合せ:FAXまたはE-Mailにて
●お名前:
●ご所属(あれば):
●E-Mail:
●当てはまるものをお知らせください:
・現在NPO・NGOに所属しバックオフィス業務を担当している
・これからNPO・NGOでバックオフィス業務を担当する予定がある
・外部からNPO・NGOのバックオフィス支援に取組んでいる(or予定がある)

<申込先>
東大手の会
FAX 052-414-4684
Email higashiote@gmail.com
<シリーズ>バックオフィスファームプロジェクト運営メンバー紹介(中尾さゆり・税理士) [2017年09月19日(Tue)]
<シリーズ>バックオフィスファームプロジェクト運営メンバー紹介(中尾さゆり・税理士)

中尾さんは、中間支援NPOのスタッフとして長くNPO支援の経験積みながら、税理士となりました。東海地方の多くのNPO・NGOに対して会計を中心としたバックオフィス支援に取り組んできたキャリアを持っています。東大手の会の会員として、バックオフィス支援に関わる事業の企画運営にも継続して参加しています。

2017-08-29 19.06.25.jpg

せっかく専門家のアドバイスを受けても、それを実行する人材が存在しなければ、バックオフィスの改善につながりません。

NPO・NGOの運営に本当に役立つバックオフィス支援のポイントは、

1)バックオフィス業務がまわる「仕組み」をつくるという視点
2)団体をこえた人材同士の「ささえあい」

にあると中尾さんは言います。

NPO・NGOのバックオフィスの要となる人材を育成し、団体につなげたい。団体の中では孤立しがちなバックオフィス人材が、組織の枠を超えてつながり、学びあい、支え合う場づくりを進めたい。バックオフィスファームプロジェクトは、そんな中尾さんも問題意識から始まりました。

8月から、NPO・NGOバックオフィス基礎講座に参加者が集い人材養成のプロジェクトが進んでいます。10月からは、NPO・NGOのバックオフィスを担う人材のフォローアップのためのバックオフィス実務スキル学習会がはじまります。詳細は、近日中に公開予定です。
NPO法制定の意義に学び、NPOの今日的社会価値を創造するセミナー「NPO法・施策は、地方のNPO活動にどう活かされてきたか」 開催のご案内 [2017年09月06日(Wed)]
■NPO法制定の意義に学び、NPOの今日的社会価値を創造するセミナー「NPO法・施策は、地方のNPO活動にどう活かされてきたか」 開催のご案内

NPO法の誕生により、市民が公共を担う時代が始まり「協働」が全国に広がりました。愛知県、名古屋市でもNPOと行政との協働が進み、実績が積み重ねられています。協働の実践をNPOの最前線で担ってきた世代からその意義を聞き、次世代につなぐ価値を探ります。また、NPO法成立後の愛知県、名古屋市の行政のNPO関連施策の展開をふりかえります。

過去の経験をふりかえり、その意義をふまえた上で、次世代のNPOの担い手が、NPOの未来や公共の担い手としてのNPOの役割をどう考えているのかを議論し、今後の協働、市民参加の課題を参加者とともに検討する機会として開催します。

【日 時】2017年10月27日(金)13時30分〜16時30分
【会 場】ウィルあいち 愛知県女性総合センター・特別会議室(名古屋市東区上竪杉町1番地)
【参加費】2,000円 【定 員】40名
【参加対象】NPO役職員・ボランティア、行政NPO担当者、NPO支援に関わる専門家、NPO研究者、プロボノ希望者、社会のあり方について考えたい市民など

【プログラム】
○講義「NPOと行政が協働することの意義〜市民の公共への参加は社会をどう変えたか〜」
<講師>松下典子氏(NPO法人ゆいの会・理事)

○報告「愛知県・名古屋市のNPO施策をふりかえる」
<講師>渡辺英津子氏(愛知県県民生活部社会活動推進課NPOグループ・主任主査)
    渡邉弥里氏(名古屋市市民経済局地域振興部市民活動推進センター・主査)

○パネルデイスカッション「愛知・名古屋のNPOの未来を語る〜協働の視点から〜」
<パネリスト>
松下典子氏(NPO法人ゆいの会・理事)
水野真由美氏(Nagoyaコミュニティ研究所)
浦野愛氏(認定NPO法人レスキューストックヤード常務理事)
山内大輔氏(認定NPO法人セカンドハーベスト名古屋理事)

<コーディネーター>
三島知斗世氏(NPO法人ボランタリーネイバーズ理事・調査研究部長)

○講師・パネリストプロフィール
松下典子氏(NPO法人ゆいの会・理事)
1991年 地域助け合い「ゆいの会」設立、住民互助在宅サービス活動を始める。1999年 知多半島のNPOリーダーと共に「地域福祉サポートちた」立ち上げ、これまで知多地域成年後見センター設立、あいち協働ルールブック、日本福祉大学サービスラーニングプログラムに参画、ネットワークづくりと協働の関係づくりを推進。2014年 町内に居場所設立 2016年 知多市生活体制整備事業、1層の生活支援コーディネーター現在に至る。

水野真由美氏(Nagoyaコミュニティ研究所)
2004年より中間支援のNPO法人パートナーシップ・サポートセンターに勤務。主にNPOと企業との協働推進事業を担当し、2016年に退職。Nagoyaコミュニティ研究所を立ち上げ、フリーランスでNPOコンサル、団体支援を行う。NPO法人ボラみみより情報局理事。NPO法人子ども&まちネット理事。認定NPO法人日本ファンドレイジング協会准認定ファンドレイザー。

浦野愛氏(認定NPO法人レスキューストックヤード常務理事)
阪神・淡路大震災では、同朋大学の学生が設立した支援サークル「同朋大学ボランティアネットワーク」に所属し、被災者支援にあたった。卒業後、特別養護老人ホームデイサービスセンターで寮母として勤務したのち、レスキューストックヤードの設立と同時に事務局スタッフとなり、2004年度より事務局長、2009 年度より常務理事を務める。災害時要援護者への支援事業を中心に、地域防災・災害ボランティア等、各種講演会・講座講師、支援プログラムの企画・運営を行っている。社会福祉士。

山内大輔氏(認定NPO法人セカンドハーベスト名古屋理事)
1982年生まれ。愛知県名古屋市出身。愛知教育大学環境教育専攻。東日本大震災をきっかけにサラリーマンを辞めフードバンク活動に参加。活動に関わる人達がいきいきと持前を発揮できる組織づくりを目指す。

三島知斗世氏(NPO法人ボランタリーネイバーズ理事・調査研究部長)
2001年4月上記団体設立と同時に入職。NPO・まちづくり活動を応援するための研修、調査提言、ネットワーク促進等に携わる。「地域のコーディネーター塾」等の愛知県内の行政職員研修の他、協働のまちづくりの仕組みづくり等のお手伝いも、刈谷市・豊明市・小牧市等で担当。愛知県NPOと行政との協働に関わる実務者会議委員他、公職多数。

↓参加のお申し込みは、FAX または Email で連絡ください
============================================
NPO法制定の意義に学び、NPOの今日的社会価値を創造するセミナー
- 申込みフォーム -
============================================
【お名前】
【ご所属】
【電話】
【メール】
【参加動機・講師への質問】

<申込・お問い合わせ>
東大手の会 (青木)
TEL 090-6618-0369
FAX 052-414-4684
Email higashiote@gmail.com

【主 催】東大手の会
※この事業は、あいちモリコロ基金の助成を受けて実施します。

↓チラシは、こちらからダウンロードできます
NPO法セミナーちらし171027.pdf
| 次へ
プロフィール

東大手の会さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/higashiote/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/higashiote/index2_0.xml