CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

湘南せかい江の島藤沢

 湘南地域 および、その周辺の生活・観光などの情報を掲載致します。
 特に、私が活動しています江の島・藤沢の観光情報と 日頃,気にしています健康維持・促進についても掲載致します。
 なお、「せかい」の意味は生活・観光・インフォメーションの頭文字です。
 また、本ブログの内容の複写・使用は禁止とします。ご利用されたい方は私のプロフィールのメールに連絡をお願いします。


「花桃」と「神崎遺跡」の観光案内 その2(藤沢市・綾瀬市・海老名市) [2019年02月25日(Mon)]
 今回は、3月28日(木)開催の観光案内です。
 申し込みは藤沢市観光協会(0466−24−4141)で受け付けています。
 タイトル「御所見女坂の花桃と菜の花を愛で、国指定史跡の弥生時代の神崎遺跡を訪ねよう 〜新幹線が疾走する藤沢・綾瀬・海老名の三市境の遊歩〜」。詳細は右欄のリンク集「江の島・藤沢ガイドクラブ募集案内」を参照願います。
 関連の写真を公開します。

DSC_4991新幹線と秋桜R5C6A-9トリ_784.JPG
 花桃の道よりの新幹線(昨年秋)
DSC_5265花桃の道R5C5A-3K-1.6トリ2.JPG
     花桃の道(昨年秋)
DSC_5280竪穴住居R5C5A-15K-13.3トリ2_785.JPG
     神崎遺跡の竪穴住居
DSC_5275竪穴住居入口内部R5C5A22トリ_697.JPG
    竪穴住居入口(内部から)

 花桃の道は、花桃とすぐ傍を疾走する新幹線(ドクター・イエローも見られるかも)との共演が圧巻で、訪れる人達にも人気の的です。

 また、弥生時代の神崎遺跡は、南北103m、東西65mの楕円形の環濠に囲まれた集落跡で、集落(ムラ)全体が残っている国指定史跡で貴重な文化財です。



花粉症の完治 [2019年02月20日(Wed)]

 今年も花粉症の発症が叫ばれる時期になりました。

 アレルギーおじさんで知られる友人は多くの患者の花粉症完治をしました。

 今迄に日本語版の花粉症に関する書籍「花粉症よ。さようなら!」(発見編)と「花粉症よ。さようなら!」〜革命編〜(いずれもAmazon電子書籍(Kindle本)で出版)を発刊しました。現在は英語版(英文ドキュメント)を出版準備中です。

 この書籍を購読し花粉症が大幅に改善された方、友人の指導で完治された方々など多数おられます。微力ながらこのブログでも応援させていただきます。

 また、このブログのリンク集に「アレルギーおじさんのTwitter」も公開しています。

 なお、近々出版予定の英語版のタイトルは Milestome Toward Achieving Evalution of Allergy Treatment です。和訳は「アレルギー治療革命の道標」で、世界中のアレルギー・免疫研究者、各国政府や政治家の「革命への協力」を訴えている書物です。


DSC_2719境川遊水地R5C5A-12_778.JPG

DSC_3514菜の花と鷺舞橋R5C6A-20トリ_779.JPG

前回に県立境川遊水地公園の野鳥を公開しましたが、その公園の風景です。


境川遊水地公園の野鳥(藤沢市) [2019年02月17日(Sun)]

 県立境川遊水地公園は私の散歩コースの一つです。今冬期で多くの野鳥を観察できました。

 写真に撮りました中でダイサギ、キジ、オオジュリン、セッカ、カワラヒワ、カワウ、タシギを公開します。


DSC_2182ダイサギの翼R5C-8A-20K-2トリ_716.JPG

      ダイサギの飛躍

DSC_2923キジR5C9A20トリ_741.JPG

        キジ

DSC_2332オオジュリン4羽R5C6A8トリ_729.JPG

     オオジュリンの群れ

DSC_2353オオジュリンR6C5A20K3トリ2_740.JPG

       オオジュリン

DSC_2675セッカR%C5A-5トリ2_742.JPG

        セッカ

DSC_2163カワラヒワR%C8A20K-2トリ_714.JPG

      カワラヒワの群れ

DSC_2167カワラヒワR%C6A22K-2.2トリ_715.JPG

       飛ぶカワラヒワ

DSC_8170カワウの列R5C6A6トリ2_743.JPG

       カワウの群れ

DSC_2129タシギの競演R5C6A12K-2トリ_713.JPG

     タシギの競演

DSC_2083タシギR5C5A12K-2トリ_744.JPG

        タシギ


 ダイサギは、夏に飾り羽が胸と背から出ます。嘴は黒く、目先は緑色。冬羽は嘴と目先が黄色。


 キジは、顔が赤く、からだは金属光沢のある緑色。飛ぶのは苦手だが走るのは早い。

 オオジュリンは、雌雄とも冬羽は白っぽい茶色で、脇にわずかに黒い縦斑があり、腰は灰色味が強い。パチパチと葉のつけ根をはがし昆虫をとり、ジュリーンいう鳴き声から名がつきました。

 セッカは、全長が約13cmとスズメより小さい。体の上面は黄褐色に黒褐色の縦斑、体下面は淡い黄褐色です。尾羽は黒褐色で先端が白い。冬羽は頭の上も黄褐色に黒褐色の縦斑となり、雌雄同色。

 カワラヒワは、からだがオリーブ色。飛ぶと翼に幅の広い黄色の帯が目立つ。

 カワウは、全身が黒ぽく、嘴は根本が黄色でその先は白色。1分以上潜水することもあります。たびたび羽を乾かす姿が見られます。

 タシギは、体色が複雑な模様の保護色である上、動きが少ないので見つけにくい。足は黄色っぽい緑色。嘴は長く、直線的。雌雄同色。




国府津山へトレッキング(小田原市) [2019年02月09日(Sat)]

 神奈川県西部(西湘)の国府津山へトレッキングに行きました。西山農道休憩所、山道などから富士山や箱根連山などの素晴らしい景観が眺められました。

 また、付近の宝金剛寺では紅梅、白梅、ロウバイが咲き誇っていました。

 撮りました写真を公開します。

 近くの曾我の里「別所梅林」では、2月2日〜3月3日で梅まつりが開催中です。


DSC_0849富士山R6C9A-20トリ_708.JPG

    富士山(光明寺より)

DSC_0986富士山と小田原厚木道と車両基地R5C6A-15K-1トリ_703.JPG

     富士山と小田原厚木道

DSC_0911西山農道休憩所の富士山R3C6A-5トリ_679.JPG

   富士山(西山農道休憩所より)

DSC_0978箱根連山と新幹線R5C6A-22K-1トリ_705.JPG

     箱根連山と新幹線

DSC_1012紅梅と本堂R5C5A-8トリ_683.JPG

      紅梅(宝金剛寺)

DSC_1010白梅と鐘楼R3C6A-12トリ_682.JPG

      白梅(宝金剛寺)

DSC_1009ロウバイR3C5A-8K-1トリ_681.JPG

     ロウバイ(宝金剛寺)

DSC_1055スペード枝の梅R3C5A-5K1トリ_685.JPG

スペード幹の梅(宝金剛寺)


「花桃」と「神崎遺跡」の観光案内(藤沢市・綾瀬市・海老名市) [2019年02月04日(Mon)]
 来月(3月)28日(木)に観光案内(2月下旬から募集予定)を開催します。
 見どころは、用田では花桃と菜の花が彩を添える「花桃の道」を遊歩し、新幹線をまじかに見て・体感します。綾瀬市吉岡では弥生時代の神崎遺跡を訪ねて学芸員による説明を受けます。神崎遺跡は集落(ムラ)全体が残る国指定史跡の貴重な文化財です。
 藤沢・綾瀬・海老名の三市境を遊歩します。
 関連の写真を公開します。

DSC_4990花桃の道R5C5A-8K-1トリ_557トリ2.JPG
 「花桃の道」からの新幹線
(時期は昨年秋で秋桜が見えます)
DSC_5409神崎遺跡R5C5A-20トリ_558.JPG
     神崎遺跡(綾瀬市吉岡)
DSC_6857神崎遺跡竪穴住居R5C5A-20K-1トリ_504.JPG
     復元した竪穴住居

 集合は、小田急湘南台駅改札前9時30分で、解散は、神崎遺跡近くの()(おん)(うま)バス停で12時30分頃(昼食なし)を予定しています。次回(2月25日頃)に、申込み方法などを公開します。

プロフィール

enoshimafaiさんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/hiaiha893/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/hiaiha893/index2_0.xml