CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

湘南せかい江の島藤沢

 湘南地域 および、その周辺の生活・観光などの情報を掲載致します。
 特に、私が活動しています江の島・藤沢の観光情報と 日頃,気にしています健康維持・促進についても掲載致します。
 なお、「せかい」の意味は生活・観光・インフォメーションの頭文字です。
 また、本ブログの内容の複写・使用は禁止とします。ご利用されたい方は私のプロフィールのメールに連絡をお願いします。


春の香りの古都(鎌倉市) [2019年03月22日(Fri)]

 桜の開花が各地で発表される時期になりました。先日は2日間に渡り、北鎌倉の光照寺、長勝寺、浄智寺などを巡りました。

 光照寺は花の寺とも言われ、たくさんの花を鑑賞できました。長勝寺では素晴らしい水月観音特別拝観が出来ました。浄智寺では仏殿に安置されている三世仏坐像(向かって左から阿弥陀(過去)、釈迦(現在)、弥勒(未来)表す)などを拝観しました。

 写真を公開します。


DSC_5295ネコヤナギR5C5A-5トリ_861.JPG

        ネコヤナギ

DSC_5291クリスマスローズR5C6A-6トリ_870.JPG

   クリスマスローズ

DSC_5406光照寺境内R5C5A-8K1トリ_875.JPG

    光照寺境内

DSC_5256浄智寺参道R5C5A5K3トリ2_860.JPG

    浄智寺参道

DSC_5260浄智寺曇曇華R5C6A8K1.8トリ_872.JPG

      三世仏(浄智寺)


 光照寺は、時宗(浄土宗系)開祖の一遍上人が鎌倉入りを執権北条時宗に拒否された場所に創建された寺院とのこと。

 長勝寺は北条時宗の没した翌年に夫人の覚山尼が開山、開基は子の北条貞時で、弘安8年(1285)創建。「駈け込み寺」、「縁切寺」で知られています。

 水月観音坐像は、撮影禁止でしたが顔の向きが水面に映った月を見る姿勢で、衣や頭髪の写実的な表現がみごとです。鎌倉時代(13世紀)の制作と言われます。

 浄智寺は、鎌倉五山四位の名刹。参道は古の佇まいがあり、時々に映画のロケーションに使用されます。






トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
プロフィール

enoshimafaiさんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/hiaiha893/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/hiaiha893/index2_0.xml