CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

湘南せかい江の島藤沢

 湘南地域 および、その周辺の生活・観光などの情報を掲載致します。
 特に、私が活動しています江の島・藤沢の観光情報と 日頃,気にしています健康維持・促進についても掲載致します。
 なお、「せかい」の意味は生活・観光・インフォメーションの頭文字です。
 また、本ブログの内容の複写・使用は禁止とします。ご利用されたい方は私のプロフィールのメールに連絡をお願いします。


長柄桜山古墳と蘆花記念公園(逗子市) [2019年03月18日(Mon)]

 先日は、逗子市の長柄桜山古墳と蘆花記念公園などを巡りました。当日は春のような穏やかで富士山は少し霞が懸っていましたが、かえって富士山が浮かんでいるようで幻想的でした。

 古墳群は、前方後円墳で、第1・2号墳があり、造られたのはいずれも4世紀後半(1600年前、古墳時代前期)です。

 蘆花記念公園は、明治の文豪徳富蘆花の散歩道がありました。郷土資料館には逗子にゆかりのある文学、歴史などの資料が展示とのことですが、平成31331日まで休館。さらに、逗子海岸を訪ねました。

 写真を公開します。

DSC_4957富士山と江の島R5C9A-20_841.JPG

   富士山と江の島

DSC_49891号墳R5C6K3トリ_849.JPG

    前方後円墳(第1号墳)

DSC_5069資料館前R5C6A-20K-0.5トリ_853.JPG

   富士山と江の島(郷土資料館)

K1DSC_5170逗子海岸R5C5A-12トリ_845.JPG

    富士山と江の島(逗子海岸)


 古墳群は、第1号墳の長さが約90m、墳頂部の標高は約127m、後円部の直径約54m、第2号墳の長さが約88m、墳頂部の標高は約100m、後円部の直径約51m。前方後円墳で県内に現存するものでは最大級の規模と言われています。

 蘆花は1897年(明治30年)から4年間、逗子のこの近くにありました旅館「柳屋」に創作の拠点を移して執筆活動をしました。

 古墳群や郷土資料館からは、寒く天気のよい日には富士山、相模湾に浮かぶ江の島がはっきりと望めます。写真撮影をするのもおすすめです。





トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
プロフィール

enoshimafaiさんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/hiaiha893/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/hiaiha893/index2_0.xml