CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

<< 2013年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
陽だまり
あじさいの歌 (07/04) しおざき
あじさいの歌 (06/26) NPO法人陽だまり
バドミントンの羽で・・・ (07/27) Raphael Suzuki
バドミントンの羽で・・・ (07/15)
2年越しで開花 (08/05) NPO法人陽だまり
新聞記事 (01/21)
新聞記事 (01/21) 下里早苗
ヤマタノオロチ (09/18) 陽だまり
ヤマタノオロチ (09/18) 下里早苗
ヤマタノオロチ (09/18)
春が来た [2013年03月20日(Wed)]
今朝スタッフが、菜の花をたくさん摘んできてくれたので、いつものように利用者さんに生けていただきましたかわいい

「黄色が、なんと素敵なね〜」と皆さん喜ばれ、
花を生けている間、「るんるん春が来た〜 春が来た〜」と利用者さんの歌声BGMが流れていました。

P1120078.JPG


部屋には他にも水仙やキンセンカの花が生けてあり、部屋中お花でいっぱいになりましたぴかぴか(新しい)

そして庭の片隅ではコブシの花が咲いているのを発見exclamation×2

P1120087.JPG


るんるん白樺 青空 南風 こぶし咲くあの丘北国の〜

利用者さんと一緒に、“北国の春” をうたいましたわーい(嬉しい顔)

利用者さんが言うには、他にもコブシの花が出てくる歌があるとか。
どなたかご存知ないですかexclamation&question
Posted by NPO法人陽だまり at 16:35 | この記事のURL | コメント(0)
花に酸素を・・・ [2013年03月18日(Mon)]
暖かくなり庭のパンジーやビオラの花が大きく成長してきました。
それなのに・・・“なぜか白い花だけ元気がないもうやだ〜(悲しい顔)

昔、土に酸素を入れてやると花が元気になると聞いたことがあったので、昨日の利用者さんに固くなった土をほぐしてもらいました。

P1120067.JPG


「同じプランターに植えているのに、なんで白だけ元気がないのかな?」

というスタッフの言葉に、

「人間と同じよ!こまい(小さい)子もおれば大きな子もおるでしょ!」

と広い心で花に酸素を与えてくれました。

そのおかげか今日は雨雨

やわらかくなった土にたくさんの水が与えられ、花も喜んでいますわーい(嬉しい顔)

P1120074.JPG


10月に苗を植えた時には、本当に花が咲くのかと心配しましたが、だんだん株も大きくなり花が増えてきました。
春の訪れを感じますねぴかぴか(新しい)
Posted by NPO法人陽だまり at 16:59 | この記事のURL | コメント(0)
審査員 [2013年03月17日(Sun)]
日曜日のお昼はいつも “NHKのど自慢” ですTV

今日も昼食をとりながら、

「鐘2つだってぇ・・・。惜しかったねえ」
「合格じゃ!上手じゃったもんねえ」と盛り上がっていました。

すると、ある利用者さんが、鐘2つでガッカリしている出場者を見て、

「鐘2つじゃ可哀相じゃあね。合格にしてあげりゃ〜いいのに」と話されました。

この利用者さんが審査員だったら、出場者全員合格ですねわーい(嬉しい顔)
Posted by NPO法人陽だまり at 16:26 | この記事のURL | コメント(0)
京都への旅 [2013年03月16日(Sat)]
お昼ご飯を食べてのんびりしている時に、利用者さんがこんな話をしてくれました。

「今ではあちこち簡単に旅行も行けるけど、昔はそうじゃなかったよ。
うちのおばあさん(祖母)なんて、益田から京都に行くのに、『もう会われんかもしれんから』と言って、“別れの盃”を交わして出かけたらしいわ〜。
当時は鉄道も津和野からしかなかったから、益田から津和野まで歩いて行ったらしいよ!」


「へぇ〜がく〜(落胆した顔)

と、びっくりすると同時に歴史を感じました。

ちなみに、利用者さんのお婆さんは「安政時代」のお生まれとのこと。

この年号にも驚きましたexclamation

当時は飛行機なんて考えられなかったでしょうね。
Posted by NPO法人陽だまり at 16:40 | この記事のURL | コメント(1)
寒暖差 [2013年03月15日(Fri)]
最近、寒暖の差が激しいですが、皆さん身体はついていっていますか?

陽だまりでも、朝から一日戸を閉め切っている日もあれば、戸を開けて外の光をしっかり浴びる日もあります。

今日も送迎中に、

「桜がいつ咲くかね?」

「そろそろタイヤ交換をしていいんじゃない?」


なんて話で盛り上がりました。

庭のチューリップもかなり伸びてきて、パンジーやビオラの花も、おてんと様の光をしっかり浴びて元気に咲いています。
春はもうすぐですねわーい(嬉しい顔)
Posted by NPO法人陽だまり at 17:22 | この記事のURL | コメント(0)
野球 [2013年03月14日(Thu)]
テレビからWBCのニュースが流れてきました。

今日来られた女性利用者さんは関心がないかな?と思いつつ、
「○○さん野球見ます?」と質問してみると、意外にも・・・

「見ますよわーい(嬉しい顔)
との答えが返ってきました。

詳しく話を聞いてみると、浜田高校出身の和田 毅選手のファンらしく、

「追っかけみたいに試合を見に行ったよ揺れるハートとのこと。

野球好きというのも意外でしたが、利用者さんから “追っかけ” というキーワードが出たのにもびっくりでした。
Posted by NPO法人陽だまり at 17:15 | この記事のURL | コメント(0)
ハマグリの相方探し [2013年03月13日(Wed)]
以前、ハマグリのひな人形を見て、

「私も作ってみたいグッド(上向き矢印)

という利用者さんがおられ、まずはハマグリの殻を探そうという話になりました。

「近所のスーパーでハマグリを買ってこようか!」

とやる気満々の利用者さんに待ったをかけて、まずは市内の料理屋さんに相談することにしました。

すると、運よく処分寸前のハマグリの殻を分けてもらうことが出来ました。

しかし、いただいたハマグリは二枚がバラバラで・・・たらーっ(汗)

まずはハマグリの相方探しから作業が始まりました。

P1120024.JPG


ハマグリなどの二枚貝は対となる貝殻としか組み合わせることができないので、どこかに相方がいるはずなのですが微妙に違うもうやだ〜(悲しい顔)

ピッタリ合った時には嬉しいのですが、そう簡単に相方は見つかりません。

作業も後半になると、

「ち〜と(ちょっと)違うが、これで良しとしようや!」

という声も聞こえてきましたわーい(嬉しい顔)
Posted by NPO法人陽だまり at 16:24 | この記事のURL | コメント(0)
持ち歌 [2013年03月11日(Mon)]
益田市内に「医光寺」「万福寺」「泉光寺」というお寺があります。

この三つのお寺の名前を使い、

るんるん行こうや〜医光寺
 参ろうや〜万福寺
 そがんこ〜た〜(そんなことは)泉光寺るんるん


という歌を利用者さんからよく聞きます。

このように、幼い頃から口ずさんでいる歌ってありますよね。

そんな持ち歌がたくさんある利用者さんがいて、今日も・・・

るんるんうちの前の地蔵さんに、ス〜ちゃんと思って抱きついた
色気のぼせて目が見えぬ 本当に地蔵さんすまなんだ
スットントン スットントン
トンボの目、イワシの目、クジラの目るんるん


最近では私たちも覚えて、一緒に歌っています。

でも歌の意味を聞くと、
「知らんで〜あせあせ(飛び散る汗)はっは〜わーい(嬉しい顔)と笑顔の利用者さんでした。
Posted by NPO法人陽だまり at 17:35 | この記事のURL | コメント(0)
お祝いに・・・ [2013年03月10日(Sun)]
先日、スタッフの子どもさん二人が陽だまりに顔を出してくれました。

最近19、20歳の若者に会うことが少なくなった利用者さん達は、涙を流して喜んでおられました。

その二人が、この春から進学・就職が決まり、それぞれの地へ旅立っていくという話を聞いた利用者さんは

「なにかお祝いをしてあげたいexclamationと。

ならば、陽だまりの得意な、お祝いポスターを作ろうグッド(上向き矢印)ということなりました。

朝から張り切って、のりつけの作業が始まりました。

P1110979.JPG

完成したポスターをスタッフに渡しながら、

「遠く離れるけ〜嬉しい気持ち半分に、寂しい気持ちも半分じゃね〜」

と、声をかける隣で、別の利用者さんが

「せや〜ないわ〜ね。ここへくりゃ〜私ら〜がおるけ〜」

なんて優しい声をかけておられましたわーい(嬉しい顔)

スタッフの心のケアまでしてくださる陽だまりの利用者さんですぴかぴか(新しい)





Posted by NPO法人陽だまり at 15:55 | この記事のURL | コメント(0)
本音 [2013年03月09日(Sat)]
入浴介助の際、利用者さんと職員の一対一の会話が行われます。

今日は利用者さんのこんな本音が聞かれました。

「こうして体が動かなくなって、皆に手をかけるようになって申し訳ない・・・」

という弱気な発言に続けて、

「自分でできないことも多いし、それが分かっているのに、家の者にヤイヤイ言われると、ついカァーっとなって言い返してしまうんよね」

とのこと。

「でもね感謝はしとるんよ。顔見ちゃ、よ〜言わんけどね」

「わかりますよ〜」と大きくうなずく職員。

素直に気持ちを言えないのならば、本人に代わってこの気持ちを家族に伝えることも、介護の仕事の一つかもしれません。

利用者さんだけでなく、ご家族も穏やかな気持ちで介護ができるように働きかけること、これも私たちの仕事だと。
今日あらためてそう感じましたわーい(嬉しい顔)
Posted by NPO法人陽だまり at 17:24 | 介護 | この記事のURL | コメント(0)
東北地方太平洋沖地震応援基金
プロフィール

  陽だまりさんの画像
リンク集
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/hi-da-ma-ri/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/hi-da-ma-ri/index2_0.xml