CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

<< 2010年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
NPO法人陽だまり
バドミントンの羽で・・・ (07/27) Raphael Suzuki
バドミントンの羽で・・・ (07/15)
2年越しで開花 (08/05) NPO法人陽だまり
新聞記事 (01/21)
新聞記事 (01/21) 下里早苗
ヤマタノオロチ (09/18) 陽だまり
ヤマタノオロチ (09/18) 下里早苗
ヤマタノオロチ (09/18) 益田市市民活動支援センター
ますだすまいる通信 (07/29) 特価fighter
京都への旅 (03/16)
4つのキーワード [2010年09月30日(Thu)]
陽さんより教えていただいたお話の中に

「人間には平等に与えられたものが4つある。それは時間・命・言葉・笑顔

というお話がありました。

いつも利用者さんの笑顔をひきだすにはどうしたらよいか?
陽だまりのいつも心の中にあることです。それをひきだす方法としては
言葉一つで大きく変わってくることも感じています。

先日陽だまり利用者さんとのお別れに参列しました。
仕事柄少なくはないこの儀式への参加、遺影を見ながら

「どんな人生だったんだろう?
陽だまりとの縁をよろこんでもらえたかな?
一緒に過ごした時間をどのように感じておられたのかな?」

そんなことを思いながら、
最後に利用者さんから言われた言葉で

「あんたら〜、わしら〜た〜(わたしたちより)若いんじゃけ〜。
これから苦しいこともあるけ〜なぁ。頑張らにゃ〜いけんでや。」


を思い出していました。

長い人生を生きてこられた人生の先輩たちと、実際に
私たちがかかわれる時間は限られています。

“終わりよければすべてよし”

ではないけど、

大切に言葉を使い、少しでも多く笑顔で過ごせる時間を作り・・・そしてのバトンを引き継いでいきたいと思っています。
Posted by NPO法人陽だまり at 12:28 | 介護 | この記事のURL | コメント(0)
綿の花 [2010年09月27日(Mon)]
スタッフの自宅に咲いた綿の花。

今年苗をもらい、プランターで育てたそうです。きれいな綿が出来ました拍手

そう言えば、5年前に利用者さん宅より綿の種をいただき、陽だまりの庭にまいたことを思い出しました。
残念ながらその時は芽は出ませんでした悲しい

できた綿をちょっと取って、

紡ぎ作業をする利用者さん。

「わたしゃ〜やったことがないけど、こが〜して(こうして)作りよったんじゃろうね。」

と、綿から毛糸にと縒っておられました笑顔


大変な作業ですが、こんな小さな作業から毛糸になってセーターになっていくのか・・・としみじみ。
地味で根気のいることをコツコツと続けていく大切さを、綿から学んだ時間でした。
Posted by NPO法人陽だまり at 09:51 | この記事のURL | コメント(0)
笑顔 [2010年09月25日(Sat)]
以前、講演会の講師をお願いし、それからのご縁がある陽 信孝さん が朝ふらっと立ち寄ってくださいました。
急きょ陽だまりで『ハーモニカ演奏付き講演会』となりました拍手

片手には、人形作家の高橋まゆみさんが作られた、人形も一緒に登場です。



利用者さんからは『あの人形さん、なんとなく似とんさるね〜』と。
そうなんです。陽さんご夫妻がモデルなんですよ。

奥さまとの思い出の曲をハーモニカで演奏されたのですが、これに対する皆さんの反応が早いこと。
イントロクイズのように即座に口ずさんでおられました。

『ふるさと』 『赤トンボ』 『夕焼けこやけ』などなど一緒にうたい、最後に陽さんより

『どうやら笑顔というものは、人間にしかないらしいです。どうかこれからも笑顔でおすごしください』とのメッセージがありました。

Posted by NPO法人陽だまり at 18:25 | この記事のURL | コメント(0)
敬老の日 [2010年09月20日(Mon)]
今日は「敬老の日」国旗

敬老の日の由来を調べると

「兵庫県の一村長が「お年寄りを敬い、お年寄りの経験と知恵を生かした農村作り」を目的に9月1 5日を “としよりの日” と定めたのがキッカケ」

と書いてありました。

そういえば昨日、「そろそろ柿の季節ですね」なんてお話していると、

「あんた知っとるかね?柿の皮をすてちゃ〜つまらんよ(いけないよ)。あれを干して、大根漬けるときに入れりゃ〜おいしくなるんよ。知っとったかね?」と。

経験と知恵を教えていただきました。

「お年寄りを敬う日ですがいいですかね?」と、今日もたくさんの乾いたタオルを差し出すと、すばやく丁寧にたたんでくださいました。これも人生の先輩たちの経験ですかね。

「そんなことより陽だまりに元気に通ってこれて、こうして仕事があって、おばあさんでも役に立っていることがうれしいウインク

その言葉がまた嬉しいスタッフでした。

Posted by NPO法人陽だまり at 16:40 | この記事のURL | コメント(0)
若返り [2010年09月18日(Sat)]
朝、お茶を飲みながらの“今日の話題”は
戻れるなら、何歳の頃に戻りたいか?

「そうじゃねえ、50歳かなあ」

「私は24か25歳くらい」

と、いろいろな意見が出ましたが、ある利用者さんは

「今のままでいい。皆さんとこうしてお会いできるから笑顔

なんて素敵な意見でしょうキラキラ

皆さんも「本当そうじゃねえ。今が一番いいよ」と口をそろえておっしゃっていました。

そんな皆さんの会話を聞き、朝から幸せな気持ちにさせてもらえましたラブ
Posted by NPO法人陽だまり at 17:30 | この記事のURL | コメント(0)
ご紹介 [2010年09月10日(Fri)]
かかしのもへさんが完成しました拍手


なかなか素敵なお顔立ちキラキラ

今日は最後の仕上げをしながら、
「頭の上に乗っとる鳥はスズメじゃろうね。音符すずめの学校は山の中〜」

と歌われる利用者さん。

本当は「音符メダカの学校は川の中〜」ですが汗
まあ、いいですよねウインク
Posted by NPO法人陽だまり at 17:03 | 工作 | この記事のURL | コメント(0)
もへさん [2010年09月09日(Thu)]
今月の “ちぎり絵” がもう少しで完成ですキラキラ

図案は、かかし。
今日は、「かかしの時期が終わってしまうよ。早く仕上げなきゃ〜」と大忙しでした汗

かかしのへのへのもへじという顔が大人気で、「ええ顔をしとりんさるね〜」と利用者さんからはモテモテです。

ある利用者さんが、作業をしながらかかしの顔を見て、

へのへのは名字で、もへが名前じゃろうね。だからもへさんじゃね」と話されました。

明日からは、かかしではなく、もへさんと呼びましょう笑い

完成したら、もへさんをご紹介いたしますドキドキ小
Posted by NPO法人陽だまり at 17:22 | 工作 | この記事のURL | コメント(0)
スーダラ節 [2010年09月08日(Wed)]
お風呂で背中を流しているとき

「最近物忘れがひどくなって自分でもおかしいんよ。 “さっき言ったでしょ!” と家の者によく怒られる。なしてろうか?(どうしてかな?)」

と利用者さんがおっしゃっていました。

そして、浴槽へ入ると元気な歌声が聞こえてきました。

音符わかっちゃいるけどやめられない。ア ホレ スイスイ スーダララッタ スラスラ スイスイスイ  スイスイ スーダララッタ スラスラ スイスイスイ〜音符

「え〜歌ですね笑い 何がやめられませんか?」と聞くと、

「わかっちゃ〜おるんだけど、ものを忘れるっちゅうことがやめられんのんじゃろうな〜笑顔

とお風呂で大笑いでした。

人間の脳は大きな甕(かめ)のようなもので、大きさはある程度決まっている。
幼い頃からいろいろな情報、知識を詰め込んできて、年を重ねてきた今、甕がいっぱいにあふれてしまっているから、少しぐらい忘れることは仕方がない。

というお話を聞いたことがあります。

今日の利用者さんとも、「今以上に、もの忘れをしないようにしよう!」と話し、本日の入浴終了です。




Posted by NPO法人陽だまり at 16:22 | この記事のURL | コメント(0)
初挑戦 [2010年09月06日(Mon)]
最近、陽だまりの男性利用者さんの中で流行っている五目並べ。

「私はやったことないんよ!」という女性利用者さんが今日は初挑戦です。

昼食後、早速男性スタッフに習い、

初めは、「やったことがないから・・・」




と頭を悩ませておられましたが、回数を重ねるごとにコツをつかみ対戦相手交代です。



すると、見事勝利!!!

「ま〜。まぐれよ!」なんて謙遜する利用者さんでしたが、勝った秘訣は今日のシャツにもあったようです。

いつもは地味なシャツの色の利用者さん。今日は鮮やかな青のストライプのTシャツです。

鮮やかな色を着ると運気もアップするのかも?

明日から陽だまりはみんな衣装が若返るもしれませんね笑顔

Posted by NPO法人陽だまり at 15:10 | この記事のURL | コメント(0)
陽だまり宮司さん [2010年09月03日(Fri)]
先日5歳の男の子が “わくわくさんで見たキラキラ” と、教えてくれた工作を、今日利用者さんに紹介しました。(私たちの時代は “のっぽさん”だったな〜。汗

まず新聞紙を三枚丸めて、切り込みを入れ、内側の新聞をゆっくり引っ張ると完成です。
宮司さんが御祓いのときに使われる「祓い串」にも似た作品。

「ま〜。こね〜なん(このような物)が出来るんだね。」

「そが〜に(そんなに)簡単にできるんかね?」

ということで、利用者さんも挑戦です。

完成を一緒に喜んでいると、隣にいたスタッフが

「ここに来たら御祓いをしてもらえるらしいのですが・・・」と利用者さんのところへ。

すると・・・



「祓いたまえ清めため〜」

とノリのよい利用者さん笑い

笑い声が聞こえるなか、御祓いは無事終了しました。


Posted by NPO法人陽だまり at 19:10 | 工作 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ
東北地方太平洋沖地震応援基金
プロフィール

  陽だまりさんの画像
リンク集
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/hi-da-ma-ri/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/hi-da-ma-ri/index2_0.xml