CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

<< 2011年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
陽だまり
あじさいの歌 (07/04) しおざき
あじさいの歌 (06/26) NPO法人陽だまり
バドミントンの羽で・・・ (07/27) Raphael Suzuki
バドミントンの羽で・・・ (07/15)
2年越しで開花 (08/05) NPO法人陽だまり
新聞記事 (01/21)
新聞記事 (01/21) 下里早苗
ヤマタノオロチ (09/18) 陽だまり
ヤマタノオロチ (09/18) 下里早苗
ヤマタノオロチ (09/18)
しきたり [2011年01月12日(Wed)]
11日は「鏡開き」という話から、陽だまりにある “日本のしきたり” という本を片手に皆さんとお話していました。
すると「小正月」の記事に・・・

『1月15日を「小正月」といい、この日の朝には小豆がゆを食べる習慣がありました。
古くは「土佐日記」や「枕草子」などにも、小豆がゆを食べたことが記されており、これを食べて、その年の豊作を祈願したということです。』

と書かれていました本

このようなしきたりをはじめて知ったスタッフは、さっそく利用者さんのみなさんに聞いてみました。

すると・・・

「昔はお母さんが小豆がゆを作りよんさったよ(作っていた)。家には柿の木がよ〜け(たくさん)あって、その木にわざと傷を付けて、小豆がゆをにしりつけよったよ(こすりつける)。それで来年も柿が豊作でありますようにって言いよった。」

ということでした。

今では、なくなりつつある日本のしきたり。自然にも感謝する気持ちが込められていたのでしょうね。
いい勉強になりました笑顔
Posted by NPO法人陽だまり at 17:45 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ
東北地方太平洋沖地震応援基金
プロフィール

  陽だまりさんの画像
リンク集
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/hi-da-ma-ri/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/hi-da-ma-ri/index2_0.xml