CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
讃岐では、へんこつ店主のつくるうどんがじょんならんぐらいうまいことがある。
へんこつは人を寄せ付けないほどの情熱とこだわりのオーラを持つ人。
私、へんこつ侍が地元丸亀でへんこつの種まき始めますよ。

« 2011年05月 | Main | 2011年07月 »

プロフィール

さんの画像
へんこつ侍
プロフィール
ブログ
最新記事
最新コメント
@ケンさん
相談 (06/01)
へんこつ侍
病院なう。 (05/12)
jiru
病院なう。 (05/06)
へんこつ侍
みどりの月間丸亀フェスタ (05/02)
へんこつ侍
へんこつ侍のツイッター (04/21)
@ケンさん
へんこつ侍のツイッター (04/19)
へんこつ侍
精一杯 (03/25)
紅の葉
精一杯 (03/20)
adhe
節電のお願い (03/13)
リンク集
<< 2011年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ

ジオターゲティング
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/henkotsu/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/henkotsu/index2_0.xml
総選挙[2011年06月09日(Thu)]
最近やたらと『総選挙』という言葉を耳にするなぁと思っていたのですが、今日AKB48の第3回総選挙の開票があったようですね。

四十路のおじさんには、AKB48が誰なのか?総選挙がどういうものなのか?よく分かりません。

ということで、先程AKB48の『総選挙』なるものをインターネットで調べてみました。

調べてもあまり分かりませんが、とにかく彼女達の22ndシングルを歌うメンバーを選抜するための選挙ということなのですね。

そして、その有権者はCDを購入した人やファンクラブの会員さんということなのです。

開票の結果、前田敦子さんという方がトップになったようです。

おそらく、お若い方の間ではかなり盛り上がり、何枚もCDを買って投票したという方もいらっしゃったのでしょうね。

この選挙の結果によって、彼女達の活動にも様々な変化があるのでしょう。

しかし、そのことがファンの生活にとって重大な影響を及ぼすかといえば、たぶんそれほどではないと思います。

なのに、自己負担をしてまで、あるいは選挙権をお金で買ってまで投票したいと思わせる要因は一体何なのでしょう?

私が思うところ、親が子に対する無償の愛のようなもので、とにかくがむしゃらに応援する熱狂的な方もいれば、何となく流行で投票する方、いろいろいらっしゃるのでしょうね。


一方で国政。

選挙の投票率の落ち込みは年々顕著なものとなっています。

選挙制度の不公平さや立候補者の資質など様々な要因もあるのでしょうが、とにかく国民が政治や行政に無関心であることも大きな要因だと思います。

選挙をしても、誰が政治家になっても、あまり社会が変化しないという、半ば諦めのようなものもあるのかもしれません。

しかし、こちらの方こそAKB48の総選挙と違って、自分たちの生活に直接影響を及ぼす可能性があるのです。

自分たちの生活、社会のことを静観せず、AKB48のアイドルを育てるような気持ちで選挙に向かいたいものだと思います。

今やるべきことをよそに、政局を論じるくらいなら、今日のAKB48の総選挙の得票数を今一度再認識し、選挙のあり方そのものを考えてみる必要があるのではないかと思います。

内閣総理大臣を国民選挙で選出するなんて大それたことを考えるのも一つの方法だと思います。

楽しめる総選挙、目指したいものですね。

Posted by へんこつ侍 at 22:27 | 社会の問題 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

保身しか頭にない政治家[2011年06月02日(Thu)]
何という茶番なのか?

保身しか頭にない政治家。

こんな姑息な者達が日本を主導していてよいのだろうか?

今日のような出来事の顛末を子供たちにどんな顔をして説明できるだろう。

こんな状態では、日本の将来なんて大きなことはおろか、本当に困っている被災地の明日のこともまともに考えることはできないだろう。

もう二度と政争や政局の話題は書きたくない。



『仁信智勇厳』

昔、父から教わった孫子の教え。

今のうちに息子にもちゃんと教えておこう。

Posted by へんこつ侍 at 23:58 | 社会の問題 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

内閣不信任案⇒解散総選挙??[2011年06月01日(Wed)]
今日、野党3党から内閣不信任案が提出された。

国難ともいうべき東日本大震災の復興の目処も立っていないこの状況にあって、不信任案を提出する大義とは?

今、政争に明け暮れている場合なのか?

国会議員の中にも被災地を自分の目で見た人は必ずいるはず。


また、菅総理も不信任案が可決すれば、内閣の辞職ではなく、衆議院の解散を選択するとの報道があった。

こちらも、被災地の現状を踏まえて判断しているのだろうか?

解散総選挙できる状況に今あるのだろうか?



一体、誰のための政治なのだろう?

外国から見ると恐らく「???」に違いない。

どうせ解散するなら、現任の衆議院議員は、国難の折の政治混乱の責任をとって、次の衆議院選挙には立候補できないという条件つきなら如何なものか?

そのくらいやれば、政治は大きく変わるはず。

国会議員の皆さん。今一度、日本国憲法を熟読して頂きたい。

以上、普通の国民の意見です。

Posted by へんこつ侍 at 23:20 | 社会の問題 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)