CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
讃岐では、へんこつ店主のつくるうどんがじょんならんぐらいうまいことがある。
へんこつは人を寄せ付けないほどの情熱とこだわりのオーラを持つ人。
私、へんこつ侍が地元丸亀でへんこつの種まき始めますよ。

« 2011年01月 | Main | 2011年03月 »

プロフィール

さんの画像
へんこつ侍
プロフィール
ブログ
最新記事
最新コメント
@ケンさん
相談 (06/01)
へんこつ侍
病院なう。 (05/12)
jiru
病院なう。 (05/06)
へんこつ侍
みどりの月間丸亀フェスタ (05/02)
へんこつ侍
へんこつ侍のツイッター (04/21)
@ケンさん
へんこつ侍のツイッター (04/19)
へんこつ侍
精一杯 (03/25)
紅の葉
精一杯 (03/20)
adhe
節電のお願い (03/13)
リンク集
<< 2011年02月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          
カテゴリアーカイブ

ジオターゲティング
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/henkotsu/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/henkotsu/index2_0.xml
太平洋の奇跡[2011年02月26日(Sat)]
映画「太平洋の奇跡」が好評らしいということを先日地元のFMラジオで聞きました。

私が映画を観る習慣がついていないこともあり、どんな映画が流行っているのかよく知りません。

ただ、外国人から見た太平洋戦争における日本人はどのように感じていたのだろうと考えると、ちょっと興味が湧いてきたので、映画ではなく、原作の本を買ってきました。



先日、勉強へのスイッチが入ったところで、これまで勉強したことがない分野の本を読み始めたところなのですが、実のところ、いつも“新書”ばかり読んでいるので、ちょっと小説も読んでみたいと思っていたところなのです。

なかなかゆっくりと時間が取れませんが、それでも短い時間にでも集中して読みたいと思います。

Posted by へんこつ侍 at 22:41 | へんこつ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

マルナカ・S&B杯ちびっ子健康マラソン大会[2011年02月21日(Mon)]


昨日、第27回マルナカ・S&B杯ちびっ子健康マラソン大会があり、miki男の子が参加しました。

今回で小学校入学から4年連続の参加となりました。

今年も1年間ほぼ毎日欠かさずランニングをしており、また少年野球での厳しい練習にも頑張ってきたので、昨年にも増して自信を持って参加したようです。

2キロは普段から走っているよりも少し短い距離ですし、少年野球では、その何倍も走ってきたので、本人もスタミナについては相当の自信があったのでしょう。

しかし、結果は本人の自信とは裏腹なものだったようです。

私は、家内とともにスタンドで応援していたのですが、とにかく自分のペースで完走してくれれればよいと思っていました。

走り方を見ていても、昨年よりも随分しっかりしてきたし、走りきった後も余裕が感じられました。

親からするとそれだけで十分練習の成果が出ているものと思ったのですが、miki男の子は、結果が気に入らなかったようで、帰りの車の中では一言も話しをしませんでした。

気がつくと目に涙をためて、窓の外をじっと見つめていました。

「よく頑張ったな!!」

と私に言われたことも相当悔しかったのでしょう。

「おとうさん。もっと早くなりたい!!」

と言って私を見つめました。


その後、午後からは野球の練習に合流しました。

いつもより増して、気合いを入れて練習に取り組んでいました。



私は、子供のスポーツは結果がすべてではないと常々感じています。

練習しなくても、良い成績を残す子供もいます。

逆に、miki男の子のように練習しても結果が伴わない子供もいます。

練習の仕方が悪いのではなく、子供のスポーツは、成長度合いがかなり影響することは事実です。

しかし、高学年になると、少しずつ日頃の努力が結果として出てくるようになります。

実は私の場合もそうでした。

マラソン、水泳、なわとび、どれをとっても4年生くらいまでは、パッとした結果が出ませんでした。

しかし、それでも毎日練習を重ねていくにつれて、徐々に結果がついてくるようになり、卒業する頃には、校内でも指折り数えるほどになりました。

大切なのは、昨日ようやくmiki男の子に降臨した「負けて悔しい」、「もっと早くなりたい」、「もっと上手くなりたい」という本人の強い気持ちとどんな練習にも耐える強い意志だと思います。

今日も早速、自分でトレーニング方法を考えて練習したそうです。

いつの日にか、miki男の子自身が満足できる結果が出て、またその結果に満足せず、努力を重ねることができる子供に成長してほしいと願っています。

Posted by へんこつ侍 at 23:35 | へんこつ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

記憶[2011年02月17日(Thu)]
今日は業務の打合せで私が卒業した地元の大学に行きました。

恩師には相変わらずお世話になっていて、恩師の退職が数えられるようになった最近では、いつになったらご恩返しができるのかと少々不安になっています。

ただ、ご教示頂きながらも、一緒に一つの仕事に取り組めることは本当に幸せな環境にあるといつも感謝しています。

打合せを終え、車に乗って帰ろうと思ったのですが、不意に後ろ髪を引かれるような感覚に陥り、引き寄せられるように大学生協へ入りました。

生協の売店に引き寄せられ、のども渇いたので、飲み物を買って帰ろうと思い、レジに並んでお金を払おうとした時です。

「あら〜ぁ!!へんこつ君やんか〜ぁ!!久しぶりやなぁ〜!!」

と言うレジのおばちゃん。

財布から目を離し、顔を上げてみると、にっこりとしたさわやかなご婦人。

すぐさま記憶が蘇り、かつて私が在籍した学部の生協にいたおばちゃん、もとい、おねえさんだったT田さんでした。

彼是10年以上もお会いしていないのに、すぐに名前を思い出して呼んでくれたことは、本当に嬉しくて涙が出そうでした。

次々と学生さんがやってくるので、ゆっくりとお話はできなかったけれど、東京で頑張っている大親友のjiru君が毎年年賀状をくれるのに、何で近くにいるへんこつ君が年賀状くれへんの?と相変わらずのツッコミを入れられました。

大学の生協で親友の名前を聞くだけで、当時のことが思い出されて、とても懐かしく感じました。

みんな全国各地で一生懸命頑張っているんだろうなぁと思いながら、また自分も負けないように、みんなと楽しく話しができるように頑張っていきたいと思いました。

T田さん。今日はありがとうございました。引き寄せられたのは、偶然ではなく必然だったと思います。

そして、遅くなりましたが、今年からちゃんと年賀状書きますね。

Posted by へんこつ侍 at 22:28 | へんこつ | この記事のURL | コメント(5) | トラックバック(0)

スイッチ[2011年02月14日(Mon)]
唐突に何んだはてなと思われるかと思いますが、今日、私の中では以前から密かにしまい込んでいたスイッチを入れることにしました。

しまい込んでいたというのは正しくなく、スイッチを入れないといけなかったのですが、怠けていただけなのかもしれません。

具体的には書けませんが、これまで自分の直近にある課題や関心事に関係する勉強はそれなりにしてきたつもりですし、座学よりも現場の経験を重視してきたつもりでもあります。

しかし、今日のある研修をきっかけにし、もう一度大きな目的のために、幅広い勉強をしてみたいと思いました。

部門的に全くゼロからの勉強になることも予想されますが、これまで分かったつもりに済ましていたことや知っているふりをしてごまかしてきたことを洗い出して整理したいと考えています。

といっても、家族の生活や職場の業務を蔑ろにするのではなく、大学や専門学校に行くというのではありません。

今できる最大限の時間を使い、誰に教わるわけでもなく、とにかく愚直に独学してみたいと思います。

前向きに考えると、どんなに仕事が忙しくても、新しい知識を身につけるために勉強ができると思えば、とても楽しみです。

とにかくスイッチが入ってしまったからには、何年かかっても納得がいくまで続けていきたいと思います。

Posted by へんこつ侍 at 23:29 | へんこつ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

丸亀城冬景色[2011年02月11日(Fri)]
今日は早朝から仕事の予定でした。

朝6時開始ということで、5時に起床。

屋外の作業なので、天気が心配なのですが、カーテンを開けると暗闇は一面銀世界でした。

丸亀では久しぶりの積雪です。

愛車CR-Vのタイヤがかなり擦り減っていて、当然ノーマルタイヤなので、出勤にはとても気を遣いました。

屋外で仕事の準備をしていたのですが、天候が良くならず、想定外の危険が予想されることから、今日の業務は中止することになりました。

お昼までの時間が中途半端な時間になってしまい、せっかくなので、いつも掲載している丸亀市民ひろばから見た丸亀城を撮影しました。







おそらく、市民ひろばの芝生広場が完成してからは、初めての積雪だと思います。

一面が真っ白な銀世界になり、思わず飛び込みたくなるような景色なのです。

と思っていると、親子連れがやってきて、男の子が雪の中へダイビング。

その後は、雪だるまを作ってくれました。




お昼にはすでに溶けてしまいましたが、暖かく雨の少ない香川ではとても珍しく楽しい雪なのです。

Posted by へんこつ侍 at 17:09 | 讃岐オリジナル | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

丸亀みらい本舗2月定例会[2011年02月08日(Tue)]


久しぶりに『丸亀みらい本舗』の話題です。

今夜、丸亀みらい本舗2月定例会を行いました。

議題は平成23年度の年間スケジュールについてです。

地球温暖化防止の啓発イベントなどで、地元にも我々の活動が少しずつ広がっているのを実感するところですが、団体自体の運営基盤はまだまだ未熟です。

今年はきちんと団体運営や自主活動にもてこ入れしようという試みから、今日の定例会でスケジュールを可視化してメンバーやサポートメンバー内で共有することから始めようと考えています。

久しぶりに積極的な意見が交わされとても充実した定例会となりました。

楽しいと感じる活動をどんどん仕掛けていきたいと思います。

Posted by へんこつ侍 at 23:48 | 丸亀みらい本舗 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

ヴォーカルアンサンブル&漢検[2011年02月07日(Mon)]
昨日、香川ヴォーカルアンサンブルコンテスト2011にayu女の子が参加しました。

3年生が引退して初めての大会ということで、いわば新人戦です。

ayu女の子は、M中学校Aチーム、Bチームの両方で出場し、市内のH中学校との合同チームでも出場しました。

結果は、Aチームが銀賞、Bチームでは金賞、合同チームでも金賞を獲得しましたが、またしても県代表は逃しました。

丁寧に歌っているのですが、やはりボリュームが小さいので、迫力に欠けるところがもう一歩いけない原因なのかもしれません。

まだ1年生なので、とにかく身体の土台から作る必要があることを実感しました。

これから毎日、腹筋と背筋、腕立て伏せをちゃんとやるそうです。

その後、miki男の子とayu女の子は、恒例の漢字検定受験のため、高松に。

我が家では学習塾にいかせていない代わりに、漢検を毎年受けることにしています。

今年は2人とも気合を入れて過去問題を感度もやっていました。

子供が「文部両道」を目指している以上、親としても同じように頑張らないといけないのだと思います。

いよいよ背中を見て育つ、判断する状況になってきました。

私も頑張らないと…ですね

Posted by へんこつ侍 at 22:45 | へんこつ | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)

立春[2011年02月05日(Sat)]
昨日は立春でしたね。

昨日、今日はとても暖かくまさに「立春」を感じました。

昨日は、一日お休みを頂き、人間ドックに行ってきました。

年度内には必ず受診しないといけないのですが、毎年この時期に切羽詰っていくことになってしまうのです。

この一年間で、この年齢にして初めて、ストレスというものがどういうものなのかを感じたのですが、体調が万全でないとどうも悪い方に悪い方に考えてしまい、いろんな不安を引き寄せてくることも分かりました。

なので、人間ドックへ行くのも結構心配でした。


いろいろと調べてもらったのですが、結果はいたって健康ということでした。

特に悪いところは見つからず、体重もウエストも去年よりも軽く細くなっておりました。

4〜5年前にブロガー仲間のmickysukeさんからマクロビのことを教えて頂き、本格的なマクロビには取り組んでいませんが、牛肉を控え、鶏肉に変えたこと、米飯を以前の5〜6割程度に抑え、野菜を極力摂るようにしています。

急激に体質は変わりませんが、1年半ほど前から、少し体重が落ちウエストも細くなり、随分身体が軽く感じるようになりました。

具体的には、体重は最大74キロから現在は66キロ、ウエストは最大88センチから現在は80センチになっています。

miki男の子の少年野球のお手伝いなどで、週2回以上は運動していることもあり、体調自体は良いのですが、やはりストレス性の不調は否めないのです。

今日も、少年野球のお手伝いですでに11000歩ほど歩いています。

小春日和も手伝ってとても気持ちよい一日でした。

皆さんも外に出て軽く身体を動かしてみて下さい。

ストレス解消になりますよ。

Posted by へんこつ侍 at 18:53 | へんこつ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

豆まき[2011年02月03日(Thu)]
今日は節分です。

毎年恒例の豆まきなのですが、ayu女の子は中学生になったからなのか、恥ずかしがって豆まきから逃げていきました。

miki男の子は、若干恥ずかしさを感じながらも、「鬼は外、福は内」と豆を投げてくれました。



でもねぇ。

豆まきの時まで野球野球みたいな投げ方せんでもええと思うんやけど・・・困った

ただ、肘はちゃんとあがっとるからよしとしてやろう。

立春だけどまだまだ寒い日が続きます。

今年もまた元気で頑張れますように。

Posted by へんこつ侍 at 23:58 | へんこつ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

コーディネーターが少ない[2011年02月02日(Wed)]
仕事上でも、NPOの活動でも、各部門、個別の具体的な活動をする方が多い一方で、取りまとめや組み合わせなどの“交通整理”的役割を担うコーディネーター役が著しく不足しているように感じる。

もちろん、コーディネーターがたくさんいたのでは、現場の課題は解決しない。

コーディネーター役は、よりよい成果を挙げるために、物事の間に立って判断しないといけなかったり、自分個人の考え方をややもすると押し殺さなければいけないこともあるのかもしれない。

当然、知識も情報も兼ね備えなければならないのだろう。

人間的にも、目に見える具体的な成果以上に、目に見えない形にならない過程を大切にする人が相応しいのだろう。

自らがパフォーマーではなく、パフォーマーをより引き立てる演出家のようなイメージなのだろうか?

ある意味で、間接的な喜びに幸せを感じると書けば理解してもらえるのだろうか?奥ゆかしさもあるのかもしれない。


「コーディネーターはこーでねーと」などと言っている場合ではないが、本来、コーディネート的立場にあるはずの者が、パフォーマンス好きなのは勝手だが、度が過ぎると、どれほど厄介で迷惑か。

現場を知り尽くした地道な努力家さんこそが、コーディネーターとして立ち上がって欲しいものだとつくづく感じている。

Posted by へんこつ侍 at 23:18 | へんこつ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)