CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
讃岐では、へんこつ店主のつくるうどんがじょんならんぐらいうまいことがある。
へんこつは人を寄せ付けないほどの情熱とこだわりのオーラを持つ人。
私、へんこつ侍が地元丸亀でへんこつの種まき始めますよ。

« 2010年12月 | Main | 2011年02月 »

プロフィール

さんの画像
へんこつ侍
プロフィール
ブログ
最新記事
最新コメント
@ケンさん
相談 (06/01)
へんこつ侍
病院なう。 (05/12)
jiru
病院なう。 (05/06)
へんこつ侍
みどりの月間丸亀フェスタ (05/02)
へんこつ侍
へんこつ侍のツイッター (04/21)
@ケンさん
へんこつ侍のツイッター (04/19)
へんこつ侍
精一杯 (03/25)
紅の葉
精一杯 (03/20)
adhe
節電のお願い (03/13)
リンク集
<< 2011年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ

ジオターゲティング
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/henkotsu/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/henkotsu/index2_0.xml
愛妻の日[2011年01月31日(Mon)]
今日、1月31日は「愛妻の日」なのだそうです。

今朝の朝礼で、同僚の女性職員から教えてもらいました。

「普段から遅くまで仕事をしている人は、たまには早く帰ってねぎらいの言葉をかけてあげてください。」と私を注視しながら話してくれました。

そういえば、先日1月28日は、私達夫婦の結婚記念日でした。

忘れていたとはいえないのですが、夜にNPO関係の会議に出席したため、特に話しもせずに過ぎていってしまった結婚記念日なのでした。

毎年のことですが、結婚記念日は初心に帰る日だと思っているので、我が家では特別なことは全然しないことにしています。

それでも、若干気がかりなので、今日の愛妻の日にちなんで早めに帰りました。

手ぶらで帰ってきて、突拍子もない言葉をかけるととても不自然で、何か悪いことをしたのか、または企んでいるのかと思われるので、途中、コンビニでスイーツを買って帰りました。

最近のコンビニのスイーツはとても美味しいと家内が言ってたのを思い出し、普段は一人で買うことがないので、気恥ずかしさはこの上ない限りです。



ただ、子供たちも家内も喜んでくれていたので良かったです。

miki男の子が野球を始めてから、練習や試合には必ず顔を出し、酷暑極寒の中、砂嵐に耐えながら自分にできることをする家内には、本当に頭が下がります。

毎月曜日は、砂埃の影響で目やのどの痛みが酷く、大変辛い思いをしていますが、miki男の子の変化や成長を誰よりも期待しているのは家内だと思います。

一方、miki男の子も、母親の心配や不安、期待を感じるからこそ、黙々と頑張っているのだとも思います。

お互いに言葉にはしないけれど、無言のコミュニケーションがちゃんとなりたっていることは、本当に嬉しいことですし、何よりも感謝しています。

Posted by へんこつ侍 at 23:11 | へんこつ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

環境に配慮した?自動販売機?[2011年01月29日(Sat)]
先日、コーヒーの話題をお伝えしましたが、最近、職場の事務所で紙コップ式の自動販売機を入れ替えしたようで、事務所のあちこちで飲み口フタが付いたカップを持った職員を見かけます。

私自身は、ほとんどこの自動販売機を利用しないのですが、このフタがついたことによって、従来価格よりも10円値上がりしたそうです。

ところが、この自動販売機は、フタの選択ができるそうで、フタをつけないとこれまでどおりの値段なのだそうです。



一見、環境に配慮された自動販売機といえるのかもしれません。

しかし、職場で飲むコーヒーにフタが必要なのかとても疑問です。

当然ですが、飲み終わればこのフタはカップと一緒にほぼ100%捨てられるはずです。

洗って再度使用するような人はたぶんいないと思います。

お金を払ってゴミが増えて、またその処理にお金がかかるなんて、とてももったいないと思います。

環境にやさしい事業所として、他に率先して行動を起こさなければならない市役所が、このような時代に逆行することに気付いていないというのは、甚だ情けないです。

私自身はこの自動販売機を使うことは絶対にありませんが、この自動販売機を設置した方に直談判して機種の変更するように働きかけていきたいと思います。

また、随時ご報告いたします。

Posted by へんこつ侍 at 17:23 | 環境にやさしいくらし | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

コーヒー[2011年01月26日(Wed)]
実は私、出勤時間が結構早いのです。

定刻30分前には、ほぼ事務所に着いています。

私にとって貴重な時間で、大切な自分の時間です。

6〜7年前から、特別な早朝出勤の日を除くと、ほぼ同じリズムで始業を迎えています。

事務所に着いてから、自分のマグカップで簡易ドリップのコーヒーを飲むのですが、ここ半年はとても仕事が忙しく、精神的にも厳しい状況が続いているからでしょうか、朝のコーヒーが1日で唯一のリラックスできる一時です。

このコーヒーを飲みながら、スケジュールチェックと“ネタ帳”の書き込みをしています。

朝のこの時間は、とても集中力が高まっていて、文章を書くととてもスムーズです。


今日は、外部での協議と会議で一日が終わりました。

会議が何箇所かであると、その度にコーヒーを持っていて下さるのです。

コーヒーは好きなので、そんなに苦にはならないのですが、今日1日で合計5杯頂きました。

しかし、どのコーヒーも本格的なもので、私の好みを知っているかのようなアメリカンでとても美味しく頂きました。



おかげさまで、とても意義のある集中した会議協議となりました。

お気遣い本当に有難いものです。

Posted by へんこつ侍 at 23:04 | へんこつ | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)

努力は裏切らない!![2011年01月23日(Sun)]
皆さんご存知の通りですが、miki男の子が昨年春から野球に明け暮れています。

こんな寒い冬でも関係なく、週末の土日は終日練習、水曜日の夜には体育館で室内練習をしています。

昨年9月末には、クラブ内で異動があり、現在はシニアチームに所属し、一学年上の選手とプレーしています。

本格的に野球を始めて1年に満たないmiki男の子は、チーム内では当然、最も大きな背番号を背負っていますが、一生懸命練習を頑張っています。

身体も小さいですが、声はチーム1です。そして、たぶんチームで一番野球が好きだろうと思います。

毎日の素振り、ランニングは私が言わなくても自分でメニューを作り、黙々と取り組んでいるようです。

私には、直接、明言しませんが、miki男の子自身でモチベーションにつながる何かを持っているのだろうと思います。

それは、恐らくガイナーズで尊敬していた選手と自分を重ね合わせているのだろうと思います。あの選手のように上手くなりたいと本気で思っているのだろうと思います。

その選手は、チーム内では、誰よりも遅くまでバットを振り続けていたということをmiki男の子は知っています。


今日の他チームとの合同練習でも、 内野ゴロにはなったけれど、結構強い当りを打っていたことは、これまでの練習の成果だと思います。

「努力は裏切らない」

今日も練習後、夕方もくもくとバットを振っていました。

子供の努力、結果にこだわらずきちんと評価してあげたいと思うと同時に、私も負けないように努力しなければと思います。

Posted by へんこつ侍 at 23:55 | へんこつ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

美の壺[2011年01月20日(Thu)]
またまたNHKの話題です。

明日1月21日(金)22時〜22時24分放送のNHK教育「鑑賞マニュアル美の壺」という番組のテーマは「門」です。


この中で、私が管理に携わっている丸亀城の大手門が紹介されます。


収録では、周到な準備をされていただけに、番組がどんな感じで仕上がるのか楽しみです。

先日といい、丸亀城がNHKで紹介される機会が多くなっているのは、観光客の皆様が年々増えているということと関連があるのかもしれません。

普段から見慣れている丸亀城ですが、全国放送されるとなると、地元の皆様も改めてその良さを評価し直すのですが、意外と「灯台下暗し」や「となりの芝生は青い」現象はどこにでもある日本人の特徴的な気質なのかもしれません。

こういう時こそ、もう一度地域資源を見つめ直し、大切に次代へ継承するとともに、よりよく活用しながら、特徴あるまちづくりに反映するべきだろうと思います。

私には、こうした活用を図りながら、一方で日常的にご利用頂ける市民の皆様の快適性の向上も進め、内外ともに愛される丸亀城にしなければいけない役割をになっているので、テレビ放送の後こそ、気を引き締めて仕事に取り組んでいきたいと思うのです。


Posted by へんこつ侍 at 23:37 | 仕事 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

NHK[2011年01月18日(Tue)]
今晩18時20分から約7分間ですが、NHK高松放送局の番組「ゆう6かがわ」で、「丸亀城を活かそう」と題したスポット放送がありました。

私が事務局を担当しております「丸亀城活性化プロジェクト会議」の様子も放送され、不肖ながら私も、大きく画面に登場しておりました。


帰宅後、家内に様子を聞いてみると、miki男の子が興奮して「おと〜さんがテレビに出とる!!」と誇らしそうに喜んでいたそうです。

子供が親の仕事を誇りに思ってくれることは、この上ない幸せです。
テレビで放映されたことよりも、miki男の子が喜んでくれたことの方が何倍も嬉しいです。

子供たちに恥じない仕事ができるように、これからも日々精進しなければいけないと改めて思います。

Posted by へんこつ侍 at 22:55 | 仕事 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

それぞれの1.17[2011年01月17日(Mon)]
今日は1月17日、阪神淡路大震災が発生して16年を迎えました。

震災で亡くなられた皆様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

震災後、年々少しずつあの日の恐怖が薄れていっていくように感じるとともに、いつの日にか起きる地震や災害への不安は、年々増しているように感じています。

ここ2、3日のようにとても冷たい寒空の下、亡くなられた方々はどれほど無念だったことでしょう。

亡くなられた方々の傍らにいて、なす術がなかった方々もまたそれ以上に無念だったと思います。

私など、どれほど書いても想像の域を脱しえません。

しかし、こうした想いを持ち、一人でも多くの方々が安心して暮らせる町になるように努力することはできるはずだという信念はあります。

1.17への想いはそれぞれです。

それぞれの想いを形にして、公私共に頑張っていこうと誓い直す日だと私は思っています。

Posted by へんこつ侍 at 22:53 | へんこつ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

お手紙[2011年01月17日(Mon)]
先週のことです。

私としては、本当に久しぶりにお手紙を頂きました。

ここでは先方様のお名前は明かせませんが、家族みんなでお世話になった方のご家族様です。

最近、封筒と便箋のお手紙を頂く機会がほとんどなく、自宅に届くのは、請求書や事務書類がほとんどなのです。

とても美しい達筆の宛名を拝見するだけで、開封する瞬間の緊張感がたまりません。


便箋もとても美しく丁寧なお言葉でしたためられていて、家族みんなで感動してしまいました。

早くお返事をと思うのですが、ここまで丁寧なお手紙を頂いたことがないので、簡単にお返しするのがとても失礼なように思えて、なかなか筆が進みません。

お手紙には、ご家族にとってもとても大切なあるものを同封して下さっており、本当に恐縮するばかりです。

私達がお預かりしておいてよいものか未だに迷っていますが、折角のご好意を無にするわけにはいけないとも思います。

ともあれ、私としても下手ながら心を込めて手紙をお返ししなければと思います。

また、驚いたことに、このブログをご覧頂いているということも、お手紙を拝見して分かりましたので、この場をお借りしまして、お手紙を頂きましたこと本当に有難く、御礼申し上げます。

Posted by へんこつ侍 at 22:32 | へんこつ | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)

タイガーマスク現象[2011年01月16日(Sun)]
実に素晴らしい現象が日本中で増えています。

「伊達直人」や「タイガーマスク」などの匿名を称した方々が、児童福祉施設に対してランドセルや図書カード、お菓子などを贈るいわゆる「タイガーマスク現象」です。

実際には、伊達直人がタイガーマスクであることは知られていないので、正確には「伊達直人」現象なのでしょうが…。

ともあれ、ムード先行とはいえ、全国でこれほどまでの「積極的善意」運動が起きていることは喜ばしいことだと思います。

児童福祉施設は、行政からの補助金を受けて運営しているところもあり、子供たちが小学校に通うためにランドセルなど必需品については、当然行政が支援するべきだと思うのですが、こうした善意が社会を支えるという流れも大切にすべきだとも思います。


日本では寄附にあたり、匿名または名乗らないのが善意の美徳だと考えられているのですが、こうした観念が足かせとなり、寄附文化が広がらず、仕組みもまた未熟である原因なのではと思います。

寄付金に対する税金の優遇措置はもちろんのことですが、明確な目的を持った寄附やそれを受け入れる側の体制も仕組みとして整備されるべきだろうと思います。

もう一つ気になることがあります。

言い方が悪いので、誤解のないようにお願いしたいのですが、善意の表現方法が金品だけに特定してもらいたくないということです。

思い込みが独りよがりになって、とにかく「お金をあげればよい、物をプレゼントすればよい。」ということに留まらず、より具体的に自らが行動し、活動することについても、具体的な受け皿が必要だろうと思います。


ともあれ、今回のタイガーマスク現象で、日本の市民活動やNPOの活動がもっと注目され、社会全体の機運を高めるきっかけになればいいなぁと思うのです。

Posted by へんこつ侍 at 22:22 | 社会の問題 | この記事のURL | コメント(4) | トラックバック(0)

誕生日[2011年01月13日(Thu)]


今日は、miki男の子の10歳の誕生日です。

「早いもので…」と「ようやく」という二つの思いが交錯しますが、今年もまた元気に誕生日が迎えられたこと、本当に有難く思います。

この1年は、明けても暮れても野球一色のようにも思いますが、それなりにいろいろなことを頑張った1年間であったように思います。

目には見えない様々なプレッシャーにも立ち向かい、miki男の子としては、自分自身の力で階段を1段上がることが実感できた1年だったことでしょう。

また、昨年秋には、家族以上にmiki男の子の心の支えであり、目標であり、憧れだったガイナーズの笠井要一選手が引退したことは、miki男の子としては、初めてといっていいぐらい悲しい別れも経験しながら、自分自身を鼓舞し、より大きなモチベーションに変えてしまったことも、親としてとても大きな成長を実感したところです。

まだまだ家内に甘えるところもありますが、素直で子供らしく、親譲りの粘り強さがとても面白いのです。

また1年元気で楽しく、前向きな努力を続けて欲しいと思います。

Posted by へんこつ侍 at 22:57 | へんこつ | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)

| 次へ