CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
讃岐では、へんこつ店主のつくるうどんがじょんならんぐらいうまいことがある。
へんこつは人を寄せ付けないほどの情熱とこだわりのオーラを持つ人。
私、へんこつ侍が地元丸亀でへんこつの種まき始めますよ。

« 2010年09月 | Main | 2010年11月 »

プロフィール

さんの画像
へんこつ侍
プロフィール
ブログ
最新記事
最新コメント
@ケンさん
相談 (06/01)
へんこつ侍
病院なう。 (05/12)
jiru
病院なう。 (05/06)
へんこつ侍
みどりの月間丸亀フェスタ (05/02)
へんこつ侍
へんこつ侍のツイッター (04/21)
@ケンさん
へんこつ侍のツイッター (04/19)
へんこつ侍
精一杯 (03/25)
紅の葉
精一杯 (03/20)
adhe
節電のお願い (03/13)
リンク集
<< 2010年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ

ジオターゲティング
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/henkotsu/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/henkotsu/index2_0.xml
香川オリーブガイナーズ独立リーグ日本一[2010年10月31日(Sun)]
またまたやりました!!

我らが香川オリーブガイナーズがプロ野球独立リーグの日本一になりました。

今日、石川県立野球場で行われた、独立リーグ日本一を決めるグランドチャンピオンシップ4回戦で、BCリーグチャンピオンの石川ミリオンスターズを2−0、7回降雨コールドゲームで下し、通算3勝1敗で優勝、2年ぶり3度目の日本一に輝きました。

また、四国・九州アイランドリーグとしても、4年連続の日本一となり、独立リーグのパイオニアとしての面目を保ちました。

香川オリーブガイナーズとしては、レギュラーシーズンの前期後期、リーグチャンピオンシップ、そしてグランドチャンピオンシップの全てに優勝を勝ち取り、まさに完全優勝といったところです。

県内での盛り上がりはまだまだですが、選手、スタッフは本当によく頑張っています。

『レベルが低い!!』なんて陰口を叩いている人は、本当の野球のレベルを知らない人か、もしくは、プロ野球NPBで素晴らしい成績を残した人です。

大抵の場合は、知ったかぶりした人が偉そうに解説するのでしょうが、本当にすごい選手が集まってきています。

もっともっとたくさんの県民の皆様が、ガイナーズやアイランドリーグを盛り上げて欲しいと思います。

選手、スタッフの皆様、おめでとうございます。

今年も本当におつかれさまでした。ありがとうございました。

また来年も、新しいメンバーでそれぞれの夢の実現に向けて頑張りましょう。

Posted by へんこつ侍 at 22:07 | 四国・九州アイランドリーグ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

大原淳也選手が横浜ベイスターズから、上野啓輔投手が東京ヤクルトスワローズから指名されました[2010年10月28日(Thu)]
やりました!!

今日のNPBドラフト会議で、我らが香川オリーブガイナーズから#2大原淳也選手が横浜ベイスターズから7位指名、#16上野啓輔投手が東京ヤクルトスワローズから育成2位指名されました。

大原選手、上野投手おめでとうございます。

大原選手は、今年の春、地元社会人クラブチーム「アークバリアドリームクラブ」から入団した26歳です。

家族を地元に残し、単身この香川にやって来たとのことで、ご本人も今年がラストチャンスと言っていたことを思い出します。

ガイナーズでは、シーズン当初から1番ショートとして、ガイナーズのリードオフマンとして活躍しました。

俊足と広い守備範囲、強肩、特に捕球してからの送球の速さは開幕当初から目立っていました。

一年を通して高打率を残したほか、シーズン後半にはホームランも打てるバッターに成長し、NPBのスカウトからも注目されていました。


上野投手は、今シーズン登板回数は少なかったものの、シーズンオフに身体を絞り込み、昨年に比べるとグッと引き締まった身体に生まれ変わりました。

昨シーズンは制球難もあり、バックネット裏の多くのスカウトにも注目されていましたが、指名に至りませんでしたが、今シーズンは、コントロールがかなりよくなり、長身から投げ下ろす重いストレートと切れの良い変化球のコンビネーションがとてもよい印象でした。


お二人のこれからのますますのご活躍をお祈りいたします。


そして、惜しくも指名に至らなかった選手の皆様には、本当に残念で仕方ありません。

しかし、今回の独立リーグから指名された選手を見てみますと、一年を通して十分な成績を収めることができなかった選手にも、潜在能力や基礎体力など、特筆すべき特徴がある選手がNPBから指名されているように思います。

アイランドリーグには、NPBに指名されるか否かは本当に紙一重というレベルに達している選手がたくさんいるように思います。

他人の人生を勝手に煽動することはできませんが、挑戦する気持ちがある限り、諦めずに頑張ってもらいたいと思います。

アイランドリーグからは、大原選手、上野投手のほか、

高知ファイティングドッグスの安田圭佑選手がソフトバンク育成1位、愛媛マンダリンパイレーツの岸敬祐投手が巨人育成2位、岡賢二郎選手が横浜8位、徳島インディゴソックスの弦本悠希投手が広島7位と合計6名がNPBへあがることになりました。

そして、ガイナーズからは、5年連続10人目のNPBということになります。


これは、いよいよアイランドリーグもNPBの選手育成の場としての実力をつけてきたという証なのです。

NPB関係者がこのブログを読むことは恐らくないと思いますが、アイランドリーグをNPBのマイナーリーグとしてフランチャイズ化して、アメリカのような地域密着型の選手育成、あるいは運営にシフトできないかと思います。

都会に比べると地域の力は微々たるものだろうと思います。

しかし、その微々たる力だけでもアイランドリーグ創設6年で毎年NPBへ選手を送っています。

NPBの大きなスポンサーがつけば、汲々として運営している独立リーグも少しは安定したものになります。

地域の活性化も期待できるでしょう。

何とかそういう状況になるように、地域自体も頑張っていかなければいけません。

長いNPBの歴史が少しずつ変化し、アメリカのようなベースボールスタイルが定着していくことを願ってやみません。

Posted by へんこつ侍 at 23:39 | 四国・九州アイランドリーグ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

NPBドラフト会議[2010年10月28日(Thu)]
日付が変わって今日、NPBドラフト会議が開催されます。

世間では、大学生投手の1位指名が取り沙汰されていますが、私としては、やはり香川オリーブガイナーズや四国・九州アイランドリーグの選手が気になります。

昨年は、香川オリーブガイナーズの福田投手が横浜ベイスターズへ、徳島インディゴソックスの荒張捕手が日本ハムファイターズへ、長崎セインツの松井内野手が東北楽天ゴールデンイーグルスへそれぞれ入団しました。

福田投手は、8月から1軍の試合でも登板し、1軍のままシーズン終了を迎えました。

来季の活躍が本当に楽しみです。

さて、今年もまた、ガイナーズで私が期待している選手をご紹介します。

まずは、やはり#6笠井要一選手です。


今年は、春からバッティングの調子が上がらず、本当に厳しいシーズンでしたが、走攻守ともに素晴らしく、潜在能力はすでにNPBにも折り紙つきです。真面目で子供たちにもとてもやさしいので、ファンもとても多いのです。

今年こそNPBへ上がってほしいです。


次に#2大原淳也選手です。
今年入団したルーキーですが、こちらも走攻守の三拍子が揃った素晴らしい内野手です。
ホームランが打てる1番バッターなので、NPBでも即戦力でいけると思います。

次に、#33中村真崇選手です。
大型スラッガーですが、内外野守れる器用な選手です。
彼の持ち味は何といっても長打力。右方向にもホームランが打てるチャンスに強い選手です。打率も2年連続の首位打者は逃しましたが、アイランドリーグでは頭一つ抜けた存在です。

投手では、#16上野啓輔投手です。
193cmの長身から投げ下ろすスピードボールは威力十分です。
昨年もNPBのスカウトがマークしていた投手なので、身体を絞り込んだ今年こそ注目です。

また、今年最多勝で香川出身の#22高尾健太投手、韓国出身で世界初左腕ナックルボーラーのキム・ギョンテ投手にも期待がかかります。

そして、個人的には元NPBの#28前川勝彦投手には、もう一度NPBに復帰してもらいたいと思います。
今年一年、ガイナーズの選手達は、前川投手から技術だけでなく、メンタルでも支えになったのではないかと思います。
春、ある内野手が2度エラーし、失点しても「気にするな。お前は悪くない。下を向かずに頑張れ!!」と励ましたそうです。
その内野手、つまり#9国本選手は今年、念願の首位打者を獲得しました。
前川投手については、過去のいろんなことを背負い、相当な覚悟でこのアイランドリーグにやってきたのだと思います。おそらくプライドをかなぐり捨てて…。

そして、今シーズン防御率1位を獲得し、チームも独立リーグ日本一まであと1勝のところまで来ています。

そろそろ、野球の神様も彼をもう一度NPBへ戻してあげても良いのではないかと思います。

また、その他の選手も、今日の午後5時からのために、必死で頑張ってきたのです。

サプライズや隠し玉でもなんでもいいから、できるだけたくさんの選手がNPBに上がれるように祈ります。

Posted by へんこつ侍 at 00:17 | 四国・九州アイランドリーグ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

すみません[2010年10月24日(Sun)]
最近、ホントに忙しいのでブログを書けてなくて申し訳なく思います。

ここ数ヶ月は内容も貧弱で想いが十分に伝わらないのが我ながら歯痒いのです。

言い訳にはしたくないのですが、自分にとってはこれまでにない大きなプロジェクトを担当していて、寝ても覚めても、夢の中にも出てくる状態です。

詳しくは書けませんが、このプロジェクトだけは何としても妥協できない大仕事なのです。

こういう時に限って、次から次へといろんなことが起きたり、様々なオファーがあったりするわけなのですが、今までどおりにお断りすることなく、来たものすべていらっしゃい状態にしているので、結構忙しいのです。

ということでブログがどうしても疎かになってしまうのですが、自分なりに想うところはたくさんあって、ブログに書けないことは、ネタ帳のようなノートに書きためています。

という状況なので、これまでのように日々更新はできませんが、ブログを閉鎖することはございませんので、いましばらくご容赦をお願いいたします。

Posted by へんこつ侍 at 22:42 | へんこつ | この記事のURL | コメント(1) | トラックバック(0)

山に登る[2010年10月19日(Tue)]
今日は朝から市内の山に登りました。

もちろん仕事です。

丸亀市最南部に位置する綾歌森林公園は、城山(しろやま)、猫山(ねこやま)の自然を生かした公園なのですが、平成16年の台風災害により、法面の崩落が著しく、利用できない箇所がいくつもあるのです。

しかし、地域のボランティアさんのおかげで、少しずつ歩ける場所が増え、来園者も増加しています。

今日は、ボランティアさんと一緒に一日山を歩き回りました。

歩数にして、約16,000歩です。

アップダウンも激しく、苦しい一日でしたが、山頂から見る丸亀市内は絶景なのです。

爽やかな風がとても心地よく、家内が作ってくれた弁当もとてもおいしく頂きました。

こうして書くと、仕事ではなく半ば遊びのような感じですが、今後、皆様に少しでも快適にご利用頂けるよう現地を確認しながら、ボランティアさん達の「思い」をいかに形に変えていくのかも考えつつ、コミュニケーションも図るのです。

1年に何回もあることではありませんが、今日はとても心地よいお仕事をさせて頂きました。

Posted by へんこつ侍 at 21:34 | 仕事 | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)

丸亀城フェスタ[2010年10月16日(Sat)]


日付変わって、明日10月17日(日)午前9時頃から、丸亀城並びに丸亀市民ひろばにおきまして、『丸亀城フェスタ2010』を開催します。

丸亀城の本当の魅力を体感してもらうべく始めたこのイベントは、今回で3回目となります。

そして丸亀みらい本舗も3年連続イベントへ協力することになっています。

今回も市民ひろば会場にて、地球温暖化防止パネル展示、エコキャンドル教室、丸亀城自然観察会のほか、家庭省エネ相談、水のオリンピック、利き水コーナーのほか、新メニュー「京極おむすび」、フェアトレードコーヒーの販売も行います。

なお、市民ひろばには、香川オリーブガイナーズの選手達も遊びに来てくれます。

参加予定選手は、#0枡田選手、#10大松選手、#15加藤投手、#17酒井投手、#54舟生選手、四角トレーナーの6名です。

春、好評だったガイナーズ選手によるデモンストレーションも実施いたしますので、皆様是非お越し下さい。

Posted by へんこつ侍 at 00:13 | 讃岐オリジナル | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(1)

地下700mからの生還に思う[2010年10月13日(Wed)]
チリ落盤事故発生から70日間も地下700mで閉じ込められていた作業員の皆さんが、次々と救出されている。

現在14人目の救出作業が進められているようである。

その様子を見ていると本当に助かってよかったと思う。地下700mからの生還は本当に奇跡としか言いようがないほど難しいものだろうし、普通では考えられないほどの好条件が重なったのだろう。

それと共に、閉じ込められた人達や救出作業に従事する人達、世界中の助かって欲しいと願う人達のチームワークや想いはとても大切だと改めて感じる。

「生きる」という最も大切な目的のために、みんなが力を合わせること、想いを募らせることは、今回のような事故に限ったものではない。

感じたり気付いたりしていないだけで、我々の身の回りにもこうした目的のために協力していかなければいけない問題は山積していると思う。


とてもハッピーな報道を見ながら、自分自身が遠い先ではなく、半歩先を見据えた活動や行動を常に意識していかなければと思うのである。

Posted by へんこつ侍 at 23:24 | へんこつ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

チャンピオンシップ[2010年10月10日(Sun)]


今日は四国九州アイランドリーグの総合優勝を決めるチャンピオンシップ第2戦、香川オリーブガイナーズVS高知ファイティングドックスの試合観戦に来ています。


我らがガイナーズは、優勝まであと1勝となっています。


現在6回表、1‐2でガイナーズリードです。


総合優勝まであと3回。


ガンバレ香川オリーブガイナーズ!

Posted by へんこつ侍 at 19:38 | 四国・九州アイランドリーグ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

市民ひろばトイレ掃除[2010年10月09日(Sat)]
昨日の夕方、ふと市民ひろばのトイレを掃除しようと思い立ちました。

一人で掃除するのも怪しまれるといけないので、丸亀みらい本舗のメンバー3人で2時間ほどかけて綺麗にしました。





トイレの掃除については、以前に「香川掃除に学ぶ会」の皆さんからきっちり指導していただいているので、もう手馴れたものです。

普段の管理が行き届いていないわけではありませんが、自宅のトイレのように綺麗にしたいと思っていた「想い」がついに決壊したといったところでしょうか?

とにかく、掃除している時間は無心です。

何にも余計なことを考えないで真剣に便器や洗面器に向かうのです。

雑念が消えるような気がします。

私は経験したことがありませんが、ある意味でお寺の修行に近いものがあるのだと思います。

綺麗になってうれしいこともありますが、何より自分自身の心が洗われた気がします。

皆様もぜひトイレ掃除如何でしょうか?

これからは月1回のペースでやってみようかなと思います。

Posted by へんこつ侍 at 17:06 | へんこつ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

言葉にすると不思議なことが起きる[2010年10月06日(Wed)]
先日『協働は今どこに?』という記事を書いたのですが、書いたそばから早速、協働推進に関連する依頼がありました。

へんこつブログをご覧下さっている皆様には、ご存知なのですが、ホントに久しぶりに書いた協働ネタだったのですが、タイミングが良すぎるのか、また、先日の環境美化講演会の内容が本当によかったのか真意は定かではありませんが、とにかく前に進めるために何とかしたいので、力を貸してほしいというものです。

まだ、内容までは書きませんが、とにかく、言葉にすると不思議なことが起きるものなのですね。

また、丸亀みらい本舗としても、この協働に関連する機運が高まっている状況にあって、これまでは本当に充電期間ともいうべき、静かな時間帯だったのかもしれません。

いずれにせよ、様々な出来事や経験が、何かをきっかけにしてどか〜んと動き出すことがあるということを、最近特に感じます。

世の中に無駄なことなど何一つなく、すべて自分の肥やしになると思って、目の前にやってくる事実をきっちりと受け止めて、前に進みたいと思います。

日付変わって、今日、午後から小豆島で講演会があります。

自分が状況に応じてどのような話しをしていくのか、自分自身でも分からないので、とても楽しみです。

今回も原稿なしでぶっつけ本番頑張ります。

Posted by へんこつ侍 at 00:37 | へんこつ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

| 次へ