CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
讃岐では、へんこつ店主のつくるうどんがじょんならんぐらいうまいことがある。
へんこつは人を寄せ付けないほどの情熱とこだわりのオーラを持つ人。
私、へんこつ侍が地元丸亀でへんこつの種まき始めますよ。

« 2010年08月 | Main | 2010年10月 »

プロフィール

さんの画像
へんこつ侍
プロフィール
ブログ
最新記事
最新コメント
@ケンさん
相談 (06/01)
へんこつ侍
病院なう。 (05/12)
jiru
病院なう。 (05/06)
へんこつ侍
みどりの月間丸亀フェスタ (05/02)
へんこつ侍
へんこつ侍のツイッター (04/21)
@ケンさん
へんこつ侍のツイッター (04/19)
へんこつ侍
精一杯 (03/25)
紅の葉
精一杯 (03/20)
adhe
節電のお願い (03/13)
リンク集
<< 2010年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ

ジオターゲティング
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/henkotsu/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/henkotsu/index2_0.xml
温泉水増し[2010年09月30日(Thu)]
我が家からも程近い、「こんぴらさん」で有名な琴平町は、門前町として今でも県内屈指の観光地です。

県内を訪れる観光客は、必ずこの「こんぴらさん」にお参りにくるといっても過言ではないでしょう。

古くは江戸時代、丸亀港などに寄港し、徒歩で参詣したともいわれる由緒正しい観光地で衝撃的な事件が発覚しました。

琴平町内の宿泊施設に有料で供給されている「温泉」に町水道が水増しされていたというのです。

源泉の1.6倍もの水道水が水増しされ、供給されていた宿泊施設から、温泉が薄いのでは?と指摘されていたものの、町は事実を隠していたとのことです。

不祥事で町長が変わり、新町長がこの事実を調査し、公表したことにより、事実が明らかになったとのことですが、民間宿泊施設にとっては、とんでもない打撃です。

自前の源泉を持っている宿泊施設にも影響しかねない事件で、もうすぐ大祭という時期にこのようなことが発覚して、本当にたいへんなことだろうと思います。

しかし、どうして事実を正面から受け止めることができないのでしょう。

湯量が少なく、供給できなくなったのは問題ですが、事実です。

その事実から逃れ、誤魔化そうとする行為自体、私には到底理解できません。

同じ行政マンとして、本当に恥ずかしい気持ちです。

温泉を売り物にしている宿泊施設から温泉がなくなるのは死活問題です。

しかし、温泉だけを目当てにその宿泊施設を選ぶかというと疑問です。

よい温泉で、有名な温泉なら、あと1時間半かけて愛媛県松山市の道後温泉までいくだろうと思います。

温泉が出ないのなら、割り当てで交代に供給するとか、温泉がない日は料理が1品多いとか、それなりのアイデアや対応策があると思います。

「こんぴらさん」のお膝元で旧町長時代からのこのような不祥事。

「こんぴらさん」の天罰が当らないように、関係者の禊、必要です。

私自身も当たり前になっているご都合主義がないか改めてチェックしなければと思います。

Posted by へんこつ侍 at 22:13 | 社会の問題 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

ご清聴ありがとうございました[2010年09月28日(Tue)]
本日、午後2時30分より、丸亀市生涯学習センターにて「環境美化講演会」が開催されました。

私は、恩師の香川大学工学部の増田教授とともに講師として講演させて頂きました。

たくさんの皆様のご来場を賜り、誠にありがとうございました。

今回、環境美化推進員の皆様、市婦人会の皆様、更には市職員の研修も兼ねた講演会ということで、話題の設定に悩みましたが、普段の業務ではお話しできない行政職員としての悩み、志を持つボランティアとしての想い、緑化技術者としての責任、更には、恩師への感謝など様々な想いを込めて、素直にお話ししようと考えていました。

読み原稿を全く準備せず、増田先生との掛け合いも打合せなしのぶっつけ本番で臨むことで、ご来場下さいました皆様にも、「本音」がお伝えできようかと思いました。

ともかく、無事に終わり、今あれやこれやと反省する点が浮かんできているのですが、こうした大きな機会を頂けることは、本当によい経験になりますし、自分自身がよい勉強になったと感じています。

それにしても、やはり恩師の存在は大きいです。

今日の講演会でも、恩師に何度もフォローして頂きました。

やはり、いくつになっても、私自身が経験を積んでも、恩師の足元にも及ばないというのを実感した一日でした。

でも、だからこそ、恩師の背中を追いかけつつも、恩師とは異なる切り口で必ず恩師以上の成果を上げたいと強く感じます。

今日は、会場に私と親交の深い方もお見えになっていましたし、丸亀みらい本舗のメンバーさんもお越し下さっていました。

話の中身はどうあれ、わざわざ会場に足を運んで下さったつながりに本当に感謝するとともに、さらに精進して、今以上の講演ができるように、スキルアップしていきたいと思います。

ご清聴下さいました皆様、本当にありがとうございました。

もし、よろしければ、コメントにて感想などご記入くだされば幸いです。


さて、今日講演会が終わったところなのですが、10月6日に香川県小豆島にてNPO法人全国GIS技術研究会主催の「全国縦断地理空間情報活用促進セミナーin小豆島2010」というセミナーにて事例紹介を兼ねた講演をすることになっています。

こちらはより技術的な話題なのですが、これから準備ということで、あまり時間もありませんが、今回の経験も活かしながら、ご来場くださいます皆様、主催者の皆様のニーズにお応えできるように努めてまいりたいと思います。

Posted by へんこつ侍 at 21:39 | まちのみどりを考えよう! | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

上を向いて歩こうin香川[2010年09月26日(Sun)]



皆様おはようございます笑顔

今日の香川は晴れ太陽

朝が随分涼しくなり、快適に目覚められるようになりました。

すでに稲刈りを済ませている田んぼも見られるようになり、一気に秋に突入した感じですね。


いよいよ明後日に控えた講演会に向け、準備もほぼ完了しました。

読み原稿なし、手ぶら講演会の予定なので、本当に今自分が持っているものしかだせません。

正味の本音トークが炸裂すること間違いなしです。



それでは皆様、今日も一日ハツラツと笑顔

Posted by へんこつ侍 at 08:20 | UMAP in KAGAWA | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

上を向いて歩こうin香川[2010年09月23日(Thu)]


皆様、おはようございます笑顔

今日の香川は雨雨

ホントに久しぶりに雨雨が降ってくれました。

丸亀では、朝6時半頃から降り始め、7時過ぎには激しい雷とともにとても強く降っていました。

今は少し小降りになっています。

香川では、渇水が深刻な問題となっていて、今夏もほとんど雨が降っていないため、農作物に影響が出ているようです。

また、市街地に近い山では、瀬戸内海特有のクロマツが黄変し、著しく美観を損ねるだけでなく、マツノザイセンチュウ、いわゆるマツクイムシの被害が拡大しているようです。

気候変動には太刀打ちできないけれど、この気候変動の要因を人間が作り出しているのだとしたら、快適な生活の代償に自然を破壊し、破壊した自然を回復するためにまた別のエネルギーを使ってしまうという悪循環にはまっているようにも感じます。

一人ひとりが環境負荷の低い生活を心がけることは、ちっぽけなようですが、負の連鎖を少しでも悪くしないためにも必要なことだろうと思います。

ということで、今日はお休みです。

が、午前中は、講演会の資料作成と散髪、午後はmiki男の子の野球の練習のお手伝いです。

それでは皆様、今日も一日ハツラツと笑顔

Posted by へんこつ侍 at 08:29 | UMAP in KAGAWA | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

環境美化講演会[2010年09月21日(Tue)]
来週の9月28日(火)に丸亀市生涯学習センター3階ホールにて、丸亀市環境課主催の『環境美化講演会』が開催されます。

実は、この講演会に私と私の恩師である香川大学工学部の増田拓朗教授が講師としてお話しすることになっています。

演題は、「みんなでつくろう 美しい緑のまちづくり」〜丸亀市の緑を本音で語る!!〜
ということで、これまでに丸亀市の緑づくりや管理に関わってきた経験から、これまでに現場で学んできたこと、これからの緑のまちづくりについて、本音で語ります。

会場は、定員450席ほどのホールをご用意くださっています。

当日は、環境美化推進員さんや環境にやさしい事業所登録の企業の皆様のほか、婦人会会員と市職員研修も兼ねているとのことです。

これほどの大きな会場を構えて、市職員が市職員の研修をするなんて、恐らく丸亀市では初めてのことのように思います。

以前から、市職員間の情報交流やスキルアップのための機会を設けなければいけないということは認識していましたが、まさか、自分が講師の先陣を切ることになるとは考えていませんでした。

しかし、ここ数年、こうしたたくさんの皆様の前でお話しをさせて頂く機会を毎年頂いていることは、本当に有難いことでして、職員研修を兼ねたものといいながら、私自身が一番の研修になっているのだと思います。

また、今回は、恩師からのアドバイスを頂きながら進めているという設定にしておりますので、講師という立場でありながら、私自身も恩師からご指導頂けるという状況は、とても有難いですが、恩師のご迷惑にならないようにしなければという責任も感じています。

ですが、できるだけ分かりやすく、意義のある楽しい講演にしたいと思います。

恩師と二人で、暑気を払うほどの“寒い”オヤジギャグを連発するかもしれませんが、何卒ご容赦頂きたいと思います。

せっかくですから、大勢の皆様のご来場をお待ちいたしております。


改めて、以下、広報されているチラシのお知らせです。



環境美化講演会

演題「みんなでつくろう 美しい緑のまちづくり」〜丸亀市の緑を本音で語る!!〜

講師 香川大学工学部 増田拓朗教授  市都市計画課 村尾剛志さん

とき 平成22年9月28日(火)14:00〜16:00(13:30開場)
   表彰式:14:00〜14:30
   講演会:14:30〜16:00

ところ 丸亀市生涯学習センター(まなびらんど)3階ホール

入場無料

お問い合わせ 丸亀市生活環境部環境課 0877-24-8836



Posted by へんこつ侍 at 23:31 | まちのみどりを考えよう! | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

上を向いて歩こうin香川[2010年09月19日(Sun)]


皆様おはようございます笑顔

今日の香川は晴れ太陽

秋の運動会が開催されている学校もあるようですが、運動会には暑すぎるほど晴れています。

ありがたいことに、私も3連休をいただいておりまして、不具合の腰痛のために「休み薬」を服用したいところですが、昨日はmiki男の子の野球クラブに付き添って野球教室のお手伝い。

走ったり投げたりはしていませんが、大人数なので、会場までの送迎やお世話は尽きません。

その後、家族で買い物中に仕事の緊急連絡が入り、夜まで対応に追われました。

今日は、miki男の子が調子を崩しかけているので、大事をとって練習はお休みさせていますが、家内だけが練習のお世話に行っています。

お母さんお世話係もいろいろと大変なようで、子供の体調管理や休憩、食事と本当に皆さんが頑張っています。

ということで、今日は、miki男の子とともに自宅で静養中ですが、夕方からまた出勤です。

完全3連休などありえないですが、これもまた自分の定めなので、受け入れて頑張ります。

ということで、皆様今日も一日ハツラツと笑顔

Posted by へんこつ侍 at 09:46 | UMAP in KAGAWA | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

ほどけたひも[2010年09月17日(Fri)]
今日の四国新聞のコラムを読んで、凄く感動したので原文そのままの引用はいけないと分かっているのですが、どうしても皆様にお伝えしたいと思います。



それは体育祭の目玉企画だった。各クラスの代表を送り込んだ「270人271脚」。世界記録に挑戦しようと生徒会が企画し、マスコミも集まった。ギネスブックの規定でチャンスは1回。生徒たちは見事、50メートルを完歩した―はずだった。

 歓喜の輪が広がり、マスコミの取材も終わった後、1人の生徒が母親に伴われて本部席にやってきた。「(自分が脚を結んだ)ひもがほどけていた」。教員たちは顔が青ざめたに違いない。

 学校によれば、隣り合っていた生徒も認めたが、映像では確認できず、黙っていたらとの意見も出た。参考記録としてギネスに申請する案もあった。しかし結局、学校は生徒の勇気を大切にし、3日後に申請断念を決めた。滋賀県のある中学校での話だ。

 正直に申告しなければ、この先ずっとごまかし続けなければならない。申告しても、間違いなく皆をがっかりさせる。この生徒は今も、言って良かったのかどうか悩んでいるという。

 正直の上に何か付くのではと、批判する人もいるだろう。不正の内部告発をして、総スカンを食う例は珍しくない。それが世の中の現実ではある。しかし日本人の正直さが、世界の信頼と経済成長をもたらしたのも事実ではなかったか。

 学校には、この生徒への温かい声が続々と届いているそうだ。いっそ再チャレンジとはいかないものか。そして成功させ、正直さが良い結果をもたらす経験を、生徒たちができれば最高だ。正直者が報われる社会であってほしい。(G)




最近の自分、どうなんでしょう?ここまで正直に生きているのでしょうか?

「事なかれ」や「波風を立てない」雰囲気に同化していないだろうか?

正直というよりも、自分の気持ちに真っ直ぐに生きているか?

報われずとも、自分に嘘をつかない人生を歩みたいと改めて思います。

Posted by へんこつ侍 at 21:59 | へんこつ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

最悪[2010年09月14日(Tue)]
実は、先週以来の腰痛が悪化し、過去最悪の状態なのである。

週末の土曜日の朝は、miki男の子の野球の練習に行けそうなくらいまでに回復していたのだが、練習の前に少し時間があったので、自宅庭の芝刈りをしようと思い、9割方終わった頃、何気なく地面の物を拾おうとしてかがんだ瞬間だった。

実際に音はしていないのだろうが、私の身体の中で「ビシッ」という音とともに、私の下半身は全く力を入れることができず、腰砕けようになったのである。

それ以降は、まともに歩くことができず、今日も何とか出勤できた状態だ。

とにかく、座っているのが辛い。車の運転もかなりヤバイ。

症状としては、背骨のかなり下の方、尾てい骨から8センチほど上部の腰椎というのだろう所が激しく痛み、左足股関節の方にも痛みが走る。

身体を前屈することがまったくできず、一人で靴下も履けない状態である。

今日も、接骨院で治療してもらったが、少しは回復するものの、依然回復の兆しはない。

ヘルニアだったら恐ろしいので、うかうか病院にも行けないので、何とか誤魔化しながら、ピークが過ぎ去るのを待つしかない。

こういう時に限って、大事な会議が入っていたりするのであるが、仕事は腰痛を待たない。

プライベートな会議も夜に組み込まれていたのだが、先輩のヤモッチさんに助けてもらった。

だが、公私共に次々と無理難題が押し寄せる。

痛いなんて言ってられないのが現状だ。

こうしてブログを書いている間も、何度か激痛が襲ってくるが、気合いを入れて明日も頑張ろうと思うのである。

ただ、ひょっとすると、普段よりも集中力が落ちているので、周りの皆様に気付かないこともあろうかと思いますが、現状をご理解頂き、失礼がありましたら平にご容赦ください。

Posted by へんこつ侍 at 00:03 | へんこつ | この記事のURL | コメント(4) | トラックバック(0)

「サザエさん」的コミュニティの法則[2010年09月10日(Fri)]
宮崎県の「おいちゃん」は、とても多忙な方だ。

ご本人は、「多忙」やら「忙しい」という言葉は、あまり好みでないらしく、時々「余裕がない」という表現をお使いになるのであるが、そんな「余裕がない」時でも、とてもたくさんの本を読んでいらっしゃるようで、時々「おいちゃん」を思い出しては、今どんな本を読んでいらっしゃるのだろうと一人思うことがある。

つい最近、友人の「トンネルもぐら」君が、「自分の文章力のなさを痛感した」らしく、おそらくどこかの上級役人に強かに指導されたのだろうが、よっぽど悔しかったのか、文章の書き方や説明のしかたを説いた本を貪るように読んでいる。

先日も、昼食を一緒に頂いた後、おもむろにベトナム作業服の腿ポケットから、本を取り出して読み始めるのである。

中には、私がすでに読んだ本を出して嬉しそうに読んでいたので、「それ、俺が学生時代に読んだ本やぞぉ〜!!」なんて茶化すと、本気になって悔しがる。

しかし、40歳近くになっても、彼のようなエネルギーを持って前向きに進む姿は、とても嬉しいし、こちらも奮起させられるのである。

今週月曜日には、駅前のラーメン屋さんで昼食した後、一緒に本屋に立ち寄った。

おっさんが二人して、誰もいない小難しい本のコーナーであれやこれやとうんちくを並べてしまった。

手ぶらで帰るのもお店の人に申し訳ないので、タイトルだけに惹かれて買ってしまった。



「サザエさん」的コミュニティの法則なのだが、今、仕事でとても大きなプロジェクトを1つ、大きなプロジェクトを3つ抱えている状況にあって、「おいちゃん」流にいえば、本当に余裕がない状況なのだが、そんな状況でも、やはり自分の目指す目的のためには、どんなところからでも学びたい気持ちは抑えられないのである。

平日は、ほとんど時間がないので、土日のmiki男の子の野球の練習の合間にでもボチボチと読んでいきたいと思う。

Posted by へんこつ侍 at 22:41 | へんこつ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

ところてん[2010年09月08日(Wed)]


今日は、二十四節気の「白露」です。

この時期、葉についた露が白く見えることから、このように呼ばれるとのことですが、香川県では今日も最高気温は34℃近くまで達したとか。

疲れなのか、先週末からまた激しい腰痛が始まり、コルセットを巻いても普通に歩けなくなってしまいました。

昨夜、“いきつけ”の接骨院に行くと、体がひどく歪んでいることが原因のようで、いつものように、左足の張りを中心に緩めてもらいました。

今朝は随分楽になったのですが、腰痛はまだ取れておらず、今日も治療してきました。

考えてみると、中学生のころから、左膝痛と腰痛が長く続き、毎日病院に通ったのですが、全く効果がなかったのも、身体の歪みが原因だったのかもしれません。

今は、コルセットなしで普通に歩けるようになりましたが、腰の違和感はまだ残っています。


ところで、今日の写真は「ところてん」です。

丸亀市の隣りの坂出市八十場(やそば)にある、四国霊場の第七十九番札所「金華山天皇寺高照院」のとなりにある、ところてん屋さんのものです。

こう暑い日が続くと、やはり疲れなのか、身体は「水分」と「塩分」と「酢」を求めるようで、先日、無性にこのところてんが食べたくなったのです。

過去、9月を過ぎてからところてんを頂くことは、たぶんなかっただろうと思います。

それにしても、やっぱり八十場のところてんは美味い。

私は、からし酢醤油でいただきます。

黒蜜もおいしいとのことですが、やっぱり「酢」が身体にいいですね。

Posted by へんこつ侍 at 21:24 | 讃岐オリジナル | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

| 次へ