CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
讃岐では、へんこつ店主のつくるうどんがじょんならんぐらいうまいことがある。
へんこつは人を寄せ付けないほどの情熱とこだわりのオーラを持つ人。
私、へんこつ侍が地元丸亀でへんこつの種まき始めますよ。

« 2010年04月 | Main | 2010年06月 »

プロフィール

さんの画像
へんこつ侍
プロフィール
ブログ
最新記事
最新コメント
@ケンさん
相談 (06/01)
へんこつ侍
病院なう。 (05/12)
jiru
病院なう。 (05/06)
へんこつ侍
みどりの月間丸亀フェスタ (05/02)
へんこつ侍
へんこつ侍のツイッター (04/21)
@ケンさん
へんこつ侍のツイッター (04/19)
へんこつ侍
精一杯 (03/25)
紅の葉
精一杯 (03/20)
adhe
節電のお願い (03/13)
リンク集
<< 2010年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ

ジオターゲティング
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/henkotsu/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/henkotsu/index2_0.xml
キャンドルナイト準備中その2[2010年05月31日(Mon)]
今夜もキャンドルナイトの準備を行いました。

今日は、エコキャンドルホルダーを試作してみました。

使用済みのペットボトルにマジックで色塗りすればよいだけの簡単なものです。

ご家庭でも親子で楽しめるようにできるだけ簡単につくります。

イベントの中にも、自宅で持ち帰り、コミュニケーションを楽しみながら、エコ活動への気付きを広めてもらおうとするものです。






今回で5回目のキャンドルナイトなのですが、本来の目的にもそろそろステップアップしようと考えています。

また、後日お知らせします。



また、今日は、キャンドルナイトの会場である、「丸亀市猪熊弦一郎現代美術館」のゲートプラザにも行ってきました。

ライトアップされた画伯の壁画はやはり荘厳な印象を受けます。

力強さでは、丸亀城にも負けていません。



凄いパワーで私達を包み込んでいるかのようです。

皆様もぜひ、現地にお越し頂き、実感して頂きたいと思います。

Posted by へんこつ侍 at 23:36 | 丸亀みらい本舗 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

キャンドルナイト準備中[2010年05月29日(Sat)]



『100万人のキャンドルナイトin丸亀』の準備中です。


今日は、自宅で朝からチラシの発送や事務的な作業の後、外で色塗りをしています。


これが何に使われるかは、当日のお楽しみなのです。

Posted by へんこつ侍 at 13:43 | 丸亀みらい本舗 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

トワイライト芝刈りin丸亀市民ひろば[2010年05月28日(Fri)]
本日午後5時30分より、今年初めての

『トワイライト芝刈りin丸亀市民ひろば』

を実施しました。

『トワイライト〜』シリーズは久しぶりのUPなので、?の方もいらっしゃることでしょう。

丸亀市民ひろばの芝生は、


協働事業『丸亀市民ひろば多目的広場芝植え付け』[2007年08月05日(日)]

http://blog.canpan.info/henkotsu/archive/402

の記事でスタートしました。


その後、市の管理費を使わずに、私と後輩のトンネルもぐら君、大親友のあんちゃん、丸亀みらい本舗の理事長、副理事長、その他の皆様のご協力を経て、現在に至ります。

トワイライト草むしり
http://blog.canpan.info/henkotsu/category_19/

をご覧頂くと、その変遷がよくお分かりになることと思います。

今年1回目の芝刈りですが、従来のハンドガイド式(エンジン付きの手押しタイプ)に加え、昨年から強力な助っ人にお手伝い頂いています。

搭乗型の芝刈り機です。



これがまた素晴らしく速いし、仕上がりがとても美しいのです。

この新兵器のおかげで、トータル3,000uの芝刈りが1時間弱で完了します。

植え付け当時には、想像できないほどの美しい芝生になっています。

すでにほとんどの場所がマット化しています。

刈り終えた後の芝生広場は、やっぱり気持ちがいいものです。


皆様もぜひ『トワイライト芝刈りin丸亀市民ひろば』を体験してみませんか?

参加は無料(当然ですが…。)です。

ご希望があれば、コメントを入れておいてください。

事前にブログにてご案内いたします。

では、お近くの方は、ぜひ明日にでも丸亀市民ひろばの芝生広場でくつろいで見てください。

本当に気持ちがいいですよ。

Posted by へんこつ侍 at 23:59 | トワイライト草むしり | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

丸亀みらい本舗打合せ会[2010年05月26日(Wed)]


今日、午後7時より丸亀みらい本舗の打合せ会を行いました。

6月19日(土)に開催する「100万人のキャンドルナイトin丸亀」の実施要領の打合せです。

あと1ヶ月を切り、そろそろ本格的な準備に入っていきます。

メンバーのモチベーションも高まってくるとともに、もう一度「キャンドルナイト」の趣旨、イベントの目的を整理し、取り組むべきことをみんなで検討しました。

単なる客寄せのイベントではなく、意義のある活動として、一つひとつに想いを込めて取り組んでいきます。

随所に、「丸亀みらい本舗」の“売り”である『多様性』を散りばめたイベントとなるように、自分たちも頑張りますし、多くの皆様のご支援を賜りたいと思います。

メンバーの皆様、ご支援頂くサポーターの皆様、よろしくお願いいたします。

Posted by へんこつ侍 at 23:33 | 丸亀みらい本舗 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

運動会に想う[2010年05月24日(Mon)]
5月22日土曜日は、miki男の子の運動会でした。

ayu女の子が中学校に上がったので、運動会の応援もかなりゆったりになりました。

二人の時は、それこそ親も走り回りでした。

ゆったりした分、わが子の演技だけでなく、他の学年の児童達の演技をじっくりと見ることができたのですが、今まで分かっていたけれど、改めて強く感じたことがあります。

それは、上手下手、速い遅いに関わらず、一生懸命に身体を動かすということが、本当に素晴らしいということです。

一つひとつの演技やプレーに集中している姿は、勝ち負けという結果など、本当にたわいもないものだと感じました。

保護者が勝ち負けに固執しすぎると、子ども達は本来子ども達が持つ『無心』状態が希薄になり、逆に結果が出ないのではないかと思うのです。

プレッシャーの与え方を間違えると、逆効果につながるような気がします。


miki男の子の出番は、学級対抗リレーとジンギスカンダンスでした。


どちらも一生懸命頑張っていました。

気を緩めることなく、真剣な表情で頑張っているわが子の姿を見ることができて、ホッとしました。



でも、やっぱり親子ですね。


走る表情が、私の小さい頃とそっくりです。


Posted by へんこつ侍 at 23:59 | へんこつ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

100万人のキャンドルナイトin丸亀[2010年05月21日(Fri)]



来月6月19日(土)午後5時より、

MIMOCAゲートプラザ文化発信プロジェクトvol.5
「100万人のキャンドルナイトin丸亀」


を開催いたします。

今回は、これまで開催してきた丸亀市民ひろばから、JR丸亀駅前にある「丸亀市猪熊弦一郎現代美術館」のゲートプラザに場所を移し、コンテンポラリーアートの拠点から、市民による新しい文化を発信しようという企画に、従来からの我々の活動の主軸である地球温暖化防止をコラボレーションしようとするものです。

丸亀市内では、丸亀城だけでなく、この「丸亀市猪熊弦一郎現代美術館」も以前からライトダウンにご協力頂いていたのです。

MIMOCAは、Marugame genichiro-Inokuma Museum Of Contemporary Artの略ですが、こちらのゲートプラザで市民が活動することにより、中心市街地の賑わい創出にもつなげていこうという狙いもあるようです。

私達丸亀みらい本舗の活動方針には、中心市街地の活性化を促進する事業や文化芸術の普及啓発に関する事業も含まれていることから、全国的にも有名な美術館の一角をお借りし、文化芸術に興味がある皆様方にも、地球温暖化防止や身近な自然環境の保護にも関心を持って頂き、生活に身近なところからの行動や活動の第一歩を踏み出すきっかけにして頂きたいと考えて企画しています。

今回は、地元の「mickot JAZZ バンド」によるジャズの演奏で開幕。

一昨年の冬、極寒の中、魂の歌を披露して下さったシンガーソングライターの森源太さん、「しょどう家」の堀之内哲也さんのスペシャルライブ。

猪熊源一郎画伯の巨大壁画を背景にし、源太さんのギターとボーカルのもと、堀之内哲也さんによる巨大書き下ろしをご披露頂きます。

また、昨夏大好評だったベリーダンスは、更にパワーアップして帰ってきます。

JEUGIAカルチャーセンター高松天満屋ベリーダンスクラスの皆様、昨年ご出演頂いたPleaides(プレアデス)の皆様に加え、ジャンベ演奏者KENさんをお招きしています。

コンテンポラリーアートと、それぞれの出演者の皆様とのコラボレーションがどのような形で披露されるのか、私も本当に楽しみにしています。

猪熊弦一郎現代美術館は、日本でもトップクラスの建築家谷口吉生さんの設計によるもので、実際に現場に行くと、建物とモニュメントに圧倒されます。

ゲートプラザの空間に立つと、この場所は間違いなく『香川県丸亀市』の匂いがしません。

香川県内では、さぬきうどんが最も似合わない空間だろうと思います。

そういうシチュエーションで開催する今回のキャンドルナイトは、丸亀みらい本舗にとっても、企画した私にとっても大きなチャンスだと考えています。

良くも悪くも皆様からの評価は、全て私の責任です。

大好きな丸亀のために、覚悟を決めてこの事業に挑みます。



ということで、今回のフライヤーが完成しました。

PDFファイルも添付しておきますので、たくさんの皆様にご周知頂ければありがたいです。

これから、細かい準備やご協力のお願いにお伺いすることになります。

たくさんの皆様のご来場をお待ちしております。




Posted by へんこつ侍 at 23:37 | 丸亀みらい本舗 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

宮崎口蹄疫被害義援金[2010年05月19日(Wed)]


私は農学部出身なのです。

今は造園や緑化が専門ですが、学生時代は蔬菜、園芸、気象、昆虫、農業経営、区画整理など、農業に関して結構幅広く勉強する機会がありました。

つまり、機会はあったのですが、歩留まりの良いものとそうでないものがあったことは間違いありません。

その中でも、今でも何かと基礎知識が役に立っているのが、畜産学です。

公園と畜産とはあまり関係がありませんが、以前は動物園がありましたし、今でも白鳥などの水鳥を飼育しています。

自然的な公園には野生動物もいるので、時々怪我や病気の野鳥など(傷病鳥獣)の保護をしたりすることがあるのです。

学生時代にこの畜産学で勉強した『口蹄疫』で、いつもお世話になっているNPOの皆様がたくさんいる宮崎県が大変なことになっています。

学生時代の印象でも、『口蹄疫』は非常に恐ろしい病気であるものの、飼育管理環境が向上し、発症、発病の可能性は低いものという認識がありました。

なので、当初の報道を見ても、恐らく違う別のものと間違えたのだろうとくらいにしか思えませんでした。


ところが、昨日の東国原知事の会見のとおり、「非常事態」に陥っています。

5月22日に宮崎のおいちゃん
http://blog.canpan.info/oichan/
からお誘いを頂いていた「綾町の国際照葉樹林サミット」も急遽無期限の延期となってしまったようです。

主催者の皆様は本当に大変だろうと思いますが、それ以上に、畜産に関わる皆様のご心痛を察しますと、何か自分達にできることはないかと思います。



ブロガー仲間のこがちゃん
https://blog.canpan.info/tyuuouoyako/
のブログにもあったとおり、報道の自由があるとはいえ、沈静化するまでは外部からの取材は控えて頂くことをお願いしたいです。

私達県外者は、宮崎県の状況を必要以上に知りたがり、情報を煽るのではなく、今現地から求められる情報を正しく受け止める必要があると思います。

被害拡大を最小限に抑えること、そして、義援金の募集も始まっています。


宮崎県のホームページより

口蹄疫被害に対する義援金を募集します
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/contents/org/fukushi/fukushi/shakai_fukushi/html00165.html

へんこつ侍からの提案です。

食肉業の仕組みは分かりませんが、スーパーなど店頭販売されている食肉100gあたり5円分とか10円分とかが自動的に宮崎県の共同募金へ募金できるような取り組みはできないものでしょうか?

大手スーパーさんからでも、オートマチックな募金システムに取り組んでもらえないものでしょうか?

今回の被害で、宮崎県の畜産が日本の畜産にとても大きな影響力があると改めて感じています。

宮崎県だけの問題ではなく、日本の食生活の根幹部に関わることだろうと思いますので、こういう時こそ、公益ブログがお役に立てるのではないかと思います。

公益ブロガーの皆様、ツィッターでも結構です。

宮崎口蹄疫被害支援の募金拡大のための取り組みをみんなで広めていこうではありませんか!!

よろしくお願いいたします。

Posted by へんこつ侍 at 22:56 | 社会の問題 | この記事のURL | コメント(4) | トラックバック(0)

疲れました[2010年05月17日(Mon)]
最近、月曜日が1週間で最も疲労度が高いのです。

土日に遊びすぎているのか?土日の方が忙しいのか?そのあたりはよく分かりませんが、その反動で月曜日が疲れています。

週明けは必ずと言っていいほどトラブルが発生します。

1日の大半はトラブル処理に奔走しつつ、合間で担当部署の1週間の仕事の組み立てをしています。

目立った成果もなく、今日は本当に疲れました。

しかし、以前からお会いしたかった方にも会えてよかったのです。

新しいつながりが公私共に広がっていくこと、自分でもホントに凄いと思います。




明日からまた仕切り直し。

今日は、早く寝て明日も頑張ります!!

Posted by へんこつ侍 at 23:05 | へんこつ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

上を向いて歩こうin香川[2010年05月16日(Sun)]


皆様おはようございます笑顔

今日の香川は晴れ太陽

朝から気持ちのよいお天気です。

お休みですが、普段よりも早起きをして、庭の草抜きなどをしています。


今日は、ayu女の子の13回目の誕生日です。

中学生になった途端に、親との微妙な距離を置くようになってきているのか、誕生日もなんだか微妙な感じです。

先程、私の両親が誕生日のケーキを持ってきてくれました。

親との距離が少しずつ変わっても、祖父母との距離はお互いにあまり変わらないようで、普段あまりあわない分、祖父母が意外と“ガス抜き”のような感じになるのかもしれません。

これから、miki男の子の野球のお手伝いに行ってきます。

それでは皆様、今日も一日ハツラツと笑顔

Posted by へんこつ侍 at 10:01 | UMAP in KAGAWA | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

高松ファイブアローズ自己破産[2010年05月15日(Sat)]
淋しいおしらせです。

昨日、バスケットbjリーグで四国から唯一参戦している高松ファイブアローズの経営会社が自己破産し、選手の契約が解除されてしまいました。

以前にもこのブログで取り上げましたが、地元の穴吹工務店がスポンサー契約を解除して以降、チームの経営状態は悪化し、選手達が街頭に立ち、募金を集めていたこともありました。

今シーズンは、資金難のため、十分な選手補強ができず、最下位。

地元でもバスケット人気が高いため、地域のプロチームが消滅してしまうことは、児童・生徒の競技力にも影響するのではないかと思います。

大手スポンサー1社に依存していた体制がまずかったのは事実ですが、我々県民も十分な応援や支援ができなかったことは事実です。

1試合の入場料が1500円からというのも、リピーターが確保しづらい価格ではあったと思います。


私が応援している四国・九州アイランドリーグでも、九州の長崎セインツが経営難で、後期の試合参戦が難しいとの噂も新聞報道でされています。

地域プロスポーツの経営の難しさは、どこの場合も同様なのでしょうが、地域プロスポーツの発展可能性を県民がもっと理解し、参加して欲しいと思います。

愛媛県では、今年度から県、市町が愛媛マンダリンパイレーツに資金提供し、県民球団としてバックアップしています。

地域プロスポーツの支援に自治体からの税金が投入されることには、色々とご意見があろうかと思いますが、チームも本業での社会的責任を果たせるよう地域貢献、社会貢献に努めてもらいたいと思います。

そういう意味では、チームと市民の間でチーム存続と地域活性化をつなぐ、中間的なスタンスでのコーディネートや仕組みが必要なのだと思います。

『近江商人の三方よし』となるように、私もできることに取り組んでいかなければと思います。

Posted by へんこつ侍 at 23:07 | 讃岐オリジナル | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(1)

| 次へ