CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
讃岐では、へんこつ店主のつくるうどんがじょんならんぐらいうまいことがある。
へんこつは人を寄せ付けないほどの情熱とこだわりのオーラを持つ人。
私、へんこつ侍が地元丸亀でへんこつの種まき始めますよ。

« 2010年02月 | Main | 2010年04月 »

プロフィール

さんの画像
へんこつ侍
プロフィール
ブログ
最新記事
最新コメント
@ケンさん
相談 (06/01)
へんこつ侍
病院なう。 (05/12)
jiru
病院なう。 (05/06)
へんこつ侍
みどりの月間丸亀フェスタ (05/02)
へんこつ侍
へんこつ侍のツイッター (04/21)
@ケンさん
へんこつ侍のツイッター (04/19)
へんこつ侍
精一杯 (03/25)
紅の葉
精一杯 (03/20)
adhe
節電のお願い (03/13)
リンク集
<< 2010年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ

ジオターゲティング
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/henkotsu/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/henkotsu/index2_0.xml
平成21年度終了[2010年03月31日(Wed)]
今日、私にとってはこれまでで最も忙しかった、平成21年度が終わりました。

1年前、新人職員が担当下に配属し、直属の上司も初めての職場に異動したばかりということで、12年間この仕事に携わっている自分が上司にも部下にも仕事を伝えていくという、過去に経験のない立場にあったことから、本当にハードな1年となりました。

教えながら、責任を担って判断する経験がたくさんできたので、失敗もたくさんありましたが、常にビジョンを描きながら取り組めたことは、とてもよかったと思います。

そして、こういう状況に置かれて初めて、自分が就職した頃にゼロから仕事を教えて頂いた初めての上司の偉大さやありがたさ、苦悩が身に沁みて分かりました。

また、市の公園事業としては初めて、計画段階から市民ワークショップを取り入れることもできました。現在も継続中ですが、17年間温めてきたものをようやく形にすることができました。

本業での協働の事例も少しずつ深化し、仕組みが確立する1歩手前くらいまでこぎつけることもできました。

これは、これまでにお会いしたたくさんの皆様からのお力添えの賜物だと思っています。

これからも更によりよい状態にすべく、ひたむきに取り組んでいきたいと思います。

さて、明日から新年度です。

職場は変わらずですが、新しい事業も目白押しなので、マンネリ化することなく、慢心することなく自然体で臨みたいと思います。

また1年間よろしくお願い申し上げます。

Posted by へんこつ侍 at 23:12 | へんこつ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

元気ですよ[2010年03月26日(Fri)]
最近、本当に忙しい(忙しいという言葉を使いたくないのですが、これ以外に今はよい表現が浮かびませんので…。)ので、ブログがアップできていません。

「とか何とか言って、5時には仕事終わってるんだろ?」と思われている方もいらっしゃるようで、結構嫌味なお声を掛けてくれる方々もいらっしゃいます。

どう思われようが構わないのですが、ブログをアップしていないと、元気なんだろうか?と心配して下さる皆様がいらっしゃって、本当に申し訳なく感じています。

元気なのですが、帰宅時間が遅く、遅い夕飯を頂きながらウトウトする日が何度かあり、気がつけば、お箸を持ったままコタツで座ったまま日付が変わるといったこともあります。

こういう時こそ、色々と考え込まないで、お箸を持ったまま眠っている自分を外側から見て、笑うようにしています。

最近は、こういう状態にして頂いていることを受け入れ、感謝し、前に進むことだけを考えるように心掛けています。

他人の批判をしていても何も始まらないし、自分が醜く感じるだけなので、プラス思考で攻めようと考えています。

否定からは相乗効果が得られないということは、嫌というほど味わっているので、とにかく状況が好転するまでは、粘り強く耐えていきたいと思います。

粘り強いのは得意ですから笑顔


年度末ブルーな皆様、ポジティブシンキングでしばらく頑張りましょうね笑顔

Posted by へんこつ侍 at 23:33 | へんこつ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

異動内示[2010年03月24日(Wed)]
本日、人事異動の内示がありました。


ありがたいことに、また来年度も同じ職場でお世話になることになりそうです。


これほどに異動リストに名を連ねたことがない人間も少ないのではないかと思います。


ひょっとすると職員名簿から削除されているのでは?と若干の不安もありますが、また一年というよりも、こうなるとしばらくはこのままの状態でいられるとしたら、しっかりと腰を据えて長期的な展望を見据えながら、取り組んでいかなければいけないのだと思います。


よりよい地域を目指し、また一年頑張っていこうと思います。

Posted by へんこつ侍 at 23:58 | 仕事 | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)

上を向いて歩こうin香川[2010年03月22日(Mon)]


皆様おはようございます笑顔

今日の香川は晴れ太陽

昨日の嵐からは一転、素晴らしい青空のさわやかな朝を迎えています。

3連休なのですが、年度末にふさわしく、連日の出勤となっています。

とはいえ、定時出勤ではなく、突発的な出動なので、常に落ち着かない状況です。

暖かくなり、イレギュラーな出来事が増えるくらい、たくさんの皆様が活動を始められているということなのです。


今日はこれから、緑の基本計画ワークショップのため、まんのう公園に行ってきます。

それでは皆様、今日も一日ハツラツと笑顔

Posted by へんこつ侍 at 08:44 | UMAP in KAGAWA | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

今春の一番咲き[2010年03月20日(Sat)]


亀山公園(史跡丸亀城跡)のソメイヨシノが3月18日に開花しました。

昨年よりも1日早い開花となりました。

ちなみに過去の開花日ですが、

平成21年…3月19日

平成20年…3月24日

平成19年…3月24日

平成18年…3月25日

平成17年…3月19日

平成16年…3月19日

となっています。

そして、毎年恒例となりました『今春の一番咲き』のポップを取り付けてきました。



丸亀城の『一番咲き』を利用者の皆様に知ってもらおうと思い、このポップを取り付け始めたのが、平成8年だったので、なんだかんだいいながらもう15年も続けています。

途中、5年間は別の担当課にいたのですが、その間ももちろん続けてきました。

最近では、暖かさや雨の具合で、開花の雰囲気が分かるようになってきました。


『足あとが肥やし』になっているのです。

本当にもう春ですね笑顔

Posted by へんこつ侍 at 21:38 | まちのみどりを考えよう! | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

卒業式[2010年03月18日(Thu)]
卒業式

昨日は、ayu女の子の卒業式でした。

うちでは家内が出席し、miki男の子がお休みなので、午前中は私が自宅待機となりました。

一昨日、通知表と卒業アルバムを持って帰ってきて、しみじみとこの6年間を振り返りました。

親とすれば、不安や心配事ばかりなのですが、振り返ればそれも含めて楽しかったと思います。

試行錯誤というか、いろいろと迷いながらの子育てですが、どうしても枝葉ばかりが気になってしまい、どういう子どもになって欲しいのかを忘れてしまうのです。

子どもに求めすぎな自分達を反省しました。

卒業式から帰宅すると、意外にもすっきりとした表情でした。

このくらいの年頃になると、結構いろんな思いが交錯して、感傷的になるのかなぁと思っていたのですが、あっさりしたものです。

どうやら、すでに新しい生活の方に視線が向いているようです。

そういえば、幼稚園の時もそうでした。

年長組後半はほとんど惰性のような状態で通っていました。

誰かと同じで、先が見えると飽きてしまうのでしょうね。

さて、中学校です。

いろいろと課題が多いのですが、自分の人生だから、自分で判断し、自分で努力して欲しいと思います。

大きな夢に向かってチャレンジして欲しいと思います。

Posted by へんこつ侍 at 23:44 | へんこつ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

旅立ち[2010年03月16日(Tue)]
入庁以来、丸17年間公私ともにお世話になったNYYAさんが、今日突然旅立ってしまった。

NYYAさんは、丸亀城の石垣を愛し、30年以上も石垣に登り、石垣に繁茂した樹木や草を刈り取るボランティアを続けた。

NYYAさんは、土器川生物公園にも毎朝通い、公園のゴミを拾った。レッドデータブックにも登録されているミズアオイを種子から育て、10年以上も植え続けた。

NYYAさんは、私に仕事への姿勢を教えてくれた。
私には、1度しか言わなかったが、『足あとが肥やしじゃ!!』といって、現場を自分の目でちゃんと見ることが大切だということを教えてくれた。

NYYAさんは、ボランティアの真髄を身を持って教えてくれた。

『わしゃ、阿呆じゃきん、こんなことができるんよ。賢い奴ではわしのような真似はできん。』

『ボランティア、ボランティアっていうて走りよるうちはまだまだじゃ。ボランティアは自分のためにするんじゃきん。誰かのためにやと思うたら続かんやろ。自分ができる、好きなことをするんがボランティアじゃ。』

『丸亀中の人が、お城や公園や道路をみんな自分のもんじゃと思うたら、みんなちゃんと綺麗に掃除するじゃろ。何でも自分のもんじゃと思うたら、やりたくないじゃ思わんようになるやろ。』

高知出身で、いつか私達家族と一緒に、NYYAさんの育った太平洋の海辺に遊びに行くことを楽しみにしていたが、結局は行けずじまいとなってしまった。





私が自分の職場で最も尊敬している先輩から、先週の金曜日にNYYAさんの容態がよくないことを聞かされた。

土曜日に家内と二人でお見舞いに行くと、とても辛そうにベットに横になっていた。

付き添っている奥様が、私が来たといってウトウトと眠っていたNYYAさんに声を掛けた。

最初は、よく分からなかったようだか、私が二回名乗ると、とても申し訳なさそうな表情で、ベッドの手すりにしがみついて起き上がろうとした。

とても苦しそうで、辛そうで痛そうだったので、「もうええで、ゆっくり横になって」と言っても起き上がろうとして聞かなかった。

どうしても起き上がろうとするので、奥様がナースコールして看護士さんに寝かせてもらうように頼んだのだが、看護士さんと奥様の介助の手を払いのけ、言葉も聞かず、苦悶の表情で起き上がった。

ベッドに座り、しっかりと目を見開き、私を見つめて「すみません」と、か細い声で言った。

私が「NYYAさん、はよ元気になってまた仕事してよ〜。よーけ仕事が溜まっとるで〜。」というと、表情を和らげて、またベッドに横たわった。

ウトウトとするNYYAさんの左手を握り、腕から肩をゆっくりとさすってあげると、おだやかな表情で、ウンウンとうなづいてまた眠った。



奥様が言った。

『今日、今、へんこつさんが来て、初めて起き上がったんよ。誰が来ても起き上がらんかったのに。』と。

思わず目頭が熱くなった。

何とか元気になってほしいと祈った。


願いは届かず、今日NYYAさんは旅立った。

自分の息子のように、私を大事にしてくれたNYYAさんが旅立って、本当に悲しい。

信念を貫く生き方がこんなにも素晴らしいものだと、身をもって教えてくれたNYYAさん。

もっと私に能力があったら、NYYAさんをもっと喜ばせてあげられたかもしれない。

本当にたくさんの楽しい時間を過ごしたNYYAさんには、誰にも負けないくらいお世話になった自信がある。

ただ、悲しんでばかりはいられない。

NYYAさんが旅立ったということは、NYYAさんが私に「ちゃんと一人立ちしろよ!!」と言っているのだろうと思う。

NYYAさんのいつまでも冷めることのない熱い想いは、旅立っても、ちゃんと私の心に受け継がれる。




本当にありがとうございました。

これからも一生懸命に頑張ります。

天国から見ていて下さい。

必ずNYYAさんが描いたような素晴らしいまちにしてみせます。

Posted by へんこつ侍 at 11:59 | へんこつ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

S&B マラソン大会[2010年03月14日(Sun)]


今日は、丸亀市総合運転公園の丸亀競技場に来ています。


第26回マルナカS&B杯ちびっ子健康マラソン大会が行われます。



ayu女の子、miki男の子が参加します。


ayu女の子は3回目、miki男の子は3年連続の出場です。


今日はとても暖かく、日差しはまるで5月のようです。

子供たちの全力プレーを期待します。

Posted by へんこつ侍 at 10:20 | へんこつ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

ワークショップ[2010年03月13日(Sat)]
最近、UPが滞っておりまして、いつもご覧頂いている皆様には、申し訳ございません。

言い訳ですが、これまでで最高にハードな年度末です。

決して、これまでにゆっくりしてきたわけではないのですが、経済危機対策で事業が前倒しになっていることや、住民参加型の“計画もの”に取り組んでいることもあり、じっくりと時間をかける業務と超高速を求められる業務が乗り入れしているような状態です。

さて、現在、2つの大きなテーマの“計画もの”に住民ワークショップを取り入れています。

経験豊富な民間からのスタッフの方々にご協力を頂いていますが、基本的には、自分がワークを組み立てて、ご意見をお伺いすることにしています。

簡単にいうと、行政主催のワークショップのファシリテーターを行政職員がやっているということです。

一般的には、ありえないことなのだそうです。

一般的には、行政VS住民という構図のワークなら、私がファシリテーターとなるのは不公平です。

事実、第1回目のワークでは、私の立ち位置が悪かったため、後味の悪いワークになってしまいました。

ワークショップの目的や事業そのものの内容を明確にできなかったことも主な理由ですが、何より、貴重なお時間を頂いているという謙虚さがなく、ご意見をお伺いするというムードを全体として作れなかったことが原因です。

第2回目には、「心構え」を完全修正し、第3回目には、会場のレイアウトや場の雰囲気づくりにも配慮しました。

結果として、随分とたくさんのご意見を頂きましたが、特筆すべきは、すべてのご意見が前向きな取り組みとして、提案されているということです。

中には、ワークの趣旨を踏まえ、事前に住民アンケートを取り、その意見をまとめてワークに臨まれる地域の代表者さん、想いを絵に描いて説明して頂ける幼稚園の保護者の方々もいらっしゃいました。

第1回目から考えると、予期せぬ結果だと思うのですが、「ワークショップをアリバイにしない。よりよいものを作るためのワークショップ。」のスタンスを当初から持ち続けて、想いを伝え続けたことが要因だろうと思います。

ワークの手法に溺れず、技術に頼らず、信頼関係を気付くことが本当に大切なのだと実感しました。


年度末までにあと5回ほどワークを実施します。

一回入魂で頑張ります。

Posted by へんこつ侍 at 23:58 | 仕事 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

いつも背中押されています[2010年03月10日(Wed)]
昨日のことです。

携帯電話携帯が鳴り、画面には私の背中をいつも押してくれている方のお名前が表示されていました。

「私の背中をいつも押してくれている方」との関係は“師弟関係”というと、「俺めがねは何も教えとらんよ!!」と言われるだろうし、“友達”よりも少し緊張感があるけれどもっと親密で、“仲間”というほど緩いつながりでもなく、“同士”というと、こちらの努力が足りない気がするし…。

という微妙で複雑な関係ですが、でもいつも本当に親身になってお話しを聞いて下さる、私にとっては特別なお方です。

携帯電話携帯で通話を始めるなり突然に「ありがとうございました。」とおっしゃられました。

普段から二人にしか分からない“ボケツッコミ”で会話が成り立つので、こちらとしたら、また何か企んでいるのだろうと訝しい感じで話をしていると、どうやら冗談ではなく、本気で感謝されていることに気付きました。

詳しい内容は控えますが、ご自身の子どもさんが、この度大学に合格されたのです。

そして、誰よりも先に小生にお礼の電話を下さったとのことなのです。

私は感謝して頂くほどのことはしていないつもりなのです。

受験前に、ちょっとだけ“緑”のお話しをした程度です。

そのことも、子どもさんの背中を押した一つだとおっしゃって頂きました。

いつも背中を押して頂いている方からそういわれるととても嬉しいものです。

わずかでもお役に立てているとすれば、本当に嬉しいですし、有難いことです。

これから大学で、“緑”のお勉強をされるそうです。



そして、昨夜子どもさんご本人さんから改めてご丁寧にお電話を頂きました。

一緒にみどりに関わる人が増えて、本当に楽しみなので、

「一緒にみどりの仕事しましょうね!!」

とつい口走ってしまいました。

このお父上めがねなら、本当に実現してしまいそうなので、内緒の話ですが…笑顔



本当に合格おめでとうございます。

みどりに関わる若い人が増えて、とてもうれしいです。

また、初心に返って、みどりの仕事頑張ります。

また背中を押されているような気がします。

Posted by へんこつ侍 at 23:34 | へんこつ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

| 次へ