CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
讃岐では、へんこつ店主のつくるうどんがじょんならんぐらいうまいことがある。
へんこつは人を寄せ付けないほどの情熱とこだわりのオーラを持つ人。
私、へんこつ侍が地元丸亀でへんこつの種まき始めますよ。

« 2009年11月 | Main | 2010年01月 »

プロフィール

さんの画像
へんこつ侍
プロフィール
ブログ
最新記事
最新コメント
@ケンさん
相談 (06/01)
へんこつ侍
病院なう。 (05/12)
jiru
病院なう。 (05/06)
へんこつ侍
みどりの月間丸亀フェスタ (05/02)
へんこつ侍
へんこつ侍のツイッター (04/21)
@ケンさん
へんこつ侍のツイッター (04/19)
へんこつ侍
精一杯 (03/25)
紅の葉
精一杯 (03/20)
adhe
節電のお願い (03/13)
リンク集
<< 2009年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ

ジオターゲティング
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/henkotsu/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/henkotsu/index2_0.xml
年越しうどん[2009年12月31日(Thu)]
うどんの国、香川県では、年越しそばのかわりにうどんを食べるご家庭もあります。

我が家も大晦日の夕食はうどんと決まっています。

今年から丸亀みらい本舗として、『元祖丸亀うどん焼き』を盛り上げようと取り組みを始めたことから、今日は、自宅でうどん焼きでした。

もちろん、私が作ります笑顔



昔なつかしの味に子供達も喜んでいます。



そして、年越しそばは年越しそばで、もう少し遅い時間に2杯のかけそばを家族4人で分け合って頂くことにしています。



また、香川では昨年から、『年明けうどん』の普及にも力を入れています。

インスタントのカップ麺にも、紅白をあしらった『年明けうどん』が販売されています。

皆様のご家庭でも『年明けうどん』ぜひご賞味下さい。

Posted by へんこつ侍 at 20:21 | 讃岐オリジナル | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(1)

愛車に感謝[2009年12月31日(Thu)]


昨日、愛車HONDA CR-Vの走行距離が、10万kmを越えました。

11年2ヶ月かけてようやく達成です。

事故も大きな故障もなく、快適に走ってくれています。

車はいつも綺麗に手入れしているので、どなたが見ても12年目の車とは思わないようです。


ただ、年々メンテナンスが増えているのと、燃費があまりよくないのが気になりますが、もう少し現役で走ってほしいのです。

10万km達成と1年間の感謝を込めて、雪花がちらつく極寒の今日、気合を入れて手洗い洗車しました。

車は機械ですが、11年も連れ添っていると、子供達の成長や家族の思い出が染み込んでいるようで、家族の一員ともいえるのです。

Posted by へんこつ侍 at 19:54 | へんこつ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

もちつき[2009年12月30日(Wed)]
年末年始休暇2日目です。

昨日からまた朝歩き始めました。

体調も完全復活し、miki男の子が『一緒に歩こう!!』というので、無理をせず歩こうと思います。

昨日は、朝から和室の障子を張替えました。



もちろん子供達も手伝います。

毎年張替えているので、結構手馴れたものです。

貼った後、霧吹きで障子紙全体に水を噴きかけておくと、翌朝にはパリッピシッと仕上がりますよ。


さて、今日は朝から子供達が楽しみにしていたもちつきをしました。

昨年から、実家合同作業をやめて家族4人だけでやっています。

杵と臼でペッタンするほどたくさんつきません。

今年は機械で2升つきました。

こちらの作業も子供達は小さい頃からやっているので、十分に戦力となります。

特に、今年はmiki男の子が頑張りました。



餡入り餅を作っています。

これが、白みそ仕立てのお雑煮になるのです。

明日も自宅で迎春準備です。

本当に今年もあとわずかになりましたね。

例年どおり色々と家事を手伝っていますが、不思議なことに、今年はゆったりとした年末です。

気分的なものなのでしょうか?

Posted by へんこつ侍 at 15:25 | へんこつ | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)

年賀状[2009年12月28日(Mon)]


今から年賀状を書きます。

へんこつ史上、最も遅いスタートですわ。

そして、また今年も筆ペンの練習をせななんだ困った

いつか、達筆の母のように筆でカッコよく書きたいのですが…。

こんなに遅くに始めてる時点でもうアウトですわ…。

遠くは、岩手まで、今年はドイツのブレーメンにも送りたいし…。

ドイツの元日にはもう絶対に間に合わんですな困った


せめてお願い。国内分は、元日に届けて下さい。

130枚これから必死で、一枚一枚気合を入れて書きます。

では、皆様も年賀状、頑張ってください。


そういえば、この期に及んで住所が分からん人もいるなぁ〜困った

Posted by へんこつ侍 at 23:25 | へんこつ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

御用納め[2009年12月28日(Mon)]
今日は、御用納めでした。

といっても、ごく普通の一日です。

昔のように大掃除をしたり、片付けしている時間など全くありません。

というか、一応最近では、整理整頓に特に気をつけているので、片付けに時間を費やさなくてもよい状態というのが現実です。

ただ、節目というものはとても大切にしたいと思います。

ごく普通の一日として過ごすのか、常に特別な一日と認識して過ごすのかによって、取り組み方は絶対に違うはずです。

しかし、こうした気持ちもなかなか長続きしないのです。

なかなか、目指すべき姿には程遠いものがあります。


さて、節目といえば、今日で職場を退かれる方もいらっしゃいます。

出会いと別れはつきものですが、退かれるお立場も、見送る立場もともに辛いものですね。

ただ、心が通じ合い、目的や人生観がシンクロすればするほど、意外にも辛さを感じないものですね。

ドライ&クールではなく、見定めているものが同じなら、きっとまたいつか必ずつながる機会が訪れるはずだと思うのです。

ゆえに、いつも『特別な一日』の意識を持っていなければいけないのかもしれません。

やはり、『節目』は大切なのです。

Posted by へんこつ侍 at 23:04 | 仕事 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

大掃除[2009年12月26日(Sat)]
どのご家庭もクリスマスが終われば、新年の準備に取り掛かっていることと思います。

他聞に漏れず、我が家も今日年末の大掃除を敢行。

朝から家族総動員です。

それぞれに役割分担するので、miki男の子もayu女の子も当然一人役として扱います。



miki男の子は意外ですが、結構てきぱきと作業をこなします。

つめたい水で網戸と照明器具のセードを綺麗に洗いました。

小学3年生ですが、やり始めるととことんやってしまいます。

ある意味、ストイックです。


反面、ayu女の子は結構ちゃんとしているように見えて、意外と適当です。

窓の内側とサッシュを掃除させていても、汚れが残っていてもあまり気にしていません。

私が掃除にはうるさいので、ガツンと怒ると、もっとモチベーションが下がるのでしょう。

嫌々が顔に出ています。


掃除は物をきれいにするだけでなく、自分の心も磨くのです。

作業中は、雑念を捨て、綺麗にすることに没頭し、集中することができます。

なので、子供の教育にはとても大切なものだと思っています。


今日、掃除中にご近所の初老のご夫婦が散歩で通りかかった時です。

『子供さんもちゃんと掃除させるしつけって最近では珍しいなぁ。すばらしいことですねぇ。』とおっしゃられていました。

私は当然のことと思うのですが、実際ご近所の小学生が、親の手伝いで掃除している様子を見ることはありません。

とはいえないので、

『うちは、働かざるもの食うべからずがモットーですから、手伝いせん奴は、お昼ご飯ぬき!!って言ってますから笑顔


明日もまた大掃除の続きです。

結構疲れました。

miki男の子は、ベッドにもぐるなり30秒で高いびきでした。

miki男の子なりに一生懸命頑張ったのでしょうね。

問題はayu女の子ですね…。

Posted by へんこつ侍 at 23:40 | へんこつ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

我が家のメリークリスマス[2009年12月24日(Thu)]


今年も無事にクリスマスを家族で過ごすことができました。

なんてことないことですが、平穏に節目を迎えることができるというのは、幸せなことだと思います。

子供達の嬉しそうな笑顔だけで十分です。


欲張らない、普通な幸せっていいものですね。


我が家のサンタクロースは普段よりも増して長い夜になりそうです。

Posted by へんこつ侍 at 23:31 | へんこつ | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)

100万人のキャンドルナイトin丸亀[2009年12月23日(Wed)]
昨日、『100万人のキャンドルナイトin丸亀』を開催いたしました。

冬至の夜とあって、強風等の悪天候が心配されましたが、運よく天候にも恵まれ、無事に開催することができました。

開催にあたりまして、多くの関係者の皆様のご協力を賜りましたこと、厚く御礼申し上げます。

市民ひろば会場では、『海太02』の皆様のアコースティックライブをオープニングに行いました。

私は、リハーサルだけしか聞くことができませんでしたが、よく通る甘い声で歌われるラブソングは、クリスマスのこの時期にぴったりでした。

また、廃油キャンドルの点灯では、地域活動支援センター『はなぞの』さんがキャンドル製作にご協力を頂きました。

『はなぞの』の皆様に作って頂いたキャンドルを使い、キャンドルタワーを点灯しました。



背景には、ライトダウンされた丸亀城も見えています。

今後、キャンドルナイトを継続するためにも、『はなぞの』さんのように、我々の趣旨にご賛同を頂けるグループや施設の皆様との協働が欠かせないのだろうと思います。


続いて、ひまわりセンター会場ですが、こちらでは、未来環境講演会『地球温暖化と身近なみどり』と題し、香川大学工学部増田拓朗教授にご講演頂きました。



増田教授からは、緑の機能と効果について、大気中の二酸化炭素濃度の経年変化と森林の吸収能力について、地球温暖化の現状を科学的なデータに基づきご説明頂き、緑が地球温暖化を抑制する重要な役割を持っていること、都市に良好な緑を形成することが重要で、そのために植栽環境の基盤整備が求められることをお話し頂きました。

研究データのグラフを使いご説明頂いたので、見慣れない方には少々難しい内容だったかと思いますが、地球温暖化の現状が身近に迫ってきていること、解決策としてまだまだ取り組むべき課題が山積していること、緑の質を高めなければいけないことなど、新しい気付きがあったのではないかと思います。

講演会に引き続き、『地球の声が聴こえるオカリナコンサート』では、オカリナ作家で奏者の陽光さん、赤尾陽子さん、白石潤子さんの演奏をお楽しみ頂きました。

「電気を消して」のとおり、薄暗い会場で、柔らかく澄み切ったオカリナの音色にご来場の皆様もジーッと目を閉じてお聴きになっていて、とても厳かなコンサートでした。

シーンとした会場に響くオカリナの音色の背景に、時折強く吹く風の音がピューと聞こえ、まさに地球の声が聴こえる一時でした。


ご来場頂いたお客様から、もっとメディアを使った周知広報活動や自治会等への“動員”をして、たくさんの皆様にご来場頂くようにとのアドバイスを頂きました。

このことは、我々の最大の課題であると認識しております。

裏返せば、それだけ内容が充実したイベントであるということを、ご来場頂いた皆様に認識して頂いたという証なのだろうと思います。

今回の周知広報についても、自分たちが持つネットワークを軸に展開してきました。

これまでにこのキャンドルナイトにご参加、ご出演頂きました皆様にも、チラシの配布などにご尽力賜りました。

私の個人的な見解ではありますが、私達が目指す、メッセージを確実に忠実に(確かな情報や知識として)お伝えし、ご参加頂いた皆様の明日からの行動へのきっかけとなるイベントとしては、参加人数でイベントの成否が問われるものではないと考えています。

確かに、大勢の皆様にご来場頂けることはとても有難いことです。

しかし、人数の大小にとらわれることなく、真実や本物の内容をきっちりとお届けすることの方が、本質的に大切だと考えています。

我々の主催イベントに関しては、丸亀みらい本舗やご出演される皆様の『番宣』ではなく、常に我々のミッションだけをしっかりとお伝えしていますし、これからもそのスタンスを変えずに地道に取り組んでいきたいと考えております。


最後に、スタッフの皆様、秋以降のイベントづくしお疲れ様でした。

少しずつですが、『キャンドルナイト』が聞き慣れた言葉になってきている実感は、スタッフの皆様のご尽力の賜物だと強く思います。

ありがとうございました。

Posted by へんこつ侍 at 09:55 | 丸亀みらい本舗 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

いもむし[2009年12月21日(Mon)]
いもむし?芋虫ではありません笑顔


正しくは、今、サツマイモを蒸して温泉いるのです。



明日の「100万人のキャンドルナイトin丸亀」のバザーに焼いもを出すのですが、その下準備です。


焼いもなのに、『蒸す』のです。

事前に蒸したサツマイモを、特製の石焼いもを焼くドラム缶にいれると、遠赤外線効果でとても甘みが増すのです。

しかも、サツマイモは、誰もが知っている鳴門金時です。



加えて、甘みが強い小ぶりなサイズにしていますので、これは間違いなく美味いはずです。

明日のイベントの“ひとりシミュレーション”をしながら、合計25kgのサツマイモを蒸しています。



こんなにたくさんのサツマイモを見たのは、学生時代の芋ほりのバイト以来です。


おいしい焼いもで釣ろうなんて考えていませんが、こちらも楽しんで頂ければと思います。

Posted by へんこつ侍 at 22:32 | 丸亀みらい本舗 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

キャンドルナイト準備中[2009年12月20日(Sun)]
いよいよ当日まであとわずかとなりました。

今日は、キャンドルを点灯する芝生広場でディスプレイの下準備をしました。

毎回、いろんなことが起きるイベントなので、失敗した点は少しずつ改良を重ねていかなければいけません。

今回から、『キャンドルタワー』なるものを作ってみました。





問題は、強風対策ですが、できる限りのことをやってみたいと思います。

最後は、よいお天気を天に祈るばかりです。

ご愛読の皆様のお力添えもよろしくお願いいたします。

Posted by へんこつ侍 at 18:22 | 丸亀みらい本舗 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

| 次へ