CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
讃岐では、へんこつ店主のつくるうどんがじょんならんぐらいうまいことがある。
へんこつは人を寄せ付けないほどの情熱とこだわりのオーラを持つ人。
私、へんこつ侍が地元丸亀でへんこつの種まき始めますよ。

« 2009年09月 | Main | 2009年11月 »

プロフィール

さんの画像
へんこつ侍
プロフィール
ブログ
最新記事
最新コメント
@ケンさん
相談 (06/01)
へんこつ侍
病院なう。 (05/12)
jiru
病院なう。 (05/06)
へんこつ侍
みどりの月間丸亀フェスタ (05/02)
へんこつ侍
へんこつ侍のツイッター (04/21)
@ケンさん
へんこつ侍のツイッター (04/19)
へんこつ侍
精一杯 (03/25)
紅の葉
精一杯 (03/20)
adhe
節電のお願い (03/13)
リンク集
<< 2009年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ

ジオターゲティング
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/henkotsu/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/henkotsu/index2_0.xml
来季は5球団[2009年10月31日(Sat)]
今年も、四国・九州アイランドリーグや北信越BCリーグから、NPBドラフトの指名があり、プロ野球独立リーグが新しい野球の受け皿として少しずつ認識されてきたところなのですが、一方で経営難により球団の存続危機に晒されている実態も否めません。

今日の四国新聞によりますと、現在6球団で運営されている四国・九州アイランドリーグは、来季は福岡を除く5球団で公式戦が組まれることとなりました。

福岡は、選手を持たない準加盟球団として存続し、2011年に新規参入を予定している宮崎も準加盟とするほか、準備室開設段階の岡山、熊本の球団が来季以降の準加盟を目指すということです。


また、リーグ全体の収支は見込み額で2億2000万円ほどの赤字であり、このうち香川オリーブガイナーズでは、今年の観客動員数が45182人(前年比14185人減)、売上高1億500万円に対する経常収支は4100万円のマイナスとなっています。

経営のことはよく分かりませんが、単純計算すると、入場者1人当たり2,300円程度の売上があり、経常収支がプラスマイナス0になるためには、年間18000人程度増員する必要があります。

ホームゲームが40試合なので、1試合平均450人の増員が必要となるわけです。

香川県の人口が100万人なので、わずか0.045%の県民が動いてくれるとよいという段取りです。

もっと簡単にいうと、現在1試合平均で1100人程度が入場しています。このうちの半数が友達を1人連れて試合観戦すればよいのです。

2億2000万円とか、4100万円の赤字とか聞くと大袈裟ですが、ファン自身が魅力を周りに広げたり、球団のちょっとした営業活動を、実現できそうな数字や文章に落とし込むことは大切なことだと思います。

経営危機で簡単に『寄付』とかではなく、目に見える形で目標を具体化することが、より継続できる手段だろうと思うのです。


選手達が安心して野球に打ち込み、選手自身や我々ファンの夢を叶えるため、みんなで知恵を出し合って、四国・九州アイランドリーグを盛り上げていきませんか?

Posted by へんこつ侍 at 23:02 | 四国・九州アイランドリーグ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

福田岳洋投手、横浜ベイスターズへ[2009年10月29日(Thu)]
やりました〓

我らが香川オリーブガイナーズのエース#11福田岳洋投手が、今日のNPBドラフト会議で、横浜ベイスターズから5巡目で指名されました。

福田投手おめでとうございます。

今シーズンは途中で故障するなどアクシデントもありましたが、復帰後特に後期の優勝がかかった時期には、先発に中継ぎにと素晴らしい活躍ぶりでした。

横浜ベイスターズでは、即戦力として期待されているようです。

これからのますますのご活躍を期待しています。


これでガイナーズからは、2006年の深沢和帆投手(元読売ジャイアンツ)、伊藤秀範投手(元東京ヤクルトスワローズ)、2007年の三輪正義選手(東京ヤクルトスワローズ)、2008年の丈武選手(東北楽天ゴールデンイーグルス)、堂上隼人選手(福岡ソフトバンクホークス)、塚本浩二投手(東京ヤクルトスワローズ)、生山裕人選手(千葉ロッテマリーンズ)に続き、4年連続でNPBからの指名を受けることになりました。


また、四国・九州アイランドリーグからは、徳島インディゴソックスの荒張裕司捕手が日本ハムファイターズから、長崎セインツの松井宏次選手が東北楽天ゴールデンイーグルスからそれぞれ指名されました。

荒張捕手は、強肩強打で身体のとても強い選手です。特にスイングスピードの速さはとても目立っていました。

松井選手は、内野のユーティリティプレーヤーです。守備範囲の広さ、球際の強さ、フィールディングはすばらしいものがありました。

両選手ともに頑張ってほしいと思います。




ただ、期待された選手の指名がなかったこともとても残念です。

選手を取り巻く環境が厳しいだけに、安易に『また来年!!』と励ませないのです。

悔いの残らない選択をして頂きたいというのが、ファンとしての精一杯のエールです。



写真は、#11福田岳洋投手のサインです。





Posted by へんこつ侍 at 21:55 | 四国・九州アイランドリーグ | この記事のURL | コメント(4) | トラックバック(0)

明日、NPBドラフト会議[2009年10月28日(Wed)]
NPBのドラフト会議が明日開催されます。

私の関心事は、香川オリーブガイナーズはもちろんのこと、四国・九州アイランドリーグから指名されるかどうかということです。

あまり知られてはいませんが、リーグ創設後5年が経過し、NPBでは1軍の実績が十分でないものの、今年は、2軍ではかなり優秀な成績を残した選手もいるのです。

香川オリーブガイナーズから東京ヤクルトスワローズへ入団した三輪正義選手は、イースタンリーグの盗塁王を獲得した他、出塁率1位、打率3位と好成績を収めました。
クライマックスシリーズでは、代走として出場し、来季は1軍定着したいところです。

また、昨年ドラフト育成指名された、東北楽天ゴールデンイーグルスの丈武選手、福岡ソフトバンクホークスの堂上選手は、支配下登録選手となり、丈武選手は、1軍でスタメン出場も果たしました。


さて、今年の香川オリーブガイナーズは、前期後期ともに惜しくも2位となり、例年よりも早くシーズンオフとなってしまいました。
選手と同じように我々も悔しい気持ちですが、チームの成績以上にNPBからの指名を受けることはリーグ全体の目的でもあるのです。

今年のドラフト会議前の情報は、菊池投手の話題で持ちきりです。
アイランドリーグの選手や育成枠の情報は皆無です。
それだけにとても心配なのですが、ガイナーズ選手の明日の指名を期待して、独断で書いておこうと思います。



実は、今年は1塁側応援団の近くではなく、ほとんどの試合をバックネット裏で観戦していました。

miki男の子が野球を詳しく知りたいということで、できるだけ選手の近くで一つひとつのプレーを教えていたのと同時に、選手のフォームなども細かくチェックしていました。
試合後、選手のお見送りの際には、笠井選手とフォームの変化についてよく話をしました。



バックネット裏にはNPBのスカウトが陣取っていることもあります。

今年も夏以降は、各球団のスカウトを結構見かけました。

スカウトが注目している選手が誰で、どういうところを発見し、確認しているのかも結構よく分かります。

スカウトの近くで彼らの反応を見ていると、テーマがとてもよく分かるのです。

こうしたスカウト達の反応を元に、今年のガイナーズ選手で注目されていた選手をご紹介します。

こういうのは、ドラフト会議後に『あぁ〜!!やっぱりNPBのスカウトがしっかり狙ってると思ったわ!!』と書くと、全く重みがないので、スカウトが注目(反応)していた様子をドラフト前に書いておきたいと思うのです。


まずは投手では、#11福田岳洋投手、#16上野啓輔投手、#19松居伊貴投手です。
3投手とも、スピードガンによる計測とビデオ撮影している球団がありました。
#11福田投手については、セットポジションから140〜145キロのストレートと低めの鋭い変化球のコンビネーションに反応していました。
#16上野投手については、長身から繰り出される140キロ前後のストレートに反応しているようでした。
#19松居投手については、サウスポーで140キロ前後のストレートとスライダーに反応しているようでした。

続いて、捕手では#25西森将司選手です。
#25西森選手については、キャッチャーでありながら素晴らしい俊足で、バッターボックスから1塁まで、また2塁から本塁までの走塁をストップウォッチで計測されていました。
キャッチャーで強肩でもあり、NPBでは外野手として見ているのでしょうか?


続いて、内野手では、#3智勝(近藤智勝)選手です。
#3智勝選手は、アイランドリーグ創設からの選手で、NPBとの交流戦でも過去によい結果を出しています。
小柄ですが、守備、走塁、打撃ともにNPBの2軍クラスといっても全く違和感がありません。

最後に外野手では、#6笠井要一選手です。
夏以降、スカウトが特に注目していたのが#6笠井選手だと思います。
俊足でベースランニングなども、様々なケースごとに計測されていました。
昨年からバッティングも向上し、セフティバントでも出塁すれば、あっというまに盗塁で2塁を陥れるという武器を持っています。

その他にも、#5志佐大選手のフィールディングと肩、#1洋輔(近藤洋輔)選手の強肩も見ているようでした。


選手のよいところを挙げればきりがありません。

そのくらいガイナーズの試合をしっかりと見ているということなのでしょうが、私としては、ayu女の子が慕っている#11福田投手と、miki男の子が#10シン選手引退後、MAX応援している#6笠井選手、5年間チームやリーグを引っ張ってきた#3智勝選手にぜひともNPBへ行ってもらいたいと思います。

いよいよ明日、がんばれ香川オリーブガイナーズ!!






写真は、明日ドラフト指名を私が独断で希望する笠井選手のバッティングフォームです。

Posted by へんこつ侍 at 23:08 | 四国・九州アイランドリーグ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

はじめてのホームステイ(09.10.02)[2009年10月26日(Mon)]
更新がままならず、まだ初日が終わっていません。

皆様に楽しんで頂けるような内容というよりも、はじめてのホームステイの思い出をちゃんと記録しておこうという趣旨ですので、ボチボチ書いていきたいと思います。



さて、夕食が終わり、ナタリーとリザ、ayu女の子とmiki男の子はお互いの国のトランプゲームを教えあいながら楽しんでいました。



というよりも、ナタリーとリザが二人を遊んでくれました。

楽しんでいる様子は、本当に兄弟姉妹のようでした。

意外ですが、子供達が遊ぶのに言葉が通じない不便さは無関係なようです。

大抵はジェスチャーで何とかなるようでした。


遊んでくれたお礼に、ayu女の子が折り紙教室を始めました。

どうやら鶴を折っているようです。

夕食の後片付けが終わった私と家内も一緒に折りました。

考えてみると、鶴を折ったのは彼是30年ぶりです。

完全に折り方を忘れていました。

リザはてきぱきと、ナタリーは慎重に折っていきます。





二人とも初めてでしたがとても上手に折れました。

私とmiki男の子は苦戦しながらも何とか完成。



そして、ナタリーとリザの将来のことやご家族のことなどを英語で話しました。

ナタリーやリザは、通算8年英語を習っているそうです。

私も8年半英語を習いましたが、流暢に話すことなどできるはずもなく、彼女達からするととても分かりにくい単語を並べられて、いろんな解釈を経て、ようやく理解できる状態だったのだろうと思います。

改めて勉強の必要性を感じましたし、日本の学校教育がとても遅れていると痛感しました。

なんだかんだで楽しい時間はとても短く感じたこともあり、あっという間に日付が変わろうとしていました。

ナタリーとリザは、日本式にお風呂に入り、1時15分頃消灯就寝したようでした。

次回に続きます。

Posted by へんこつ侍 at 23:25 | 国際交流 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

車検[2009年10月25日(Sun)]
私の愛車ホンダCR−Vが11年勤続により、現在ディーラー工場で車検を受けています。

ayu女の子が1歳になり、それまで乗っていたトヨタカローラのセダンでは、チャイルドシートやベビーカーなど荷物を乗せて走るのが窮屈になり、意を決して購入したものです。

購入直後は、私が自転車通勤だったこともあり、家内専用車でした。

自宅を建ててからは、私が車通勤を余儀なくされ、私はカローラワゴンに乗り換え、CR−Vは名実ともに家内専用車となったのですが、カローラワゴンの燃費が予定していたほど芳しくなく、ガソリン高騰のあおりを受け、カローラワゴンは解雇されてしまいました。

解雇後は、現在のホンダLIFEを購入。もちろん、家内専用車となり、ところてん式にCR−Vは、私のものとなったわけです。

これまで、大きな事故もなく、故障もほとんどなく、大切に乗ってきました。

しかし、10年を過ぎたころから、少しずつ疲れも見え始めています。

先日は、ラジエターが破損してしまい、今回の車検でも、結構な出費となりそうです。

乗りやすく、荷物も積めるし、とても愛着があるので、手放すことは今のところ考えていませんが、気になるのは燃費とCO2排出量です。

購入以来、燃費は概ね8〜9km/リットルといったところです。

地球温暖化防止活動を推進しなければいけない立場からすれば、若干気になるところではあるのですが、物を大切にすることも、環境保全には役に立つはずです。


少なくともあと2年は大切に乗ってみようと思います。

Posted by へんこつ侍 at 21:59 | へんこつ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

blog管理者の設定によりコメントに失敗しました。[2009年10月24日(Sat)]
先日の『コーチング研修中』の記事にりぃ様からコメントを頂いております。

りぃ様いつもコメント頂きありがとうございます。

コメントでお返ししようと何度も何度も挑戦しているのですが、また例によってコメントを拒否されます。

あんまり執拗にやりすぎたのでしょうか、ついには、



blog管理者の設定によりコメントに失敗しました。


というアナウンスを出されてしまいました。


内容的には、ごくありきたりな会話的な内容なのですが、お返しできなくてとても残念です。

そこで、今回はコメントに頼らずに記事にしてお返しすることにしました。



りぃ 様
コメントありがとうございます。
実は、昨日#10さんと連絡がとれました。
とても元気そうな声でしたよ。
相変わらず自分の目標に向かってひたむきに頑張っている様子がひしひしと伝わってきました。

りぃさんからのお祝いメッセージ、ちゃんと伝えておきましたよ。
誕生日を覚えてくれていたこと、現役引退しても応援してくれていること、彼独特のやや照れた感じで『ありがたいです!!』と、とても喜んでいましたよ。
ファンをとても大切にしていた彼らしく、本当に感謝されていました。

電話越しですが、何だか元気をもらった気がします。

お互いに頑張ろうという気持ちになりますね。

Posted by へんこつ侍 at 18:10 | へんこつ | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)

上を向いて歩こうin香川[2009年10月24日(Sat)]



皆様こんにちは笑顔

今日の香川は朝からくもり雲晴れ太陽のお天気です。

昨日、コーチングの研修を受け、演習の連続でとても疲れました。

それでもとてもよい勉強になりました。

元々いろんな人とコミュニケーションは好きなのですが、どうしてもこちらが喋ってしまうことが多く、聞き上手になりたいなぁと思っていたのです。

普段から聞きながら、キーワードを見つけ出し、関連づけると同時に、資源(特徴)を見つけることを意識しておきたいと思います。

実践で十分に活用できるスキルなので、業務にまた活動に取り入れていきたいと思います。


さて、今日はmiki男の子とお留守番です。

それでは皆様、今日も一日ハツラツと笑顔

Posted by へんこつ侍 at 13:34 | UMAP in KAGAWA | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

コーチング研修中[2009年10月22日(Thu)]
今日と明日、香川県庁にて『コーチング研修』を受講中です。

職員研修の一環なのですが、県内自治体から職員が集まってきています。

メンバーのほとんどが私よりも年長者です。

確かに、部下のスキルアップにつなげる『コーチング』のスキルを身につける研修なので、年長者が多いのはもっともなのですが、参加されている年長者の方から、私自身がコーチングを受けなければいけない立場の人達に交じって、ディスカッションやワーキングをするのは、なかなか難しいものです。

しかし、こうしたスキルは、年長者になってから必要に迫られて受講するよりも、我々の立場くらいから始めていた方が、より現場に活かせるのではないかと考えています。

相手の意見を聞き、現状を認識し、的確なコーチングをすることは、部下に対してだけでなく、逆に上司の求めているものに対しても理解につながるのだと思います。

そして、最も大切なのは、自分自身がスキルアップし、公益につなげることです。
公共の福祉の向上のために、組織が機能するように努めるのです。

明日もまたたくさんのワーキングがあるようですが、しっかり頑張ってきたいと思います。

Posted by へんこつ侍 at 23:10 | 仕事 | この記事のURL | コメント(1) | トラックバック(0)

はじめてのホームステイ(09.10.02)[2009年10月20日(Tue)]
10月2日(金)19:00 自宅にて

自宅に到着すると、リザとナタリーは日本語で、我が家の家族はドイツ語でそれぞれ挨拶を交わしました。

一般的にホームステイを受け入れるお宅のイメージは、大きな大邸宅という印象があると思いますが、我が家は総床面積が120uほどの一般的な戸建て住宅なので、一度に大勢のお客様をお迎えできるほどの空き部屋はありません。

ただ、1階6畳の床の間付きの和室だけは、一応客間としていつも空けてあるので、こちらを二人の部屋にしました。


荷物を置くと、彼女達はドイツからのお土産をプレゼントしてくれました。

まずは、子供達には、クリスマスケーキとサッカーチーム『ヴェルダーブレーメン』のグミと『ブレーメンの音楽隊』のグミです。





続いて、日本語版の『ブレーメンの音楽隊』の絵本です。ドイツにも日本語訳の絵本が売っているそうです。




続いて、有名なブレーメン市庁舎とローラント像などブレーメンの名所がプリントされたカップです。




たくさんのお土産の最後は、私のためにドイツのお酒を持ってきてくれました。



アルコール度数32%、ラベルから察するにコルンという小麦の蒸留酒のようです。

日本で例えるなら、『麦焼酎』といったところでしょうか。

たくさんのお土産を頂いて本当にありがとうございました。

 

実は、初めてのホームステイが決まってから、一番気になったのは、言葉(ドイツ語)ではなく、食事のことでした。

事前情報は確認していたのですが、たとえホームステイで日本の文化や生活を学びにやってきたといっても、食べられないものばかりが食卓に並ぶのはとてもストレスになるし、お互いの食生活の違いを感じながら楽しく食事したいと思っていたのです。

ドイツの食習慣や料理もインターネットで調べては見たのですが、実際に家庭で食べているものがどんなものなのか、またそれぞれの家庭の事情などでどういうものは食べないのか、などをとても知りたいと思っていたのです。

家族でいろいろと話し合って、1日目は『天ぷら』、『鶏肉の唐揚げ』、『ポテトサラダ』、『おにぎり』にしました。

そして、食事の前にリザとナタリーのために、バースデーケーキをプレゼントしました。

実は、二人は誕生日がとても近く、ナタリーはドイツを出発した9月27日、リザは9月30日とこの研修中に誕生日を迎えたのです。

二人とも家族と離れて誕生日を迎え、友達には祝福されたことと思うのですが、こういうことは単なる偶然ではなく、日本の家族として私達が誕生日をお祝いしてあげられる運命だったのではと思い、小さなバースデーケーキにキャンドルを灯し、みんなで『ハッピーバースディ』を歌ってお祝いしました。


二人とも、お箸の使い方がとても上手でした。

ナタリーは、私がお箸を使って一口サイズに切り分けるのを見て、懸命に挑戦していました。

リザは、指先の動きが柔軟で、お箸の持ち方がとても綺麗なので、それほど苦労しなかったようです。

食事の様子ですが、天ぷらや唐揚げは普通に食べられるようでしたが、意外にもポテトサラダには手をつけませんでした。

天ぷらの中でも、オクラはドイツでは見たことがない野菜のようで、まったく食べませんでした。

醤油もまったく問題にせず、むしろナタリーは醤油が好きだということを話してくれました。

後から二人に聞いたのですが、日本人とは味の感覚の違いよりも、食感の違いがとても気になるようです。

特に、日本人が好む『ネバネバ・ヌルヌル』した食感、英語でいうと『Slimy』な食べ物は嫌いだそうです。

ドイツの人はとてもたくさん食べるということを聞いていたのですが、思っていたよりも少食だったので、ちょっと心配になりました。

こういう時は、ちょっとつまめるクッキーやせんべいのようなものを食後にさりげなくテーブルに置いておくと、子供達と遊びながら食べてくれるのかなぁと後で気付きました。

ちなみに、日本茶はあまり好まず、オレンジジュースを飲んでいましたが、本当のところは食事中にどんなものを飲むのでしょうか。

おそらくミネラルウォーターだろうと思うのですが、用心していたのか、日本のミネラルウォーターは口にしませんでした。

次に続きます。

Posted by へんこつ侍 at 23:13 | 国際交流 | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)

丸亀城フェスタ2009開催中[2009年10月18日(Sun)]



晴天の下、丸亀城フェスタ開催中です。


丸亀市民ひろばでは、丸亀みらい本舗が地球温暖化防止活動をアピールしています。


廃油キャンドル教室、ふろしき教室のほか、地球温暖化防止パネルを展示しています。








皆様ぜひご来場下さい。

Posted by へんこつ侍 at 11:21 | 丸亀みらい本舗 | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)

| 次へ