CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
讃岐では、へんこつ店主のつくるうどんがじょんならんぐらいうまいことがある。
へんこつは人を寄せ付けないほどの情熱とこだわりのオーラを持つ人。
私、へんこつ侍が地元丸亀でへんこつの種まき始めますよ。

« 2009年06月 | Main | 2009年08月 »

プロフィール

さんの画像
へんこつ侍
プロフィール
ブログ
最新記事
最新コメント
@ケンさん
相談 (06/01)
へんこつ侍
病院なう。 (05/12)
jiru
病院なう。 (05/06)
へんこつ侍
みどりの月間丸亀フェスタ (05/02)
へんこつ侍
へんこつ侍のツイッター (04/21)
@ケンさん
へんこつ侍のツイッター (04/19)
へんこつ侍
精一杯 (03/25)
紅の葉
精一杯 (03/20)
adhe
節電のお願い (03/13)
リンク集
<< 2009年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ

ジオターゲティング
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/henkotsu/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/henkotsu/index2_0.xml
土器川夕涼みコンサート[2009年07月31日(Fri)]
明日、17時30分より、丸亀市垂水町の土器川生物公園にて、

『第8回土器川夕涼みコンサート』

を開催します。

今回は地元丸亀で活動をされているグループの皆様をお招きし、夏の夕暮れの一時をお楽しみ頂きたいと思います。

ご出演頂きますのは以下のグループの皆様です。


城北幼稚園

丸亀音楽ボランティア「さいさい」(三線、ウクレレ、太鼓)

S&E(アコスティック)

フラスタジオナニアロハ(フラダンス)

アレストバンド(フラ、ハワイアン)

コール・メル(男性4部合唱)


また、普段なかなか体験することがない、野点(のだて)でとてもおいしいお抹茶をお召し上がり頂けます。

土器川の魚・ホタルの展示、土器川堆肥の無料配布、子供達には、ヨーヨーつりと笹舟コーナーもご用意しています。

また、むかしなつかしの『さぬきどじょううどん』もご用意しています。

ぜひ、明日の夕方は、土器川生物公園にお越しください。

Posted by へんこつ侍 at 22:28 | 仕事 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

おめでとう[2009年07月29日(Wed)]
今日、後輩のトンネルもぐらくんに3人目のお子さんが誕生しました。

おめでとう〓

とても仕事が忙しく、毎日気の抜く時間のない状況でのお子さんの誕生は、トンネルもぐらくんの馬力に更に力になることでしょう。

3人目のお子さんは、男の子だということで、子煩悩で家族思いのトンネルもぐらくんの良き遊び相手がまた一人増えたということですね。

しっかりした二人のお姉ちゃんがよくお世話をしてくれることでしょう。

本当によかったです。


トンネルもぐらくん。今まで以上に頑張るんだろうけれど、身体には気をつけて下さいね。

落ち着いたら、男の子の子育て話、浪漫あふれる話、激励会ジョッキやりましょう。

Posted by へんこつ侍 at 23:02 | へんこつ | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)

宿題[2009年07月28日(Tue)]


子供達は夏休みの真っ最中です。


ayu女の子の宿題で朝ごはんを作りました。


朝ごはんは一日のパワーの源。


しっかり食べて元気な身体を作るために、自分で食事を作ることはとてもよいことだと思うのです。


朝から汗をかいてがんばって作ったので、大変上手にできてました。


美味しかったです。


ごちそうさまでした。

Posted by へんこつ侍 at 08:15 | へんこつ | この記事のURL | コメント(6) | トラックバック(0)

パソコンディスプレイがめげました[2009年07月26日(Sun)]
今日もayu女の子がバドミントンの合宿のため、家内も朝早くから練習に出掛けました。

連日、miki男の子と二人っきりです。

今週の休みは、ガイナーズが高知遠征なので、応援に行こうかと思っていたのですが、両日ともに雨雨で試合が中止になりました。

昨日は、早々に諦めて自宅の駐車場のカーポートの中で廃油キャンドルを作りました。

カラフルなキャンドルができて二人して半日楽しみました。

今日は、朝から風呂の掃除やら排水管の掃除をした後、プールに出掛け、2時頃一旦帰宅しました。

ブログでも書こうかと思って、パソコンの電源を入れると、ディスプレイにカラフルな縦線が入り、きちんと表示してくれません。

電源を落としたり、いろいろやってみたのですが、結果は同じ。

どうやら故障したようです。

パソコン自体は立ち上がっているみたいなので、問題ないと思うのですが、画面が見られないのでは、まったく役に立ちません。

購入してまだ2年しか経っていないので、5年保障をつけておいてよかったのですが、直ってくるのに10日ほどかかるそうです。

代わりのディスプレイもないので、しばらくは家内のパソコンを借りることになりました。



家内のパソコンにもそれなりの個人情報があると思うので、なかなか使いづらいものがあります。

普段から、お互いの活動にはあまり深入りしないので、こうした時には、ちょっと気を使ってしまいます。

ということで、しばらくは、携帯からブログアップすることが多くなると思いますが、ご容赦ください。


ところで、テレビの画面もとても変なのですが、一体どうしたことでしょう?

ひょっとして雷の仕業なのでしょうか?




追伸

つい、「めげる」と書いてしまったのですが、「めげる」は讃岐弁で「壊れる」の意味です。

Posted by へんこつ侍 at 22:06 | へんこつ | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)

150万人飲み比べ[2009年07月25日(Sat)]
いつもへんこつブログをご覧頂いている方なら何とも思わないのでしょうが、私はこう見えても結構こだわり派なのです。

『へんこつ』の所以でもあるこだわりは、日常生活の中にも結構あるのです。


暑い夏には欠かせないビールジョッキ

随分以前にも書きましたが、私はキ○ンしか飲みません。

ア○ヒは、100%体調が悪くなります。

おそらく体質なのだろうと思いますが、ひとくち飲むと分かります。

だからとても気の知れた友人は、飲む時はとても気を使ってくれます。


さて、こんなへんこつぶりなので、ビールのことは子供もよく知っています。

先日、スーパーに家内とmiki男の子が買い物に行った時のことです。

店先にア○ヒの発泡酒の新商品で、『日本一うまい発泡酒を決めよう!!』というコピーで売り出している商品の販促があり、サンプルとして無料配布していたらしいのです。

お店のおねえさんが、『ど〜ぞ!!』と手渡そうとした途端、miki男の子が、

『おと〜さんは、ア○ヒ飲まんのや!!好かんのや!!』

大きな声でと断ったそうです。

そこはおねえさんが上手く切り返して、結局はもらって帰ってきたのです。

miki男の子が断った理由は、単純に私がア○ヒを飲まないこともあるのですが、私が常々『スーパーの試食やサンプルには絶対に手を出すな、差し出されても絶対に取るな、店の中でモノを食うな。』と厳命しているので、そのような行動になったのだと思うのです。

このことは、私が両親に教えられたまんまを子供にも教えているのですが、頑なな気持ちを持つ場面もたまにはよかろうと思っていることを、子供もそれなりに理解しているようです。


ともあれ、家にア○ヒを持って帰ってきてしまい、このビールをどうしようかと思ったのでしょう。2〜3日は、冷やされもせず台所に放置されたままだったのですが、先日miki男の子が恐る恐る、

『おと〜さん。ア○ヒの人がくれたんやけど、おと〜さん飲まんきんもったいないなぁ〜!!どうするおと〜さん?』

と聞くので、

『それ飲み比べって書いとるやんか。一回試してみるか?』


と簡単に言い返すと、自分がもらってきた罪悪感がなくなったのか、とても喜んで冷蔵庫に冷やしておりました。

昨夜、早速飲み比べ会を開催。



サンプルについている評価項目をチェックしていくと、何と普段飲んでいる発泡酒よりも美味いということが判明。

これにはmiki男の子も驚いて、

『おと〜さん。ア○ヒのほうがおいしいんやったら、次からア○ヒにするん?』

と聞いてきました。ア○ヒさんもなかなか上手い商売されます。


ここで、一部始終を聞いていたayu女の子が一言。

『おとうさんは、絶対にキ○ンしか飲まんのやって!!変えるはずないやん!!』


さすが、わが子です。見破られています。

確かにこの評価項目では、美味いかもしれないけれど、だから普段飲むとは限らないのです。

わが子たちのへんこつぶり、だんだんと濃くなってきています。

楽しみです笑い

Posted by へんこつ侍 at 22:46 | 実験 | この記事のURL | コメント(6) | トラックバック(0)

リンク追加しました。[2009年07月24日(Fri)]
まだ梅雨明けしていない香川県ですが、私の夏のイベントとしては8年連続となる『土器川夕涼みコンサート』を8月1日に開催します。

今、準備の真っ最中で、とてもドタバタと駆け回っています。

過去3年間は、『てんこもりアース』の皆様や『chaos!』の皆様にご出演頂き、少しずつですが、お客様も増えてくるようになりました。

そして今回からは、市民ひろばでライブ活動に取り組んでいる、丸亀市民ひろばミュージックフェス実行委員会の皆様にご協力頂き、地元丸亀で活動されているグループの皆様にご出演頂くことが決まりました。

詳細はまた後日ということで、今日は過去3年間お世話になった『chaos!』(カオス)の皆様のブログをリンクさせて頂くことになったことをご紹介します。

過去の土器川夕涼みコンサートの記事をご覧頂くと、メンバーの皆様のことがよくお分かりになると思います。

メンバーの大半が私と同世代であり、またスターダストレビューのファンでもありと、意気投合して過去3年間楽しいコンサートとなりました。

今回主催者の時間的な都合もあり、ご出演頂くことができなくなってしまったことはとても残念ですが、また、機会を作ってでもまた楽しい演奏をご披露して頂きたいと思います。

そんなメンバーの皆様の活動の様子を綴ったのがこちら。

新 chaos!の「こらえんぞ!」


ちなみに私のへんこつブログもリンクして頂いています。

ぜひご覧下さい。




『chaos!』の皆様、また近いうちにお会いできることを楽しみにしています。

Posted by へんこつ侍 at 22:43 | へんこつ | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)

本末転倒なバカバカしい話[2009年07月22日(Wed)]
最近聞いた本末転倒なバカバカしい話です。

某市駅前と某市郵便局前の道路では、違法駐車が一日中発生しています。

駅前には、有料の地下駐車場があるのですが、送り迎えのわずかな時間ということで、駐車場を利用せず道端に車を停めるというのです。

ラッシュ時には、違法駐車の外側に更に駐車するため、車道の通行ができなくなり、交通渋滞や歩行者への影響が懸念されていました。

郵便局の前も同様で、郵便局の駐車場の台数は少ないものの、市営駐車場が徒歩2分の場所にあるのですが、どちらも利用せず、前面4車線道路へ長い違法駐車の列ができるのです。

この道路は、幹線道路であり、沿線には地区最大規模の総合病院があり、頻繁に緊急車両が往来しています。

駅前では、その対応策として、景観に全く配慮しない無粋な駐車禁止標識を、目立つように立てたのですが、ほとんど効果が現れていません。


そういう状況下、2006年6月1日違法駐車の取り締まりは強化され、「駐車監視員」制度が開始し、わずかな時間でも駐車を確認すると、駐車違反を取られるようになりました。


某市を管轄する警察署も駐車監視員活動ガイドラインに、駅前、郵便局前を重点路線に指定し、監視を強化するようになりました。

これにより、違法駐車は極端に少なくなりました。
道路の通行もとてもスムーズになりました。

しかし、駐車違反を取られたという人もたくさん聞きました。

大抵は「ちょっと停めただけやのに!!」と怒る声です。




ところが、最近になり、また両地区に違法駐車が目立つようになりました。

「駐車監視員」がパトロールして走っているのですが、気付かないかのようにスーッと通り過ぎる光景を何度も目撃したというのです。

不思議だなぁと思っていたのですが、どうやら

「駐車監視員の規制が厳しすぎるので、もっと緩やかにしろ!!」

という苦情や

「道路に車を停めてもいいようにしろ!!」

という無茶苦茶な要望が寄せられているようなのです。

そのような声が所轄の警察署に届き、それを受け付けた結果が最近の状態であると信じたくはありませんが、ルールを守らない人間のエゴを、行政が「地域の生活課題である」という受け止め方をしているのだとしたら、これは『無法』です。

そういう者のために、現行のルールを変えて迎合し、無駄な税金が投入され、『市民の利便性向上』などという大義名分を付けられたとしたら…。



都合よく『市民』を使わないでもらいたいものです。



より利便性を向上させるなら、誰もが納得できるような仕組みを作るべきで、そのための社会実験や様々な取り組みを行政として仕掛けていかなければいけないのだと思います。

現状を改善するアイデアは結構たくさんあると思います。

また、30分100円程の駐車料金を払ったとしても、残った時間をもっと有意義に楽しく使うようにした方が、よっぽど自分のためになるのではないかと思います。

こういう交通ルールを守れない大人が多いので、当然子供達の交通マナーも超がつくほど最悪です。

中学生の自転車の2列走行を注意すると、睨み返して『私らだけと違う!!』と口答えされます。

ここから先に私がどうしたかはコメントできませんが、大人の行動は、子供がちゃんと見ています。

大人が責任ある行動をもっと心掛けなければいけません。

私も気をつけたいと思います。

Posted by へんこつ侍 at 23:18 | へんこつ | この記事のURL | コメント(4) | トラックバック(0)

堂上隼人選手1軍登録[2009年07月20日(Mon)]
元香川オリーブガイナーズで、今季育成枠で福岡ソフトバンクホークスに入団した#42堂上隼人選手がついに1軍登録されました。

本日7月20日付けで登録され、出場機会はなかったものの、ベンチ入り選手に名を連ねています。

堂上選手は、四国・九州アイランドリーグでは、最強の捕手として活躍しました。



強肩から繰り出される牽制で、何度も投手陣が助けられたことでしょう。

そして、現東北楽天ゴールデンイーグルスの丈武選手らとともに、確実性のあるバッティングでチームを牽引しました。

堂上選手は、いつもたくさんのファンに囲まれ、サイン攻めに合っていましたが、疲れも見せず丁寧に挨拶してくれていました。

いつも謙虚な姿勢で、勝っても浮き足立つことなく冷静でした。

ファンにとっては、攻撃も守備も『何とかしてくれる』選手でした。

その堂上選手がついに1軍登録ということで、本当に嬉しい限りです。

このまま1軍に定着し、いつかテレビで堂上選手の勇姿を見たいものです。

全国に堂上捕手の強肩を見せ付けてほしいと思います。


ちなみに、初めて堂上選手のことを知る皆様のために。

堂上選手の名前は、『どううえ』です。

堂上と書いて『どのうえ』は違うチームの選手です。


がんばれ!!堂上隼人選手!!

Posted by へんこつ侍 at 22:49 | 四国・九州アイランドリーグ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(1)

無意識[2009年07月20日(Mon)]
今日、“無意識”のおかげでとても疲れてしまいました。

3連休の初日と今日、ayu女の子のバドミントンの大会があり、高松市の香川町まで送り迎えをするのです。

体育館の中で、1日中ずーっと立ち通しも辛いだろうし、悪天候の夕暮れ時に疲れて帰ってくることに不安を感じたのです。

今日はayu女の子の出番はなく、本当に送って迎えに行くだけなのです。

朝6時半前に出発し、9時前には自宅に着いていました。

今日の香川は朝からずーっと雨雨で、今日の午後から予定していた香川オリーブガイナーズの後期ホーム開幕戦も中止になってしまい、miki男の子と私は、珍しく自宅で過ごしておりました。

午後2時半頃になり、ぶらりとドライブがてら迎えに行こうと出発。

この時が無意識状態でした。

高松市内をブラブラ走り、市内のスポーツ店とバッティングセンターに行き、三木町と高松市の境を走っていた時にふと思い出したのです。

『家の玄関の鍵かけたかな???』

思い出そうにも思い出せないのです。

玄関に立ち、窓を閉めたことは確認したのです。

その後、miki男の子がチョコチョコと走って来たのまでは覚えていたのですが。

鍵をかけた記憶が全くなく、バドミントンのお迎えまでにはまだ相当の時間があったので、急遽丸亀まで帰るはめに。

miki男の子は、『おとうさん、ちゃんと鍵閉めよったでぇ〜。』と言ってくれるのですが、ひょっとすると慰めかもしれないし…。

帰ってみると、結局鍵はちゃんとかかっていました。

それからまた、高松までお迎えに行くことに。

今日だけで、250キロほど県内で走っていました。

“無意識”怖いです。

3連休の最終日は、結構考え事が多いのですウインク

“老化”と言わないで困った

これからは指差し確認することにします。

Posted by へんこつ侍 at 22:04 | へんこつ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

field of dreams[2009年07月19日(Sun)]
映画のタイトルでありますが、映画の話ではありません。

当時、映画を観ていません。

原作の『シューレス・ジョー』を本で読みました。

英語の原文は雰囲気しかつかめませんでした。

和訳の小説を買って読むとよく分かりました。

彼是20年近く経過しているので、内容はほとんど覚えていません。

しかし、野球場を作るということに興味を持ったきっかけの1つではあります。



さて、我が家は最近、ayu女の子のバドミントンが軸になっています。

お休みの日は、女性陣は体育館などへ練習に行っています。

男性陣は、ガイナーズを含め野球で過ごしています。

もちろん、それだけということではないのですが…。

最近は、日中とても暑く、もっぱら夕方から近くの土器川公園で、miki男の子とマンツーマンで1時間強の練習に取り組んでいます。

平日は、全く見てやれないので、自宅の庭でネットに向けてボール投げをしたり、バットの素振りをしたりしているので、いわば土日がmiki男の子にとって大事な“本番”といったところなのです。

私との野球の時間をとても楽しみにしてくれています。

都会では考えられないことだと思いますが、夕方5時頃から6時半頃までグラウンド1面貸切状態なのです。

グラウンドといっても、全面芝生です。



メジャーでもこんなによい環境で練習しているのかは怪しいものですが…。

他の皆さんもこの時間帯にはよく練習されています。

しかし、どの方も硬い花崗土のグラウンドを好まれるようです。

私達親子だけが、この芝生を好んで使っています。

小学生のスポーツ少年団の選手達も皆、土のグラウンドで練習、試合をしています。

まだ、どの少年団にも属していないmiki男の子は、マンツーマンで最高の場所でトレーニングしています。

最近では、遠投と脚力向上を目的として、外野ノックに重点をおいて取り組んでいます。

1ヶ月半前頃から、難しい打球にダイビングして捕球するようになりました。

ダイビング自体は褒められたものではありません。

むしろ安全に捕球しなければいけないのです。

危ないので止めるように叱るのですが、miki男の子はいつも自然と身体がそのように動いてしまうというのです。

取り立てて身体能力が高いわけではありません。

親の私から見ても、とてもダイビングできるような俊敏なタイプとは思えません。

ただ、ダイビングする怖さが全くないのだと思うのです。

だから難しい打球も思いっきり捕りにいけるのだと思います。

怖さがなく身体が動かせるというのは、本当に重要な意味があります。

身体の可動領域が広くなるということなのです。


このことは、後の身体能力に大きく影響すると考えています。

miki男の子がどこまで野球をするのかは分かりませんが、とにかく楽しいと思えることは大切なことです。


我が家のfield of dreamsはしばらく続きそうです。

Posted by へんこつ侍 at 22:47 | へんこつ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

| 次へ