CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
讃岐では、へんこつ店主のつくるうどんがじょんならんぐらいうまいことがある。
へんこつは人を寄せ付けないほどの情熱とこだわりのオーラを持つ人。
私、へんこつ侍が地元丸亀でへんこつの種まき始めますよ。

« 2008年08月 | Main | 2008年10月 »

プロフィール

さんの画像
へんこつ侍
プロフィール
ブログ
最新記事
最新コメント
@ケンさん
相談 (06/01)
へんこつ侍
病院なう。 (05/12)
jiru
病院なう。 (05/06)
へんこつ侍
みどりの月間丸亀フェスタ (05/02)
へんこつ侍
へんこつ侍のツイッター (04/21)
@ケンさん
へんこつ侍のツイッター (04/19)
へんこつ侍
精一杯 (03/25)
紅の葉
精一杯 (03/20)
adhe
節電のお願い (03/13)
リンク集
<< 2008年09月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ

ジオターゲティング
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/henkotsu/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/henkotsu/index2_0.xml
鬼太郎[2008年09月30日(Tue)]
とりあえず鳥取市でのお仕事は終了しました。

たくさんの収穫がありましたが、詳しくは後日ということで。

これから島根県出雲市に向かいます。


ところで鳥取といえば、やはり鬼太郎でしょう。

駅構内に鬼太郎ショップを見つけましたよ。

Posted by へんこつ侍 at 17:17 | 仕事 | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)

鳥取市到着[2008年09月30日(Tue)]

先程鳥取市に到着しました。

砂丘で有名なまちだけあって、駅前に立派な砂像が飾られています。



昼食は砂丘そばをいただきました。



これからお仕事です。

Posted by へんこつ侍 at 11:54 | 仕事 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

出張[2008年09月29日(Mon)]
ある事業の実施に向け、明日と明後日の2日間、鳥取県と島根県へ出張します。

私は、専門知識を求められてこの事業に関わることになるのですが、今回は緑化技術だけでなく、住民などによる主体的な取り組みを応援し、行政と地域、NPOとの協働によって事業を進めるためのコーディネート的役割も求められているようです。

ある意味では、公の自分とへんこつ侍としての自分が複数の役割を果たさないといけない状況にあるようなのですが、これまでブログで書いてきたことを公で実践する時節を迎えたという状況なのでしょうか。



ちなみに、今回の出張では、公の私ではなく、へんこつ侍としての私のネットワークが働き、とあるNPO皆様にお世話になることとなっています。

出張でNPOへ出向くなんて、これまでの我が市役所では全く考えられなかったことです。

また新たな一歩が踏み出されようとしています。

楽しみな事業ですが、責任も重大です。

とにかく、目前の事業成功のために日々精進です。

Posted by へんこつ侍 at 23:16 | へんこつ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

我が家のたこ焼き職人[2008年09月28日(Sun)]
日曜の夜は、ayu女の子がバドミントンの練習に行くことが多く、家内が一緒に付き添っていくので、男性陣、女性陣それぞれが別行動することになります。

今日は、昼食が遅かったので自然、夕食も遅めになります。

ということで、男性陣が盛り上がって女性陣を喜ばせようと自家製『たこ焼き』を作ることにしました。

今朝、親友のあんちゃんが昨日釣ってきたという『つばす』をたくさん持ってきてくれたので、多少『たこ焼き』が失敗しても美味しいお刺身が待っているので大丈夫なのです。


男2人でインターネットでレシピを調べ、一番美味そうな大阪のたこ焼きを真似て作ってみました。

我が家のたこ焼き職人miki男の子が千枚通しでひっくり返そうとしている様子です。



私に似て結構器用なので、上手にひっくり返せていましたよ。

お味の方はバッチグー!!

外はカリッ、中はトロッとしたホワホワのたこ焼きができました。

我が家のたこ焼き職人もなかなかのものです。

頂いた『つばす』のお刺身は臭みが全くなく、最高のお味。



これは、ホンマに美味いです。

獲れたてでしか味わえない特権です。



『つばす』と『たこ焼き』で、帰宅した女性陣もそれはそれはすごく喜んでくれました。




笑顔へんこつ侍にもたまにはこういう日もあるのですよ!!
笑顔

Posted by へんこつ侍 at 21:47 | へんこつ | この記事のURL | コメント(4) | トラックバック(0)

ガイナーズ王手!![2008年09月28日(Sun)]


四国・九州アイランドリーグ2008ソフトバンク杯の年間王者を決めるチャンピオンシップ第2戦、我らが香川オリーブガイナーズVS愛媛マンダリンパイレーツの試合が終わりました。


今日は香川オリーブガイナーズが2−1で接戦を勝ち取りました。

今日は、先発の福田投手〜金子投手〜松尾投手〜守護神橋本投手と磐石の必勝リレーのほか、昨日に引き続き生山選手、金井選手のタイムリーで勝利をもぎ取りました。


これで、ガイナーズが年間王者に王手をかけました。

次戦は週末10月4日(土)午後6時から、ガイナーズホームのサーパススタジアムで行われます。

松山には応援に行けませんでしたが、今週末は必ずサーパススタジアムへ行きますよ!!



今シーズン、ボストンレッドソックスとマイナー契約により渡米し、グリーンビル・ドライブでプレーした元エース松尾晃雅投手が帰国し、期間限定でガイナーズと再契約しました。

これにより、チャンピオンシップに出場が可能となり昨日、凱旋初登板を果たしました。

松尾投手が先発登板すれば、ガイナーズはとても有利になります。

私もアメリカで頑張ってきた松尾投手のプレーはすごく見てみたい気もしますが、できることなら1年間通して頑張ってきたアイランドリーガーの出場を優先してほしいとも思っています。

勝利至上主義ではなく、選手の育成や地域活性などさまざまな使命をもったアイランドリーグだけに、ある意味でこだわりを持った“へんこつ”なリーグ、義理固いリーグであってほしいと思います。

ということを察してか、西田監督も松尾投手を遠慮がちに登板させているようで、ますますガイナーズ、アイランドリーグの懐の深さを感じずにはいられません。


あと1つ頑張れ!!香川オリーブガイナーズ!!

Posted by へんこつ侍 at 21:24 | 四国・九州アイランドリーグ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

ガイナーズ先勝!![2008年09月27日(Sat)]
四国・九州アイランドリーグ2008ソフトバンク杯の年間王者を決めるチャンピオンシップが今日から始まりました。

前期優勝の我らが香川オリーブガイナーズは、後期優勝の愛媛マンダリンパイレーツと対戦し、3戦先勝で年間総合優勝が決まります。


第1戦は敵地、愛媛県松山市の坊っちゃんスタジアムで開催され、たった今試合が終わりました。

9−0で我らが香川オリーブガイナーズ圧勝しました。

大事な初戦を見事とりました。


塚本投手は7回を投げ1安打無失点、しかも7回裏の先頭バッターまではノーヒットと完璧なピッチングを披露してくれました。

一方、打線も停滞気味だった後期を吹き飛ばす14安打の猛攻でした。

今日は松山まで応援に行きたかったのですが、都合で行くことができませんでした。

しかし、今日はラジオの中継放送があったので、miki男の子はラジオの前で応援です。




明日の第2戦も同じく坊っちゃんスタジアムで行われます。

明日のガイナーズの先発は、NPBのスカウトも注目している1年目の福田岳洋投手です。

明日も頑張れ!!香川オリーブガイナーズ!!

Posted by へんこつ侍 at 21:18 | 四国・九州アイランドリーグ | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)

コツコツ続けよう!![2008年09月26日(Fri)]
明日は、早朝4時起床、5時から仕事なので、早めに休みます。

簡単に。

先日、『竜巻か?すごい突風と雨でした。』をご紹介しましたが、この記事に気象予報士の資格をお持ちの『星の金貨』さんから詳しいコメントを頂きました。

この記事は、今後のためにもちゃんと記録に残しておこうと思い書いたものですが、『星の金貨』さんのような玄人さんの研究にもご活用頂けてとても光栄に思います。

地域の情報がこうした社会の問題解決の題材として利用されることは、このブログの趣旨に相応しいことだと思います。

私が書いた記事のタイトルを検索してみますと、結構メディアの情報と重複しているものがあり、メディアでは伝わりきらない詳しい実情などもお伝えできるのが、“小回りの効く”ブログの利点ではないかと感じます。

ということで、一見たわいもないテーマでも、気になったことを書いて残しておくと、いつかお役に立てる時が来るかもしれないので、コツコツ続けることが大切だということを改めて実感しました。

Posted by へんこつ侍 at 23:02 | ちょっとこばhappy | この記事のURL | コメント(4) | トラックバック(0)

『やれない理屈、やる理由』[2008年09月25日(Thu)]


まずは、先日9月20日付けの四国新聞のコラム『一日一言』をご覧頂きたい。

http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/column/article.aspx?id=20080920000069


『やれない理屈』の槍玉に挙げられているのは、やはり役人である。

だからとどうしたということなのだが、実は、先日我が家にやってきた友人yamaさんに、『やらない理由とやる理屈』という言葉で今の自分の信条を話したところだったのである。


一般的な見方に偽りなく、役所では『やれない(やらない)理由』を考える体質があることは
確かである。

それは、役所が悪いという短絡的感情はともかく、役所が公平性を最重視する組織であり、公平性を担保すべく難解な法律や条例といったルールがあるのである。

そして、このルールのほとんどが“制限”や“抑制”を促し、“律する”スタンスで作られたものである。

しかし、世の中の万事が法律に明記されているわけではなく、むしろ書かれていない事柄をいかに読み判断するかというのが、我々役人の役人としてのスキルなのである。

当然だが、誰でもリスクは負いたくない。

しかし、我々が負うリスクとは一体何だろうか?

もちろん市民の皆様の生命に関わる重要な責任もあるが、そこまで重大な案件が毎日あるわけでもない。

せいぜい『ちょっと難しい口調で説明を求められるか、盲点をつかれて大きな声で叱られる』程度のリスクなのである。

そのリスクのために、『やれない(やらない)理由』をいろんな切り口で考えてきた傾向は未だに残っているが、最近の私の職場の雰囲気は以前と比べると大きく変わってきている。

つまり、『やる理屈』を常に考えているのである。

『やれない、やらない』からの出発と、『やろう!やれるんだ!』という出発では、エネルギーがまったく違う。

『やる理屈』を考えて行動すると、いろんなつながりや新しい発見がある。

今、取り組んでいる市民ひろばでの自称“利活用促進キャンペーン”が私にとっての、分かりやすい成果である。

私が今、いろんなことに楽しく取り組んでいけるのは、こうした『やる理由』のおかげである。

目的は何か?本質は何か?

原理や真理を自問自答すると、大きく誤ることはないのだろうと思う。

明日も『やる理屈』をこねて頑張ろう!!

Posted by へんこつ侍 at 23:58 | へんこつ | この記事のURL | コメント(4) | トラックバック(0)

スキルアップ研修会[2008年09月24日(Wed)]
今夜7時から丸亀市ひまわりセンターで行われた『スキルアップ研修会』に参加しました。

講師は、大阪ボランティア協会事務局長である早瀬昇氏です。



『思いを伝えて活動を広げるために』というテーマでのお話でした。

この業界にいる人なら早瀬氏の名前は知らない人はいないと思い、たくさんの受講者がいるのだろうと思っていましたが、30〜40人程度で少し残念でした。

早瀬氏は、受講者の雰囲気を察知し、終始“笑い”を意識した内容でしたが、“思い”の違いがあってよいのだということや、開かれた行動や活動を意識するという2点だけはぶらさずにお話しして下さいました。


『丸亀みらい本舗』を立ち上げた私達にとっても、現在のスタンスが間違っていないことを確認できましたし、会の運営や活動に参加して頂けそうなメンバーが8人も揃って今日の研修会に参加し、共有できたことはとてもよかったのではないかと思います。

ただ、予告の時にも懸念していた通り、内容の深さは『スキルアップ』というふれこみとは程遠いように感じました。これは講師の内容の良し悪しではなく、こういう講座をやってもらいたいという設定の問題だと認識しています。

『ボランティア事始め』講座ならともかく、市民活動やNPOとの協働を目指したスキルアップであるなら、もう少し具体的なテーマ設定で、明日から使える具体的なスキルを持って帰らなければ、共感だけして終わってしまう可能性があるように感じています。

こうした講座の組み方についても、考えさせて頂けるきっかけになったように思いますし、そういう意味でも収穫のあった研修会でした。

自分達のスキルアップのために必要な研修会は、行政だけでテーマ設定するのではなく、様々な段階に見合ったテーマをNPOとも一緒に探り、実行する必要があるように感じました。

近い将来、何とか自分たちで講座を実現したいと強く思った研修会でありました。

早瀬氏、ちょっともったいなかったというのが率直な気持ちです。

Posted by へんこつ侍 at 23:34 | 協働を考えよう! | この記事のURL | コメント(4) | トラックバック(0)

お彼岸とおはぎ[2008年09月23日(Tue)]
今日は、朝から『トワイライト芝刈りin丸亀市民ひろば』の成果を見てきました。

昨夜、結構しっかりと掃除したつもりだったのですが、園内の照明灯だけでは十分でなく、少し刈り草が残っていました。

明日は午後7時から研修会がありますので、仕事が終わってからそれまでの時間でやっつけてやろうと思います。


さて、芝生を見た後、お墓参りに行きました。

一応、節目ごとに1年で6回程度は家族でお参りに行っているのです。

miki男の子は初めて『一人でお墓にお水をかけるんだ!!』と意気込んでひしゃくをつかむや否や、
ザバーっとお墓の一番高いところを目がけて“投げ掛け”ました。

当然手の届く低い位置に掛けるとばかり思っていた我々はハッとしたのですが、時すでに遅し。

偶然にもひしゃく一杯の水は、綺麗にお墓全体を濡らし、人が濡れずに済んだのですが、ちょっと楽しいひとときでした。


その後、久々に私の実家へ。

お彼岸には決まって母が『おはぎ』を作ってくれているのです。




中身のあんこも全て手作りです。

昔からこの味で大きくなってきたので、どうもこれ以外のおはぎは美味しいのですが、しっくりきません。

これが母の味なのでしょうね。


ところで、『おはぎ』って『御萩』なのでしょうかね?ハギの咲く頃に頂くから『おはぎ』なのでしょうか?

また、『ぼたもち』は『牡丹餅』でボタンの咲く頃、つまり春に食べるものなのでしょうか?

ということは、春のお彼岸に母が作っていた『おはぎ』は実は『ぼたもち』で、今日このタイミングで食べたものが『おはぎ』なのでしょうね。

38歳で初めてこのことに気付きました笑顔

Posted by へんこつ侍 at 21:46 | へんこつ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

| 次へ