CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
讃岐では、へんこつ店主のつくるうどんがじょんならんぐらいうまいことがある。
へんこつは人を寄せ付けないほどの情熱とこだわりのオーラを持つ人。
私、へんこつ侍が地元丸亀でへんこつの種まき始めますよ。

« 2008年07月 | Main | 2008年09月 »

プロフィール

さんの画像
へんこつ侍
プロフィール
ブログ
最新記事
最新コメント
@ケンさん
相談 (06/01)
へんこつ侍
病院なう。 (05/12)
jiru
病院なう。 (05/06)
へんこつ侍
みどりの月間丸亀フェスタ (05/02)
へんこつ侍
へんこつ侍のツイッター (04/21)
@ケンさん
へんこつ侍のツイッター (04/19)
へんこつ侍
精一杯 (03/25)
紅の葉
精一杯 (03/20)
adhe
節電のお願い (03/13)
リンク集
<< 2008年08月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ

ジオターゲティング
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/henkotsu/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/henkotsu/index2_0.xml
歯医者さんに行きました。[2008年08月31日(Sun)]
へんこつ侍の歯医者巡礼も今回が3回目。

1回目は、いきなりの『親知らず』抜歯!!

2回目は、翌日に傷口の確認。『抜歯後1日で出血が止まりますよ。』と言われたのですが、この日もまだちゃんと出血していました。

結局完全に止血するまでにほぼ5日かかりました。
止血剤も服用しました。

痛み止めは、就寝前にだけ服用し、痛みがとれるまでにこちらも5日間かかりました。

3回目の昨日は、抜歯した箇所の抜糸と、治療済み虫歯で欠損していた箇所をさらに削り取り、白い詰め物を充填しました。

10年以上穴が開いていた箇所がようやく埋まり、何だか噛み合わせがしっくりきていませんが、そのうち慣れるのでしょう。

1週間後には、今は休止しているタバコのせいで、ヤニがついている歯の裏側のクリーニングと上の歯の虫歯を治療する予定です。

意外と早い展開に少しホッとしています。

歯の状態が少し良くなって体調も回復してきました。


明日から9月です。

またガンガンいきますよ〜!!

Posted by へんこつ侍 at 20:51 | へんこつ | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)

上を向いて歩こうin香川[2008年08月31日(Sun)]


皆様おはようございます。

今日の香川は晴れ太陽

といっても、真夏の青空ではなく、すっかり秋晴れといった雰囲気があり、爽やかな風が吹いてとても気持ちが良い朝を迎えております。

なんだか、今年は季節が半月ほど早く進んでいるような気がします。



子供達にとっては、夏休み最終日。

昨日はayu女の子のバドミントンの練習が朝と夜にあったので、遠出もせずにゴゾゴゾしていたのです。

が、当の本人の練習意欲が薄く、朝からへんこつ侍が落雷雷

miki男の子はどこかに連れて行ってほしかったのにずーっと我慢しています。

確かに休みの日は、近くでいろんなことをしているのですが、もう長い間瀬戸内海を渡っていないし、宿泊付きの旅行もmiki男の子は経験がありません。

この夏は、タイミングが合わず、毎年恒例のキャンプにもいけていない状況なので、物足りない夏休みだったのでしょう。

それでも、私が子供の頃に比べれば、まだ父親が関わっている時間は長いと思います。

私など、親父と一緒に行楽地に遊びに行った記憶がほとんどありません。

それでも楽しかった記憶は今でも鮮明に残っています。

だからといって開き直るつもりはありませんが、皆様のご家庭でも同じような状況なのでしょうかねぇ?


ということで、今日も明日からの学校に備えて、大きく動くこともなく過ごすことになりそうです。


それでは、皆様今日も一日ハツラツと笑顔

Posted by へんこつ侍 at 10:21 | UMAP in KAGAWA | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

上を向いて歩こうin香川[2008年08月30日(Sat)]


皆様おはようございます。

今日の香川は雨雨

昨夜から断続的に弱い雨が降っています。

昨日時点で早明浦ダムの貯水率は0.9%となり、推定ですが先程午前8時には0%となってしまったようです。

水力発電用の水を生活用水に転用することが決まっていて、第4次制限並みの給水で約78日間は維持できるようです。

ゲリラ豪雨で水害がおきている地域があれば、こちらは少雨で水がなくなってしまう危機的状況。

わがままな言い方ですが、こちらに少しでも雨を分けてほしい、切実な願いです。

夏休み最後の週末ですが、今日は朝からayu女の子への説教怒りでスタートです。


それでは皆様今日も一日ハツラツと笑顔

Posted by へんこつ侍 at 08:45 | UMAP in KAGAWA | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)

岡崎市豪雨水害[2008年08月29日(Fri)]
岡崎市で起きた豪雨水害で、被害に遭われました皆様にお見舞い申し上げます。

実は、私のブログをいつもご覧頂いているceicoさんも被害に遭われました。

今朝、大変な事態に気付きとても心配でメールしたところ、ceicoさんご自身は大丈夫だったのですが、家が半壊し、ご近所の方が行方不明だということ。

ceicoさんがご無事でホッとしましたが、とてもいたたまれない気持ちです。

一日も早い回復を心よりお祈り申し上げます。

Posted by へんこつ侍 at 23:39 | 社会の問題 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

ビールとドイツ音楽の夕べ[2008年08月29日(Fri)]
今日、午後6時30分より丸亀市民ひろばにおいて、『ビールとドイツ音楽の夕べ』が開催されました。

私は、終業後、愛媛県の中間支援組織のコーディネーターであるMさんとこれからの丸亀の協働やNPO活動促進に向けた取り組みについてお話ししていたので、遅れて会場へ行きました。


外に出るや否や、市民ひろばは市役所の南に隣接するので、にぎやかな歓声が聞こえていたのですが、ゆっくりと歩いていくとビックリ!!


いつもご紹介している芝生広場は『人・人・人』でとても大勢のお客様で賑わっておりました。


今日、本当はMさんとお話しをした後で、この会場で『丸亀みらい本舗』の今後の活動についての打ち合わせをしようかと考えていたのです。


今はビールが飲めないので、ジュースでも飲みながら生バンドの音楽を聴きながら、楽しい話で盛り上がろうと思っていたのですが、たくさんの人でとてもゆっくりと話するという雰囲気ではありませんでした。

仕方なく、芝生に座りしばし演奏を聞いていたのですが、やはりこの芝生広場は最高です。

とても気持ちが良いのです。

手前味噌かもしれませんが、お城に包まれるような気持ちでゆったりといられるのです。

音楽もとても良かったです。
ドイツ音楽を中心に、最近のヒット曲なども織り交ぜて楽しませてくれました。

1回目なのでいろいろと課題はありますが、市民の手作りっぽいイベントでとても良かったです。



以下、会場の様子です。

ステージです。



観客の皆様は、ステージに近い椅子席はしっかりと音楽を聴かれる方、後部のテーブル席はビールとソーセージなどを楽しまれる方に分かれて座っていました。



会場にはドイツ兵俘虜収容所のパネル展示もありました。



ステージとお城の天守閣です。丸亀市民ならとても落ち着くアングルです。



友人のあそ美さんとお友達が今回も着物を着てお越しくださいました。



城下の会場にぴったりで、とても美しかったですよ。会場のみんなの視線が釘付けです。



ということで、それぞれの想いが詰まったイベントでありました。

私にとっては予想外の反響で、これまで市民ひろばに来たことがなかった方々がいらっしゃって、この場所の魅力を感じ取って頂いたらとても嬉しいです。

まだまだへんこつ侍の野望は尽きませんよ。

市民ひろば活用キャンペーンはまだまだ続きます。

Posted by へんこつ侍 at 23:34 | 讃岐オリジナル | この記事のURL | コメント(6) | トラックバック(0)

バットのリサイクル[2008年08月28日(Thu)]
先日、先輩で相談相手で市内の市民活動の大御所である『てるてるぼうずさん』からネタを頂きました。

そのネタとはこちら。



すでに持っている『マイ箸』か?と思いきや、このお箸、実は野球のバットを作る工程で発生するアオダモの端材で作られたものなのだそうです。

NPB(日本プロ野球組織)や四国・九州アイランドリーグの高知ファイティングドッグスでは、試合で折れたバットを有効活用しようという取り組みが始まっています。

これまでは、ほとんどが焼却処分されていたそうなので、地球温暖化防止にもつながりますね。

バットに使われる材は、熱や湿気で変形しないように入念に乾燥、圧縮されていながらも、よくしなり軽い性質を持っています。

また肌触りがとてもよく、長期間使用しても毛羽立つことがないので、日常生活に使うことはとてもよいアイデアだと思います。

『マイ箸』運動が浸透するにはまだまだ時間を要しますが、リサイクル木材を材料としたバットのお箸は、『脱炭素行動』的にはささやかですが、筋の通った商品だろうと思います。


こういう商品にプレミアをつけるともっと注目されるのでしょうね。

例えば、ボストンレッドソックスの松坂投手が投げた150キロの速球で、へし折れたニューヨークヤンキースの松井選手のバットをリサイクルした『お箸』などを商品化すると、動機は怪しいですが、『マイ箸』も『バットのリサイクル』もより意識が広がると思います。

そこから、どう気付いて行動するかは、結局はそれぞれの認識とモラルによるものなのですが。


ということで、今日はちょっとだけCSRっぽいお話にしてみました。

てるてるぼうずさんご提供ありがとうございました。

こうしたちょっとおもしろい話が市内のNPOで共有できるようになると、もっと盛り上がることでしょうね。

種まきやりましょう!!

Posted by へんこつ侍 at 23:00 | 環境にやさしいくらし | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)

アジ頂きました!![2008年08月27日(Wed)]
私の大好きなお魚である『アジ』を広島のブロガー仲間ぴこぽこさんから頂きました。



ぴこぽこさん。ありがとうございました。

『アジ』はいかにも庶民的なお魚なのですが、豊予海峡で獲れる大分県の『関あじ』といえば超高級品。

海峡を隔てた四国側愛媛県の佐田岬に水揚げされたアジは『岬あじ(はなあじ)』と呼ばれ、同じ魚ですが『関あじ』よりも安価なのだそうです。

塩焼き、アジのひらき、刺身、たたき、三杯酢漬け、フライといろんな楽しみ方ができるのです。

また、食べるだけでなく釣る方も大好きなのです。

せっかちな性格なので、釣り始めるとジーッとして待っていられないのです。

こうした私の性格を熟知している大親友のあんちゃんは、私をサビキ釣りに誘い、見事にアジの虜にさせてしまったのです。

最近はゆっくりとアジ釣りに出掛けていませんが、香川県内ではこの時期の朝夕は、50匹ほど釣れることもあるようです。


今日は頂くことができませんでしたが、とても新鮮な状態でお送り頂いています。

早く食べたいです。

ぴこぽこさんのご主人様が釣ってこられたものを開いて干したものを頂きました。

ぴこぽこさんともこのへんこつブログで知り合ったのですが、何だかご近所のおつきあいのようにとても親しくして頂いて本当に嬉しいです。


ブログはあくまでも情報伝達収集手段ですが、気持ちを込めて伝え続けていると、お会いしなくても心がちゃんとつながっていくのですね。


これからも正面からへんこつブログ書いていきたいと思います。


ぴこぽこさんありがとうございました。

Posted by へんこつ侍 at 23:20 | へんこつ | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)

停電[2008年08月26日(Tue)]
つい先程、何の前触れもなく停電しました。

私は、今日のブログの記事を『メモ帳(NOTEPAD)』で作成中でした。

今日掲載予定のほぼ8割を書いている途中で、目の前が真っ暗に!!

パソコンはデスクトップ型なので当然バックアップがなく、あえなく撃沈。

もう今日書く気力と体力がありませんので、こちらの記事に急遽変更させて頂きました。

しかし、停電すると本当に電気のありがたさが分かりますね。

わずか2分ほどで復旧しました。

昨年四国電力の電力アドバイザーを拝命しておりました関係上、停電復旧の仕組みを知ってしまったので、例え本日のブログ記事が抹殺されようとも、怒るなどという気持ちは全く起きません。

むしろわずか2分で復旧することの素晴らしさに感動します。

すっかり電力ファミリーにされてしまったようです。


電力アドバイザー恐るべし!!

Posted by へんこつ侍 at 23:25 | へんこつ | この記事のURL | コメント(6) | トラックバック(0)

勝てば官軍、負ければ賊軍[2008年08月25日(Mon)]
北京オリンピックが閉幕した。

日本選手も帰国した。

金メダルを期待された野球はマスコミや国民の餌食と化している。

五輪前には、みんながヒーローのようにもてはやされていたはずなのに、結果が出なければここまでこき下ろされると憐れである。

メディアではさっそく負けた理由の報道合戦で、宿泊したのが選手村ではなく、高級ホテルで特別扱いしているからハングリー精神が欠如したということも書いてあった。

日本選手団の団長でさえも、選手はみんな選手村に宿泊すべきで、そこで一体感やチームワークが培われるということも話していた。

それがどうこういうつもりはない。ただ、NPBの選手は五輪に出場することが目的ではない。

あくまでも職業として野球をやっているし、五輪にNPBの選手を出場させると決めたのはNPBだけではないはずだ。

確かに特別扱いといえばそうだろうが、年棒1億2億の選手の安全確保の問題や彼らの国内での実績から考えても、ホテルに泊まることがいけないわけではない。

プロの選手も3人部屋で宿泊しなければ国際大会では勝てないという、頑なでアマチュアな精神論を流布し、国民の感情を煽るのはどうかとも思うのである。

しかし、3位決定戦でアメリカのマイナーチームに惨敗したのは、日本代表選手としてはとても厳しかったにちがいない。

アメリカの先発投手20歳のアンダーソン投手は1Aのチームに所属している。

その投手に見事に抑えられたのだから、日頃のNPBの実力は全く発揮できなかったといっても過言ではない。

四国アイランドリーグの昨年の最多勝投手である松尾晃雅投手が現在レッドソックス傘下の1Aグリーンビル・ドライブに所属しているのだが、例えば松尾投手が日本代表選手を相手に投げているような感じである。

アンダーソン投手の様子を見ていても、この日だけたまたま調子がよかったというほどの出来でもなかったと思うのだが。

私の応援しているガイナーズを例えにして申し訳ないのであるが、今、ガイナーズとNPB日本代表が対戦したとしたら、誰がNPB日本代表が惨敗すると思うだろうか?

私がひいきにしているとはいえ、ガイナーズが勝つとは本気では言えないだろう。

それほどに韓国に敗れたダメージは大きかったし、第1回WBC優勝ということも大きなプレッシャーにつながったのではないか?

国民の期待をメディアが煽り、自国、他国ともに正確な戦力分析を、国民に伝えようとしなかった姿勢は大いに反省されるべきであると思うし、帰国した選手の傷口に塩を擦り込むような報道は謹んでほしいと思う。

報道のポリシーって何なのかが理解できない。


野球は五輪の正式種目から外れるとのことであるが、これをよい機会として、国全体で野球のあり方を考えていく必要があると思う。

NPBには独立リーグがなかなか受け入れられないということも耳にする。しかし、独立リーグで苦難を乗り越えで頑張っている選手達の中には、NPBの選手以上のパフォーマンスをしている選手がたくさんいる。

五輪の戦前のメディアの取り扱いと同様に、先入観や固定観念を持って野球を見ることは、これからの日本の野球の発展にとって大きな弊害であると思う。

独立リーグであろうが、甲子園で活躍しようが野球は野球なのである。

それを純粋に受け入れてシンプルに勝つことに集中できたのが、今回は韓国代表だったのではないかと思うのである。

敗因を『気持ちの問題』にした選手がたくさんいた。

でも、それはメディア的、第三者的な考え方に過ぎず、結局はグラウンドで普段どおりに体が動かなかった、相手に勝つために必要な技術がなかったということに気が付かないとまた次も同じような失敗をするのではないかと思う。


このことは、野球に限らず、私自身の仕事や生活に通じるものであり、教訓にしたいと思うのである。

野球を愛する者の一人として、やはり日本代表の敗戦は悔しいが、これを機会に自分なりの行動を考えてみたいと思うのである。

Posted by へんこつ侍 at 23:36 | へんこつ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

痩せました。[2008年08月24日(Sun)]
昨日、『親知らず』抜きました!!でお伝えいたしましたとおり、私の大事な『親知らず』を抜いて一夜経ったのですが、やはり早朝に痛みと空腹で目が覚めました。

当然ですが、今朝もしっかりと食事が取れないまま、『まるがめ婆娑羅まつり』の警備に出掛け、友人がまつりのバザーで出店しているうどんを食べるのが精一杯でした。

夕食もおむすびとバナナでおしまい。

やはり歯の調子が悪いと食欲も落ちるのです。


しかし、空腹感は残っているので仕方なく水分補給で紛らわしています。

今日の診察では、まだ十分に止血していないようで、止血剤と痛み止めをもらって帰ってきました。



先程体重を量ってみたのですが、なんと久しぶりに68キロと夏前に比べると4.5キロも体重が減っていました。

最近は米を極端に減らし、肉類は鶏肉、野菜中心の食生活にしていたので少し成果が現れたのでしょうが、歯の調子が悪くて痩せたとあればあまり気持ちのよいものではありません。

体重はもう少し落としたいけれど、一日も早く歯の復活が望まれるところです。

皆さんも歯を大切にしてくださいね。

過信は禁物ですよ。

Posted by へんこつ侍 at 22:06 | へんこつ | この記事のURL | コメント(4) | トラックバック(0)

| 次へ