CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
讃岐では、へんこつ店主のつくるうどんがじょんならんぐらいうまいことがある。
へんこつは人を寄せ付けないほどの情熱とこだわりのオーラを持つ人。
私、へんこつ侍が地元丸亀でへんこつの種まき始めますよ。

« 2007年06月 | Main | 2007年08月 »

プロフィール

さんの画像
へんこつ侍
プロフィール
ブログ
最新記事
最新コメント
@ケンさん
相談 (06/01)
へんこつ侍
病院なう。 (05/12)
jiru
病院なう。 (05/06)
へんこつ侍
みどりの月間丸亀フェスタ (05/02)
へんこつ侍
へんこつ侍のツイッター (04/21)
@ケンさん
へんこつ侍のツイッター (04/19)
へんこつ侍
精一杯 (03/25)
紅の葉
精一杯 (03/20)
adhe
節電のお願い (03/13)
リンク集
<< 2007年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ

ジオターゲティング
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/henkotsu/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/henkotsu/index2_0.xml
香川県史上初女性国会議員誕生!![2007年07月30日(Mon)]
昨日行われた参議院議員選挙ですが、全国的に有権者の関心が高いということは、事前の報道で知っていたのです。

香川県内でも、投票率は前回から3.64ポイント上昇し、58.84%でした。丸亀市投票率も前回に比べ3.2ポイントアップの57.87%でした。

果たしてこの数字が多いかどうか?以前

『選挙に行こう!!投票しよう!!』参院選公示


でも書きましたが、やはりもっと大勢の方が選挙に来てほしいと思います。

政治は難しいというイメージは確かにあります。私もそれに近い感覚ではありますが、自分の知らないところで自分の知らない政治家たちが、自分のこれからの生活やこれからのまちのことを、“勝手に決めている”といった姿勢で政治を傍観することは良くないのです。

こんな姿勢でいるのにも関わらず、受益者負担が多くなると文句を言い、次の選挙に批判票を投じるのでは、結局同じことを繰り返すだけなのです。

ともあれ、私は、当日選挙事務のため期日前投票をしました。今回初めてマニフェストをすべて読みました。

なかなか全てにおいて納得のいく政策を打ち出した候補者、政党は見つかりませんでしたが、最も自分が『期待したい』候補者、政党に投票しました。



そして、昨日は投票事務と開票事務に従事していました。朝7時に投票を開始し、午後8時に終了。

その後、開票のため市民体育館へ移動。午後9時前から投票用紙の集計を開始し、私の担当業務が終了したのが明けて午前1時すぎでした。

今回はこれまでの開票事務よりも少し難しい業務を仰せつかりました。最終確定票を改めて最終的にチェックして押印するというものですが、丸亀市選挙区の当日有権者数は89,165人で投票者数が51,598人分の票を最終確認する重みを強く感じました。

恐らく、昨日一晩で一年分以上の押印をしたのではないかと思います。おかげで右手人差し指はまだ腫れています。



そして、選挙結果を簡単に。

選挙前は四国四県保守一色だったのですが、全て民主・無所属に塗り代わりました。

香川県では、環境庁長官を務めたベテラン議員が落選。
民主党から立候補した植松恵美子氏が当選。

香川県史上初の女性国会議員が誕生しました。植松氏は前回の選挙で約7,000票差で落選し、今回は現職に約60,000票の大差をつけました。

今朝の四国新聞には、彼女のさわやかな笑顔が一面に。立ち遅れている子育て支援や少子化対策に力を注ぎたいとのコメントです。

有権者もより身近で若く、なにより生活感のある候補者を選んだということなのでしょう。

落選した現職陣営では、頼りにしていた組織票がまとまらなかったということも聞きます。

それだけ今回の選挙では無党派層、つまり我々のような『普通の人』が選んだ議員であるということもいえるのかもしれません。



少し気になることも。
市民活動やNPOについて強い政策を打ち出している政党はほとんど見受けられません。

ブームは去ったか?市民活動やNPOでは票につながらないと踏んだのか?

しかし、この業界の仕組みづくりはまだまだ完成の域に達したとは到底思えないのです。

政治には載らない脆弱な部門ですが、市民・国民の力で政治も変わるのです。我々からのアピールがまだまだ必要だと痛感しています。

Posted by へんこつ侍 at 23:36 | 社会の問題 | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)

自然観察会in丸亀市民ひろば[2007年07月28日(Sat)]
今日の午前中、丸亀市民ひろばにて自然観察会を行いました。

先日の『協働の種まき』でちらっと意味深な書き方をしていたのですが、これまで行政が主催していた自然観察会ではなく、「生活協同組合コープかがわ」さんと丸亀市が協力して実施したのです。

この観察会の発端は約1年前。「コープかがわ」さんから、丸亀市内で何か環境に役に立つ事業に取り組みたいとのお話しを頂き、いろいろとご提案頂いていたのですが、できれば樹木やベンチなどの『もの』ではなく、市民の皆様の主体的な取り組みにつながるような仕掛けに役立てたいと私が強く希望したのです。



このため、昨年度の「コープかがわ」さんのこの事業が実施できず、大変ご迷惑をお掛けしたのです。


しかし、今年度に丸亀市民ひろばの拡張整備を実施することとなり、暫定的なリニューアルに併せて、市民ひろばの有効活用を図る一環として市民の皆様と一緒に育てていける仕組みを築いていこうと考えたのです。

そして、今後の継続的な活動として市民ひろばの花壇整備を実施することにしています。
今後、さらに協議を進め役割を明確にしていくこととなりますが、「コープかがわ」の組合員さんと市民の希望者、緑化活動に取り組む市民活動団体がデザイン計画から花の植え付け、維持管理にも関わり、必要に応じて香川フラワーマスターと香川県緑づくりアドバイザーが技術的指導にあたるということにしています。



さかのぼること10年。丸亀ワークショップ研究会を結成し、「100本のチューリップを植えてみよう」と題して、市民主導で公園を整備するモデルケースとして取り組んだのですが、当時はまだこうした主体的な実践活動の気配もなく、研究会のモデルケースに終わってしまったのです。


これをいつかは実現しようと思い、時節を待つといいますか、それなりに暖めてきたわけなのですが、ようやく「コープかがわ」さんの社会貢献活動、環境保全活動とうまくマッチングした形となったのです。


今日はその手始めとしての自然観察会となったわけです。今回の参加者はすべて「コープかがわ」さんが募集したものです。

講師に環境カウンセラーの井上修さんをお招きしました。

参加者が約60名の親子と大勢集まって頂き、わりと小さな子供さんが多く、自然観察というよりは、自然の不思議はてなへのきっかけとなり得る設定にしていました。

樹木の特質や種類の違いなどを説明を交えながら観察している様子です。



花が咲いている樹木は「サルスベリ」です。さるもすべるほどツルツルした幹なのです。

また、花期が長く赤い花(白い花もありますが)が咲くことから「百日紅」と書きます。

その後、目隠しをして友達をつかまえる「こうもりと蛾」のネイチャーゲーム、カモフラージュ、虫めがねでの観察などを行いました。





そして、自然観察会参加の記念として時計台下の花壇に花苗を植えました。植えている様子は残念ながら撮影できませんでしたが。



ハナスベリヒユ(ポーチュラカとしてお店で売っているのでしょうか?)とアメリカンブルーを植えました。

どちらも夏に強い花です。

最後におみやげが用意されていました。


この観察会の事前協議の場で、「ケヤキの枝の輪切りがあれば…」という「コープかがわ」さんからの希望があり、先日、街路樹の剪定をした枝を取ってきて、私が丸のこでスライスしてお渡ししていたのです。

すると、こんなにかわいいメダルになっていました。



みんなのアイデアでいろんなものが飛び出してきます。

協働というには少しおこがましい気がしますが、、お互いがきちんと目的を共有し、役割を最初にしっかりと打ち合わせることは本当に大切だと改めて感じています。

今回のことで、「もっとやりたい、次にやるべきことは?」という新たな目標にもつながります。

行政職員にとって、違った立場の主体とのコラボレーションを実践することは、ややこしいし、時間もかかることでしょう。

お互いに人を理解することから始めると本当に根気が必要なのだろうと思います。
私の場合は大歓迎なのですが…。


従来型の行政主導の自然観察会ではなかなかここまでの自由度はありません。


また、今回は今後のことも含め、客観的に公益性が高いと判断できるのですが、行政の関わり方の基準は未だ明解ではありません。

こうしたモデル事業を積み重ねながら、仕組みづくりにもフィードバックさせていかなければいけないと考えています。


今、「コープかがわ」の担当者さんからお電話を頂きました。

「また、次につながる活動の打ち合わせしましょう。」


本当にありがたいお言葉です。

私自身も、個人として、行政職員としてどこまで関わるのか、どう関わるのかの結論には達しえていません。おそらく、結論なんて永遠に出ないのでしょう。しかし、小さな協働ですが、しっかりとしたビジョンを持ち、一つひとつの積み重ね、人との出会いを大切にしていきたいと思います。

Posted by へんこつ侍 at 17:40 | 協働を考えよう! | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)

偽装牛肉が学校給食に!?[2007年07月26日(Thu)]
今朝の朝刊を見て滅茶苦茶驚きました。

オーストラリア産牛肉を国産牛肉だと偽って学校給食に納入していたのです。

しかも、我が丸亀市の学校給食会に1.5トンも納められていたなんて…。

本当に悔しいです。わが子もこの偽装牛肉を食べたのでしょう。

二人とも給食は大好きでちゃんと食べて帰ってきます。

特にmiki男の子は私の幼い頃と同様に、給食を楽しみに学校へ行く日もあるようです。

また、ayu女の子は細いけれど大の牛肉好き。




最近起きた北海道での偽装牛肉は本当に酷いものでした。

それに比べれば“マシ”じゃないかと思うかもしれないけれど、偽装行為は絶対に許されないのです。

これは氷山の一角で、ひょっとするともっとたまげる様な偽装があるかもと疑ってしまいます。

現在捜査中なので断定的な言い方は控えますが、偽装は詐欺に結びついているのでは?と思います。

販売店だけでなく、卸売業者と結託しての事件と考えられていて、そうなると一体何を信じて、どういうチェックをすればよいのか分からなくなります。


私、子供には「絶対に嘘はつくな!」と教えています。いけないことをしても隠すなと。

正直に言うことは苦しいのです。でも、その苦しさを乗り越えないと許してもらえないということを常に教えています。


企業の不祥事でも、問題になっているのは、失敗した後の対応の不味さなのです。

電力アドバイザーを仰せつかっている四国電力さんでは、トラブルが発生したらできるだけスピーディーに記者発表するそうです。
確かに、新聞やニュースに取り上げられる速さは目を見張ります。
こうなると、トラブルの原因についてだけしっかりと対処していけばよくなるので、より確かな対応ができるのです。

しかし、これをなんだかんだとやっていると、本質以外の部分に飛び火してしまうのです。

これは、我々行政も同じなのです。



話を戻します。


とにかく、今後の捜査に注目しますが、我々保護者としても積極的にこの問題に関わるなり注視しておかなくてはいけません。

保護者の皆様。先にも書きましたが、決して「変な偽装でなくてよかったじゃないか。」で済まさないでください。

私、今回のこの問題は本当に真剣に考えていきます。


というのは、数年前にも県内の大手業者の牛肉偽装が発覚し倒産しています。

ミートホープの偽装牛肉を使った食品が見つかったのは、県内でも数少ない大手一流企業です。

そして、今回です。偽装しても「見つからない、ばれない」という緩い体質の県民性がそうさせているのかどうかは分かりません。

しかし、どうも「なめられた」気がして悔しいのです。

子供が口にするものをだます行為は絶対に許しません。


へんこつ侍は本当に怒っています。

Posted by へんこつ侍 at 23:44 | 社会の問題 | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)

協働の種まき[2007年07月24日(Tue)]
昨日、今日と何だか慌しく今週がスタートしました。

そして、この2日間でたくさんの方とお話しすることができました。

もちろん仕事に関連する事柄ばかりなのですが、共通していることは、
将来のビジョンを見据えたこれからの動きをどうしたらよいか?というものなのです。

当然ですが、私の業務である緑のまちづくりにすべて関連するものなのです。

いやぁ?どちらかといえば市民活動の推進や協働の仕組みに関するものもありますかね?

協働を理解していない職員が何となく協働事業をやろうとしていて、とても不安だと話して帰る方もいらっしゃいましたよ。

通常の維持管理業務の打ち合わせもそれなりにやっていますよ。




これには、市民活動団体やNPOが自発的に単独で行う事業をどうするか?ということと、行政と一緒にやったほうがより効果的なものなど様々ですが、いずれにしても目的を共有し、役割分担を明らかにできるまでには、お互いの情報交換やコミュニケーションがとても大切だと思います。

したがって、丁寧にお話しを伺っておりますと、どうしても時間を要します。
昨日、今日と自分のデスクよりも、窓口に座っている時間の方が長いのです。

しかし、私の上司はなかなかすんなりとは受け入れてくれていないのでしょうね。
しかし、現在検討中の協働事業もしくは、緑のまちづくりから住民自治に発展しそうな事業は水面下で進行しています。

なので、できれば長い目で見ていてください。

ちなみに今週土曜日には、協働事業の種まき第一弾としてのイベントが行われます。

Posted by へんこつ侍 at 23:53 | 協働を考えよう! | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

ありがたいエール[2007年07月23日(Mon)]
本当は昨日アップしようと思っていたのですが遅くなってしまいました。

実は一昨日からマイリンクが増えました。

宮崎のおいちゃんさんの
『街がシアター 街がミュージアム』

なのです。

市民活動やNPOの方必読です。
私はおいちゃんの市民活動促進事業のほか、本や映画のご紹介も大変勉強になっています。

マイリンク登録への道のりについては、おいちゃんの7月20日(金)の記事
『もやもや→メラメラ』
をご覧ください。

きっと『メラメラ』させてしまったのは私の所為なのでしょうね。

しかも、まだお会いしたこともないのに、すべてを見透かされているようで…。

でも本当に『うまげに(讃岐弁で上手く、上手に)』書いて頂いています。

数ヶ月前からおいちゃんのブログを拝見していますが、おいちゃんのように何事にも本気で立ち向かう方から、


「…地べたを這いずり回る仲間としてエールを送りたい。」


との本当にありがたいエールを頂き、男冥利に尽きるというもの。

しかし、ここまでにはたくさんの皆様がつないでつないで頂いたのだろうと思います。

こうした新しい絆の影で“あの人”や“あの人”が奔走されているかと思うと、本当にありがたい気持ちになります。



ますます頑張らんといけませんねぇ。

Posted by へんこつ侍 at 22:02 | へんこつ | この記事のURL | コメント(3) | トラックバック(0)

四国地方梅雨明け[2007年07月23日(Mon)]
今日、四国地方は梅雨明けしました。

といっても、本当に梅雨らしくない梅雨で、台風4号が来ていなければ、水不足はまだ解消されていないのだろうと思います。

昨日、キャンプからの帰り道で丸亀市の水がめである満濃池を見に行きました。

現在の満濃池の様子です。水面に映る景色も何だかみずみずしいのです。



以前ご紹介した、『がく然』での満濃池との様子と比べて見て下さい。

写真手前側の草が緑になっていたところもすっかり水に隠れてしまいました。



取水塔の取り入れ口が3箇所見えていたのですが、あと1つとなりました。




もう夏休みに入りましたが、ayu女の子miki男の子の通う小学校でも、夏休み前にプール授業が2回あったとのこと。

「子供にとっても水のありがたさがよく分かった。」という人もいます。

確かにごもっともなのでしょうが、それは大人の勝手な言い分。

子育てが終わった世代の方がこうおっしゃるのは何だかねぇはてな

こうした子育て終了世代が決めたルールによって、何かあれば、子供や教育にしわよせが行くのはどうかはてなと思うのが本音です。

画一性や公平性が行政の基本なのでしょうが、ちょっとした工夫も必要だったかも。

水不足で市内全域の小学校のプールが使用できないのなら、例えば、中学校のプールに交代で入るとか。

行政職員としてではなく、保護者としてはそうした前向きな取り組みには積極的に参画したいと思うのです。

ともあれ、ほんまもんの夏泳ぐへ突入っ!!

皆様お身体ご自愛下さいませ。

Posted by へんこつ侍 at 20:13 | 讃岐オリジナル | この記事のURL | コメント(4) | トラックバック(0)

大川神社念仏踊り[2007年07月22日(Sun)]


おはようございます。
偶然にも有名な念仏踊りを見ることができました。
ライブでお届けしています。

Posted by へんこつ侍 at 09:09 | ぶらっと四国 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

大川山キャンプ[2007年07月21日(Sat)]


長い夜のお楽しみ。
妻たちと子供たちはばば抜きで盛り上がり、オッサン二人は100円ショップのおさるとバナナゲームに夢中。
酔っ払いではなかなか上手くいきません。
久しぶりにリラックスの夜なのです。

Posted by へんこつ侍 at 23:15 | ぶらっと四国 | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)

大川山キャンプ[2007年07月21日(Sat)]


夕食のしめはやはり讃岐うどんでっす。
しょうゆうどんいただきまーす。

Posted by へんこつ侍 at 20:40 | ぶらっと四国 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

大川山キャンプ[2007年07月21日(Sat)]


山の男のお菓子。焼きマシュマロです。
めちゃめちゃ美味いのです。

Posted by へんこつ侍 at 18:58 | ぶらっと四国 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

| 次へ