CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
讃岐では、へんこつ店主のつくるうどんがじょんならんぐらいうまいことがある。
へんこつは人を寄せ付けないほどの情熱とこだわりのオーラを持つ人。
私、へんこつ侍が地元丸亀でへんこつの種まき始めますよ。

« 2006年09月 | Main | 2006年11月 »

プロフィール

さんの画像
へんこつ侍
プロフィール
ブログ
最新記事
最新コメント
@ケンさん
相談 (06/01)
へんこつ侍
病院なう。 (05/12)
jiru
病院なう。 (05/06)
へんこつ侍
みどりの月間丸亀フェスタ (05/02)
へんこつ侍
へんこつ侍のツイッター (04/21)
@ケンさん
へんこつ侍のツイッター (04/19)
へんこつ侍
精一杯 (03/25)
紅の葉
精一杯 (03/20)
adhe
節電のお願い (03/13)
リンク集
<< 2006年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ

ジオターゲティング
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/henkotsu/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/henkotsu/index2_0.xml
生きる[2006年10月31日(Tue)]
「生きる」→へんこつ侍→電球ときた方に拍手拍手
電球ときた方は相当にへんこつ侍に伝染しています。
というのも、「生きる」は黒澤明監督の映画で、1952年といいますから昭和27年の作品です。
市役所のやる気のない課長が、ある日胃ガンで余命が少ないことを知ることとなる。悲しみと絶望に暮れていたが、若い女性職員の自由奔放な生き方を知ることで、力強く「生きる」ことを決意する。市役所でたらい回しにされた市民の課題を「公園」を作ることで解決に導き、公園の完成の後に彼はこの世を去る。葬儀が終わり、彼を知る人が集まり彼の「生き方」について回顧し、自分の「生き方」を考えるという内容のもの。
かなり古い映画ですが、人の心の動きや価値観は今見ても全く古さを感じません。

今日なぜ「生きる」をテーマにしたかはてな
いじめられた子供、責任を背負うこととなった校長先生。
自ら「生きる」スイッチをOFFにしてしまったことを、我々生きている人間がどう捉えるのかは、本当に人それぞれだと思うのです。こうして書いていても、頭の中、心の中はそれぞれが別のことを考えているようにも思えます。
私に「生きる」ということを語りきる能力はありません。が、人生は辛いこと、苦しいことばかりではないように思うのです。
自分だけではどうすることもできない状態にいる方もいらっしゃるでしょう。私もそう思うこともあります。「がんばれー」なんてそんなに簡単に使える状態でないこともたくさんあります。でも、どんなに辛くても人間は一人ではないのです。自分を理解し、協力してくれる人が必ずいます。
今日はこれ以上は書くと違う意味合いに捉えられかねませんので。一言。

お腹いっぱいご飯ごはんを食べましょう笑顔 そしてひたすら「生きる」のです。

そんなに簡単なことでは解決できないのでしょう。しかし、大切なことだと思うのです。

Posted by へんこつ侍 at 22:04 | へんこつ | この記事のURL | コメント(4) | トラックバック(0)

漢検&アビリンピックinかがわ[2006年10月29日(Sun)]
今日は女の子が最近頑張っている漢字能力検定メモの試験日でした。なぜか突然、「漢字の試験受けるんでぇ〜」と言い出し、どうせいつもの2日坊主だろうと思っていたのです。
が、漢検8級の問題集まで買わされてしまい、体調崩していた病院時期を外し、ほぼ毎日練習していたようです。8級とはいえまだ学校で習っていないものもあるのですが、本人の主体性を尊重することにして受験することになったのです。
受験票が届いたときに、「おと〜さんサンポート高松まで乗せて車いってなぁ〜」と頼まれ、いつも家内に頼んでいる奴が珍しく私に言ってきたのです。
女の子は小さい頃から私が野球やらボランティアやらに引っ張りまわしていたので、どこに行っても特にどぉーってことない感じでサラッとこなすのです。試験会場までは一緒に着いて行きましたが、緊張した様子は見せるものの不安げな様子はありません。

ということで、待つ時間男の子とアビリンピックと併催している障害者ワークフェア(最近は障がい者と表記する場面が多いと思うのですが?)を覗きに行きました。

たくさんの企業のブースでは障がいをもつ方が取り組んでいる仕事の様子や企業としての取り組みを分かりやすいパネルと実際の商品などで紹介していました。名前を聞いたことのある企業の取り組みは進んでいるのでしょうか?私は今日の内容を拝見して、私が住む香川県では受け入れ態勢がまだ十分でないようにも思えました。
男の子の前に障がいをもったブースの担当者の方がやってきて「僕、缶バッチ最後の1個やから写真撮って作ってあげようか?」というと、顔色一つ変えずに私の顔を伺い、ニコッとして
「お願いします」とちゃんと応対することができました。
私、情けないことに男の子がびっくりするだろうと思っていたのです。さすがに来年1年生だから泣くことはないと思っていたのですが、多少の心の動きはあるだろうとそう思っていたのです。しかし、うれしいことにそうではありませんでした。男の子は坊主なりにちゃんと受け入れていたのです。結局写真は私と男の子二人で写ることになりましたが、缶バッチを作ってくれているあいだ男の子は瞬きもせずじーっと担当者さんの様子を見ていました。
大きな声で「ありがとうございました」も言えました。
考えてみると、障がいを持つから特別で、健常者だから普通なんて考え自体が異質なのでしょう。子供は何も知らないからなんていうのは、大人の勝手な言い訳なのでしょう。
「ノーマライゼーション」という言葉の意味。男の子が教えてくれたような気がします。
先程寝る前に「おとーさん。今日これあのおっちゃんが一生懸命作ってくれて、俺気に入ったきん、今日ベットに持って寝てええん?」て缶バッチを握っていたのです。嬉しくて頼もしくて涙が出そうになりました。

上の写真を撮って、女の子の試験会場の前で待っていると、

早くもクリスマスツリーの準備をしている様子が見えました。

女の子が試験会場から出てきて「自分のことだけ考えて問題に集中したらあんまり緊張せんかった」笑顔と。
今日は女の子男の子の成長を実感した一日でした。しかーし二人ともおとーさんがサンタだってまだ知らないでクリスマスツリーの準備のおじちゃんを眺めてサンタへのお願いごとの話しで盛り上がっていました笑顔

Posted by へんこつ侍 at 22:25 | 讃岐オリジナル | この記事のURL | コメント(3) | トラックバック(0)

実験経過報告[2006年10月28日(Sat)]
『えひめAI-2がノースポール種子の発芽及び初期生長に及ぼす影響について』

…って書くといかにも実験ぽく聞こえるでしょ笑顔ということで播種2週間後の様子です。
まずはえひめAI-2施用区

続いて対象区

発芽数は
えひめAI-2 186 対象区 173
と対象区が追いついてきましたが、写真でも葉の緑の面積の違いが分かりますが、えひめAI-2の方は四つ葉クローバーから本葉がほとんどなのに対し、対象区は双葉から四つ葉クローバーにようやくなった状態です。
お医者様病院のような口調になりますが、「今のところは」えひめAI-2に優位性があるようです。

Posted by へんこつ侍 at 21:31 | 実験 | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)

なんだかんだで150回[2006年10月28日(Sat)]
ネタがないわけではありませんが、この記事が150回目〓となるようです。
訳あってダメ公開していないものもありますが、よくもまあここまで続いているものだと感心してしまいます。おかげさまで総アクセス数も8600を越え、お顔を拝見したことがない方からもコメントを頂ける様になったことは本当に嬉しいことです。みなさまありがとうございます。

しかし基本に忠実にがモットーのへんこつ侍。手段が目的化しないように、アナログコミュニケーションもより一層大切にしたいなぁと思うのです。また、今以上にネタのバリエーションを増やせるようにいろんなことにアンテナを張り巡らせていたいと思うのです。

Posted by へんこつ侍 at 20:37 | へんこつ | この記事のURL | コメント(1) | トラックバック(0)

上を向いて歩こうin香川[2006年10月28日(Sat)]

おはようございます。
今日の丸亀はくもり雲です。時々太陽といったところでしょうか。
今日はお休みですが、最近ちょっと仕事が混んでいますので、こっそりやっつけてきます。

が、なにぶんにもご内密にお願いしますウインク

今日も一日ハツラツと笑顔

Posted by へんこつ侍 at 08:57 | UMAP in KAGAWA | この記事のURL | コメント(1) | トラックバック(0)

男の涙[2006年10月26日(Thu)]
私と同じ名前の新庄選手が泣いていました。思わず私も涙が出てきました。

帰宅してすぐテレビをつけることなど、恐らく今までになかったのです。テレビが付いた瞬間センターの新庄選手が涙を流していました。9回表ツーアウトランナーなし。いいタイミングで帰って来れました。

その昔、新庄選手は突然「野球辞めた」と引退宣言したことがありました。当時の首脳陣があまりにも新庄を殻に閉じ込めようとしていたからです。その頃打撃ではよい成績を残すことができませんでした。
その後、指導者が変わり、彼の野球に対する本当の情熱を理解する監督になった時、彼は敬遠のボールを打ち返し、見事ヒットにしてしまいました。彼を「宇宙人」宇宙人と呼ぶ人がいました。
その後彼はメジャーへ。何億というお金を蹴って、薄給覚悟で白球を追いかけに海を渡りました。そこで彼は本物のBASEBALLを体得し、ワールドシリーズも経験し、野球の本質を学んで日本へ帰ってきました。
北海道でのホームチームは当初、大赤字になると言われていました。しかし、日本ハムは札幌のゲームは滅法強い。これは、日本ハムを道民が「おらがチーム」という意識があり、多くのファンがすばらしい応援を続けた結果なのでしょう。

ともあれ、今日で新庄選手を見るのは最後のようです。これまでにいろんなことでバッシングをうけてきたのですが、辛かったことよりも、選手や首脳陣、ファンのみんなが自分のために一つになって日本一を勝ち取った喜び、人がつながり支えられてきたことへの感動と感謝の涙だったのでしょう。

私もいつか達成感の涙、流してみたいと思います。本当の意味の楽しみを得るために、今はひたすら苦しみもがき修行あるのみ。

神よ。我に七難八苦を与えたまえ。

Posted by へんこつ侍 at 23:24 | へんこつ | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)

へんこつ似顔絵[2006年10月24日(Tue)]

たまには、息抜きな内容もいいのでしょうか?
私の似顔絵の話。この似顔絵は私の知り合いのイラストレーターが書いてくれたものです。
自分の顔の特徴って意外と分からないものですね。特に私は取り立てて特別なパーツがなく、しいて挙げるならヤンキースの松井選手ばりのでかい福耳くらいなものでしょうか。
しかし、この似顔絵は本当によく似ているのです。実はこれを真似して自分でも書いてみましたが、真似をすると意外にも上手に描けます。自分で自分の顔をほかの人が書いた似顔絵を見ながら描くというのもまわりくどいのですが…。
しかし、最近ではスピリチュアルカウンセラーの江原啓之氏に酷似しているといわれます。
女の子男の子には本屋でも大きな声で
「おとーさんがおるでぇ〜!!」
といわれ、周りの人が江原氏の写真と私の顔をしばし見比べて、ぽそっと一言、
「うわ。ほんま。えはらさんやぁ。」って本人を目の前にして言う人もいます。
そういうシーンに何回か出くわします。ので、ほんとに
「あなたの守護霊様幽霊は笑っておいでですよ。」って言ってみようかと思うこともあります。
世の中に自分以外で3人良く似た人がいるということを聞いたことがありますが、ひょっとしたらあと2人くらいは江原さんに似た人もいるかもしれません。
みんなへんこつだったらどうしよう困った
みなさんは自分に似ているなぁと思う人いるのでしょうか?

Posted by へんこつ侍 at 23:27 | へんこつ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

オープンキャンパス[2006年10月22日(Sun)]
技能五輪サンメッセ会場の隣りでは、私の母校である香川大学工学部でオープンキャンパスと工学部祭が行われていました。私自身は農学部卒なのですが、私の所属していた研究室は工学部発足と同時に農学部から移動したのです。
公私共にみどりが中心の私。卒業後も大学とは密に交流しているのですが、オープンキャンパスは初めてなのです。
ご指導を頂いた教授も相変わらずお元気でへんこつです。今日は人気教授の公開講義が行われ、相変わらず人気の高い担当教授の講義を受けてきました。常日頃話題にしている内容ですが、講義となるとやはり身が引き締まります。わずか30分でしたが楽しい時間を過ごしました。入学を希望される高校生も熱心に受講されていました。
行政職員も専門的なこと、地域経営に関すること、小手先の手法ばかり身につけず、本質を理解するための勉強する時間が必要なのではと感じています。

ということで、私の指導教官による講義の様子です。

Posted by へんこつ侍 at 21:51 | 讃岐オリジナル | この記事のURL | コメント(2) | トラックバック(0)

技能五輪最終日[2006年10月22日(Sun)]

写真を見ると少し怖い幽霊気がしますが、今日も技能五輪を覗きに行きました。
女の子の体調もよくなり、たまっている宿題に日記があり、女の子が洋菓子製作を見たいということなので、今日はサンメッセ香川へ行くことになりました。
同じ会場では、理容と美容、左官、レストランサービスの競技が行われていて、レストランサービスにはテレビでもよく見る服部幸應先生がチェックしていました。テレビで見たまんまの風貌。しかし、何だか人を寄せ付けないオーラが漂っていました。
どの競技の選手も本当に真剣に頑張っていて鳥肌がたちました。結果はどうあれ、全国からの選手のみなさまお疲れさまでした拍手

明日から私も気合を入れ直して仕事を頑張りたいと思います。

Posted by へんこつ侍 at 21:37 | 讃岐オリジナル | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

実験経過報告[2006年10月21日(Sat)]
えひめAI-2実験経過報告です。
先週播種したノースポールにえひめAI-2を施用したところ、
施用区はこんな感じです。

対象区はこんな感じです。

写真では大変分かりにくいと思いますが、発芽数にしてみますと
えひめAI-2 113  対象区 67
となっており、今のところ優位性が見られます。もう少し追跡したいと思います。

Posted by へんこつ侍 at 21:55 | 実験 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

| 次へ