CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
讃岐では、へんこつ店主のつくるうどんがじょんならんぐらいうまいことがある。
へんこつは人を寄せ付けないほどの情熱とこだわりのオーラを持つ人。
私、へんこつ侍が地元丸亀でへんこつの種まき始めますよ。

« 2006年05月 | Main | 2006年07月 »

プロフィール

さんの画像
へんこつ侍
プロフィール
ブログ
最新記事
最新コメント
@ケンさん
相談 (06/01)
へんこつ侍
病院なう。 (05/12)
jiru
病院なう。 (05/06)
へんこつ侍
みどりの月間丸亀フェスタ (05/02)
へんこつ侍
へんこつ侍のツイッター (04/21)
@ケンさん
へんこつ侍のツイッター (04/19)
へんこつ侍
精一杯 (03/25)
紅の葉
精一杯 (03/20)
adhe
節電のお願い (03/13)
リンク集
<< 2006年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリアーカイブ

ジオターゲティング
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/henkotsu/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/henkotsu/index2_0.xml
がんばろう丸亀[2006年06月29日(Thu)]
今夜、市民活動プチ交流会に参加しました。
市内のボランティアグループ飛行機雲のメンバーが声を掛けてくれました。
以前にも書いたことがある団体なのですが、実は昨日から本サイトで某県中間支援組織(自称)の重鎮さんが立ち上げているブログで半ば背任的叱咤激励を受け、市内の関係者が困った怒りしていたのです。叱咤激励を受けたのは、この団体だけでなく、市担当者また、私も含めた協働に関わる人たちです。

今日会う時にどんな風に声を掛けよう?落ち込んでないかな?と大変心配でした。しかし、彼らは意にも介さず、逆にやる気満々。事務所で怒られながら、他事に浮かれていた辺り大物の片鱗?単なるパーはてななのか不明ですが、彼らが取り組もうとしていることは、今の丸亀の協働推進に必ず必要なこと。信念をもってやり抜いて欲しいと思います。
例え周りからのプレッシャーで事業を提案したとはいえ、一度は自分たちでやるんだと決めた以上、それなりの形が見えるまでは頑張って欲しいと思います。
で、重鎮さんのアドバイスをうけるのもいいけど、今日のプチ交流会のように、本気で一緒になって考えてくれる先輩や仲間が同じ丸亀にいることをしっかりと認識してください。
某県中間支援組織(自称)の重鎮さんのおかげで、協働に関わる人が同じ方向を向こうとし始めています。ありがたい叱咤激励でした。しかし、もっとご自分の立場をお考えの上、ブログ公開しましょう。そこらへんの木っ端でないのです。重鎮さんなのですから。童話「北風と太陽」を読みましょう。

で、彼らにも直球ダッシュ今日の交流会は確かに楽しかったです。しかし、ちゃんと真面目な話しができるチャンスは逃しましたよ。楽しい中にシュールなご意見もあり、場の雰囲気で何でもやれるように思いがちですが、前途洋々とはいきません。私が今日感じたのは、あくまでも市の業務委託を受託するという重い責任と明確な成果をいかにして市民に理解してもらえるかということをもっと真剣に考えましょう。本来は市が主体性を持って取り組むべき事業を専門性の高いグループに委託しようとしているのです。
振り返ってみてください。提案公募型協働事業の審査委員さん。丸亀市民はいましたか?プレゼンに参加した丸亀市民は?本当に自分たちが丸亀市民から受け入れられて事業採択になっているか、もう一度考えてみましょう。ひょっとすると、丸亀市民が審査するとしたらダメだったかもしれません。市民の税金で行う事業の重みしっかりと受け止めてください。そして、今日も話題になっていた報告会でちゃんと市民が納得できる成果をあげてくださいね。
それと、交流会の場の設定。もう少し工夫しましょう。交流会とはいえ、メンバー構成を考えてオープンでよいのかクローズが妥当なのか?世の中にはいろんな見方をする人がいますから。
ということで、新しい出会いもあった交流会。想いを再認識できたでしょうか?みんなが飛行機雲を直接的に応援するというのではなく、それぞれが同じ方向の想いを持って、それぞれの立場でやれることを一つ一つ積み上げることこそ協働の支援です。
よその重鎮に頼ることなくメガホン丸亀でがんばりましょう。がんばろう丸亀。

Posted by へんこつ侍 at 23:58 | 協働を考えよう! | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

第5回ワークショップ[2006年06月27日(Tue)]
今日、第5回協働推進条例ワークショップが開催されました。全5回の最終回です。
今日のテーマは「条例に盛り込む項目を書き出す」ことと「条例の名称」という設定でした。

帰宅後、色々と考えて考えて書き殴っていたのですが支離滅裂。自分の今の心境とワークショップのことについてちゃんと整理できていません。
一言。わたしにとって今回は、これまでで一番悔しいワークショップでした。
「熱い心」をダウンロードできたこと、それ以外はとくになし。というのが精一杯です。
最終的にできた条例の名称は
みんなで丸亀を育てる条例
丸亀市いきいき市民がつくる協働条例
信頼で築く丸亀市さわやか協働推進条例
手をつなごう条例
みんなでつくろうみんなのまちづくり条例
という意見が出ました。
市民の皆様本当にご苦労さまでした。以下最終回の様子です。
早いうちにワークショップふりかえり報告したいと思います。

Posted by へんこつ侍 at 23:58 | 協働を考えよう! | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

実験経過報告[2006年06月25日(Sun)]

えひめAI-2実験1週間後の経過報告です。
日当たりの良い場所においてあるためか順調に生長しております。
今のところ差は見られません。倒れないように支柱を施しました。
1週間に1回施用という設定が悪いのか少し不安です。植物が対象ですので、急激に効果が出るとは思えませんが。
なお、えひめAI-2を利用している人が必ずやっている、生ごみに散布したところ本当に臭いが消えてしまいました。すごいですねぇ。
この他にも色々と試して見たいことがあり、少し時間ができればえひめAI-2追加製造したいと思います。興味のある方一緒に色んな実験やってみませんか?

Posted by へんこつ侍 at 21:36 | 実験 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

上を向いて歩こうin香川[2006年06月25日(Sun)]

青空太陽好きのへんこつ侍。梅雨雨空の報告はできるだけ避けたいのですが、UMAP各支局からの梅雨空比較も興味深いかなと思いまして。
しかし、四国とりわけ香川県にとっては、恵みの雨です。渇水になると県内の各市町で夜間断水となる場合があります。みんなで節水型生活に取り組まなければいけませんねぇ。

Posted by へんこつ侍 at 18:47 | UMAP in KAGAWA | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

みたから市[2006年06月24日(Sat)]
今日、丸亀通町商店街の「みたから市」を覗きに行きました。「みたから市」は商店街にある「三宝稲荷」からとったものだろうと思いますが、簡単にいえば商店街の中でフリマが開催されるそんなイメージです。
以前からやってるのは知っていたし、商店街の友人に「寄せ植えチューリップかワンコインブーケでも出店せーへん?」って誘われていたのですが。5、6年前には、イベントでリアカーを屋台に改造して「花屋台」って看板出して、寄せ植えや観葉植物サボテンを売ったことがあって、お客さんの好みの花を、ホントの屋台みたいにその場でちゃっちゃっと作って見せてたこともあったのです。もの凄く楽しかったのです。儲けは当然ないのですがねぇ。
そんなこんなで、友人からの誘いを断り続けていただけに、最近は何となく出向く機会を逃していた感じがあったのですが、今回は「ボランティアグループひこうきぐも」のメンバーからのお誘い。
これから始まる商店街での提案公募型協働事業のこともすごく気になっていて、その前哨戦といった位置づけ。彼ら彼女らのがんばっている姿をどうしても見たくなったのです。
土曜日の午後ということもあり、平日よりは人通りも多いように感じました。毎日歩いて通っている道なのですが、行きは開店前、帰りは閉店後という状況なのでいつもと雰囲気が違います。
「ボランティアグループひこうきぐも」のメンバーは、相変わらず元気な様子で、午後から晴れ太陽間も見え、大変暑かったのですが、大変イキイキと接客していました。私は、家族と一緒にアイスコーヒーとクッキーを頂きました。実はこのクッキー、市役所企画課でNPO・市民活動を担当する笑いさん(一応伏せておきますね。)のお嬢さんの手作りだそうで、うちの家内と子供は「料理めっちゃおいしい拍手」と絶賛。
公私ともに市民活動にドップリ漬か温泉っている笑いさん。ホントにご苦労様です。さりげなく熱い心が「ひこうきぐも」のメンバーにも十分浸透しているのでしょうね。
どんなお客さんにも120%で接することができる「ひこうきぐも」のリーダー太陽くんは、私よりも1まわり以上も若いけど、熱さと想いを込める力は抜群です。批判せず、どんなものでも受け入れる懐の深さ、外見は何だか頼りない感じだけれど、それが逆にみんなを引き付ける、みんなが声を掛けてくれる、手を差し伸べてくれるのを引き出すのでしょう。不思議キャラだけど、こういう人が経験とスキルを積み、想いのある知恵者と愚痴をがこぼせる癒し系が参謀にいると、すごくいい組織ができるんだろうなぁと思います。ぜひ頑張ってほしいです。
商店街の現状。「みたから市」を頑張って盛り上げようとする人たちは本当に大変なご苦労があると思います。今日一通り歩いても、全く興味がないようにフツーに営業しているところがありました。これが現実ですが、「ひこうきぐも」のようなグループがどんどん関わってくると少しずつ変わってくるのではと思うのです。
も1つ。今日出店されていた皆様はそれぞれ特徴のあるものでしたが、既存の商店とのリンクやもうひと工夫ができないかなぁと思うのです。例えば、今日頂いたコーヒー。昨日日本は予選リーグで敗退しましたが、ワールドカップサッカーにちなんで、コーヒーW杯と銘打ち「ブラジル」VS「コロンビア」とか普段飲み比べることができない贅沢をここではできるびっくりこれを商店街の喫茶店に協力してもらう。コーヒーセット¥300なら喫茶店も協力してくれる金額だと思いますよ。そうすると、通りすがりのお客さんでも、「そっかあそこの喫茶店はいろんな豆をおいてるんや。」って知ってもらえる。いい雰囲気だったら隠れ家的場所にもなるし。
なかなか難しいルールや慣習があるのかもしれませんが、折角みんなが知恵を出してやろうとしている時。提案公募型協働事業でまた花火が上がったんだから、みんなで「今日どぉ?」って声掛けて、協働始めませんか?

Posted by へんこつ侍 at 22:51 | 協働を考えよう! | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

喫煙休止中?[2006年06月23日(Fri)]
そういえば私現在喫煙タバコ休止中なのです。平たく言えば、禁煙中。何回目になりますかな?
1ヶ月以上のロングスパンだと4回目の禁煙。
最初は結婚乾杯した時。これは1年で挫折。
2回目は長女女の子誕生の時。これも1年で挫折。
3回目は長男男の子誕生の時。これは8ヶ月で挫折。
これが4回目ですでに50日程になります。
しかし、これまでと違うのは、何かきっかけがあって強い気持ちで「やめるぞぉ。」と思ってやめていないこと。何となく吸わなくてもいいかなぁって。いつでも吸い始めるぞという野心はあります。なので、喫煙タバコ休止中なのです。
休止して感じること。
体重ブタが増えた。正しい時間にお腹がすくようになった。料理料理が薄味でも平気になった。
歯の裏側がきれいキラキラになりはじめた。Yシャツの襟が汚れなくなった。車車の臭いが気にならなくなった。書類メモ焦がす心配がなくなった。
小遣いお金がわずかだが残った。
しかし、飲み会の時は復活するのでしょうねぇ。根性がないので。まっそこはストレス発散ということでお許しあれ。

でもちょっとだけ吸わない人のことも考えられるようになりました。ひとつご忠告。
施設の出入り口に吸殻入れを置くのはあまりよくないと思います。一人ふたりで吸っているうちはいいのですが、そこにたむろして何人もがプカプカやっていると、出入りに煙の中を通るようになりすごく気持ち悪いのです。吸殻入れは出入り口から離した所に置きましょう。


Posted by へんこつ侍 at 22:51 | へんこつ | この記事のURL | コメント(3) | トラックバック(0)

給料日の贅沢。[2006年06月21日(Wed)]
今日は給料日お金だったのです。が、実感は全くありません。なぜなら、
給与明細→銀行振込→家内による引き落とし→○万円お小遣い→おわりクジラ
と、私が給料に触れる事がないのです。ある意味幸せなのかもしれません。元々お金にはあまり興味がない二人なので、たんまりあったことはないのですが、なければそれなりにと思える性格。それでも、よそのご家庭と比べると相当自由度が低いようです。
飲み熱燗歩くことも、ギャンブル船自転車馬もしないへんこつ侍。給料日の唯一の楽しみは帰りに本屋さんに寄ることなのです。先日、2年前に退職された大先輩(私達夫婦の仲人さんなのです)から、造園関係の本やら雑誌を200冊ほど頂いてきて、整理が終わっていないのにもかかわらず、今日もつい衝動買い。先ほど読み始めてから、読みかけの本がまだ2冊残っていたことに気づいてしまいました。
ちなみに今日買った本は、「元気なNPOの育て方(戸田智弘著NHK出版)」です。各地で活躍するNPOの事例を集めた内容のようです。事例を知ることも大事ですが、どうして成功しているのか、仕組み、工夫は?といったところのヒント電球が欲しいのです。

また、読みかけの本は、「夢を実現する戦略ノート(ジョン・C・マクスウェル著三笠書房)」と
「公共哲学とは何か(山脇直司著ちくま新書)」です。「公共哲学とは何か」は眠れないときに眠るには丁度よい難しさ。内容を理解する前に単語の勉強をしないといけないのです笑顔
以前せんだい・みやぎNPOセンターの加藤哲夫さんが丸亀にお出でになった時、これは読んでおいたらいいよと教えて頂いた本もまだまだ買っていないのです。
そういえば、加藤さんは昨年、「地方公務員こそ憲法を勉強しろ。」と帰りの空港へお送りする際にご指導頂きました。昨日のブログの内容も確かにそうかもしれません。地方自治法よりも憲法。助手席で熱く語られたこと思い出しました。
ということで、給料日の私のささやかな贅沢でした。

Posted by へんこつ侍 at 23:24 | へんこつ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

第4回ワークショップ[2006年06月20日(Tue)]
今日、第4回の丸亀市協働推進条例ワークショップが開催されました。
前回の酷評、立場的に議論を呼びそうですが、「思うがまま」の信念曲げたくはありません。
さて、全体の流れは前回の予告どおり前回のワークで出されたQはてなに行政とファシリテーターが答えていくといったものでした。
参加者からは「協働推進条例がどうして必要なのか?」や「なぜ協働なのか?」という基本的な疑問が寄せられていましたが、その答えとして、「条例の必要性」については「議会に諮ることで法令としての位置づけが明確になる。条例に基づいた予算が獲得しやすい。」といった内容のコメントがあったと思います。
が、参加者が本当に聞きたかったのは、一般的な「条例」のあり方ではなく、テーマ「協働」としてなぜ「条例」が必要なのか?ということだったのです。ファシリテーターからも「自治基本条例」が大枠の条例であり、それよりももっと具体的な条例が協働条例だという説明がありましたが、みなさんご納得とはいかなかったようです。

また、協働の必要性についても、「今は行政だけで公共をやっていける時代ではなく、変革期である。皆さんが社会を変えるという姿勢で臨まれたい。」ような説明。確かに間違っていないと思います。しかし、参加者には偶像のイメージは膨らんだと思いますが、具体的になるほどと納得できていないのではないでしょうか?時間かかってももう少し現実的な例示できなかったのでしょうか?

宇宙人私へんこつならば。
例えば、今晩のニュースになっていた山口県光市の母子殺害事件。被害者の夫は気丈に立ち向かっていて、メディアを通して強いメッセージを国民に送っていたけれど、彼がここまで苦しんできた7年間、彼に本来保障されるべき基本的人権、とりわけ憲法第13条「すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。」とあるものに相応しいか?
彼のように立ち向かえるようになれる人なら、それなりに社会が少しずつ変化し、受け入れられることもあるのだが、泣き寝入りして身動きが取れない被害者家族(遺族)に、国や行政は憲法に即した十分な支援が行えるのだろうか?公務員が被害者家族の相談相手になれるのか?絶対になれないとはいえないが、我々のような末端公務員では、十分なケアどころか、下手をすると、「個人の問題だから。我々は全体の奉仕者だから。」といって相手にならないのでは?これで本当に一番原則となる憲法が遵守されているのか?些か不安である。

というか、そういう事態がいろんな場面で起こっていて、様々な問題や障害があるから、その課題に対し、当事者性を持ち、主体的に課題解決に取り組む市民活動団体が生まれた。本来は、行政が公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要としなければならないことを、市民セクターが受け持つ。これに、行政が支援することは何の問題もないことなのです。
しかし、このような公益的な市民活動団体に対しても、財政的支援は憲法第89条に抵触する可能性もあり、そこで、本来の国民の権利である基本的人権(憲法第11条)を最優先する形で、このような公益的活動を担保するルール、具体的には自治体独自の、市民活動や公益性の概念、あるいは市民活動団体との関わり方に関するルールが必要なのであって、それこそが条例なのだ。という説明するのだろうと思います。
今日参加されていた皆さん。こんな説明でよろしかったでしょうか?

その後、本題のワークへ。「条例に盛り込みたいこと、市民活動がうまくいくために必要なこと、そのための課題。ほかなんでも思ったこと。」これでは、どこに焦点をあてればよいか分かりません。が、各グループともうまく解釈し、条例に必要だと思われるコンテンツは抽出できたのではないかと思います。グループ内でまとめようとする方向に皆さんが向かっていたのだろうと思います。大変内容のあるワークだったと思います。
以下、グループ発表の様子です。もっとじっくりとワークしなければ、それぞれのいいところ引き出しきれません。自分の考え方を整理するのがいっぱいで、グループとしてまた、全体としてのまとめふりかえりの時間は絶対に必要です。あともう2回ワークができれば、市民の意見も行政の方向性も共有できるのですが。





みなさん。最後まで一緒に頑張りましょう。

Posted by へんこつ侍 at 23:55 | 協働を考えよう! | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

うめぇ〜梅酒っ![2006年06月18日(Sun)]
今日は大爆発炎3連発ブログ。

先日来、家内が梅ジュースと梅酒を作りたいと言っていて、ネットで作り方を探しといてね!といわれてたのを思い出しました。
最近体力の低下を富に感じるへんこつ侍。腹回りも少し気になるところ。もうさすがに、海水浴泳ぐに行ってビキニのおねーさんの視線ハート矢を感じなくなったここ数年。しかし、同世代のおじさんおとーさんの太鼓腹を横目に、「ここまでひどくはなりたくねぇーっ!」と思いながら、その日だけ腹筋トレーニング力こぶ。翌日は日焼けよりも腹筋が痛くって、毎年仕事にならんのです。すいません
ともあれ、肥満予防には運動。それができない場合は、より健康的な食生活をというのが最近の健康法なのです。
で、早速梅(南高梅だそうです。)と氷砂糖、ホワイトリカーと果実酒用ビンを購入。子供たちと一緒に製作です。最近は、わざわざ作らなくてもコンビニでもすぐ手に入れることができるのです。しかし、へんこつ。古いものや風習や季節感、本当に大事にしたいと思います。うちの母の手作りの梅酒のうめーこと。よそでもたまに、何年仕込みという1杯\1000ほどのものをロックで飲んだことがありますが、母親手作りの足元にも及びません。
今度は自分が子供たちに教える番になりました。子供&家内用に梅ジュースも一緒に製作。梅ジュースは2週間程、梅酒は3ヶ月〜1年程で完成するようです。
うめぇ〜梅酒ちゃん。まってるぞぉ〜ドキドキ小

Posted by へんこつ侍 at 21:58 | へんこつ | この記事のURL | コメント(5) | トラックバック(0)

本格実験開始です。[2006年06月18日(Sun)]
先週から始めていたえひめAI−2の本格的実験ですが、比較対照の条件設定が甘く、客観的な評価ができないことから、実験をちゃんとすることにしました。
まず、草丈や茎径がほぼ同じプチトマトを2鉢用意(1鉢¥100でここ最近手に入れた苗物では最高値を記録)。これを、同じサイズの植木鉢に同じ条件の土や肥料、土壌改良材を混入。そして植え付け。
ここからの条件が変わります。片方は通常灌水。もう片方は週に1度えひめAI−2を1000倍希釈し2リットル灌水することとしました。
実験スタート時の写真は以下です。左がえひめAI−2、右は対象区です。

土壌条件はどちらも申し分ありません。えひめAI−2を散布しなくても、このままでも相当の収量が見込めると思います。
これから、生長度と収穫できる果実の量(数と総重量)をチェックしていきたいと思います。
次回発表までに立て札作っておこうと思います。

Posted by へんこつ侍 at 21:40 | 実験 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

| 次へ