CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
讃岐では、へんこつ店主のつくるうどんがじょんならんぐらいうまいことがある。
へんこつは人を寄せ付けないほどの情熱とこだわりのオーラを持つ人。
私、へんこつ侍が地元丸亀でへんこつの種まき始めますよ。

« 2007年08月 | Main | 2007年10月 »

プロフィール

さんの画像
へんこつ侍
プロフィール
ブログ
最新記事
最新コメント
@ケンさん
相談 (06/01)
へんこつ侍
病院なう。 (05/12)
jiru
病院なう。 (05/06)
へんこつ侍
みどりの月間丸亀フェスタ (05/02)
へんこつ侍
へんこつ侍のツイッター (04/21)
@ケンさん
へんこつ侍のツイッター (04/19)
へんこつ侍
精一杯 (03/25)
紅の葉
精一杯 (03/20)
adhe
節電のお願い (03/13)
リンク集
<< 2007年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリアーカイブ

ジオターゲティング
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/henkotsu/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/henkotsu/index2_0.xml
オリーブガイナーズとボランティア[2007年09月14日(Fri)]
先程、香川県営野球場(サーパススタジアム)での四国アイランドリーグの試合を観戦してきました。

仕事が終わって、突然野球が見たくなったのです。

ちょっと大きな声を出して気分を変えたいという気持ちが自然に行動に出たのかもしれません。

プレイボールには間に合わないのですが、途中で子供たちを呼んで車を東に走らせました。

途中、コンビニエンスストアで前売りチケットを購入。前売りだと大人800円、子供400円なのです。

今日は香川オリーブガイナーズVS徳島インディゴソックスです。

到着した時は、3回裏ガイナーズの攻撃が始まろうとしていました。

一塁側の内野席(四国アイランドリーグの試合は全席自由です。)に座った直後、連打で2点を先制。

5回には8月31日にガイナーズに入団したばかりの、オーストラリア出身でアテネ五輪銀メダリストのトム・ブライス選手の来日初ホームラン
を見ることができました。

今日の先発投手は橋本投手。前回観戦した試合終了後にayu女の子がサインをもらったとあって、応援にも熱が入ります。

今日の橋本投手は4安打無四球で完封。5−0でガイナーズが勝ちました。


そして、今日の観客動員数は556人でした。

試合終了後、選手がお見送りしてくれるのです。

ホームランを打ったブライス選手がいたのですかさずサインをもらいました。

片言の英語でちょこっと話しかけて、最後に『ナイスホームラン!トム!!』というととても喜んでいました。

タオルをバンダナ風に頭にかぶっているのがブライス選手の特徴です。とても愉快な選手です。195p、100キロのお茶目なトム選手の大きな背中です。





そして、キャッチャーの堂上選手とも話ができました。徳島の俊足山口選手の盗塁をさした強肩は素晴らしいのです。

恐らく今年あたりNPBからお声がかかるのではないかと思います。

堂上選手にもサインをお願いしたら、本当に気持ちよく応じてくれました。


話をしている横から、見覚えのあるおじさまがニコニコしながら声を掛けてきました。

『堂上選手は子供たちに人気があるんやなぁ〜。』

子供たちもその声の主の顔を見上げてハッとしていました。

なんと、香川県知事の真鍋知事です。

知事はどうやらお忍びで観戦されていたようです。


知事に間近でお会いするのはこれで二回目なのですが、宮崎県の東国原知事ほど県民に親しまれてはいないのですが、硬い外見に比べ、いたって普通です。

一回目にお会いしたのは植林作業の時で、特別扱いをとても嫌がる方という印象があったのですが、今回もいたって普通に我々に話しかけて来られました。


ガイナーズが快勝とあって、知事もとてもご機嫌の様子でした。

そして、私は知事のちょっとした行動を見逃しませんでした。

お忍びといっても、一人ではありません。
一国の主ですから必ず随行の方がいらっしゃるのですが、随行の方が持っている二つのカバンのうち、一つは随行者のもの、一つは知事のものとすぐ気がつきましたが、知事は見送りの選手と握手した後すぐ、『カバン持つよ。』と随行者に手を差し伸べていたのです。

普通の偉い人ならそういうところには気がつかないと思うのです。
我々の上司でもそこまでは気がつきません。
部下が持つのが当然だという感覚があるのです。

しかし、随行者は『いえいえ。』といった感じで持ち続けていました。

私はすぐ後ろにいて、このことがとてもさわやかに感じたので、後ろから知事に声をかけました。

『知事。お疲れ様でした。ガイナーズいいゲームでしたね。』

すると、知事と随行者が『お疲れ様。仕事帰りですか?気持ちよく勝手楽しかったなぁ。』と交代に話してくれました。


そして、駐車場までの園路を歩いていると観客の方が、7回裏ガイナーズの攻撃前に飛ばしたジェット風船の残骸やごみを丁寧に拾って帰っていました。

ガイナーズの試合はたくさんのボランティアで支えられているのです。
売店のおねえさん、ボールボーイ、バット引き、球場警備などいろいろな仕事を市民ボランティアが支えています。私が四国アイランドリーグに着目しているのもこういう市民が主体的に活動に関われるきっかけ、野球王国復活を目指す香川ならではの取り組みだからです。

そうして、よく考えてみると、私も野球経験者なので、私なりに主体的にガイナーズの活動に関われることができるかもしれません。

例えば試合途中のグラウンド整備。今は選手がやっていますが、野球経験のある人ならグラウンド整備はお手の物です。

わたしもトンボ引きはとても上手でした。

これからはそういった観点でもこのガイナーズを見ていきたいと思います。

Posted by へんこつ侍 at 23:51 | 四国・九州アイランドリーグ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

| 次へ